Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. メッシの筋肉が凄い!低身...
メッシの筋肉が凄い!低身長でも体幹が強い秘訣は腹筋にあり【画像比較】

メッシの筋肉が凄い!低身長でも体幹が強い秘訣は腹筋にあり【画像比較】

メッシの筋肉は全身をバランスよく鍛え上げられ、メッシの強みであるスピードや俊敏性ボディバランスを高める筋トレをしています。メッシは低身長ですが体幹が強いため相手に倒されることがありません。メッシは筋肉のためにストイックな栄養管理や生活習慣を実践し筋トレの効果を高めトップレベルを維持してきました。

2022.05.08 サッカー

リオネルメッシの筋肉が凄い!

 (253449)

名前 リオメルメッシ
生年月日 1987年6月24日
出身地 アルゼンチン
所属チーム パリサンジェルマン
ポジション FW
リオネルメッシはスペインの名門FCバルセロナやアルゼンチン代表で活躍してきた世界的大スター選手で、サッカーを知らない人でも名前だけは知っているレベルの選手です。類まれな才能、スキル、テクニックが注目されがちですが、リオメルメッシは筋肉やフィジカル面も優れていて、長年世界のトップレベルを維持してきた理由にプレースタイルに応じた緻密なトレーニングがあります。

メッシの身長・体重・体脂肪

身長 170cm
体重 72㎏
体脂肪率 非公表
メッシの身長・体重・体脂肪は、身長は170cm、体重は72㎏で体脂肪率は非公表です。メッシは生まれつき病気で低身長でしたが治療費をFCバルセロナが負担して治療をした結果、170cmまで身長が伸びました。  

身長の割には体重が重い理由は大柄なDFに当たり負けない体を作るために筋肉をつけているためです。体脂肪率は非公表ですがメッシは体幹が徹底的に鍛え上げられているため、1ケタと予想されています。

メッシの身体的特徴

メッシの身体的特徴はメッシの強みであるキレやスピード、俊敏性を高めていて、下半身やインナーマッスルを徹底的に鍛え上げています。キック力を向上させるためには、背中や腹筋の筋肉が必要であり体幹トレーニングに余念がありません。身長2mクラスのDFを相手にすることが多く、当たり負けしないために、筋肉の鎧を身にまとっています。

リオネルメッシの筋肉の変化

リオネルメッシはキャリアを重ねるにつれ、肉体を改造してきました。キャリア初期は類まれな才能に頼ったプレースタイルで、筋肉系の故障に悩まされていましたが、ペップグアルディオラの指導でトレーニングや栄養管理の意識が芽生えて、フィジカル面も改善され、負傷が減少しシーズンを通して活躍でき、30歳を過ぎてもトップレベルを維持できる理由には、トレーニングや栄養管理に対する意識の変化があります。

2005年のメッシの筋肉

 (253603)

2005年のリオネルメッシの筋肉は平均的な体型で、ユニフォームの下から見える腹筋はうっすらと割れて、ソックスの上からふくらはぎの筋肉のふくらみが確認でき、膝上の大腿四頭筋も割れています。  2005年のメッシの体型は良好なサッカー選手の体型で、メッシのプレースタイルはアジリティやスピード、俊敏性を要するため、筋肉をつけすぎると俊敏性を損なう可能性があります。

2021年のメッシの筋肉

2021年のメッシの筋肉は腹筋や大胸筋の厚みが増し、俊敏性を維持するために全身の筋肉は必要最低限にとどめて、体幹やインナーマッスルを鍛え上げています。サッカーでは体幹は非常に重要で、体幹が鍛え上げられているとバランス力が上がりケガをしにくくなります。メッシは外側と内側の筋肉をバランスよく鍛え上げることで、筋肉の連動性を高め、トップレベルのパフォーマンスを維持してきました。

メッシの筋肉を画像でチェック

  •        
  •        
  •        
  •       
    
リオネルメッシの筋肉は、腕・腹筋、下半身とバランスよく全身を鍛え上げていて、ボールコントロールやキックの精度を高めるためにメッシは下半身や体幹、インナーマッスルを重点的に鍛えています。メッシの代名詞である高度なテクニックを駆使したドリブル突破をするためには、アジリティやスピード、俊敏性を高める必要があり、メッシは必要以上に筋肉をつけることを避けています。

メッシの腹筋の凄さがわかる画像

メッシの腹筋は6つに割れていて腹斜筋が非常に発達しています。メッシの上半身の筋肉は厚く鍛え上げられていませんが、インナーマッスルを中心に鍛え上げられています。メッシは低身長症と呼ばれる病気を患っていたため身長は小柄ですが、大柄なDFを相手にしてもドリブルやボールキープ時にほとんど倒されることがない理由は腹筋を鍛えてボディバランスを高めているからです。

メッシの腕の筋肉の凄さがわかる画像

メッシの腕の筋肉は平均的ですが、上腕二頭筋と上腕三頭筋、三角筋が非常にバランスよく鍛え上げられています。腕は下半身の動作の動力となるためサッカーでは脚の筋肉と同じくらい腕の筋肉が重要視されます。ボールをキープする時やDFとの競り合いで腕を使って相手との距離を保つため、メッシも腕の筋トレに余念がありません。

メッシの太ももの筋肉の凄さがわかる画像

メッシの太ももの筋肉は非常に発達し、大腿直筋や外側広筋が分かれていて、下半身で最大の筋肉群である大腿四頭筋をバランスよく鍛え上げています。サッカーではキックの動作やダッシュ、ステップの切り返しや競り合い時に大腿四頭筋が効果を発揮し、異次元のドリブルと評されるメッシのプレースタイルは鍛え上げられた大腿四頭筋の賜物です。30歳を過ぎてベテランの域に達していますが、パフォーマンスは向上しています。

メッシのハムストリングスの凄さがわかる画像

メッシのハムストリングスは非常に発達しよく鍛え上げられています。ハムストリングスの筋トレをするとジャンプ力やスピードアップ、俊敏性を上げる効果があり、メッシはパフォーマンス面を向上させるために重点的にトレーニングをしています。ハムストリングスは故障の多い部位で負荷をかけすぎた筋トレやトレーニングが不足しているとケガを誘発するため、適切なケアや適度なトレーニングが必要です。

メッシのふくらはぎの筋肉の凄さがわかる画像

メッシのふくらはぎの筋肉は両足ともよく鍛え上げられていて、非常に発達しています。ふくらはぎの筋肉はダッシュやジャンプ、瞬発力を要する動作に直結し、ドリブルのフェイントやステップの切り替えしのときに効果を発揮します。メッシは小柄な選手で大柄なDFと対峙するときは、持ち前のスピードや俊敏性を活かしたプレーで相手を突破するため、ふくらはぎの筋肉のトレーニングやケアに余念がありません。

リオネルメッシの筋肉を作る筋トレとは

【リオネル・メッシ解体新書】フィジカルトレーニング集(Lionel Messi physical training workout)

リオネルメッシの筋肉を作る筋トレは、ボディバランスを高めるための体幹トレーニングやインナーマッスルのトレーニング、ボールキープやボールコントロールを高める下半身の筋トレや、スピードやアジリティ、俊敏性を高めるトレーニングをしています。

①プランク
②ランジ
③ハムストリングスのストレッチ
④ピラースキップ
⑤ハードルホップ
⑥有酸素運動

6種類のメニューを駆使して筋肉のコンディショニングやパフォーマンス向上を図っています。

メッシの身体的トレーニングの緻密性

Lionel Messi TRAINING - Recovery Sessions 2019 Drills and Fitness

メッシは緻密にトレーニングを行っていて、自身のプレースタイルを貫くために必要なトレーニングやケアを行っています。メッシは自身の強みである俊敏性やスピードを活かすための筋肉を徹底的に鍛え上げて世界屈指のキレとスピードを手にしました。

クリスティアーノロナウドと同じく全身に筋肉をつけるトレーニングではなく、俊敏性やスピードを損なわないために必要最小限の筋肉量にとどめ強みを活かすトレーニングに終始してきました。

メッシ流の筋トレ①プランク

プランクは体幹やコアマッスルを鍛えることができるメッシが筋トレに取り入れているメニューです。プランクには種類があり組み合わせてセットを組むことで、腹筋、背筋、インナーマッスルを鍛えあげることができます。プランクにはボディバランスの向上の効果が期待でき、体のブレを減らしスピードアップし、ボールを保持している状態でも体が安定するためスピードを維持したままドリブルが可能になります。

メッシ流の筋トレ②ランジ

ランジは大臀筋と大腿四頭筋、ハムストリングス、下半身を鍛えることができる筋トレメニューで、腹筋も鍛えられます。ランジには瞬発力やアジリティの向上の効果が期待され、動き出しの速さが早くなります。ランジはメッシのプレーのキレやスピード、俊敏性を高めるためのメッシ流の筋トレです。

メッシ流の筋トレ③ハムストリングスのストレッチ

Messi continues with his recovery at the Ciutat Esportiva

ハムストリングスのストレッチは脚の可動域を広げる効果があり、ケガ予防に効果的なメニューです。筋肉を伸ばすことで股関節が円滑に動き、スピードや俊敏性の向上効果と下半身の筋トレ効果の向上も見込めます。ハムストリングスはサッカーでは重要な筋肉で故障が多い箇所でもあり、パフォーマンスに直結する筋肉です。メッシはハムストリングスの重要性を理解し、入念にケアをすることで世界のトップレベルを維持してきました。

メッシ流の筋トレ④ピラースキップ

【メッシのトレーニング】Lionel Messi training and Dribbling skills HD

ピラースキップはお尻やコアマッスル、体幹を鍛えるスキップトレーニングで、前進するための筋肉をつけ、スピードアップに効果があります。ピラースキップにはリズミカルな動きと爆発的な動作が組み込まれていて、筋肉の連動性を高める効果があり、海外の陸上選手やサッカー選手もピラースキップをトレーニングに摂り入れています。ピラースキップはメッシの強みであるスピードやアジリティを高めるためのメッシ流の筋トレです。

メッシ流の筋トレ⑤ハードルホップ

”神の子メッシ”フィジカルトレーニング【リオネル・メッシ】[Lionel Messi - Balance training]

ハードルホップとはミニハードルを使ったトレーニングで、瞬発力、アジリティや一瞬で爆発的な力を出すためのプライオメトリクスと呼ばれる筋トレです。筋肉をつけるためのウエイトトレーニングではなく、筋肉の連動性やパフォーマンス面の向上に効果があります。メッシは俊敏性、体幹を鍛える効果と筋肉系の負傷や下半身のケガの予防もかねて、ハードルホップをトレーニングに組み込んでいます。

メッシ流の筋トレ⑥有酸素運動

有酸素運動はトレーニングの合間に取り入れることで筋肉量を落とさず、余分な脂肪落とし体を絞ることができ、水分補給をしてジョギングをしてストレッチを組み込むことでコンディショニングを整える効果があります。メッシは自身の強みであるスピードや俊敏性を高めるために、余計な筋肉や脂肪をつけることを避けていて、有酸素運動はウエイト管理に一役買っています。

メッシの筋肉を作る食事とは?

  • <        
  •        
  •        
  •       
    
メッシは筋肉やサッカーのために食事や栄養管理を徹底しています。若い頃のメッシは肉やピザ、清涼飲料水を好み、食べたい物を食べるスタイルでシーズン中にコンディション不良や筋肉系のトラブルを抱えることが多くありました。グアルディオラ監督の指導やイタリア人スポーツ栄養士の食事療法を取り入れて改善を図り、ケガやコンディション不良に悩まれることはほとんどなくなりました。

メッシの栄養管理の緻密性

メッシは筋肉やサッカーのために緻密な栄養管理をし、イタリア人のスポーツ栄養士ジュリアーノ・ポーザー氏の指導を受けて食事改善を務めてきました。旬の食材や自然食品を取り入れた食生活に変わり、メッシも適応に苦しんでいましたが、筋肉や心身の健康状態が改善され、シーズン中のコンディション不良や筋肉系のトラブルも解消されています。2021年のメッシの活躍は緻密な栄養管理の賜物です。

メッシが筋肉のために避けている食べ物

メッシは筋肉やサッカーのために白砂糖や精製された小麦粉、肉の大量摂取を避けています。白砂糖や精製された小麦粉は体調不良の原因となり筋肉の発達を阻害する食材で、両者とも精製され栄養分がなくなり、カロリーや血糖値だけを上昇させるため摂取を控え、肉はタンパク質が豊富に含まれていて筋肉にはよい食材ですが、消化するために多くのエネルギーが消費されるため一度の食事で大量に摂取することは避けています。

メッシの筋肉ために摂っている食べ物

 (253602)

メッシは栄養士の指導を受けて筋肉やサッカーのために積極的にとっている食べものは、水やオリーブオイル、全粒穀物、生フルーツ、生野菜​です。旬の食材や自然食品を積極的に摂取することで、体に必要な栄養をシンプルに体に負担をかけずに取り入れています。栄養指導後のメッシは年齢を重ねても、スピードや体のキレを維持し世界トップレベルのプレーを維持しています。

メッシの食事の変化

メッシはサッカーや筋肉のために食事を変化させてきました。栄養指導を受ける以前の食事はジュースや清涼飲料水、ピザやパン、メッシの故郷のアルゼンチンでは肉料理が多く、郷土料理のミラネサと呼ばれる牛カツを好んで食べていました。

指導後は旬の食材や自然食品を取り入れて、砂糖が多く含まれている清涼飲料水や精製された小麦粉を使ったパンやピザを食べることをやめてストイックな食事に変化させています。

メッシの筋肉を作る食事メニュー

メッシの筋肉を作る食事メニューで、メッシが特に気にいっているメニューはチキンと根菜のオーブン焼きです。チキンと根菜のオーブン焼きはメッシが所属していたFCバルセロナのSNSに取り上げられたメニューで、材料はオリーブオイル、鶏もも肉、にんじん、ポロネギ、じゃがいも、たまねぎで根菜が多く使用され、味付けには塩やにんにく、香りづけに生タイムが使われています。

メッシの筋肉を作る生活習慣とは?

メッシの筋肉を作る生活習慣には十分な休息があり、トレーニングの合間に昼寝をして、メッシは1日に10時間以上睡眠をとっています。人間は睡眠中に成長ホルモンを分泌し、十分に睡眠時間を確保することで、疲労や筋肉の回復できるため長いシーズン中のパフォーマンスの維持や、継続的なトレーニングのためにメッシは質の高い睡眠をとることを重要視しています。

メッシの筋肉の凄さが世界的トップレベルのプレーを生み出す

 (253601)

メッシは世界トップレベルのプレーを維持するために、自身の強みであるスピードやアジリティ、俊敏性を高めるためのトレーニングに終始し入念に体のケアを行い食事や生活習慣もすべてサッカーに捧げています。

メッシは類まれな才能に注目されますが、ベテランの域に達してもトップレベルを維持できている理由は、緻密なトレーニングや栄養管理を実践し、日々の弛まぬ努力を継続してきたためです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。