Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. サッカーのパス練習メニュ...
サッカーのパス練習メニュー10選【初心者トレーニングガイド】

サッカーのパス練習メニュー10選【初心者トレーニングガイド】

サッカーでは、パスは非常に大事な技術になってきます。相手ゴールを目指すためには、なくてはならないものですから、その技術を高めるための練習をしっかりと行っていくことが重要です。そのための練習方法は沢山ありますので、それを考えていきます。

2022.11.23 サッカー

サッカーにおけるパスの重要性とは?

【サッカー史上に残る】奇跡の神業パス超まとめfantasystar相互登録

サッカーにおけるパスは、チームでゴールを目指すために必要不可欠なテクニックになってきます。
サッカーでは、ドリブルも使いますが、基本的には、パスを繋いで相手ゴールに迫ることが主な方法ですし、ボールに動いてもらうので、疲れ知らずと言えます。
サッカーにおけるパスは、ただボールを繋ぐことが出来れば良いわけではなく、味方にとって次のプレーがやりやすい場所にパスを出してあげるのが、真のパスと言えます。
そのためには、サッカーの基本であるパス練習のメニューを色々なやり方でトレーニングして磨いていくことが大切になってきます。

パスの練習方法

サッカーでパスが上手くなるためのやり方として、多くのメニューやトレーニング方法があります。
パスはサッカーの中でも基本中の基本となるテクニックですが、その奥は非常に深いものがあり、完璧なパスを出すためには多くの練習メニューを繰り返す必要が出てきます。
そのためには、サッカーにおける基本的なパス練習のメニューから始めて、動き方を変えたり、パスを出す方向を変えたりと色々なやり方でトレーニングをすることで実践で使えるようなテクニックを体に覚えさせていくことが大切になってきます。

パスの練習メニュー

Instagram (17052)

サッカーでは、パスを正確に行っていくために、沢山の練習メニューがあるので、様々なシチュエーションを考えながら練習メニューをこなしていくことでテクニックを磨くことができます。
サッカーのパス練習のメニューは沢山ありますが、やりすぎということはありません。
どれだけ練習メニューをしても完璧にできることはありえないからです。
しかし、サッカーではミスをなくすためにトレーニングは必要なことですから、気持ちが萎えないように色々なやり方、練習メニューを考えながら、メリハリをつけながら練習を繰り返しテクニックを身に付けることが大事になってきます。

基本のパス練習メニュー

サッカーにおけるパスの基本練習メニューとしては、二人一組で向かい合って、パス交換をします。
自分のところに来たパスをきちんと止めて、基本的な蹴り方を意識しながらパスを相手に返す練習メニューを繰り返します。
これによって、サッカーでは的確にボールを止めて、相手にパスを出す練習ができるのです。
また、サッカーでは、ダイレクトプレーも重要になってきますので、この練習メニューのまま、ダイレクトで味方にパスを返すトレーニングに切り替えることで、違ったトレーニングメニューをこなし、テクニックを身に付けていくことができます。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

トラップをしてからのパス練習

ベテランだって基礎練習。中澤佑二のトラップ・パス練習に密着

出されたパスを一度トラップして、余分な動作なく素早くパスをするサッカーの練習メニューです。
サッカーでは、パスを受ける時に、トラップがずれてしまうと相手にとられる恐れが出てきます。
そうならないためには、サッカーの練習によって、トラップを確実に行って素早い動作でパスに移る必要があります。
サッカーにおけるこの練習メニューのやり方としては、パスを出しやすい場所にトラップを丁寧に行うことです。
どんなレベルの選手になっても必要なトレーニンングであり、サッカーの基本的な練習メニューであり、テクニックなのです。

ダイレクトでのパス練習

ダイレクトパスのペア練習

出されたパスをそのままダイレクトで返す練習です。
サッカーの練習としてトラップをしてからパスを出す練習に比べると格段とレベルが上がります。
ボールの勢いに合わせて体の向きや位置を変えながらボールの勢いに負けないようにパスを蹴り返す必要があるからです。
ボールの出し手の体の向きを見て、その方向へ入り込み、正面からきちんとパスを返すサッカーのトレーニングです。
これによって、サッカーにおける基本的な蹴り方と体の正面でボールを受ける動きができるようになっていきます。

横からのパスを縦へ出すメニュー

#10 【初心者~経験者向け】サッカー練習動画 ~パス編vol.1~

サッカーでは、正面からきたボールを正面に返すことは少ないです。
サッカーの試合をイメージしてみればわかりますが、横パスを受けて、それを前線に出す場合や、縦パスを受けて横パスを出すなど、方向を変えるパスが基本となってきます。
こういったパスのやり方をトレーニングするのに、四角形の頂点にそれぞれ選手がいて、受けたパスを反対方向へトラップしてパスする練習を繰り返します。
これによって、出されたパスを受けて、次の選手へパスを繋ぐ練習ができるわけです。

3対1のパス回しトレーニング

サッカーでは、ディフェンスを配置することで、実践的なパス回しを行うことができます。
出来るだけ小さな範囲で、2タッチ制限を設けて、パス回しを行います。
サッカーのおいて、この時に大事になってくるのが、トラップとパスの精度と速さです。
サッカーでは、きちんと自分の足元にボールを止めることができないとディフェンスに取られてしまいます。
そして、素早く正確にパスを出さなければ、味方選手に通すことも次の選手がパスを処理することも難しくなってしまうのです。

4対2のボール回しの練習

4対2対面パス

サッカーの練習として、オフェンス4人、ディフェンス2人でボール回しを行います。
3対1から人数を増やすことで、ディフェンスにより早くパスコースを切られることになります。
ですから、ボールのもらい方や、パスの出し方、タイミングなど試合で使えるやり方をトレーニングしていくことができるサッカーの練習なのです。
サッカーでは、同じ動きばかりすることは考えられません。
同じような状況でも、敵味方、様々な人の動きを見て、パスコースを探したり作り出すことがサッカーのパスのやり方の基本となってくるのです。

ロングパスの練習メニュー

サッカー【ロングパス 蹴り方のコツ解説】 Long Passing Tutorial(in Japanese)

サッカーにおいて、長い距離を一気にパスで通すことができれば、局面を大きく変えることができます。
サッカーでは、精度の高いロングパスを蹴ることができれば、大きな武器になることは間違いありません。
そして、状況を一変させることも可能になってくるのです。
サッカーにおけるこのようなロングパスは、簡単に身に付くものではありませんし、長くて正確なロングパスを蹴るには、練習を繰り返し、距離感やコントロールをトレーニングで習得していかなければならないのです。

二人一組で行うメニュー

2人1組でロングキック(サークル内)の練習

  • <        
  •        
  •        
  •       
    
二人が向かい合って、距離を取り、相手の足を狙ってロングパスを蹴り合います。
基本的なロングパスのトレーニング方法です。
ロングパスのやり方としては、その軌道とコントロールが重要になってきます。
この基本的なトレーニングの中で、相手の足をきちんと狙うことと、そのスピード、また、低い弾道か、高い弾道かそれを意識して蹴り分けることが大事になってきます。
インフロントキックを使うことが基本となりますが、足ぶ当てる場所を少し変えるだけで高いパスであったり低いパスであったり使い分けることができますので、練習を繰り返すことです。

目標物に当てるトレーニング

人ではなく、コーンなどピンポイントの目標物を決めて行うキックの練習です。
人間相手であれば、少しパスがずれても動くことでトラップしてくれます。
しかし、固定されたものであれば、そこにピンポイントで当てなければいけないので、数センチ単位でのキックのテクニックが求められるのです。
これは、一人でもおこなうことのできるやり方ですし、トレーニングを重ねること基本的なテクニックの技術を上げることができるのです。

軌道の高いボールを蹴る練習

インステップキックの蹴り方。(ロングキック)

ロングボールのパスでも滞空時間の長いパスのやり方です。
ロングパスも軌道によって、味方にたどり着く時間が全く違います。
滞空時間の長いパスは、味方が走り込むだけの時間を作ることができます。
そのためのやり方は、基本的なインステップの蹴り方よりも少し下を蹴るように意識します。
そのトレーニングによって、軌道の高いパスを蹴ることができます。
これは練習によって誰でも蹴ることができるようになってきますから、繰り返しトレーニングをすることが大事になります。

軌道の低いボールを蹴る練習

長い距離を低い弾道のパスで通すことが出来れば、一瞬で局面が打開できますので、その練習を行います。
低い弾道のロングパスを狙うのであれば、インフロントキックでもできるだけボールの中心を蹴るようにします。
それによって、低く早い弾道のパスを供給することができるのです。
こういったロングパスの練習メニューを組み入れていくことで沢山の種類のパスを蹴ることができるようになります。
トレーニングは、そのやり方と意識の持ち方が何よりも大事になってくるのです。

パスゲーム

ミニゲーム形式でパスを主流としたパスゲームを行います。
練習メニューの最後にミニゲームをすることは多いかもしれませんが、その時にもパスを意識したやり方でゲームをすることでよりパス能力を高めることができます。
例えば、2タッチの制限を設けることで、トラップを大事にしますし、丁寧なパスを意識しなければいけません。
また、フォローも必ず入らなければいけないので、全員のパス技術が大事になってきます。
こういったパスゲームをトレーニングとすることも大事なやり方なのです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。