Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. センターフォワードのサッ...
センターフォワードのサッカー選手ランキングTOP10!

センターフォワードのサッカー選手ランキングTOP10!

サッカーにおいて、華やかなゴールを決めるセンターフォワード、泥臭いゴールを決めるセンターフォワード、空中戦が得意なセンターフォワードなど多くのセンターフォワードが存在します。ここではセンターフォワードのサッカー選手ランキンギTOP10を紹介します。

2021.12.16 サッカー

センターフォワードのサッカー選手ランキング第10位!

モハメド・サラー

国籍:エジプト
生年月日:1992年6月15日生まれ
身長:175cm
体重:71kg
2010-2012 アラブ・コントラクターズSC
2012-2014 FCバーゼル
2014-2016 チェルシーFC
2015- フィオレンティーナ(レンタル)
2015-16 ASローマ(レンタル)
2016-17 ASローマ
2017- リヴァプールFC

世界屈指のスピードスター

エジプト史上最高のセンターフォワードとされるサラーは、プレミアリーグの並み居るディフェンダーを翻弄する人気の世界屈指のスピードスターです。その抜群のスピードを駆使した、ディフェンスラインの裏への抜け出し、カウンターでのトップスピードにのった高速ドリブルは相手チームの脅威になっています。
また、サラーはディフェンスも積極的に行うことで有名で、豊富な運動量でサイドバックに負けないほどのアップダウンを繰り返します。

進化を続けるアジアの最強センターフォワード

スピードスターとして有名なサラーですが、決定力に課題があるとされていました。しかしリヴァプールに移籍した2017-18シーズンは、36試合出場で32得点とゴールを量産し、ケイン、ルカク、アグエロなど世界トップクラスのストライカーを抑えて、プレミアリーグ得点王に輝くなど決定力不足を払拭したシーズンとなりました。
さらにフィジカルも強くなり、サラーはまだまだ進化を続け、エジプトの伝説となることは間違いありません。

センターフォワードのサッカー選手ランキング第9位!

カリム・ベンゼマ

【サッカー】レアルマドリードの大砲ベンゼマの超絶プレー集!

国籍:フランス アルジェリア
生年月日:1987年12月19日生まれ
身長:187cm
体重:79kg
2004-2006 リヨンB
2004-2009 リヨン
2009- レアル・マドリード

超万能型センターフォワード

ベンゼマはオフェンスにおいて、必要な全ての技術を世界レベルで備えた人気の超万能型センターフォワードです。
絶対的エースであるクリスチャーノ・ロナウドを要する、レアル・マドリードに所属していることもあり、センターフォワードとはいえ、アシストに回るシーンがどうしても増えてしまいます。そのため、レアル・マドリードにとっては、パスもシュートもドリブルも優れ、高いボールキープ力を誇る伝説の超万能型センターフォワードであるベンゼマは、なくてはならない存在になっています。

ゲームコントロールもできるセンターフォワード

ベンゼマのすごいところは、大きな身体にもかかわらずとても繊細なボールタッチの持ち主である点です。そして広い視野を持ち、ゲームコントロールの役割もできるわけです。
時にはハーフウエーラインまで下がってボールを受け、ボールを左右に散らしたり、自らドリブル突破をはかるプレーもできます。
ベンゼマはとても使いやすく、得点能力にも優れた世界トップクラスの超万能型センターフォワードです。

センターフォワードのサッカー選手ランキング第8位!

ズラタン・イブラヒモビッチ

イブラヒモビッチ超人間離れ神の領域のスーパープレイ集!

国籍:スウェーデン ボスニア・ヘルツェゴビナ イタリア
生年月日:1981年10月31日生まれ
身長:195cm
体重:95kg
1999-2001 マルメ
2001-2004 アヤックス
2004-2006 ユヴェントス
2006-2009 インテル
2009-2011 バルセロナ
2010-2011 ACミラン(レンタル)
2011-2012 ACミラン
2012-2016 パリ・サンジェルマン
2016-2018 マンチェスターユナイテッド
2018- LAギャラクシー

優勝請負人

スウェーデンの伝説的センターフォワードとして有名なイブラヒモビッチは、エールディヴィジ、セリエA、リーガ・エスパニョーラ、リーグ・アンの4つのリーグで、所属チームを優勝に導いた優勝請負人とされています。
特にセリエAではユヴェントスで2度、インテルで3度、ミランで1度の計6度の優勝を経験し、世界でもイブラヒモビッチの名を知らない人はいないほど、伝説的で偉大な最高の人気サッカー選手とされています。

得点王を5度獲得

イブラヒモビッチは優れたオフェンス能力を武器に、リーグ通算517試合に出場して319得点と多くのゴールを記録してきた世界屈指のセンターフォワードです。
スウェーデン代表では国際Aマッチ116試合に出場し、62得点をあげる活躍をみせています。そしてセリエAでは2008-09、2011-12の2度、リーグ・アンでは2012-13、2013-14、2015-16の3度、計5度の得点王に輝くという素晴らしい成績を残しています。
イブラヒモビッチの優れた得点力が伺えますね。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

足元のテクニックとフィジカルを活かしたプレー

イブラヒモビッチは、195cmという長身を武器にした空中戦を得意とし、さらに足元のテクニックが優れており、スピードも兼ね備えているのでドリブル突破からシュートを放つことも得意としています。
そして幼少期からテコンドーを習っていたことから身体能力に優れており、トリッキーかつアクロバティックなプレーを見せることもあります。そんな相手を幻惑させるようなプレーをすることから「イブラカタブラ」という愛称がついています。
優れた体格と身体能力に、足元のテクニックとフィジカルを兼ね備えたイブラヒモビッチは、世界屈指の最強ストライカーの1人です。

センターフォワードのサッカー選手ランキング第7位!

アントワーヌ・グリーズマン

アントワーヌ・グリーズマン スキル、ゴール&アシスト集 2017/2018

国籍:フランス
生年月日:1991年3月12日生まれ
身長:175cm
体重:72kg
2009-2014 レアル・ソシエダ
2014- アトレティコ・マドリード

万能型センターフォワードのフランスの至宝

センターフォワードにもかかわらず、献身的な守備もこなすフランスの至宝・グリーズマンは、何でもこなす万能型の人気センターフォワードです。
左足から繰り出される威力抜群のシュートは確実性もあり、ドリブルスピードはオフザボール時とほぼかわらないスピードを誇ります。さらに南米選手のようなステップを持ち合わせているので、ステップだけで相手ディフェンスのバランスを崩すことができます。
また、パスが上手い選手で、ウイングを務めていたこともあるため、クロスは世界クラスの確実性をもっています。
グリーズマンはドリブル・パス・シュートとオフェンス能力全てに優れた、最高の万能型センターフォワードです。

守備の役割もこなす献身的センターフォワード

フランスの至宝で万能型のグリーズマンは、守備意識が非常に高いサッカー選手です。
ボールを奪われればすぐに最前列からハイプレスを仕掛けます。そのハイプレスもただボールを奪いにいくのではなく、相手選手のパスコースを塞ぐように動き回り、味方守備選手がパスをインターセプトしやすく誘導する役割を担います。
グリーズマンは優れたオフェンス能力と、高い守備意識を備えた世界屈指の最高のセンターフォワードです。

センターフォワードのサッカー選手ランキング第6位

ラダメル・ファルカオ

ラダメル・ファルカオの神ゴールTOP10

国籍:コロンビア
生年月日:1986年2月10日生まれ
身長:178cm
体重:72kg
1999-2001 ランセロス・ボヤカ
2005-2009 リーベル・プレート
2009-2011 ポルト
2011-2013 アトレティコ・マドリード
2013- モナコ
2014-2015 マンチェスター・ユナイテッド(レンタル)
2015-2016 チェルシー

超攻撃型センターフォワード

コロンビア代表として、有名なセンターフォワードである人気のファルカオは、超攻撃型センターフォワードです。
貪欲にゴールを狙うスタイルが持ち味で、ディフェンスを背にした状態から一瞬で振り切るスピードの速さ、常にセンタリングがくる地点を予測しながら動く予測能力、強いフィジカルを駆使した上手い身体の使い方、それらすべてが世界レベルの優れたセンターフォワードです。
メッシやクリスチャーノ・ロナウド、ネイマールなど、現代型ストライカーが多数を占める現代のサッカー界において、ファルカオは貴重な典型的センターフォワードといえます。

優れたオフザボールの動きとポジショニング

ファルカオの最大の特徴は一瞬の動き出しが上手い点です。
ゆっくりとディフェンスライン付近を歩いているかと思えば、突然オンサイドに下がり、次の瞬間は裏に飛び出しているというシーンをよく目にします。
また、セットプレーなどのセンタリングに合わせる際には、ボールとディフェンスの視線を見ながらポジションを探しますが、その時、ディフェンスが一瞬ボールを確認する瞬間を見計らい、マークを外すという技術は素晴らしいの一言です。

コロンビア最強センターフォワード

両足から放たれる強烈なシュート、打点の高いパワーあふれるヘディングシュート、こぼれ球に反応する泥臭さ、抜群の動き出しと、ファルカオは典型的なセンターフォワードとして世界レベルのスキルを兼ね備えた世界最高クラスのサッカー選手です。

センターフォワードのサッカー選手ランキング第5位

ロメロ・ルカク

マンUの“怪物”ルカク 2017/18ゴールショー

国籍:ベルギー コンゴ
生年月日:1993年5月13日生まれ
身長:190cm
体重:93kg
2009-2011 アンデルレヒト
2011-2014 チェルシー
2012-2013 WBA(レンタル)
2013-2014 エヴァートン(レンタル)
2014-2017 エヴァートン
2017- マンチェスター・ユナイテッド

3拍子揃ったセンターフォワード

ベルギー代表センターフォワードとして、2018年ワールドカップロシア大会でもベルギーのベスト4入りに大きく貢献したルカクは、「強い・速い・高い」の3拍子揃った、世界一の呼び声高いセンターフォワードです。
恵まれた体格で強靭なフィジカルを持つルカクは、ペナルティエリア内でボールを保持すると、多少のチャージではびくともしない体幹の強さを持ちます。さらにディフェンスの裏をとる動きも抜群に速く、カウンターで抜けられたら誰にも止められません。
190cmという長身と、優れた跳躍力がプラスされた空中戦は非常に高く、セットプレーでも抜群の強さを発揮する、優れたセンターフォワードです。

フィジカルを活かしたポストプレーでチャンスを演出

ルカクの特徴として、元祖センターフォワードとよべる優れたポストプレイがあります。
190cm、93kgという恵まれた体格と、フィジカルで相手ディフェンスからボールを隠し、キープする能力は抜群で、キープしてから素早いターンで前を向いて、持ち前のスピードでシュートまでもっていくことも、さらに味方の上がりを待ってヒールパスやマイナスに出してダイレクトのミドルシュートをアシストするこもできます。
ルカクは自ら相手守備をこじ開けることも、チャンスメイクすることもできる世界屈指のストライカーです。

現代型アタッカー

ルカクは度々ドログバ2世と呼ばれるように、強靭なフィジカルで競り合いや空中戦で無類の強さを誇ります。しかし、バイタルエリアでボールを保持するとさまざまなドリブルテクニックを駆使して突破をはかるシーンを幾度となく目にする、まさに現代型アタッカーといえます。「強い・速い・高い」の3拍子揃った現代型アタッカーであるルカクは、世界一に近いセンターフォワードといえます。

センターフォワードのサッカー選手ランキング第4位!

ハリー・ケイン

ハリーケイン スーパーゴール(2017-2018)

国籍:イングランド
生年月日:1993年7月28日生まれ
身長:188cm
体重:86kg
2010- トッテナム・ホットスパー
2011- レイトン(レンタル)
2012- ミルウォール(レンタル)
2012-13 ノリッジ(レンタル)
2013 レスター(レンタル)

イングランドの点取り屋

プレミアリーグで2年連続得点王に輝いたケインは、イングランドの点取り屋として国際大会でも活躍する優れたセンターフォワードです。
2017-18シーズンは得点王の座は譲ることになりましたが、それでも30得点という文句なしの成績を残しています。
国際大会ではイングランド代表のセンターフォワードとして、29試合に出場して19得点と素晴らしい成績を残しています。

フィジカルだけではなくボールタッチも上手いセンターフォワード

センターフォワードは、シュート力とポストプレイが重要ですが、ケインは中盤の選手のような優れたボールテクニックも持ち合わせています。その優れたボールテクニックは、トップ下の起用を検討されたほどで、ドリブル、アシストとどれも世界トップクラスの技術を誇ります。
そしてケインのシュートシーンをよく見ていると、感覚ではなく、きちんとゴールキーパーの位置や重心を確認し、また、相手ディフェンスのタイミングを上手く外していることがわかります。
ケインはフィジカルの強さだけではなく、優れたボールテクニックと冷静な状況判断能力を持ち合わせた、優れたセンターフォーワードということがわかります。

守備の役割もこなすセンターフォワード

ケインは豊富な運動量を武器に、守備の役割にも積極的に貢献します。
高い位置からハイプレスをしかけ、パスコースを限定させて味方選手がインターセプトしやすい状況を作り出します。そしてボールが自分のポジションまで下りてこない状況が続く時には、自らサイドに開いたり、中盤まで下がってスペースを作るような動きも積極的に行います。
ケインは優れたオフェンス能力以外にも、運動量を駆使した守備や、オフザボールにも優れた動きを見せる世界トップクラスの最強センターフォワードです。

センターフォワードのサッカー選手ランキング第3位!

セルヒオ・アグエロ

セルヒオ・アグエロ Skills & Goals・2018/19

国籍:アルゼンチン スペイン
生年月日:1988年6月2日生まれ
身長:173cm
体重:70kg
2003-2006 インデペンディエンテ
2006-2011 アトレティコ・マドリード
2011- マンチェスター・シティ

世界トップクラスの決定力

マンチェスター・シティ、アルゼンチン代表のセンターフォワードとして有名なアグエロは、世界トップクラスの決定力をもつストライカーです。
優れたシュートセンスの持ち主で、南米らしい巧みなドリブルからのシュート、角度のない場所からのシュート、無理な体制からでも精度の高い強烈なシュートを放つことができる、ボディバランスを備えています。
どのような体制からでも豊富なシュートパターンを駆使して、いつでもゴールを狙う姿勢が世界屈指の最強センターフォワードの証であることを示しています。

優れたオフザボールの動き

アグエロはディフェンスラインとのかけ引きも上手い、優れたオフザボールの動きを見せることでも有名です。
センターフォワードというポジションのわりには、プレーエリアの広いサッカー選手で、ディフェンスラインの隙間を素早く動き、スペースを作ります。そして裏へ抜けるタイミングとスピードも抜群で、スルーパスにも素早く反応します。
かなり後方から回り込んでシュートを放つシーンも多くみられ、これらの広範囲にわたるオフザボールの動きはアグエロならではの動きといえます。

安定感抜群のストライカー

アグエロはコンスタントに結果を残すストライカーです。
2014-15シーズンに26得点を記録してから2017-18シーズンまでの4シーズン連続で、20得点以上を記録しています。そして2017-18シーズンはプレミアリーグ得点ランキングは3位でしたが、1試合平均得点率でいえば、0.84%で2位を記録する安定感をみせています。
アグエロはコンスタントに結果を残すことができる、世界最高の安定感を誇るセンターフォワードといえます。

センターフォワードのサッカー選手ランキング第2位!

ロベルト・レヴァンドフスキ

【Robert Lewandowski🇵🇱】ポーランドの大砲 レヴァンドフスキの2017/18 Goals & Skills😀

国籍:ポーランド
生年月日:1988年8月21日生まれ
身長:185cm
体重:79kg
2006-2008 ズニチュ・プルシュクフ
2008-2010 レフ・ポズナン
2010-2014 ドルトムント
2014- バイエルン・ミュンヘン

最強の万能型フォワード

ポーランドの大砲とよばれるセンターフォワードのレヴァンドフスキは、決定力・連携力・テクニック・ポストプレーと全てを兼ね備えた最強の万能型フォワードです。
味方との連携と恵まれた体格を活かしたポストプレーでチャンスを作り出し、優れたボールテクニックでアシスト役もこなし、ディフェンス裏に抜け出すタイミングも絶妙で、ワールドクラスの決定力を持つレヴァンドフスキは、ポーランド不動の最強センターフォワードとして君臨しています。

驚異のゴール率

ワールドクラスの決定力をもつレヴァンドフスキは、驚異のゴール率を誇ります。
ドルトムント所属時の2010-2014までの4シーズンでは131試合出場で74ゴールというゴール率0.56%、バイエルン・ミュンヘン所属の2017-18シーズンは、30試合出場で29ゴールという驚異のゴール率1試合平均0.96を記録しています。
このシーズン、リーガ・エスパニョーラではクリスチャーノ・ロナウドが0.96%、メッシが0.94%を記録していますが、純粋なセンターフォワードでいえば、レヴァンドフスキが世界一のゴール率を誇ることになります。

個人タイトル

万能型最強フォワードとして活躍するレヴァンドフスキは、数々の個人タイトルを手にした最高のセンターフォワードです。
エクストラクラサ(ポーランドリーグ)得点王(2009-10)、ポーランド最優秀選手(2011)、ブンデスリーガ得点王(2013-14、2015-16、2017-18)という輝かしいタイトルを手にしているレヴァンドフスキは、ポーランドの伝説となりうる最強センターフォワードといえます。

センターフォワードのサッカー選手ランキング第1位!

ルイス・スアレス

Luis Suarez 2018 ● Ultimate Skills, Assists & Goals | HD

国籍:ウルグアイ
生年月日:1987年1月24日生まれ
身長:182cm
体重:85kg
2005-2006 ナシオナル・モンテビデオ
2006-2007 フローニンゲン
2007-2011 アヤックス
2011-2014 リヴァプール
2014- バルセロナ

類まれな得点力

今や世界を代表する、センターフォワードとして有名なルイス・スアレス。その類まれな得点力は他を圧倒します。
ウルグアイ代表として101試合出場・52得点、アヤックスに所属した2007-2011の4シーズン合計で110試合出場・81得点、リヴァプールに所属した2011-2014の4シーズン合計で、110試合出場・69得点、バルセロナに所属する4シーズン合計で101試合出場・86得点というセンターフォワードとして十分な得点力をみせつけています。
このうちスアレスはアヤックスで1度、リヴァプールで1度、リーガ・エスパニョーラで1度得点王を獲得しており、3リーグで得点王を獲得したことになります。

オフザボールの動きが凄い

スアレスがセンターフォワードとして、これだけ得点を量産できる理由は、優れたオフザボールの動きにあります。
センターフォワードであるスアレスは、常にディフェンスラインとかけ引きを繰り返しています。アカウントえてオフサイドポジションに位置し、そこから一度オンサイドポジションに戻ってから、味方のパスに合わせてディフェンスの裏へ抜ける動きが得意です。
ディフェンスがスアレスの動きに気を取られて、ディフェンスラインを下げてしまうと、バイタルエリアにスペースができてしまうので、相手チームにとってはとても嫌な存在になります。さらにスアレスは味方選手のシュート時にも足を止めません。
このように、こぼれ球を押し込む泥臭いシュートもスアレスの特徴です。

個人タイトル

スアレスはさまざま個人タイトルを獲得した優れたセンターフォワードで、世界一のセンターフォワードに相応しい最高のサッカー選手です。

【スアレスの獲得タイトル】
エールディヴィジョン得点王(2009-10)
プレミアリーグ得点王(2013-14)
リーガ・エスパニョーラ得点王(2015-16)
ヨーロッパ・ゴールデンシュー(2013-14、2015-16)
プレミアリーグ最優秀選手賞(2013-14)
コパ・アメリカ最優秀選手(2011)
PFA年間最優秀選手賞(2013-14)
PFA年間ベストイレブン(2012-13、2013-14)
FIFAクラブワールドカップ2015得点王

センターフォワード選手のランキングのまとめ

センターフォワードのサッカー選手ランキングTOP10を紹介しました。
スアレスは世界一のオフザボールの動きを武器にゴールを量産する、センターフォワードに必要な要素を全て世界レベルで兼ね備えた、優れた最高のサッカー選手です。
ハリー・ケインや、ロメロ・ルカクなど、進化を続ける若手センターフォワードが続々と誕生しています。
これからどのような最高で最強のセンターフォワードが出現するのか?サッカーファンにとっては楽しみでなりません。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。