2020年1月28日 更新

サッカートレーニング!少年・小学生のサッカー練習メニュー6選

子供が少年サッカーに入ったはいいものの、なかなか成長しない、少年サッカーのコーチになったはいいものの、どのように指導したらいいかわからないなど、少年・小学生のサッカー練習メニューに悩んだりはしていませんか?そこで今回はサッカートレーニング!少年・小学生のサッカー練習メニュー6選として、特に重要な必見練習メニューをご紹介します!

134,114 view お気に入り 0
 (22025)

まずは正しいポジショニングとボールを奪う瞬間の判断力をトレーニングで鍛えることです。
1対1で相手がボールを保持している場合、ディフェンスの正しいポジショニングとしては、守るべきゴールと相手の対角線上であり、相手に対して正面を向かずに、サイドへ誘い込むように半身でボジショニングをとります。そうすれば相手が進むべき方向は一つで、後は相手に体を寄せてボールが足から離れた瞬間にボールと相手の間に自分の体を入れて奪うだけです。少年サッカーではこの正しいポジショニングとボールを奪う瞬間の判断力をトレーニングを重ねて鍛えることでディフェンス力は鍛えられます。

少年サッカーにおけるディフェンスに筋肉は必要?

 (22033)

少年サッカーにおけるディフェンスに筋肉が必要か否かといえば筋肉は必要です。
しかし一番必要なのがフットワーク・ステップと判断力です。
筋肉というパワーに頼るのは少年・小学生ジュニア年代の子供達にはまだ頼る必要はなく、姿勢やフットワーク、判断力のほうが先決と言えます。
少年サッカーでは筋肉系を鍛えるフィジカルトレーニングメユーはこれからいくらでも取り入れられるので、今はアジリティ系のトレーニングメニューを取り入れることで、フットワーク・ステップを高めていきましょう。

ディフェンス力を高める練習メニューはこれ!

1対1のディフェンス!【なぜ?がわかればサッカーが上手くなる!】出来ないが出来るに変わる魔法のトレーニング soccer football traning

それでは少年サッカーがディフェンス力を高める練習メニューをご紹介していきます。
ポイントは両足を揃えず、相手との距離感をしっかり掴み、相手に寄せながらボールが足から離れる瞬間を瞬時に判断できるようにしましょう。
トレーニングのイメージとしては、ボールを奪いに行くのではなく、背中で相手を止めるというイメージです。
ボールは相手の体を背中で止めてからでも遅くありません。
トレーニングではラダートレーニングで得られたステップを使い、まずはしっかりと相手を背中でブロックすることを心がけましょう。
それには何度も1対1を練習することが何よりも重要です。
トレーニングした分だけその感覚は身に付くはずです。

少年・小学生におおすすめサッカートレーニング⑥

ボールキックの練習

 (22039)

サッカートレーニング!少年・小学生のサッカー練習メニューその⑥は、キックです。
キックといっても様々なキックがありますよね。
主にシュートで活用されるインステップキック、パスで活用されるインサイドキック、逆サイドに大きく展開するインフロントキックなど、その場面によってキックを使い分けます。
ここではジュニア少年サッカー選手が特にシュートで使うインステップキックについて、そのトレーニングメニューを中心にご紹介します。
これからご紹介するトレーニングメニューで、少年サッカー選手達は正しいインステップキックを覚えて、強いシュートを身につけましょう。

インステップキックの蹴り方は?

 (22032)

ここではインステップキックで正しく蹴るトレーニング方法をご紹介します。
少年サッカーでまず大事なのが、蹴る足の足首を固定することです。軸足をボールの横又は手前で踏込み、重心を落とします。そして蹴る側の足を振り上げて膝から下をムチのようにしならせ、蹴る瞬間に足首をしっかり固定してボールの芯に当てます。
上半身は腕がまきつくように捻ると尚良いですね。
足首を固定しないと強いシュートは打てません。
従って、少年サッカーでインステップキックを鍛えるためには、足首を固定することが重要になります。
ジュニア少年サッカー育成年代では特にこの基本は練習で押さえておきたいところです。

少年・小学生がインステップキックを鍛えるための方法は?

 (22035)

ジュニア年代の少年サッカーでインステップキックを鍛える方法は、足首を固定することを体で覚えます。
足首を固定することを体で覚える一番の練習メニューは、リフティング練習です。
リフティング練習をする上で注意したいのが、足首を固定し、ボールの中心に足の甲の部分をしっかり当てることです。
足首がぐらぐらすると、ボールがあちこちに飛んでしまったり、ボールに回転がかかってしまったり、ボールの軌道が不規則になり、リフティングを続けることが困難になります。
少年サッカーでは足首をしっかり固定することを意識し、ボールの中心をミートすることができれば、ボールは無回転で規則的な起動で上がります。

インステップキックを鍛えるための練習メニューはこれ!

 (22024)

ジュニア年代の少年サッカーでは、インステップキックの練習メニューとして是非取り入れてほしいのがリフティング練習です。
少年サッカーの子供達は、最初からノーバウンドでリフティング練習するのは難しいので、まずは足首を固定し、甲部分をボールの芯に当てることを確認してください。
そしてワンバウンドリフティング練習からリズムよく始めてみましょう。
少年サッカーではこのリフティング練習でボールを蹴る際に足首を固定することを体で覚え、ボールの芯を捉える事が目的です。
多くの少年サッカーチームでは既に練習メニューとして取り入れているトレーニングメニューですが、子供達には再確認してもらいたいトレーニングです。

リフティング初級編【なぜ?がわかればサッカーが上手くなる!】 カンコーチの出来ないが出来るに変わる魔法のトレーニング soccer football traning 마법의 축구지도법 리프팅편

インステップキックのトレーニングをやってみましょう。
実際にトレーニングに入る前に、ジュニア年代少年サッカーの子供達は、まずは正しいフォームを身につけましょう。
フォームを覚えるポイントは、踏み込む足の重心は低くし、腕でバランスをとります。
そして胸を張り、膝から下をしっかり曲げてムチのようにしならせます。蹴った後は、後ろに重心をかけずに前にジャンプします。
低くて速いシュートを打つ練習では上体を被せるイメージで、高くて浮くシュートを打つ練習では上体を起こすイメージでトレーニングするとよいでしょう。
このように、低いキック、浮くキックと蹴り方を変えるトレーニングで更に幅が広がります。

インステップキック編!【なぜ?がわかればサッカーが上手くなる!】 出来ないが出来るに変わる魔法のトレーニング soccer football traning

サッカートレーニング特集のおわりに

101 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達するためには、基礎練習を繰り返しおこない基礎を固めることが重要です。卓球が上手くなる練習メニューを多球・ラリー・サーブ・筋トレの4項目で紹介します。卓球が上達するためには、こなす練習ではなく、練習のポイントを理解して実施することで上達スピートが上がります。
Shun.T |
ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは浮いたボールをシュートをすること全般を指します。ボレーシュートは、足の蹴る位置によって5種類に分類され、状況によってを使い分ける必要があります。ボレーシュートには、5種類のシュートに効果のある4つのコツと身につけるために使われる2つの練習方法があります。
バレーボールの1人でできる練習方法とは?家・自宅でも上達したい

バレーボールの1人でできる練習方法とは?家・自宅でも上達したい

バレーボールの1人でできる練習は、自宅でボールを使ってのパス練習や、基礎体力作りのための体幹トレーニングがおすすめです。バレーボール初心者は、ボールに慣れるために、家で1人でボールを使った練習をすることで、上達が早くなります。さらに家や自宅では、バレーボールで必要な筋力トレーニングを行いましょう。
卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球のサーブ練習は、練習した分だけ上達しやすい技術となります。その理由は、対戦相手に左右されない唯一のタイミングで打てるためです。具体的な卓球のサーブの練習方法は、転をかける方法・正確なトス上げ・フォームを習得することです。サーブを練習する時に意識することは、回転量やサーブの長短を意識することとなります。初心者の方がサーブが上達する練習方法を紹介します。
卓球のフットワークを強化する方法とは?具体的な練習法を解説

卓球のフットワークを強化する方法とは?具体的な練習法を解説

卓球のフットワークを強化する練習方法は、左右のフットワーク(1本1本)、切り替えし(2本2本)、ファルケンベリフットワーク、ミドルとフォア・バックの切り替えし、前後のフットワークの5つになります。卓球のフットワーク練習で意識する7つのコツを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9