2020年1月20日 更新

【東京都】サッカーの強豪高校ランキングTOP10を紹介

高校サッカー強豪高校が集まる地域として有名な東京都。東京で強豪高校として有名なのが、近年目覚ましい強さを見せつけている関東一高と国学院久我山です。その2校を追うのが駒澤大学高校、東海大高輪高校、そして古豪復活を目指す帝京高校です。

128,853 view お気に入り 0

東京のサッカーの強豪高校ランキング 第5位

帝京高校

ひらたっち on Instagram: “高校サッカー✨帝京高校頑張れ👍🏻 #高校サッカー#帝京高校サッカー部 #帝京高校#駒沢陸上競技場” (102862)

国公私立 私立
所在地 東京都板橋区稲荷台27-1
選手権成績 出場34回(優勝6回/準優勝3回/4強4回)
インターハイ成績 出場31回(優勝3回/準優勝4回/4強4回)
主なOB 佐々木則夫/磯貝洋光/森山泰行/本田泰人/松波正信/中田浩二/他
帝京高校サッカー部は、名将の古沼監督のもと、戦後の選手権で優勝6回は国見と並んで最多タイ記録、インターハイ3回、合計9回の全国制覇を誇るの名門高校です。

当時は止めて蹴るの基本練習とランニングを中心として運動量の強化で全国大会の常連校となり、強い高校といえば帝京高校と呼ばれるようになりました。

現在は古沼監督の教え子の廣瀬龍監督により抜本的な改革が行われ、Jリーグクラブ並の充実した練習環境が整備されました。
さらに将来の帝京高校サッカー部員を早い段階で育成するため、ジュニアユースチームの帝京FC(現在のSTFC)を設立しました。近年、低迷が続いていた帝京高校ですが、徐々に復活の兆しを見せ始めています。

東京のサッカーの強豪高校ランキング 第4位

東海大学付属高輪高校

チョス☺︎ on Instagram: “・#東海大高輪台#高校サッカー” (102845)

国公私立 私立
所在地 東京都港区高輪2-2-16
選手権成績 なし
インターハイ成績 出場2回
主なOB 田代真一
東海大高輪高校はこれまで選手権への出場経験はありませんが、インターハイには2度出場している東京都の強豪高校です。

東海大高輪高校サッカー部の特徴は、恵まれた練習環境にあります。主な活動場所はさいたまグラウンドのほか、学校近隣の人工芝グラウンドを利用、平日のさいたまグラウンドへは主にバスで移動しています。

また、照明がついているのでナイター練習も可能で、クラブハウスも完備されています。部員は170名を超える大所帯ですが、レベルに合わせてメンバー分けされ、Tリーグや地域リーグに参戦し、レベルアップをはかっています。

東京のサッカーの強豪高校ランキング 第3位

駒澤大学付属高校

Itsuki Miyamoto on Instagram: “全国高校サッカー選手権大会開幕戦。#全国高校サッカー選手権大会 #開幕戦 #駒高サッカー部 #弟は応援団 #2-1#勝利 #たのしかった #赤いのきてこの中で応援した” (102769)

国公私立 私立
所在地 東京都世田谷区上用賀1-17-12
選手権成績 出場4回(8強2回)
インターハイ成績 出場1回
主なOB なし
過去5年間で3度の全国高校サッカー選手権出場を果たしている駒澤大学高校サッカー部は、近年最も力をつけた高校です。

その駒澤大学高校サッカー部の強さの秘密は、20人という多くの指導者と、選手の強靭なメンタリティーにあります。サッカー部員は約270名で、10~13チームに振り分けられ、都内各地のグラウンドに分かれて練習しますが、指導者が20人いるので1人残らず目が行き届きます。

また、心身のメンテナンスに意識を置いた習慣があるのでトーナメントなど一発勝負でも強靭なメンタリティーを発揮できます。選手の才能が埋もれてしまうことがなく、強い精神力が名門駒大高の源になっています。
強靭なメンタリティー
駒澤大学高校サッカー部は、トーナメントなど短期決戦にはコンディショニングや身体のメンテナンスの取り組みは勝敗にダイレクトに影響することを考慮しています。
そのためパートナーストレッチをはじめ、ゲーム前のウォーミングアップ、ハーフタイムでの疲労回復、試合後のケア、宿舎での心身のメンテナンス、コンディションニング維持のためのルーティンを高い質でおこっています。

東京のサッカーの強豪高校ランキング 第2位

国学院久我山高校

akihito. on Instagram: “応援#高校サッカー #國學院久我山 #久我山サッカー #応援 #円陣 #勝ちました” (102755)

国公私立 私立
所在地 東京都杉並区久我山1-9-1
選手権成績 出場7回(準優勝1回)
インターハイ成績 出場9回(準優勝1回)
主なOB 吉田靖/丸山祐一/田邉草民/三竿雄斗/後藤雅明/名倉巧/他
美しく勝て をスローガンに、パスを細かくつなぐサッカーが特徴の名門高校です。これまで選手権に7回、インターハイに9回東京都代表として出場し、準優勝も成し遂げています。

国学院久我山高校サッカー部を率いたのが清水恭孝監督で、野球部と半分ずつ使う狭いグラウンドの中で、100人を超える部員が2タッチを意識しながらつなぐパスサッカーを展開しています。

また、国学院久我山高校は進学校で、文武両道を掲げていますので、できるだけ短い時間で効率のよいトレーニングをしています。学業との両立、細かくつなぐパスサッカーが、美しく勝つ久我山サッカーを支えています。
清水恭孝監督
市原緑高から立正大学を経て1997年から2010年まで千葉県の敬愛学園高校サッカー部コーチ、2010年から国学院久我山コーチ、2015年に監督に就任。
2019年度全国高校サッカー選手権に東京都代表として出場、ベスト16で敗退した後に退任。バルセロナのような細かくパスをつなぐポゼッションサッカーを推奨し、チームを全国の常連校へと導きました。

東京のサッカーの強豪高校ランキング 第1位

関東第一高校

Tomoyuki Abumiya 鐙屋 智幸 on Instagram: “母校1-0で勝利!関東大会出場権獲得#関東高校サッカー大会  #東京都予選 #準決勝  #関東第一サッカー部 #関東大会出場権獲得” (102751)

56 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

奥多摩の釣り堀6選!都心から2時間で自然を見ながら釣りを楽しもう

奥多摩の釣り堀6選!都心から2時間で自然を見ながら釣りを楽しもう

奥多摩には釣り堀が6つあり、川釣りに似たシチュエーションでマス釣りが楽しめます。奥多摩の釣り堀で釣れる魚はニジマスが多く、峰谷川渓流釣場ではヤマメやイワナも釣れます。すべての釣り堀で道具の貸出しをしているので手ぶらで楽しむことができデートにもおすすめです。おすすめの釣り堀は奥多摩フィッシングセンター。
東京の卓球スポットおすすめ7選!気軽にピンポンデートを楽しもう!

東京の卓球スポットおすすめ7選!気軽にピンポンデートを楽しもう!

東京都内のおすすめ卓球スポットは、大きく分けて2種類。1つめは、卓球をがっつり楽しめる卓球スクールや卓球場、2つめは食事やお酒と一緒に卓球を楽しめる場所です。東京のおすすめ卓球スポットは、T4 TOKYO、卓球酒場ぽん蔵、YOYO TAKKYU、中目卓球ラウンジ、Akiba卓球スタイル、渋谷卓球倶楽部、TACTIVEの7つで、店舗情報やおすすめポイントを紹介します。
多摩川のバス釣りポイント情報!ブラックバスの攻略法をゼロから解説

多摩川のバス釣りポイント情報!ブラックバスの攻略法をゼロから解説

多摩川はブラックバスが釣れるポイントが豊富です。おかっぱりの釣りも楽しむことができるため、関東圏でブラックバスを釣りたいと考えている方は気軽に足を運べます。多摩川のブラックバスが釣れる8箇所の釣り場をマップで紹介し、各ポイントの攻略法を徹底解説します。
多摩川河口で釣れる魚とは?おすすめポイント3選と攻略法

多摩川河口で釣れる魚とは?おすすめポイント3選と攻略法

多摩川河口はシーバスなどの海釣りのターゲットが狙える釣り場。人気ポイントであるため初心者には不向きと思われがちですが、テナガエビやハゼなどは初めての釣りにもおすすめの魚です。多摩川河口で釣れる魚とおすすめの釣り場を徹底解説します。
多摩川のシーバスポイント情報まとめ!初めて行く人にゼロから攻略法を解説

多摩川のシーバスポイント情報まとめ!初めて行く人にゼロから攻略法を解説

多摩川は全国でも屈指の難関シーバスポイントです。関東圏のアングラーに打たれ尽くされた超メジャースポットであるため、攻略は一筋縄ではいきません。ここではそんな多摩川のおすすめシーバスポイントやタックルをマップ付きで徹底解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9