Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. サイドバックに求められる...
サイドバックに求められるポジションニングと動き方とは?

サイドバックに求められるポジションニングと動き方とは?

近代サッカーにおいて戦術的な役割が急激に増えたサイドバックというポジションに関する動き方やポジショニングについての考え方を具体的なコツを交えて解説したいと思います。サイドバックを知ることでサッカーを知ることができるでしょう。

2021.12.16 サッカー

サイドバックの歴史とは?

まずはじめにサッカーにおけるサイドバックの役割の変遷を解説したいと思います。少し長くなりますが、サイドバックというポジションへの理解が深まることで動き方やポジショニングへの考え方を確立する助けになるのではないかと思います。

サッカーにおいてサイドバックは当初はその名の通りディフェンス要員という位置づけでした。相手のサイドアタッカーをマークする動きや役割や、味方センターバックの左右のスペースを埋めるポジショニングが基本的な動き方とされ、攻撃時の役割としてはディフェンスラインからボールをサイドに引き出し味方中盤や司令塔に受け渡すというリンクマン的な役割があるのみでした。

つまり昔のサッカー観では非常に地味で、それだけになり手が少なく長い間人気がないポジションとされてきたのです。
Getty Images (25897)

ディフェンスの役割だけでは終わらないサイドバックの戦術革新

しかしサッカーが近代化されていく過程でサイドバックに求められる戦術的なタスクがディフェンスだけでは無くなってきました。
何故ならサイドバックは最後方という非常に有利なポジションでボールを運べるという大きなメリットがあり、相手を押し込む展開になった場合常にフリーでボールを受けることができるサイドバックは隠れた司令塔として機能することができるポジションだという認識が浸透してきたからです。
戦術的な幅を得て、より強いチームとなるためにはディフェンスとともに攻撃でも貢献できるサイドバックが求められ始め、また必要とされるようになってきたのですね。

サイドバックのポジションは世界的な人材不足

このためにディフェンスができるだけのサイドバックは徐々に消えていき、いかに攻撃時のオプションとしてサイドを制圧することができるかというポイントに比重が置かれ始めた現代では、サッカーのポジションの中でも最もバランス感覚やサッカーセンスを求められるポジションになってきていると思います。

しかしディフェンスとして経験を積んできた選手が攻撃のタスクをスムーズにこなせるようになるにはかなりのトレーニングが必要とされますので、実は世界的に一流のサイドバックは人材不足ということが言われています。

特に右利きが大多数ですから、左利きもしくは両足を遜色なく使える左のサイドバックは非常に希少価値が高く、日本の誇る長友選手がイタリアで重宝されているのもこのような人材不足が背景にあるわけです。

サイドバックには他ポジションから活発なコンバートがされている

このような人材難の中で世界のクラブチームでは積極的に攻撃の選手をサイドバックにコンバートする試みが行われており、例えば若くて有望なFWやウイングの選手をサイドバックで起用しディフェンスのタスクを経験させながら育成していくという手法が活発となっています。
何故ならばサッカーのディフェンスは理論で理解でき、組織的に行うものですからコツを習得することが比較的容易ですが、逆にサッカーの攻撃に必要なものはほぼ感性のみで、直感的で効果的なプレイ、例えば意外性のあるドリブル突破やタイミングの良いオーバーラップなどを理論的に教えることが難しいという理由があるのです。
理論的な攻撃ほど読みやすく防ぎやすいものはありませんから、理論的なディフェンス方法を身につけてきたディフェンス出身のサイドバックが効果的な攻撃参加を行うのが難しいというのはここに問題点があるのです。

サイドバックのポジショニングや動き方のコツはプロの試合を観ることで養える

サッカーのあらゆる要素が詰まったポジションと言えるサイドバックは、そのセンスを身につけるのはなかなか難しく、コツとして様々な解説は可能ですが最終的な部分ではプロの試合を観るなどしてサッカーそのものに深く触れる時間を持つことが大切です。

ただ常にバランスを意識しながら激しい上下動を繰り返しつつ最終ラインとしてポジショニングまでしっかりと行い、労を惜しまず中盤や前線のサポートをするというサイドバックは、実は日本人のメンタリティにもっとも適したポジションでもあります。
日本では長友選手をはじめ、世界の舞台で活躍しているプロ選手が多数いることがその証明ではないかと思います。
特に長友選手はサイドバックの模範として非常に優秀な選手なので、サイドバックとしてのレベルアップを考えるならば長友選手の試合中の動き方やポジショニングから多くのことを学べることでしょう。

サッカーにおけるサイドバックの役割とは?

それではまず具体的なサイドバックの役割に関して見ていきましょう。
サッカーにおいてのサイドバックの基本的な動き方やポジショニングを大まかに分けると、大きく3つにすることができます。
Getty Images (25898)

サイドバックの役割①

ディフェンスラインの一員としてサイドのスペースを担当する

サイドバックの役割②

味方が攻撃する時のビルドアップを助けてサイドでパスコースを作る
  •        
  •        
  •        
  •       
    

サイドバックの役割③

味方攻撃陣のサポートをしながら攻撃に厚みを加える
この3つの役割は、チームの戦術や個性などで違ってきますが、基本的にはこの3点をいかにバランスよくこなすことができるのかという部分でサイドバックは評価されています。
ただ3つの中でも1つ目のディフェンスに関する役割だけはどのような戦術でも必ず全うしなければならない役割なので、サイドバックの意識としてはしっかりとしたディフェンスから入るのが望ましいと思います。

サイドバックのディフェンスでの基本的な動き方とポジショニング

サッカーにおいてのサイドバックのディフェンスはディフェンス組織の左右の一員としての連動性が重要なポイントと言えます。
逆に言えば常にディフェンスライン内で連動することを意識した動き方がひとつのコツだと思います。
それではボールの位置や相手の状況ごとに具体的な動き方やポジショニングのコツを端的に解説していきます。
サイドバックの担当スペース

サイドバックの担当スペース

最終ラインの左右のスペースを埋める動き方とポジショニング

まず前提としてディフェンスラインの左右の一員であるサイドバックは、相手のサイド攻撃を防ぎ左右のサイドのスペースを埋めるという役割が必須です。オーバーラップなどの攻撃参加を行うためにはしっかりとしたディフェンスをしてマイボールにすることが必要ですから、組織的なディフェンスをサイドから支えることが大切です。これに関しては左右で変わりはありません。
CBの指示をしっかりと聞きながらディフェンスラインの上下に追従しつつ、相手サイドの選手をいつでも捕まえられるポジショニングを保ち、スペースを埋める意識を持ちましょう。
特に昨今のサッカーではサイド攻撃が重視されている流れから相手のサイドの攻撃的な選手はテクニックやドリブル技術に長けた選手が配されることが多く、それをマークするサイドバックには相応のディフェンス能力が求められます。
マークする相手との距離感、味方CBとの距離感などを意識したポジショニングが非常に重要となってきますが、コツと呼べるような方法論は少なく、試合数をこなすことで経験を積むことがスキルアップの近道ではないかと思います。
ただ相手のドリブルへの対処は、自身がドリブルをトレーニングすることで効果的な対応方法が見えてくるものですから、オーバーラップ時に必要となるドリブルテクニックも積極的にトレーニングしておくといいでしょう。

ラインディフェンスを意識するポジショニング

サッカーのディフェンスでは最終ラインの上下動によって相手のスルーパスからの抜け出しを防ぐラインディフェンスが基本となっていますから、サイドバックにおいても相手のFWをオフサイドにするためにラインを意識したポジショニングが大切です。
そのための基本的なコツとして、ライン統率者であるCBよりも常に前にいるようなポジショニングが望ましいです。
サッカーでは、スルーパスによる得点がかなりの部分を占めますがこのほとんどが最終ラインにギャップが生まれることによるもので、その原因になりやすいのがサイドバックのポジショニングにあります。
例えば左サイドから攻撃されている場合、逆サイドの右サイドバックのポジショニングをライン統率者は視野から外さなければならなくなります。ですから右サイドバックは自分で意識してポジショニングを調整しながら動き、最終ラインにギャップが生まれないようにしなければなりません。
自身のマークする相手の動きにも注意しなければなりませんから、コツをしっかりと身につけて実戦で確認しながらポジショニングの修正を繰り返し、感覚を磨くことがサッカーのサイドバック上達への道となるでしょう。
ラインを意識したポジショニング

ラインを意識したポジショニング

スライドによるポジショニング調整をしてCBの役割を担う動き方も必要

前述したようにサッカーではサイドから攻撃を受けた場合、CBがそのサイドのサポートに釣り出されることがありますが、このときに逆サイドのサイドバックはポジショニングをスライドさせてCBの位置に入る必要があります。
これをサッカーでは俗に「中に絞る」と言いますが、この動きは非常に大切で、常に中央の危険なエリアのスペースを埋めておかないと、サッカーにおいては失点の危険性が高まるからなのです。
サイドからのドリブルによってサイドバックとそのサポートを行うCBをサイドに釣り出し、中央へのセンタリング及びクロスを狙って得点するというサッカーの基本的なサイド攻撃が常に有効な攻撃方法だと言えるのは、このスライドによるポジショニング修正、マークの受け渡しなどのディフェンスは瞬間的な判断力を求められる高度な対応となり、それ故にミスを生み出しやすいからなのです。実際にサッカーではクロスやセンタリングからの得点シーンではそのほとんどがサイドバックのスライドが甘く、中途半端なポジショニングのスキを突かれているものです。
ですので、サッカーにおいてサイドバックのディフェンスの基本的なコツは、ラインディフェンスのために上下の動きをCBと連動するとともに、スライドによるポジショニングで横への動きでも連動することが大切なのです。
中に絞るスライドの動き

中に絞るスライドの動き

サイドバックのビルドアップする時の基本的な動き方とポジショニング

サッカーでは自陣深くから前線へとボールを運び攻撃をしていくわけですが、これを特にサッカーではビルドアップと呼び、主にテクニックやパスワークに優れた中盤の選手が担うタスクとされています。
しかしこのビルドアップとは基本的に自陣の深い位置から始めるものですから、相手の戦術がハイプレスであった場合、細心の注意が必要となるものです。
ですから近代サッカーにおいてのサイドバックはこのビルドアップを左右からサポートする動きも必要とされ、ときには司令塔としての役割も意識してパスワークを行うことが望ましいと言えます。

最終ラインと中盤を左右からサポートのコツとは

サイドバックは常にサイドにいることで右サイドなら左、左サイドなら右方向に視野が広く限定されますので、実はチーム全体のバランスがよく見えるポジションなのです。
これを活かしてビルドアップのパスワークに参加しながらポゼッションを高めるための司令塔的な役割を担う必要があります。
ですから上手く前に運べないときや、味方攻撃ポジションの位置取りが悪いなどの状況であれば、一旦CBやGKにボールを戻してビルドアップをやり直すという判断をしなければなりません。
逆に味方のポジションや動き出しがチャンスに繋がると思えたら積極的にクサビの縦パスを入れたり、アーリークロスを狙ってみたり、もしくは逆サイドへのサイドチェンジのロングパスで状況を一変させたりする判断も求められます。
コツとしてはパスを受ける前にしっかりと味方の位置や距離を確認する作業を地道に行っておくことです。基本としては自身の前の味方攻撃ポジション、味方中盤、自身のサポートに寄ってきているCB、そして自分との間で三角形を描くようなポジショニングを意識しておくことでしょう。
これによってパスワークが容易になると時間的な余裕が生まれ、コツとして述べた味方の位置確認をしやすくなると思います。
三角形を作るポジショニング

三角形を作るポジショニング

ドリブルによって前に運ぶ役割もあるサイドバック

サッカーにおいてビルドアップするにはパスだけでは難しい場面もあります。
相手が積極的に前に出てこずに、待ち受けるようなディフェンスをしてくるときがそれにあたりますが、このようなときに不用意に中盤の選手にボールを渡すとそこに網をかけられてボールを奪われる危険性があるので、その場合はサイドバックがドリブルを行って前に運ぶことで相手を釣り出すのが有効な手段だと思います。
自身の動きによって相手がどのように動いてくるかを見極めながらドリブルを行い、スペースが生まれて味方が走り込むスキを見つけましょう。
このときのドリブルのコツはできるだけ前傾姿勢にならずに視野を広く保つようにしてあまりスピードを出さないことです。いつでもCBへのバックパスができるようにコントロールしておくことでリスクマネージメントを行うためです。
サッカーのビルドアップでは基本的にはスペースが見つからない、パスしても危険性が高い場合は、バックパスによってビルドアップをやり直し、次は逆サイドに回してみるなどを繰り返しますが、ドリブルによる運びに相手の対応が鈍ければ、一気にスピードアップしてより深く相手陣内に入り込むという判断も必要です。
このようにサッカーではサイドバックがサイドでボールを保持して司令塔のように攻撃の方向性を決めることが多々ありますので、より高いサッカーセンスが求められるわけです。

常に左右のサイドバックでポジショニングが連動するつるべの動きとは

サッカーのサイドバックにおいてリスクマネージメントの部分でのポジショニングのコツとして左右のサイドバックが常に連動し、片方が高い位置に上がればもう片方は最終ラインに残っておくというものがあります。
いわゆる「つるべの動き」と言われるものですが、これは片方のサイドで攻撃してゆき、もしボールが奪われてもスライドしてCBのディフェンスを助けることができるもう片方のサイドバックが残っておくことで最低限のディフェンス組織を構築しながら攻め込むという考え方が根底にあり、ある種のサイドバックの鉄則となっています。
ですからいつでも逆サイドのサイドバックの位置を見ておくことも、サッカーにおけるサイドバックの動き方のコツと言えます。
しかしセオリーには必ず例外があり、例えばボランチがCB2枚の前に残っている状況であれば両サイドバックが高いポジショニングを行ってもリスクは少なく、逆に相手が片方サイドにスライドしてディフェンスしようとすることを阻害したりできるので却って攻撃が安定し、したがってディフェンスのリスクがさらに軽減するなどといった効果があります。
つるべの動きで左右が連動する

つるべの動きで左右が連動する

サイドバックの攻撃に厚みを加える時の動き方とポジショニング

サッカーでは攻撃のポジションは常に激しいマークにあい、狭いスペースでのプレイを要求されるものですが、サイドバックはサッカーにおいて攻撃参加のタイミングを自身で決めてマークを受けずに動き出せるポジションとなっていますから、動き方やポジショニングを的確に行うことで得点に絡む決定的な場面を演出することができます。

ディフェンスや中盤を支えながら、ここぞという場面で得点に絡めるというところがサッカーでのサイドバックの醍醐味であり魅力ではないかと思います。
しかしこれを意識しすぎて頻繁にオーバーラップをしてしまうのは考え物だと思います。

サイドバックは右や左のサイドのスペースを埋めるという役割も担っていますから、あまりに高いポジションを取りすぎるのは非常にリスキーで、自身が空けたスペースを相手に使われるという危機感は忘れないようにしましょう。

サイドチェンジの際に遅れて出てくることで大きなスペースを活用する

例えば右サイドでボールを運び保持している場合、ディフェンスの項で説明したように通常相手はスライドによってポジショニングを調整し右サイドに偏った配置になっていきます。
そのまま右サイドを抉ってフィニッシュまでいければいいのですが、そうはいかず一旦中盤に戻した場合サッカーではサイドチェンジのチャンスとなります。

このときサイドの攻撃的な選手は相手のスライドによってマークされるのですが、その後ろにサイドバックが出てくることで広大なスペースを一人で活用することができます。
そのまま広いスペースをドリブルするもよし、スペースによって得られた時間で入念に狙いすましたアーリークロスを狙うもよし、思いのままに攻撃参加することができます。
遅れて出てくるメリット

遅れて出てくるメリット

サイドバックによるオーバーラップによるサポート

サッカーでは自身の前の攻撃的な選手がボールを保持したら、サイドバックがサポートに動き出さないといけませんが、基本的なものとしてはオーバーラップしてその味方をさらにサイドから追い抜くかそのまま後ろでセーフティーなポジショニングを行いバックパスのコースを維持するかの2択があります。

よりチャンスを拡大するという観点からはオーバーラップをするのが良いですが、相手のディフェンス組織がどの程度準備されているかによっては控えた方が良いこともあります。
さらに味方の中盤が横にサポートに来ているか、そのポジショニングが良いものか悪いものかでもオーバーラップの効果が変わってきますので、それらを瞬時に判断しなければなりません。
ただ相手陣内深くで同様の状況であればオーバーラップを積極的に行う方がより得点チャンスに結びつきやすいでしょう。

ともあれ前の味方がボールを持ったら必ずなんらかの動きを行い、ホルダーへのプレスを緩めるのは大切なサッカーのサイドバックの重要な役割だと言えます。
オーバーラップ

オーバーラップ

インナーラップという新しい戦術とは?

最近のサッカーではウイングにサイドとは逆の利き足の選手を配置し、中への切込みからフィニッシュに結びつける戦術が浸透してきていますが、この新しい戦術はサイドバックの動き方にも影響を与えました。
サイドの選手のそのまたサイドを駆け上がるオーバーラップに対して、ウイングが中に切り込むようにサイドバックもサイドから中央のスペースへ走り込むインナーラップという戦術をするようになったのです。
インナーラップとはあえて相手の密集したスペースに走り込むことで相手のマークを混乱させたり相手CBを釣り出して味方ウイングのためのスペースメイクを狙ったもので、オーバーラップがクロスのためならインナーラップは直接ゴールへ向けた動き方ですから、状況によっては非常に有効な戦術となっています。
このためサイドバックにはドリブルやクロスの技術の他にフィニッシュのためのシュート力も求められてきています。
オーバーラップでも言えることですが、コツとしては動き出したら中途半端に終わらないようにはっきり確実に走り抜けることです。
攻撃をやり切ることで相手のカウンターへの動きを阻害できますし、思い切った動きは囮として機能しやすいからです。
インナーラップ

インナーラップ

サイドバックは様々な要素が詰め込まれたポジション!

3つの大きな役割に関して説明しましたが、いかにサイドバックがサッカーのすべての要素を求められるか理解してもらえたのではないかと思います。

長友選手などの有名な選手が登場するまで日本のサッカーではサイドバックは他ポジションより格下に見られる傾向があり、現在の少年サッカーレベルの育成現場ではこの傾向はそのままだったりします。しかし与えられた役割をよく見てみると、スペースを埋めるための的確なポジショニング、相手のドリブルに追従するための高いスピードやアジリティ、ビルドアップに参加してリスクマネージメントを行うインテリジェンス、オーバーラップやインナーラップで司令塔的な役割をこなすサッカーセンスなどなど言い出すときりがないほど様々な能力が求められるポジションがサッカーにおけるサイドバックなのです。

サイドバックの役割をしっかりと担い高いレベルでチームに貢献するのは容易ではないですが、それだけにやりがいのあるポジションで、サッカーを深く理解できるポジションでもあります。サッカーとはどのようなスポーツで、サッカーの戦術とはどのように考えていくのか、その本質をポジショニングで体現しているのがサイドバックではないかと言えるのです。
Getty Images (25899)

サイドバックの模範とすべき有名な選手を紹介

ここまでの説明でサッカーのサイドバックが地味で余り物のようなポジションではなく、サッカーの攻守すべてを陰ながら支える重要なポジションであることが理解してもらえたと思いますが、具体的な動き方や的確なポジショニングのパターンはケースバイケースで、コツとしての大雑把な説明だけでは要点をしっかりと抑えるのは難しいのではないかと思います。
そこでサッカーのサイドバックとして模範となる、真似すべき有名な選手を3人紹介しますので、サイドバック上達の参考にしていただければ幸いです。

サイドバックの有名選手①長友佑都(日本)

【完全版】インテル長友佑都スーパープレー集 Nagatomo Goals&Skill 2010-2015 INTER DF

サッカーのサイドバックと言えばやはり長友選手は外せません。
日本人がサイドバックとして世界で戦うために必要なものをすべて持っていると言えるほど完成された選手になったと思います。

動画内でも頻繁に見られますがオーバーラップのタイミング・スピード・コース取りが絶妙で、それを可能にするスタミナを含んだフィジカルの強さは日本人離れしていると言っても過言ではないでしょう。
特に身体能力が求められるサッカーのサイドバックを海外チームの中で務め上げている長友選手を見ていると、フィジカルで劣るとされて諦めている日本のサッカー選手に希望を与えてくれるのではないかと思います。長友選手のプレイを見ていると中南米の選手、例えばメキシコの選手のような重くて速く休まないイメージとダブり、これが日本人が目指すべきサッカープレーヤーの理想像ではないかと考えられます。

また両足で遜色ないクロスを上げられることも長友選手の大きな強みで、左右のサイドバックをマルチにこなせるユーティリティの高さも戦術性の高いイタリアのサッカーにマッチしていると思います。
唯一難点をあげるとすると身長の低さがありますが、これもドリブルのキレを見ているとそこまでデメリットには感じられませんね。空中戦でも身体の寄せ方が非常に巧みなので長友選手より大きな選手が競り合いで負けている場面が多々見られます。
サッカーでサイドバックをするのなら長友選手を目標にするべきですし、すでにあるレベルまで到達した選手でも様々な点で学べることが多いでしょう。

サイドバックの有名選手②マルセロ(ブラジル)

【マルセロ】超攻撃型サイドバックのテクニック&タッチ集16-17シーズン【1】

日本でのサッカー人気をバルセロナと二分するレアル・マドリーを代表するサイドバックのマルセロですが、2007年からずっとレアル・マドリーでプレイし続けている素晴らしいサイドバックだと思います。
レアル・マドリーの強さから攻撃面での活躍が顕著に見えますが、中盤のルカ・モドリッチとともにチームの攻守のバランスを取りながらリスクマネージメントを行っており、スピードを活かしたアグレッシブなディフェンスと粘り強いマークはかなりのレベルだと思います。

チームのバランサーをしていることからも分かるように非常にインテリジェンスがあり戦術眼の良さが際立っていて、攻撃参加のタイミングやオーバーラップ、インナーラップの使い分けが巧みなためレアル・マドリーの攻撃にワイドな厚みを加えています。
サイドバックの役割とは何かは彼のプレイを見ているとよくわかるのは長友選手と同様ですが、長友選手よりもより攻撃でのプレイのバリエーションが豊富で一種の華やかさまで感じられますね。

サイドバックの有名選手③フィリップ・ラーム(ドイツ)

フィリップ・ラームのビルドアップ集

すでに引退してしまいましたが、マルセロや長友選手よりもより戦術家よりのプレイスタイルで通好みのサイドバックではないかと思います。

自身のドリブルやテクニックで攻撃参加を行うというよりはボランチなどの司令塔の前段階でチームのバランスをコントロールする、いわば司令塔の司令塔のような非常に頭の良いプレイをするサイドバックです。
ですから華やかさやスピード感などの派手さを感じるよりも何気ないトラップや短いドリブルでチームの全員を動かすような本当に地味なプレイが中心となっていますが、戦術的な理解が深まってくるとこのようなサイドバックはなかなか存在しないことに気づきます。
チームのへそに当たるボランチに戦術理解度、戦術対応力の高い選手を配置するのを好むグアルディオラ監督がバイエルン就任後にラームをサイドバックからアンカーにコンバートしたことでも、いかにラームがインテリジェンスの高い戦術家なサイドバックなのかが窺い知れるのではないかと思います。

マルセロや長友選手とは違った方向性でサイドバックの可能性を見せてくれたのがラームでしょう。フィジカルよりもセンスで戦うスタイルは日本人にも学べるところが多いのでないかと思います。

サイドバックのポジションは最高に面白い!

Getty Images (25900)

筆者はサッカー経験が10年ほどでそれほど高いレベルでプレイをしていたわけではないのですが、器用貧乏だったこともありほぼすべてのポジションでのプレイ経験があります。その中でダントツにサッカーが楽しいと思えたポジションがサイドバックなのです。

サイドバックの歴史から戦術的な変遷、基本的なものから具体的なものまでの動き方やポジショニングに触れてきて、正直サイドバックって大変じゃない?というイメージを抱かれた方も多いかと思います。実際にサッカーの試合を観戦するとわかりますが、サイドバックはほぼすべての時間帯で走り回っていますし、一見すると無駄なことに見えるようなランニングも多いでしょうから、ますます難しいイメージになってしまうかもしれません。

しかしやってみるとこれほど楽しいポジションはないというのがサイドバック考え方です。相手の攻撃の狙いを読みながらCBとともにディフェンス組織を構築し、中央のポジションではない身軽さを利用して積極的なインターセプトを狙い、マイボールになれば味方の動きやボールの流れからオーバーラップのタイミングを虎視眈々と狙い、広大なスペースに走り込んでフィニッシュにまで絡める、これほどどのような場面でもサッカーの真髄を味わえるポジションはサイドバックくらいのものです。

サッカーのサイドバックを知ればサッカーのすべてを知ることができる、それがサイドバックというポジションでないかと筆者は強く感じています。ぜひともポジティブにサイドバックというポジションを楽しみながら理解していきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。