2019年10月20日 更新

サッカーコートのサイズや面積!長さや寸法などの情報まとめ

サッカーコートの各エリアについて、その広さや長さ等のサイズに関する規格をまとめました。また、そもそものサッカーの試合場の各種呼び方(ピッチ、コート、フィールド)についても解説。さらに、サッカーコートの作り方についても説明しています。

183,710 view お気に入り 0

ゴールライン

 (44259)

ゴールラインは、前述の長方形であるサッカーコートの短い方のラインのことです。このゴールラインから、守備側の選手がボールをコートの外に出したら相手側のコーナーキックになり、攻撃側の選手がボールをコートの外に出したら守備側のゴールキックになります。

このゴールラインの長さ・サイズは前述の通り45m~90mで、国際試合においては64m~75mと定められています。

ハーフウェイライン

 (44260)

ハーフウェイラインはサッカーコートにおいて、自陣と相手陣地を区切っている真ん中の線のことです。例えば、試合開始のキックオフの時には、ボールが動くまではこのハーフウェイラインを越えて相手の陣地に入ってはいけないと定められています。

このハーフウェイラインの長さ・サイズは、ゴールラインと同様の45m~90mで、国際試合においては64m~75mとサイズが定められています。

センターサークル

 (44261)

センターサークルとは試合開始のキックオフの際、相手側のプレーヤーが離れていなければならない距離を示している円のことです。

センターサークルは半径9.15mという大きさのサイズの円で描くというように定められています。そのため、センターサークルの広さ・面積は約263㎡となります。

センターマーク

 (44262)

センターマークは試合開始のキックオフの際、ボールを置く場所です。センターマークはハーフウェイラインのちょうど真ん中の位置で、センターサークルの中心の位置となっています。

センターマークは直径22cmという大きさのサイズの円で描くように定められています。

コーナーアーク

 (44263)

コーナーアークは、コーナーキックの際にボールを置くことができる範囲を示した円弧のことです。サッカーのプロ選手は、少しでも自分の得意の角度に近づけたり、ゴールに少しでも近づけるため、このコーナーアークのラインぎりぎりにボールを置くことが多いようです。

このコーナーアークは、コーナーフラッグから半径1mという大きさのサイズの四分円で描くように定められています。

ペナルティマーク

 (44264)

ペナルティマークは、ペナルティキックの際にボールを置く場所です。ペナルティキックとは、ペナルティエリア内で直接フリーキックが与えられる反則を犯した際に、罰則として相手側に与えられるキックのことです。また、試合時間内に決着がつかない時に勝敗を決めるPK戦の際にボールを置く場所でもあります。

ペナルティマークは直径22cmという大きさのサイズの円で、ゴールの中心から、ゴールラインに直角に11mの距離に描きます。

ペナルティエリア

 (44265)

ペナルティエリアは、試合中にゴールキーパーが手を使える範囲のことです。また、前述の通り、このペナルティエリア内で守備側の反則があった場合、相手側にペナルティキックが与えられる場合もありますので、非常に重要なエリアといえます。

ペナルティエリアは、左右両方のゴールポストから外側に16.5mの距離にゴールラインと直角になるように16.5mの長さ・サイズの線をそれぞれ描き、この左右2本のラインを結んだ長方形のエリアとすると定められています。これにより、ペナルティエリアの広さ・面積は約667㎡となります。

ペナルティアーク

 (44266)

ペナルティアークは、前述のペナルティキックの際に、そのキッカー以外のプレーヤーがボールから離れなければならない距離を示した円弧です。

ペナルティキックの際には、キッカー以外のプレーヤーはペナルティエリア外にいなければならず、ボールからは9.15m離れる必要があります。そのため、ペナルティアークはペナルティエリアの外側で、かつペナルティマークから9.15m離れた距離に円弧を描くように定められています。

ゴールエリア

77 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バレーボールのコートの広さ・サイズはどのくらいなの?気になる疑問を解決!

バレーボールのコートの広さ・サイズはどのくらいなの?気になる疑問を解決!

バレーボールのコートのサイズは、コート全体だと9×18mで、ネットを挟んで9×9mが自分のチームのエリアとなります。コート自体のサイズ以外にも、ラインなど様々な規定のサイズが存在します。今回はバレーボールのコートの大きさやコートのラインなどのバレーボールのコートに関して詳しく説明します。
バスケットゴールのサイズ・高さとは?ゴール・リングなどの規格一覧

バスケットゴールのサイズ・高さとは?ゴール・リングなどの規格一覧

バスケットゴールのリングは全てのカテゴリで共通のサイズ・大きさとなっています。バスケットボールのフロアからリングまでの高さは、ミニバスと一般公式のカテゴリで45cm違います。バックボードのサイズにも規定があり、使用するボールの大きさも5号6号7号の3種類あります。
ドッジボールのコートとは?大きさやサイズを世代別に解説

ドッジボールのコートとは?大きさやサイズを世代別に解説

ドッジボールのコートには、日本ドッジボール協会で定められた公式サイズが存在します。年代や世代によってコートの大きさが違うのがドッジボールのコートのポイントです。大人も子どもも楽しめるドッジボールの、公式なコートのサイズを知っておきましょう。
サッカーボールの選び方とは?大きさやサイズを年齢とともに選ぼう

サッカーボールの選び方とは?大きさやサイズを年齢とともに選ぼう

サッカーボールには年齢や学年によって3号球、4号球、5号球の3種類のサイズが展開しています。そして土のグラウンド・芝のグラウンドの性質に応じたもの、手縫いや機械縫い、サーマルボンディングなど製造方法によっても価格や性質に違いがあるなど、サッカーボールには選び方のポイントがあります。
フットサルのコートサイズとは?気になるゴールの大きさとは?

フットサルのコートサイズとは?気になるゴールの大きさとは?

フットサルのコートは国際試合のコートサイズ規定があり、それは日本に存在している多くのフットサルコートのサイズとは異なりがあります。また、フットサルのゴールのサイズについてもサッカーとの比較などを通じてよりイメージしやすいように紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

onomine777 onomine777