Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. 岡崎慎司の筋肉の凄い!元...
岡崎慎司の筋肉の凄い!元日本代表の筋トレ・食事メニュー・生活習慣とは?

岡崎慎司の筋肉の凄い!元日本代表の筋トレ・食事メニュー・生活習慣とは?

岡崎慎司選手は筋肉がすごいと世界中で評価され太ももやふくらはぎの筋肉の大きさをメディアに取り上げられことがあります。岡崎慎司選手の筋肉は日々のハードな筋トレと栄養指導を取り入れた食事、筋肉の疲労を回復するための生活習慣によって生み出されています。彼は食事や生活面を改善することで筋トレの効果を高めています。

2021.12.31 サッカー

Writer

yama1116

公式ライター
yama1116

学生時代はバスケ、テニス、アメフトをしていました。

現在は観戦専門ですが、サッカーや野球などスポーツ全般に興味がある30代3児のパパです。

岡崎慎司の筋肉がすごい

名前 岡崎慎司
生年月日 1986年4月16日
出身地 兵庫県宝塚市
所属チーム FCカルタヘナ
ポジション FW

岡崎慎司は日本代表歴代得点ランキングで歴代3位の記録を保持するFWで、筋肉がすごいと評価され、太ももやふくらはぎの筋肉が大きく発達していることを海外メディアに取り上げられたこともありました。彼の体格は世界基準では小柄な体格ですが、筋肉をつけることで自身よりも体格が大きい外国人選手と互角以上に渡り合っています。岡崎慎司は努力しトレーニングを積むことで、世界基準で戦える肉体を作り上げてきました。

岡崎慎司の身長・体重・体脂肪率

身長 174cm
体重 76kg
体脂肪率 非公表

岡崎慎司の身長は174cm、体重は76kgで、体脂肪率は公式には発表されていませんが、イングランドプレミアリーグのサッカー選手の体脂肪率の平均が10から12%であるため、約10%前後と推定できます。岡崎慎司選手の体重が身長にしては重たい理由は、脂肪が少なく筋肉が多くついていることを示し、大柄な体格の選手と相対しても当たり負けしません。

岡崎慎司の身体的特徴

岡崎慎司選手の身体的特徴は体幹がよく鍛えられているため、高身長で体重が重い選手に当たり負けしません。体幹が鍛えられているためクロスボールの反応が早く、ダイビングヘッドやオーバーヘッドで観客を沸かせる見事なゴールを決めることができます。彼は、生れつき体格には恵まれておらず、Jリーグ時代には鈍足でレギュラーから外れていた時期もありましたが、ハードワークを積み世界で活躍できる選手に変化しました。

岡崎慎司のプレースタイル

岡崎慎司のプレースタイルは献身的な守備もいとわず、試合中のスプリント数が多く、がむしゃらにボールを追いかけて泥臭くゴールを狙っています。前線の位置からプレスバックして自陣まで相手選手にプレッシャーをかけ、ボールを奪うとカウンターの起点になりチャンスを創出します。彼の献身的な姿勢やがむしゃらにボールを追いかける姿勢はファンのみならず、チームメイトや監督からの評価が高いです。

岡崎慎司の筋肉を画像でチェック

岡崎慎司の筋肉は上半身、腕、腹筋、下半身と全身にわたって鍛え上げられています。彼は、リーグの特性や環境に応じて肉体改造を施し、コンタクトが多いイングランドプレミアリーグでは自身の持ち味であるスピードやキレを失わないギリギリまで筋肉量を増やしています。岡崎慎司の筋肉で最もすごいのが下半身の筋肉で、彼のふくらはぎには砲丸が仕込んであると海外メディアに報じられたこともありました。 

岡崎慎司の上半身の筋肉の凄さがわかる画像

岡崎慎司の上半身の筋肉はユニフォームの上からでも大胸筋の厚みが確認でき、彼の上半身は筋肉隆々ではありませんが、脂肪が少なく、筋肉が適度に発達しています。岡崎慎司はDFに当たり負けしない体づくりと筋肉量を増やしすぎて長所であるスピードや体のキレが失われない程度に、筋肉量をコントロールしながらボディメイクしています。

岡崎慎司の腕の筋肉の凄さががわかる画像

  •        
  •        
  •        
  •       
    

岡崎慎司の腕の筋肉は太すぎず、細すぎず、無駄のない筋肉がついています。サッカーでは腕の筋肉が重要で、ダッシュやジャンプ、キック、下半身の動力となるのが腕を引く動作で腕の振りが早いとスタートやダッシュが速くなります。岡崎慎司選手のポジションはFWであるため、DFとの位置取りの争いが多く、腕を上手に使えるかどうかが重要です。

岡崎慎司の腹筋の凄さがわかる画像

岡崎慎司の腹筋はユニフォームの上から見てもシックスパックが確認でき、腹筋や背筋、体幹が良く鍛え上げられているため、難易度が高いバイシクルやオーバーヘッド、ダイビングヘッドで豪快にゴールを決めることができます。

オーバヘッドやバイシクルは空中で体をひねりながらボールを蹴りこむため、腹筋のアウターマッスルだけでなくインナーマッスルが鍛え上げられていないと強いシュートを打てません。

岡崎慎司の下半身の筋肉の凄さがわかる画像

岡崎慎司の下半身の筋肉は大殿筋や大腿四頭筋、ハムストリング、内転筋が大きく、大柄な海外選手に引けをとりません。岡崎選手の持ち味である献身的な守備とハードワークが可能な理由は下半身の土台ができているためです。

彼の下半身は太ももの筋肉やふくらはぎの筋肉が目立っていますが、太ももを支える臀部の筋肉や股関節の可動域も優れています。  

岡崎慎司の太ももの筋肉の凄さがわかる画像

岡崎慎司の太ももの筋肉は大腿四頭筋とハムストリングが大きく、日本代表でもトップレベルの太ももの筋肉です。太ももの筋肉は蹴る動作や走る動作、サッカーの基本的な動きに直結する重要な筋肉です。彼は太ももの筋肉量を増やし、プライオメトリクストレーニングで筋肉の爆発力も磨きをかけ、サッカーのパフォーマンス向上をはかっています。

岡崎慎司のふくらはぎの筋肉の凄さがわかる画像

岡崎慎司のふくらはぎの筋肉は、ソックスの中に砲丸を仕込んでいると疑われるくらい大きく発達しています。ふくらはぎの筋肉はサッカーで重要な敏捷性、アジリティに影響し、素早い動作や切り返し、サッカーに限らず重要な筋肉です。

岡崎慎司選手が海外で通用できている理由は、ふくらはぎの筋肉を徹底的に鍛え上げて、自身の最大の武器である体のキレや敏捷性を高めているからです。

岡崎慎司の筋肉を作る筋トレとは?

岡崎慎司の筋肉を作る筋トレは、筋肉量を増やすウエイトトレーニングと筋肉のパワーを引き出すプライオメトリクストレーニング、持久力をつけるためのサーキットトレーニングがあります。

①フロントランジ
②バックプレス
③ハーフスクワット
④ベンチプレス
⑤ボックスジャンプ
⑥サーキットトレーニング

岡崎慎司選手は3種類を組み合わせて筋肉量を増やしつつ、90分間動ける肉体を作り上げています。  

岡崎慎司流の筋トレ①フロントランジ

フロントランジはハムストリングスや臀部の筋力アップの効果があり、場所を問わずトレーニングが可能です。フロントランジは前に大きく踏み込んで元の姿勢に戻る動作で、彼はブレない下半身づくりを実践しています。FWの選手にとってゴールを奪うためには飛び出しが重要で、岡崎慎司流のフロントランジはDFの裏をとるために正確なフォームで早く強く踏みこむことを意識しています。

岡崎慎司流の筋トレ②バックプレス

バックプレスは三角筋や僧帽筋、上腕三頭筋の筋力アップに効果があるウエイトトレーニングです。岡崎慎司選手のバックプレスはケガを防ぐために、バーベルの重量は15kgから25kgに設定し、1セット10回 でメニューを組んでいます。彼は、難易度の高いバックプレスをトレーニングに組み込むことで、背中を強くしDFとのフィジカルコンタクトやポジション争い、ポストプレー時のキープ力を高めています。

岡崎慎司流の筋トレ③ハーフスクワット

ハーフスクワットは膝を90度曲げるスクワットで、太ももが水平になる程度まで曲げるトレーニングで大腿四頭筋、太ももの筋力アップに効果がある筋トレです。岡崎慎司選手はバーベルで負荷をかけながらハーフスクワットを行い、下半身の筋肉量を増加させています。岡崎慎司選手は太ももを鍛えることで、瞬発力を高めてダッシュやジャンプ、サッカーに必要な基本的な動作の底上げをはかっています。

岡崎慎司流の筋トレ④ベンチプレス

ベンチプレスは大胸筋や三角筋を鍛えるトレーニングで、筋トレBIG3と呼ばれるウエイトトレーニングの代表格です。岡崎慎司流のベンチプレスは背中や腕の筋トレをした後に、トレーニングの締めくくりにベンチプレスをしています。彼はケガを避けるためにバーベルの重量は60kgに抑えて、コンディションに合わせて回数とセット数を設定しています。

岡崎慎司流の筋トレ⑤ボックスジャンプ

ボックスジャンプは大腿四頭筋や大臀筋、ハムストリングス、下半身全体を鍛えるトレーニングで、筋肉量を増やす筋トレではなく、瞬発力や爆発力、筋肉の連動性を高めるプライオメトリクストレーニングです。岡崎慎司流のボックスジャンプはバランスを保ち、姿勢やフォームに気を配りながら、ゆっくりと丁寧な動作を心掛け、30センチと45センチのボックスをトレーニングで使用しています。

岡崎慎司流の筋トレ⑥サーキットトレーニング

サーキットトレーニングは、無酸素運動と有酸素運動を繰り返すトレーニングで、全身を鍛えることが可能で組み合わせる種目で持久力や筋力、瞬発力、フィジカルを高める効果があります。岡崎慎司選手は、高負荷のサーキットトレーニングで心肺と筋肉を鍛え上げて、90分間走る続けられる肉体を作り上げています。

岡崎慎司の筋肉をつくる食事とは?

岡崎慎司選手の筋肉を作る食事はタンパク質を多くとることを心掛けていて、肉の動物性のタンパク質だけでなく、オーガニックの植物性プロテインも摂取し多種多様な食材からタンパク質を補給しています。2018年からファットアダプト食事法を提唱する長友選手の専属シェフの加藤氏に栄養指導を受け食事の改善をはかっています。  

筋肉のために摂っている食材

岡崎慎司選手が筋肉のために摂っている食材は良質なたんぱく質で、肉で動物性のタンパク質を補給し、トレーニングの後には植物性のオーガニックのプロテインを飲んでタンパク質を補給しています。植物性のオーガニックのプロテインはインナーマッスルの発達に効果があり、プロテインの筋肉の疲労回復に加え、オーガニック特有の抗酸化物質の補給もできます。  

筋肉のために避けている食材

岡崎慎司選手が筋肉のために避けている食材は、糖質や脂質が多い食材で、穀物や芋類、揚物の過剰な摂取を控えています。糖質が多い食材は白米や精製された小麦粉で作られたパン、うどん、パスタがあり、脂質が多い食材は揚物や脂身が多く含まれている肉や魚です。過度な食事制限はストレスが蓄積しやすいため、彼はチートデイを設定し、好物のフィッシュアンドチップスや白米やパンを思う存分食べる日をつくっています。

岡崎慎司の食事の変化

岡崎慎司選手は好きなものを食べて、足りない栄養素はサプリメントで補充をしてきましたが、30代になるとストイックなサッカー日本代表の長友選手の影響を受けて日々の食事の改善しています。彼は2018年に長友選手の栄養管理を行っている専属シェフを招聘し栄養指導を受けました。加藤シェフはファットアダプト食事法を提唱し、良質な脂を効率よくエネルギー源に変えるための栄養指導をしています。

筋肉を作る食事メニューの例

岡崎慎司選手の筋肉を作る食事メニューは、マグロのレアステーキと茄子の揚げ浸し、ネギラム肉、鶏胸肉の梅肉ソースで、加藤シェフのファットアダプト食事法を取り入れています。

岡崎慎司選手は食事に寛大で、好きなものを食べていますが、食べる順番に気を配りながら、糖質や脂質の吸収を抑える努力をしてきました。  

岡崎慎司の筋肉をつくる生活習慣とは?

岡崎慎司の筋肉を作る生活習慣は、トレーニングや試合後に筋肉のリカバリーを念入りに行っています。トレーニングの後には筋肉の疲労回復や栄養補給のためにフレッシュジュースを飲み、日常生活では睡眠時間を多く確保して筋肉の回復を促し、トレーニングの前後や就寝前にストレッチを取り入れ、筋肉の疲労を低減させています。  

岡崎慎司の筋肉の凄さがトップレベルのプレーを生み出す

岡崎慎司選手の筋肉の凄さは下半身の筋肉量と大柄な海外選手にひけをとらないボディバランスで、筋トレを積み体幹を強化し、小柄な体格でありながら各国のリーグで結果を残しています。Jリーグ時代は鈍足と評価され、筋トレと生活面を改善して海外ではスピードがあるFWと評価されている岡崎慎司、年齢的にはベテランの域に達していますが、再び日本代表に名を連ねるために生活の全てをサッカーにささげています。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。