Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. セカンドトップのサッカー...
セカンドトップのサッカー選手ランキングTOP10!世界最高の選手とは?

セカンドトップのサッカー選手ランキングTOP10!世界最高の選手とは?

現代サッカーにおいて1トップ戦術の要となりつつある偽9番の役割を担うセカンドトップ型選手は、得点力のみならずチャンスメイクにも貢献するオフェンスの中心選手です。現代サッカーの最先端とも言えるセカンドトップ型選手をランキング形式で紹介していきます。

2021.12.16 サッカー

世界一の最強・最高セカンドトップランキング10位

ロベルト・フィルミーノ

国籍: ブラジル
生年月日:1991年10月2日(26歳)
出身地:マセイオ
身長:180cm
体重:76kg
在籍クラブ: リヴァプールFC(イングランド)

ディフェンスにも貢献するブラジル産セカンドトップ

現在のサッカー戦術で注目されている「偽9番」の役割を高いレベルでこなせる若手セカンドトップです。
ブラジル人らしい柔らかなタッチと独特のリズムでスペースメイクとチャンスメイクを同時に行えるテクニックがあり、サイドアタッカーが優秀なリバプールのオフェンスにおいて重要なポジションを任されています。
ポストプレイも上手いためリバプールの攻撃に奥行きを与える動きも得意としています。

守備にも労を惜しまないセカンドトップ

またファーストディフェンスを積極的に行うことでチームのディフェンスの安定にも貢献しており、この点はゲーゲン・プレスを活用するクロップ監督の教えが大きいのではないかと思います。

現代サッカーではセカンドトップだからといって守備を免除されることは少なく、また守備をさぼるような選手ではセカンドトップとして大成することは難しいと言えます。その点でフィルミーノは非常に優れており、今後のさらなる成長を期待できる若手セカンドトップです。

世界一の最強・最高セカンドトップランキング9位

トルガン・アザール

国籍:ベルギー
生年月日:1993年3月29日(25歳)
出身地:ラ・ルヴィエール
身長:174cm
体重:69kg
在籍クラブ:ボルシア・メンヒェングラートバッハ(ドイツ)

あの有名選手の弟であり成長途上のセカンドトップ

世界的有名選手であるエデン・アザールを兄に持つトルガンはアザール家の次男で、下にまだ2人の弟がいます。ちなみに三男も最近サッカー選手としてプロデビューしたそうです。
どうしても兄と比較されますが、プレースタイルとしては違いがあり、彼はサイドより中央でのプレイを好む傾向がありポジションもセカンドトップとなっています。
細かタッチとドリブルには非凡なものがあり、パスセンスやシュートセンスは抜群、ただフィジカル面で線の細さが感じられ、兄と比べるとまだまだ発展途上といったところ。

レンタルでの武者修行は期待の証

トルガンはチェルシーからレンタル移籍でドイツに来ていますが、このようなビッククラブからのレンタルは将来性のある選手の証で、このことからもトラガンが才能あるサッカー選手であることがわかります。

同じようにレンタルで実績を積み上げ確固たる地位を築いたルカクというお手本がベルギーにはいますから、活躍を続けて経験を積んでいって欲しい選手です。レンタルでの経験が実を結べば、一部で言われているように「兄以上の才能」と言われている能力を発揮するのは時間の問題だと言えるでしょう。

世界一の最強・最高セカンドトップランキング8位

パウロ・ディバラ

国籍: アルゼンチン、ポーランド、イタリア
生年月日:1993年11月15日(24歳)
出身地: アルゼンチン ラグナ・ラルガ
身長:177cm
体重:69kg
在籍クラブ: ユヴェントスFC(イタリア)

すでにドリブルは世界レベル、次世代のドリブラー

同じアルゼンチンということで影響を受けたのかドリブルスタイルがメッシに似ており、非常にアジリティとクイックネスに優れたセカンドトップ。
サッカーではオフェンス戦術の1つとしてドリブル突破は欠かせませんが、彼のように細かな体重移動とクイックなモーションでドリブルできる選手はプレイに必要とするスペースが極小で済むため、チームのオフェンスに厚みをつけ加えられる貴重な存在だと言えます。

アルゼンチン的なドリブルはセカンドトップに最適

サッカーにおいてセカンドトップは狭いスペースでボールを受けたり、また狭いスペースにドリブルで侵入する必要があるため、無駄なフェイントを省いたアルゼンチンスタイルのディバラのドリブルの動き方は、セカンドトップというポジションに非常にマッチしたものだと言えるでしょう。
逆にブラジル選手によく見られる多彩なフェイント駆使したドリブルは比較的大きなスペースを活用できるサイドアタッカー向きのドリブルとなります。

世界一の最強・最高セカンドトップランキング7位

メンフィス・デパイ

  •        
  •        
  •        
  •       
    
国籍: オランダ、 ガーナ
生年月日:1994年2月13日(24歳)
出身地:モールドレヒト
身長:176cm
体重:78kg
在籍クラブ: オリンピック・リヨン(フランス)

カットインの動きを好むセカンドトップ

ガーナ人の父を持つフィジカルに優れたセカンドトップ。
ウィング的なカットインの動きを好みますが、よりゴールへ近づこうとする推進力があり、またそれがゴールを生み出す原動力にもなっているため、適性としてはセカンドトップという位置付けが実態に近いでしょう。
カットインのためにサイドに流れることがバイタルやエリア内にスペースを作り出すことに繋がるため、サイドでも機能する選手でなければセカンドトップとして機能的なオフェンスを行えないのです。

伝説の7番を受け継ぐも結果を出せず

オランダのサッカーリーグで大きな結果を出すものの、それによって移籍したマンチェスターユナイテッドでは出場機会に恵まれないこともあり、伝説の7番を背負いながら結果を出せませんでした。
リヨンに移籍し重圧から解放されたのか徐々に本来のデパイの良さが発揮されはじめてきたので、今後の活躍に期待したい選手です。
メンタル面でも気性の荒さが残っていますが、良い意味でセカンドトップという役割に活かせればさらにプレイが向上し、世界最強レベルまで到達できるのではないかと思います。

世界一の最強・最高セカンドトップランキング6位

香川真司

国籍: 日本
生年月日:1989年3月17日(29歳)
出身地:兵庫県神戸市垂水区
身長:175cm
体重:68kg
在籍クラブ:ボルシア・ドルトムント(ドイツ)

日本を代表する世界基準のセカンドトップ

狭いスペースでテクニックを発揮し、チャンスメイクに長けたセカンドトップが香川選手です。
瞬間的な動き、つまりアジリティを活かして繊細で巧みなボールコントロールを行い、周囲の味方と連動しながら相手ディフェンスの隙間を抜けて決定機を創り出す才能に秀でており、世界基準のセカンドトップだと言えるでしょう。
同じ日本人としてランキングに選出できることを誇りに思いますし、今後もさらに活躍してくれることでしょう。

マンチェスターユナイテッドでは不遇だったが

香川選手のようなタイプはフィジカルを武器にしているわけではないので、綿密なオフェンス戦術とそれを理解した周囲のサポートがなければ輝けず、その点で香川選手のようなタイプのセカンドトップを活用するオフェンスが浸透していなかったマンチェスターユナイテッドではあまり活躍出来ませんでした。
しかしロシアWカップでの活躍を見ればわかるとおり、その力を理解した味方と連動できれば、世界でも通用するセカンドトップとして輝けるのです。
ポジション取りの上手い選手は往々にしてこのように周囲の味方を選ぶことが多いため、過小評価されやすく、ある意味弱点とも言えますが、味方とハマったときのオフェンスは非常に美しく、魅力的なものとなります。

世界一の最強・最高セカンドトップランキング5位

ドリース・メルテンス

国籍: ベルギー
生年月日:1987年5月6日(31歳)
出身地:ルーヴェン
身長:169cm
体重:64kg
在籍クラブ: SSCナポリ(イタリア)

ベルギーが誇る遅咲きのセカンドトップ

世界的なサッカーのトレンドに乗って才能を開花させた、遅咲きのセカンドトップです。
非常に足元の技術に優れ、またそのテクニックを維持したままスピードに乗ったプレイをすることができるため、バイタルやエリア内でのオフェンス力はかなり高く、相手にとってやっかいなセカンドトップでしょう。
下がってスペースメイクする動きから、トラップ後に反転しマーカーを置き去りにする動きを得意としているため、タイトにマークすることも難しくしています。

サイドに流れても仕事ができるポリバレントな選手

またマルテンスはサイドのウィング出身のみ選手なため、中央からサイドへとポジションを移しても、スピードを活かしたドリブル突破で、チャンスメイクできるユーティリティ性も兼ね備えています。
ここでも素早く反転できるスキルやクイックネスは有用で、チームのオフェンス面で万能な働きが期待できます。

世界一の最強・最高セカンドトップランキング4位

アントワーヌ・グリーズマン

国籍: フランス
生年月日:1991年3月21日(27歳)
出身地:マコン
身長:175cm
体重:72kg
在籍クラブ: アトレティコ・マドリード(スペイン)

若い選手の多いフランスをまとめあげたセカンドトップ

Wカップでの活躍が記憶に新しいフランスの中心的存在の選手です。
エムバペのスピードやテクニックばかり有名になりましたが、献身的な守備から素早くオフェンスのスイッチを入れる巧みなグリーズマンのプレイがフランスの攻撃力を支えていました。
FKの精度は抜群で、得点源の1つとして大いに優勝への原動力となっていました。

多彩なシュートでゴールを狙うセカンドトップ

グリーズマンは元ウィングの選手だけに、サイドでのポジション取りが上手い選手で、1対1でもドリブル突破ができるためチームのオフェンス戦術の幅を広げることができます。
また類い希なサッカーセンスはパス能力やシュートセンスにも活かされており、とくにどのようなポジションからでもゴールマウスを的確に捉えるために、様々なシュートバリエーションを持っているセカンドトップです。

背番号7番に愛着がある理由は

グリーズマンは所属するクラブ、アトレティコ・マドリーで背番号7番をつけており、フランス代表でも7番です。
彼は7番に非常に愛着があるそうですが、理由はマンチェスターユナイテッドの伝説の7番デビッド・ベッカムに憧れているからという話で、夏でも長袖のユニフォームを着用する理由も同様です。
ポジションやプレースタイルには大いに違いがありますが、FKを得意とするところも似ており、多大な影響を受けたことが窺えます。
伝説的な有名選手に憧れるのはどんな時代のサッカー選手でも同様なのだと言えます。

世界一の最強・最高セカンドトップランキング3位

ウェイン・ルーニー

国籍:イギリス
生年月日:1985年10月24日(32歳)
出身地:リヴァプール
身長:178cm
体重:78kg
在籍クラブ: D.C. ユナイテッド(アメリカ)

パワーとスピードを備えた悪童セカンドトップ

非常に若い頃から才能を見いだされて、マンチェスターユナイテッドのスタメンを獲得した神童で、強靭なフィジカルと風貌に似つかない、柔軟なタッチで得点を量産するセカンドトップです。
10代の頃から20代半ばまで、華麗な動きと的確なポジション取りで観客を魅了する半面、粗暴で感情的になりやすい性格から、一発退場する場面もしばしば見られ、悪童というイメージが強い選手です。

サッカーに真面目に取り組むセカンドトップ

オフェンス面でのサッカーセンスが抜群のためあまり知られていませんが、守備をさぼらない献身性も高く、この点はチームメイトのスコールズやギグスの影響が強かったのでしょう。
真面目に守備をするからこそ、相手のラフプレイなどに怒りやすく、このことも悪童の異名の原因となっていますが、本人としては実直にサッカーに取り組んでいるだけだったと思います。
事実ピッチ外では人気者で、単純にサッカーを愛する好青年というイメージがあります。

イメージと裏腹に戦術理解度が高いことで有名

外見上の強靭なフィジカルに目が行きがちで先入観を持たれやすいですが、ルーニーはテクニカルなタイプでしかも戦術理解度が高くサッカーセンスに優れています。
香川選手がマンチェスターユナイテッドに加入した際も、香川選手のようなタイプを絡めることでオフェンスに奥行きが出ることのいち早く気付き、積極的にパスを回していたのはルーニーくらいでした。
この頃のマンチェスターユナイテッドは、縦に急ぎすぎて相手バイタルの攻略がしっかりと行えないまま、ただ無駄なクロスを繰り返す、お世辞にも戦術的にインテリジェンスがあるとは言えないチームになっていましたが、この問題点にルーニーは気付けていたのでしょう。

年齢とともに万能性を高める

守備に貢献することから低いポジション取りでボールを捌くことも多く、広い視野を持つためパスセンスにも優れています。
視野の広さとパスセンスが融合した上手いロングフィードで決定機を演出したり局面を打開することも顕著です。そのため年齢を重ねるごとに中盤でもプレーすることが多くなり、オールラウンドな能力を発揮しています。

世界一の最強・最高セカンドトップランキング2位

トーマス・ミュラー

国籍:ドイツ
生年月日:1989年9月13日(28歳)
出身地: 西ドイツ・ヴァイルハイム
身長:186cm
体重:75kg
在籍クラブ:バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)

脅威のポジションセンスで活躍するセカンドトップ

ミュラーはワールドカップでの活躍やドイツ国内での活躍で非常に有名になりましたが、そのプレースタイルは実に独特で何がすごいのかを説明するのが難しい選手です。
端的に言うとポジションセンスが飛び抜けて素晴らしく、サッカー選手としてどの選手と比べても頭一つ勝っているところがミュラーの最もすごいところだと言えるでしょう。

意図的に消えることが上手い

俗にサッカーでは試合中にボールに絡めない選手は「試合から消えている」と言われマイナス評価されがちですが、セカンドトップの場合は少し違います。
消えていることでマークが緩みチャンスでフリーになることが出来る場合も往々にしてあるからです。
ミュラーはこの消えていながらのチャンスの際には、得点確率が最も高いスペースに絶妙なタイミングで飛び込めるのです。
これがポジションセンスで、彼はこのために常にマークされにくい相手DFラインと中盤の間のスペースに出入りを繰り返しています。

ダイレクトプレーの精度が抜群

もちろんミュラーの長所はポジションセンスだけではなく、テクニック面でも素晴らしい能力を持っています。特筆すべきはダイレクトプレーが上手いところで、せっかくのポジションセンスも飛び込んだスペースで何もできなければ意味がありません。
ミュラーはダイレクトプレーでの得点能力を活かすためにポジションセンスを磨いたと言えるでしょう。

世界一の最強・最高セカンドトップランキング1位

ルイス・スアレス

国籍: ウルグアイ
生年月日:1987年1月24日(31歳)
出身地:サルト
身長:182cm
体重:85kg
在籍クラブ: FCバルセロナ(スペイン)

貪欲さと執着心でゴールを狙うセカンドトップ

メッシやクリスチアーノ・ロナウドなどサッカー界には世界最高と呼ばれるオフェンスのタレントが存在しますが、スアレスほどゴールに飢えゴールするために生まれてきたと言えるほどの、生粋のストライカーと言える存在は現役選手の中にはいないでしょう。
常にゴールするための最善手を模索し、ボールを受けたら真っ直ぐゴールへ向けて最短距離を目指すメンタリティは世界一だと断言できます。
セカンドトップ的なポジションの上下動をしながら圧倒的な得点力を発揮でき、単純にゴールに近いポジション取りだけをしているわけではなく、チャンスメイクにも貢献できるところも貪欲さだけでは終わらないスケールの大きさを感じさせます。

ハングリーさが生み出すスペクタクルなプレイ

このスアレスの貪欲さは貧しい生まれから始まっており、現代サッカーでは薄れてきたハングリーさが根本にあります。
ゴールにこだわるあまり自分をマークする相手DFに噛みついたり、試合中に人種差別発言をするなどサッカー選手にあるまじき行為に繋がっている貪欲さですが、これらのマイナス面を差し引いても、やはりスアレスのゴールを渇望するスタイルは世界最高レベルのプレイを引き出す原動力になっていると思います。

セカンドトップとして大切なメンタリティの強さ

また貪欲にゴールを奪うためにはまずボールを奪わなくてはいけませんから、スアレスは最前線からのプレスをしっかりと行うセカンドトップでもあります。
しかも強い執着心から粘り強いチェックをすることができるため、しばしばボールを高いポジションで奪いそのままゴールするシーンも見られます。
サッカーに限らずスポーツにおける精神論は、ときに間違った育成に繋がるおそれがありますが、スアレスを見ていると精神力の強さがプレイに与える影響の大きさに驚かされます。

現代サッカーにおけるセカンドトップの働き

Luis SuarezさんはInstagramを利用しています:「Disponibles ya. Mis @adidasfootball #X18 para la Copa del Mundo. Estoy listo, y vos? 🔥👟 Out now. My @adidasfootball #X18 for the World Cup.…」 (47879)

セカンドトップというポジションは元々は2トップの1人で、最前線で相手DFラインと競り合う屈強なフィジカル型ターゲットマンとなる片方のFWのやや後方でオフェンスをサポートする役割を主とし、また下がり目のポジション取りから長い距離をスプリントしオフサイドトラップを回避しつつゴール前に飛び出すといった役割を織り交ぜて起点となるポジションでした。

3トップ全盛によりポジションを失う

しかし現代サッカーは3トップが主流となっていったため、セカンドトップ型の選手はサイドでウィングになったり、中盤の前目のポジションとしてトップ下になったりと変化していきました。
そのため1トップに起用される選手はポストプレイや空中戦に強いフィジカル型が優先されるようになります。

偽9番として復活するセカンドトップ

Thomas Müller on Instagram: “Thank you for your great support 👏🇩🇪👍🏼 #diemannschaft #worldcup #germany #esmuellert #dfb” (47880)

ですがフィジカル型の1トップはターゲットマンも兼ねるためタイトなマークでスペースをけして対応する守備戦術で抑えることは可能となり、また1トップ周辺にスペースがなくなることからオフェンスが膠着しやすくなるという問題が発生しました。
そこで新たに考え出されたのがセカンドトップ型選手を1トップで起用する「偽9番」という役割です。

新たなオフェンス戦術の要となる

偽9番を担うセカンドトップ型選手は1トップでありながら下がったりサイドに逃げたりと積極的に動きポジションを一定させず、常にマークを受けにくい状況でボールに絡むため、守備側からすると対応メソッドを構築し辛いものとなっています。
しかも偽9番が空けたスペースにウィングやボランチが飛びこんで攪乱するため、さらに守備戦術を確立するのが困難になり、マークを外したセカンドトップもパスやドリブルが上手いため放置できず、オフェンスが有利になるように出来るのです。

何故「偽9番」と呼ばれるのか

Wayne RooneyさんはInstagramを利用しています:「Great memories against Croatia. Go and make more of your own special memories today lads and make history. Let’s get another step closer to…」 (47881)

新たなセカンドトップの役割である偽9番は何故「偽」なのかと言うと、サッカーにおいて得点を狙うための最前線のポジションである9番(昔のサッカーではポジションで背番号が決まっていた)の位置にいながら、9番の役割を放棄し中盤やサイドに流れて定位置にいないためです。
英語では「フォルスナイン」とも呼ばれ、セカンドトップの1つの役割として世界的に有名になり定着しつつあります。
少し前に流行った伝説的戦術「0トップシステム」から派生して生まれた役割だと言えます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。