Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. サッカーのセットプレーと...
サッカーのセットプレーとは?得点をとる戦術的な考え方とは?

サッカーのセットプレーとは?得点をとる戦術的な考え方とは?

サッカーのセットプレーとは、フリーキックやコーナーキックなどボールを止めてから蹴ることのできるプレーを指します。セットプレーは、プレッシャーを受けずにボールを蹴ることができますので、戦術として色々なプレーをする可能性があるので、得点を取る大きなチャンスです。

2021.12.16 サッカー

サッカーにおけるセットプレーとは?

サッカーにおけるセットプレーとは、フリーキックやコーナーキックなどボールを止めた状態からリスタートする方法のことです。セットプレーは、サッカーにおいて大きな得点チャンスとなります。

サッカーのオフェンスにおけるセットプレーは、得点を奪うために多くの作戦を立てることが可能です。ゴールを奪うためには、マークを外したり、相手の意表を突いたりすることが求められます。そのために、セットプレーはとても効果のある方法です。

セットプレー①:フリーキック

Sportsまー on Instagram: “あー惜しい。#浦和レッズ vs #Vファーレン長崎 #柏木vs徳重 #フリーキック徳重がんばってるな。” (56837)

サッカーにおけるセットプレーの1つとして、フリーキックがあります。直接フリーキックであれば、オフェンスにとってゴールを狙うことのできる方法です。

フリーキックからゴールを狙うには、精度の高いキックが求められますが、これは練習を重ねることによって身に付けることができます。

フリーキックでは、ディフェンスも関係なくシュートを打つことが可能です。もちろん、壁に立つディフェンスがいますが、キーパーとの駆け引き次第でキックの精度だけでゴールを狙うことができます。

セットプレー②:コーナーキック

FC今治 on Instagram: “ゴールに向かって🥅#fc今治 #jfl #fcimabari #ck #cornerkick #soccer #football #ニア #ファー #セットプレー #得点 #チャンス #ゲットゴール #getgoal #サッカー好きな人と繋がりたい #imabari #今治” (56634)

サッカーのセットプレーのもう1つの解釈としては、コーナーキックがあります。オフェンスにとってはゴールを奪う大きなチャンスです。
コーナーキックからゴールを取るためには、ヘッドの強い選手と精度の高いキックを蹴ることができる選手がいれば大きな武器となります。ディフェンスにとっても同じことで、ヘディングの強い選手がいれば守りやすいですが、体を当てたりコースに入らせないようにすることでもディフェンスをすることは可能です。

多くの得点を生むチャンス

Masayuki on Instagram: “#soccer  #junior  #セットプレー” (56825)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
サッカーのセットプレーは多くの戦術を立てることができます。単純にセンタリングをゴール前に入れて、ヘッドで勝負することも方法の1つです。

しかし、ポジションを決めてから攻撃することができるセットプレーでは、アイデア次第で沢山の戦術を立てて相手の意表を突くことができます。セットプレーの中でも、フリーキックは蹴る場所が決まっているわけではないので、様々な場所からの攻撃方法を考えることで、攻撃のバリエーションが広がって得点を奪うことが可能です。

オフェンスでセットプレーを活かす方法

サッカーにおけるセットプレーは、オフェンスにおいて大きなチャンスとなります。セットプレーで最も効果的なのは、ヘッドの強い選手がゴール前で競り合う方法が一般的です。ディフェンスでヘッドの強い選手をゴール前に配置できるのでセットプレーで活かせます。

また、セットプレーの時は、ポジションを決めてスタートすることができますので、チームとして狙いを持ってゴールに迫ることが可能です。フリーキックは、直接狙ったり、味方にパスを合わせたり、様々な駆け引きによって得点になる可能性が高まります。

ヘッドの強い選手を使う

@goalkeeeps on Instagram: “2018.7.27 FC東京vsVファーレン長崎#セットプレー#fctokyo #vvaren#味の素スタジアム” (56635)

サッカーのセットプレーを活かして得点を取る方法として、ヘッドの強い選手にボールを合わせる方法が1つです。ヘッドが強い選手、得意な選手であれば、質の良いボールを供給して、ポジション取りさえしっかりとできれば、ゴールを奪うチャンスが広がります。
身長が高かったり、ジャンプ力のある選手は、チームの中でヘッドを武器としていることがありますので、ポジションに関わらず、セットプレーの時には前線に上げることでゴールを奪う確率を上げるのもセットプレーを活かす方法です。

精度の高いキック

Akiyo on Instagram: “準決勝、負けてしまいました😭#ベスト4進出 #準決勝敗退#中学サッカー#県大会でリベンジ #セットプレー#キーパーファインセーブ” (56830)

サッカーのセットプレーから得点を奪うためには、精度の高いキックがポイントです。フリーキックでもコーナーキックでもキックの精度が1番重要になります。
サッカーのフリーキックは精度の高いキックで味方選手にボールを合わせたり、直接ゴールを狙うことが可能です。サッカーのキックは1人でも練習を何度も繰り返すことで、精度を高めることができます。集中して、キックを練習していくことで、セットプレーのキックを武器としていくことも個人として重要です。

マークのないところからのシュート

サッカーのセットプレーを活かした攻撃の方法として、マークのついていない選手にシュートを打たせる方法があります。コーナーキックにしてもフリーキックにしても、サッカーではゴール前は、大勢の選手で固めるのが一般的です。
サッカーのセットプレーは、ゴール前での攻防が多くなります。そこで、ゴールから離れた距離にいる選手にシュートを打たせることでプレッシャーを感じることなくプレーすることが可能です。ダイレクトボレーなど難しいキックになることもありますが、それでも技術力に自信があれば、混戦状態よりもフリーで蹴ることができるので可能性が広がります。

セットプレーの戦術

サッカーにおけるセットプレーからの戦術は何通りも考えられます。効果があるかどうかは別としても、今でも見たことのないような戦術を採用することがあるからです。サッカーのセットプレーには、発想次第で使える戦術はまだまだあります。
新しい発想があれば、サッカーのセットプレーの戦術の幅を広げることは可能です。サッカーのセットプレーには、まだまだ魅力が溢れています。サッカーのセットプレーで、新しい戦術を考えるためには。基本を押さえていくことです。

ニアで早いボールを触る方法

blue-no-kazu on Instagram: “コロンビアに勝ったーーーっ⤴️ 🎉✨😆✨🎊🎉✨😆✨🎊 #ワールドカップ #サッカー #日本代表 #コーナーキック#大迫勇也” (56835)

サッカーにおけるセットプレーの戦術として、ニアでボールを触る方法があります。サッカーのセットプレーは、ゴール前にボールを入れて、そのボールに対してヘッドをするのが良くある方法です。単純にボールを入れるだけでは、ディフェンスも守りやすくなります。
そこで、ディフェンスの意表を突く方法として、サッカーのセットプレーの時にニアでボールを逸らすやり方です。ニアでボールを逸らすことで、ボールの軌道が変わり、ディフェンスが守りにくくなるので、得点しやすくなります。

1か所に集まったところからのスタート

セットプレーの戦術の1つとしては、ゴール前の選手が1か所に集まったところからスタートするやり方もあります。事前に1か所に集まったところからスタートするメリットは、誰がどこに走り込んでいくのかがわかりずらいところです。
選手がゴール前でバランス良くポジションを取るのではなく、1か所に集まった場所からスタートすることで、各選手の飛び込んでいく位置がわかりずらくなり、マークを外すチャンスが広がっていきます。

ファーサイドからの折り返し

@super_lefty25 on Instagram: “2018.8/1 明治安田生命J1リーグ第19節 横浜F・マリノス対サンフレッチェ広島 [ニッパツ三ツ沢球技場]  横浜F・マリノス MF14  天野純 フリーキック  #横浜fマリノス #fmarinos #天野純 #あまじゅん #myfavoriteplayer…” (56636)

セットプレーの戦術として用いられるものに、ファーサイドからの折り返しがあります。ファーサイドとは、ボールから遠い場所を言いますので、コーナーキックならばキッカーから遠い場所にいる選手の事です。この選手がボールをヘッドなどで、ゴール前に折り返します。
この形を取ることで、ボールは一度ゴール前を横切って再び相手のゴール前に入っていきますので、ディフェンスは体の向きが大きく振られボールウォッチャーになりがちです。マークを外してシュートしやすくします。

セットプレーのディフェンスにおける注意点

セットプレーは、攻撃側にとっては大きな得点チャンスです。しかし、裏を返せば、守備側にとっては大きなピンチでもあります。
セットプレーで守備をする時には、マークから目を離さないようにすることです。ずっと自分のマークに付くことができれば、相手の攻撃陣に自由に攻撃をさせることはありません。それでも、攻撃側は様々なトリックプレーを考えたりして攻めてきますから、ディフェンスはマークを外さないようにして、声を掛け合って守備をすることが重要です。

マークをずらさないこと

@super_lefty25 on Instagram: “2018.7/22 明治安田生命J1リーグ第17節 FC東京対横浜F・マリノス [味の素スタジアム]  横浜F・マリノス MF14  天野純 コーナーキック  #横浜fマリノス #fmarinos #天野純 #あまじゅん #myfavoriteplayer #味の素スタジアム…” (56638)

セットプレーだけに限りませんが、守備をする時には、マークをずらさないようすることが大切です。マークを外してしまうとフリーでプレーさせてしまうことになりますから、失点を招くことになります。
守備をする時には、自分が抑えるべきマークを自分の目の前に置き、ボールを触らせないように守備することが基本です。マンツーマンで守ることが多いサッカーでは、1人1人がマークをずらさなければ失点する可能性が減ってきます。

体を当てることが大切

セットプレーでディフェンスをする時には、必ず相手オフェンスと競り合うことになります。この時に、身長やジャンプ力で負けていたとしても必ず体を相手にぶつけることが大切です。体を当てておくことで、ジャンプしても上半身を振ることが出来なかったり、首を振ることができないために、強いシュートが打てなくなるからです。
競り合いは勝つだけが全てではありません。身長差が多少あっても体を上手く使うことで、相手を抑えることができます。

ボールをしっかりと見ること

守備側が気を付けるべきこととして、ボールから目を離さないことです。ボールを見ていれば、落下地点がわかりますし、混戦状態でもどこに転がり、どこからゴールを狙っているのかがわかります。

フェイントをかけられても、ボールとマークから目を離さずに、さらに味方のカバーリングもできる視野とポジションを取ることが出来れば、セットプレーでも点を取られることは少ないです。全員が常に注意して、状況判断をしていくことでピンチを防げます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。