2020年2月12日 更新

オリンピックのオーバーエイジとは?【サッカーの特殊ルールを解説】

オリンピックのオーバーエイジとは、23歳以下の出場年齢制限があるオリンピックのサッカーで3人まで登録が許される年齢制限がない選手を指します。このオーバーエイジ枠の使用は色々な考えがあり、オリンピック側はスター選手を参加させて大会を盛り上げるために使用し、育成を重視するチームは、オーバーエイジを使用しないことが多いです。

85 view お気に入り 0

オリンピックのオーバーエイジとは?

オリンピック(The Olympic Games) on Instagram: “いよいよ2020東京オリンピック @tokyo2020 まであと700日です🤩✨#olympics” (109955)

オリンピックのオーバーエイジとは、サッカー競技の選手年齢の上限よりも年長の選手のことです。

オリンピックサッカーの年齢制限は23歳で、オーバーエイジは3人までとなっています。オーバーエイジはOAと略して呼ばれることがあります。

オーバーエイジ枠がある理由

Dr. Saranjeet Singh on Instagram: “‪*Russia's anti-doping chief gets death threats after plea for 'clean' overhaul.* @ians_india @ANI @PTI_News @AFP @Reuters @NADAIndiaOffice…” (109956)

オリンピックにオーバーエイジ枠がある理由は、商業的理由です。

サッカーのオリンピックはオリンピック憲章のアマチュア条項によってプロ選手の出場が許されていなかったため、プロ選手が出場するワールドカップよりも圧倒的に低い立ち位置でした。

FIFAとIOCは1992年のバルセロナオリンピックでU23のプロ選手の出場を認め、年齢制限のある育成年代の最高峰の大会と位置付けました。

そのバルセロナオリンピックはサッカー競技の観客動員が悪く、スター選手の参加機会を確保するためにオーバーエイジ枠が1996年のアトランタオリンピックから設けられました。

オーバーエイジが果たす役割

オーバーエイジ枠が果たす役割は、A代表と23歳以下の選手との懸け橋となることと話題性を提供することです。

A代表でプレーする中心選手がU23代表に参加することは、若い選手がA代表に招集されたときにチームに溶け込みやすくなります。

同時にA代表のスター選手がU23世代に参加することで、大会の注目度を高めることにつながります。

オーバーエイジが加える影響

オーバーエイジが加える影響は、A代表のレベルに23歳以下チームを引き上げることと精神的支柱となることです。オーバーエイジの選手と合宿を通して時間を共にすると、チーム全体のプレーの水準や試合に対しての準備の質が高くなります。

またオーバーエイジの選手が、マスコミ対応をこなし、チーム内でリーダーシップを発揮することで、若い選手はプレーに集中することができます。

一方で、予選には出場しなかったオーバーエイジの選手が入るとチームワークが崩れたり、23歳以下の選手の出場機会を奪ってしまう悪影響も懸念されます。

オリンピックのオーバーエイジの使用方法

@rintaro_kayama40 on Instagram: “#ネイマール” (109952)

オリンピックのオーバーエイジの使用方法は、センターラインと呼ばれる中央のポジションが多いです。

【中央のポジションの具体程】
ゴールキーパー
センターバック
ボランチ
フォワード

2016年のリオデジャネイロオリンピックではネイマール選手をオーバーエイジで招集したブラジル代表が優勝を果していて、自国開催の国はオーバーエイジを積極的に利用する傾向があります。
ワールドカップで優勝を狙う強豪国は、オリンピックを重要視していないことがあり、オーバーエイジの招集には消極的で、オーバーエイジを使わないことがあります。

日本代表のオーバーエイジ枠の使い方

BAR GAJA(バーガヤ) on Instagram: “お疲れ様です‼️ 暑い❗熱い❗あつい❗アツイ‼️ 結局、どれも暑い❗  さて今夜はサンフレッチェのホームゲーム。  仕事終わりが遅く、試合開始に間に合わない人は、是非ガヤヘ🎵  また、試合終わりの横川探検も、是非ガヤヘ🎵…” (109953)

日本代表のこれまでのオーバーエイジ枠の使い方は、各世代でさまざまです。

1996年アトランタ五輪からオーバーエイジ枠の使用が認められて、日本代表はオリンピックでのオーバーエイジの使い方で6大会の経験があり、それぞれの大会で成功も失敗も経験しています。

オーバーエイジの成功例

Football Channel :サッカー専門WEBサイト on Instagram: “吉田麻也がサンプドリアに加入‼️ . 日本代表CB対決は3月🇯🇵 C・ロナウド、イブラヒモビッチとはシーズン終盤に激突予定💥 . . 写真⚫Getty Images . . . #サンプドリア #イタリア #セリエa #serieA #football #soccer…” (109950)

オーバーエイジの成功例は、2000年のシドニーオリンピックと2012年のロンドンオリンピックです。

シドニーオリンピックは楢崎正剛、森岡隆三、三浦淳宏と守備的なポジションでオーバーエイジを使用。中村俊輔、中田英寿ら攻撃陣に恵まれた世代はベスト8に進出。シドニー五輪メンバーは18人中12人がワールドカップに出場しています。

4位に進出したロンドン五輪では、吉田麻也、徳永悠平とディフェンダーを2人選出しました。吉田麻也はロンドン世代の1歳年上で世代間ギャップがなかったことが成功の要因となりました。

オーバーエイジの失敗例

@footballshirt_tuliphat on Instagram: “2001 #小野伸二 移籍記念 ユニフォーム #浦和レッズ #プーマ #サッカーユニフォーム #コレクション #フェイエノールト #collection #urawareds #wearereds #memorial #footballjersey…” (109949)

オーバーエイジの失敗例は、2004年アテネオリンピックと2016年リオデジャネイロオリンピックです。

アテネ五輪では、小野伸二、高原直泰のA代表のコンビとキーパーの曽ヶ端準を招集する予定が直前で高原が怪我で招集不能となり、グループステージ敗退となりました。

リオ五輪では藤春廣輝、塩谷司、興梠慎三とA代表の主力ではない選手を招集しましたが、藤春廣輝は致命的なオウンゴールを献上するなど期待に応えられず、グループステージ敗退しています。
A代表の控えをオーバーエイジで招集したことは23歳以下の選手の出場機会を奪っただけという批判を浴びました。

オーバーエイジ枠を使用せず

@peacock710 on Instagram: “さぁ金晩ピーコック今宵もシャカリキオープンしております! 今宵は日本🆚ブラジル!! 応援いたしましょう! 勝つんです!! さぁピーコック今宵も朝まで山盛りお待ちしております☺︎ #kyoto #kiyamachi #bar_peacock #bar_kyoto #kiyaluv…” (109948)

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hoedama1 hoedama1