Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. 右サイドハーフの役割とは...
右サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツ

右サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツ

右サイドハーフは中盤の右サイドの選手のことを指します。現代サッカーの右サイドハーフはサイドでプレーするだけではなく、ピッチ中央に入っていくプレーも求められます。サイドのアップダウンを中心にピッチを動き回る必要があるため、豊富な運動量が要求されるポジションです。

2021.12.16 サッカー

右サイドハーフとは?

 (116527)

サッカーの右サイドハーフとは中盤の右サイドに配置される選手のことを指します。

右サイドハーフはサイドアタッカーとしてサイドの攻撃を担当します。右サイドハーフは攻撃だけではなく、献身的に守備に関わる必要があります。

右サイドハーフのポジション

右サイドハーフは攻守両面で多くの役割が与えられるポジションです。

攻撃ではサイドで起点となり相手ゴール前に迫り、守備になれば自陣深くまで戻る必要があります。
また、サイドにいるだけではなく中央に入って味方のサポートもします。

右サイドハーフはこれまではサイドでのプレーが主な役割でしたが、現代では中央でのプレーも求められており、要求が多様化しているポジションです。

右サイドハーフの動き方

右サイドハーフに必要な基本的な動き方は、サイドでのアップダウンとサイドから中に入る動きです。

この2つの動き方を実践することで、サイドハーフに求められる役割をこなせます。

サイドでのアップダウン

サッカーのサイドハーフにとって、サイドでのアップダウンはもっとも重要な役割です。

サイドを何度もアップダウンすることで、攻守両面で必要な役割を果たすことができます。

例えば右サイドハーフが、攻撃時には積極的に前に出ても守備になると戻ってこないようでは、相手にサイドから攻められてしまいます。

逆にサイドハーフが守備はしても攻撃時に前線には出て行かないと、攻撃に厚みができずに得点を奪えません。

中に入る動き

Takashi Inui/乾貴士 on Instagram: “今日はGirona戦!!しっかり勝ち点3とれるように頑張ります!!よーし、楽しんでいきましょう👍Vamoooos!!!Musho Betis!!!” (116561)

右サイドハーフには中に入る動きも求められます。

以前までのサイドハーフは外のアップダウンが主な役割でしたが、現代のサイドハーフにとって中に入る動きはサイドのアップダウン同様に重要です。

サイドハーフが中に入る動き方ができると、攻守両面で中盤の選手のサポートが可能になります。
サッカーでは主導権を握るためには中盤の優劣が重要で、サイドハーフが中に入って中盤の構成力を高めることは、試合の主導権争いで優位に立つことにつながります。

右サイドハーフの攻撃時の役割

右サイドハーフは中盤の右サイドをスタートポジションにして、そこから相手を崩すためのアクションを起こします。

SBとのコンビネーションやダイアゴナルランを用いて、積極的にゴールを目指します。

サイドでの起点づくり

  •        
  •        
  •        
  •       
    
Paris Saint-Germain on Instagram: “👟⚽️🤙 @neymarjr.#ICICESTPARIS #AllezParis #NeymarJr #PSG #ParisSaintGermain #Paris #Football” (116560)

右サイドハーフは右サイドで攻撃の起点になる必要があります。

サッカーでは中央突破は難易度が高く、サイドに攻撃の起点を作ることは効果的な攻撃方法です。

右サイドハーフがサイドでボールを受けて攻撃の起点となり、ドリブル突破や精度の高いセンタリング、中に切り込んでのスルーパスなどの多彩なサイドアタックでチャンスを作ります。

右SBとのコンビネーション

右サイドハーフは右サイドバックとのコンビネーションが重要です。

右サイドハーフと右サイドバックのコンビネーションが高まれば、サイドアタックはより強力になります。

右サイドハーフにボールが入った時に、サイドバックは積極的にオーバーラップをしてサイドハーフをサポートします。オーバーラップしたサイドバックをタイミングよく使ったり、サイドバックをおとりにして自らドリブルでカットインしてチャンスを作り出します。

ダイアゴナルラン

 (116531)

ダイアゴナルランとは斜めに走る動き方のことを指します。

右サイドハーフがダイアゴナルランすることで、相手のディフェンスラインを崩すことができます。

例えば、味方がピッチ中央でボールを持っている時に右サイドハーフの選手がディフェンスライン背後に向かってダイアゴナルランをすると相手ディフェンスラインはマークに困ります。
ダイアゴナルに対してマークがつかなければ、背後に抜けた選手にパスを出して裏をとります。相手がダイアゴナルランにマークしてくれば、マーカーがもともといた場所にスペースを作り出せます。そして上がってきた味方がそのスペースを利用してチャンスを作ることができます。

中盤の組み立て

 (116532)

右サイドハーフは中盤の組み立てにも参加します。

サイドハーフが中盤に加わることでポゼッション力を高め、試合の主導権を握り易くなります。

サイドハーフが外に張っているだけでは中央の人数が足りず、中盤の選手がプレッシャーを受け易くなくなってしまいます。サイドハーフが中央にポジショニングして、味方に多くのパスコースを提供することで、中盤の選手が相手から受けるプレッシャーを軽減させることができ、ポゼッション力を高めます。

右サイドハーフの守備の役割

右サイドハーフは守備時にも最後尾から最前線までの各局面で役割が与えられています。

どの場面でどのような役割をこなす必要があるのか、理解する必要があります。

相手のディフェンスラインへのアプローチ

右サイドハーフは相手のディフェンスラインへアプローチをかけます。

サイドハーフがディフェンスラインにしっかりとアプローチをかければ、チームは相手からボールを奪い易くなります。

例えばセンターバックからサイドバックにパスを出された時、サイドハーフは相手のサイドバックにアプローチをします。そのアプローチのタイミングはセンターバックからパスが出された瞬間です。パスが出された瞬間に全力でアプローチをかけることで、相手からボールを奪えたり、相手のミスを誘うことができます。

中央の守備のサポート

 (116534)

右サイドハーフはサイドの守備だけではなく、中央の守備のサポートをします。

サッカーでは中央のスペースを相手に使われると、失点のリスクが高まり危険です。右サイドハーフが中に入って中央の守備を固めることで、失点の可能性が下がります。

例えばボールが左サイドにある時には、右サイドハーフは中に絞って中央の守備のサポートをします。ボランチがかわされた時はすかさずカバーしてボールを奪ったり、中央のパスコースをふさぎ相手にサイドへパスをさせるようにポジションを取ります。

サイドバックの守備のサポート

 (116550)

右サイドハーフは右サイドバックのサポートもします。サポートするために必要な動きが、プレスバックやディフェンスラインまで下りる動きです。

プレスバックとは自分の後方の相手にボールが渡った時に、ポジションを下げて相手にプレッシャーをかける動きです。サイドハーフの選手の後ろの相手にボールが渡ったら、全力でプレスバックして、ディフェンスと協力して相手を挟み込み、ボールを奪います。

また、サイドバックがセンターバックのカバーのために中央に絞ったら、サイドハーフが下がってもともとサイドバックがいたスペースを埋めます。

右サイドハーフに向いている選手

右サイドハーフに向いている選手は豊富な運動量とスピードを兼ね備えた選手です。豊富な運動量とスピードは、サイドを何度もアップダウンするサイドハーフにとっては欠かせない特徴です。

豊富な運動量

右サイドハーフに向いている選手は豊富な運動量を持っている選手です。

サイドハーフはサイドを何度もアップダウンする必要があるため、運動量がなければ務まりせん。

プロのサイドハーフでは、1試合の走行距離が10kmを超える選手も多くいます。それほどの距離をスプリントもいれながら動き回る運動量が求められます。

スピード

Paris Saint-Germain on Instagram: “⚽️👀.⚡️ @pablosarabia92.🔴🔵 #LMPSG #CDF #ICICESTPARIS #AllezParis #Paris #ParisSaintGermain #PSG #Football #Sarabia” (116563)

右サイドハーフにはスピードも必要です。

スピードがあれば相手より早く各局面に顔を出すことができ、優位な状況でプレーできます。

右サイドハーフにはテクニックを武器とする選手もたくさんいます。そのような選手であっても平均以上のスピードを兼ね備えておくことが、サイドハーフには求められます。

右サイドハーフのサッカー選手

世界で活躍する右サイドハーフの選手は例外なく運動量とスピードを持っています。加えて攻撃で違いを作るための武器も兼ね備えています。

ディ・マリア

Ángel Di María on Instagram: “⚽️🔥😛❤️” (116554)

【ディ・マリア選手の特徴】
ディ・マリア選手はテクニックに優れた右サイドハーフで、守備も献身的にこなすことができ、現代サッカーの理想的な右サイドハーフとなります。

【右サイドの能力】
彼のテクニックは相手ゴール前で存分に生かされます。
中央に入れば高いテクニックを発揮してゲームメイクをし、相手ゴール前ではダイアゴナルランや高精度のシュートで自らゴールを奪います。

ヘスス・ナバス

Sevilla FC on Instagram: “🎯⚽️🔥©️ #SevillaFCOsasuna #WeareSevilla #vamosmiSevilla #LaLiga” (116558)

【ヘスス・ナバス選手の特徴】
ヘスス・ナバス選手はスペインを代表する右サイドハーフです。
彼は中に入ってゲームメイクをするようなことはあまりしません。サイドで上下動を繰り返し、攻守に関わります。

【右サイドの能力】
ナバスの最大の魅力はサイドの突破からのクロスです。ボールを受けると抜群スピードを生かして縦にドリブル突破して正確なクロスをあげます。また、ナバスはカーブをかけたセンタリングで相手を抜ききる前にクロスをあげることもできます。

右サイドハーフはチームの潤滑油になる

Paris Saint-Germain on Instagram: “🔜 #LOSCPSG . @angeldimariajm « Playing every 3 or 4 days can be difficult but we train hard on the pitch and at the gym to prevent…” (116562)

右サイドハーフはチームの潤滑油となる働きが求められます。

最後方で守備したと思えば、奪ったボールを前線に運ぶために中盤に顔を出し、そして得点を奪うために最前線に駆け上がります。
右サイドハーフがその役割をこなすことで、チームは機能的なプレーが可能となります。
右サイドハーフのそのような貢献がチームに勝利を呼び込みます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。