Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. 【静岡県】サッカーの強い...
【静岡県】サッカーの強い中学ランキング7校!強豪校はどこなのか?

【静岡県】サッカーの強い中学ランキング7校!強豪校はどこなのか?

サッカー王国と呼ばれる静岡県は、中学校も金の卵がシノギを削る強豪の中学校が揃っています。そんな中でも静岡学園中学校、浜松開誠館中学校、東海大付属静岡翔洋中学校といった私立校が多くのJリーガーが巣立った強豪校として知られています。

2021.12.16 サッカー

Writer

old_user_id: 211

公式ライター
old_user_id: 211

静岡のサッカーの強い中学ランキング 第7位

浜北北部中学校

vs 浜北北部 前半 2019 7 27

国公私立 公立
所在地 静岡県浜松市浜北区於呂2961
2019年成績 総体県予選ベスト4
2018年成績 総体県大会出場
2017年成績 総体県大会出場
2016年成績 総体県大会出場
2015年成績 総体県大会出場
浜北北部中学校サッカー部は、2019年の総体県予選でベスト4入りを果たしている強豪公立校です。この大会、準々決勝で対戦した相手は強豪の常葉大付属橘中学校で、浜北北部中学校は3-0で下して静岡県内にその名を轟かせました。

浜北北部中学校が加盟する中体連浜松地区には強豪で知られる浜松開誠館中学校と天竜中学校が所属しており、公立中学校の雄として常に怖い存在となっています。中でも常に県大会にコマを進める有名な中学校です。

静岡のサッカーの強い中学ランキング 第6位

大里中学校

2016.6.10 サッカー島尻地区中体連(大里vs潮平 前半)

国公私立 公立
所在地 静岡県静岡市駿河区中野新田5
2019年成績 総体県大会出場
2018年成績 総体県大会出場
2017年成績 総体県予選ベスト8
2016年成績 総体県予選ベスト4
2015年成績 総体県大会出場
大里中学校は、直近5年間で2016年と2017年の2大会連続で地区予選を勝ち抜き、総体県予選ベスト4、ベスト8という成績を残している公立の強豪校です。

設備は決して近代的なものではありませんが、静岡市内では広いグランドを持っており、サッカーの練習に打ち込むことができます。

2015年の第31回静岡県U-14新人サッカー大会においては、準決勝で強豪の静岡学園中学校と対戦し、2度追いつきながらも2-2のスコアから延長戦までもつれ込むも決着がつかず、惜しくもPK戦で敗れるという大健闘を見せました。

静岡のサッカーの強い中学ランキング 第5位

  •        
  •        
  •        
  •       
    

天竜中学校

磐田第一VS天竜 TM 20170729

国公私立 公立
所在地 静岡県浜松市東区龍光町43
2019年成績 総体県予選ベスト8
2018年成績 総体県大会出場
2017年成績 総体県予選ベスト4
2016年成績 総体県大会出場
2015年成績 総体県予選ベスト8
天竜中学校サッカー部は、ここ最近の総体で3回地区予選を勝ち抜き、県大会でベスト41度、2度のベスト8入りを誇る強豪校です。公立の雄ともされており、上位の私立校を脅かす存在として注目が集まっています。

サッカー部のテーマは、自立で、私生活でも、サッカーでも、自らがしっかりと考え、そして行動することが求められています。

1日2時間という短い練習時間を効率よく使い、集中してトレーニングを行うことでレベルアップをはかっています。部活が休みの日には、地域の指導者が選手たちを積極的に受け入れてサッカーの指導をおこなっているのも地域性を活かした特徴といえます。

静岡のサッカーの強い中学ランキング 第4位

常葉大橘中学校

サッカー 常葉学園橘中学校の練習法~監督就任3年目にして...

国公私立 私立
所在地 静岡県静岡市葵区瀬名2-1-1
2019年成績 総体県予選ベスト8
2018年成績 総体県予選ベスト4
2017年成績 総体県予選ベスト8
2016年成績 総体県予選優勝・東海大会3位・全国大会初戦敗退
2015年成績 総体県予選ベスト4
常葉大橘中学校サッカー部は、中高一貫教育の下、ドリブル、パスなどの個人技術をベースに、それぞれの選手の個性を自由に、かつ大胆に発揮できるサッカーを目指しています。

2016年の総体静岡県予選で優勝、東海大会3位で全国大会に出場し、初戦で王者の青森山田中学校と対戦するも、1-2で惜敗しています。

県大会では常にベスト8以上に名を連ねる強豪校で知られ、優勝候補の一角を担っています。グラウンドは人工芝のとこはグリーンフィールド、クレーの諏訪グランドの2つのグランドを持っており、練習環境に恵まれたサッカー部です。

静岡のサッカーの強い中学ランキング 第3位

浜松開誠館中学校

【U-14】町田JFC - 浜松開誠館中学校【小林悠(川崎)、大前元紀(大宮)...ドリブルの原点ココにあり!】/2018浜松開誠館カップ 2018.12.30

国公私立 私立
所在地 静岡県浜松市中区松城町207-2
2019年成績 総体県予選準優勝・東海大会準優勝・全国大会ベスト16
2018年成績 総体県予選優勝・東海大会優勝・全国大会ベスト16
2017年成績 総体県予選準優勝・東海大会3位・全国大会ベスト16
2016年成績 総体県予選ベスト8
2015年成績 総体県予選ベスト8
名門として知られる浜松開誠館中学校は、ここ3年間で全国大会に連続出場を果たしている近年最も勢いのある強豪校として話題になっています。中高一貫指導で、闘う・走る・粘るを表現し続けることをテーマに掲げています

私立中学校で、浜松開誠館高校サッカー部も使用する、全面人工芝の総合グラウンドを使用するなど、練習環境には恵まれており、OBには清水エスパルスの竹内涼、松原后などがいます。中学高校と顧問を兼務するのは青嶋文明監督で、一貫した指導方針が浜松開誠館中学校の最大の特徴です。

静岡のサッカーの強い中学ランキング 第2位

東海大付属静岡翔洋中学校

GOAL!GOAL!GOAL! 東海大翔洋中 平成24年度静岡市中総体総集編

国公私立 私立
所在地 静岡県静岡市清水区折戸3-20-1
2019年成績 総体県予選ベスト4
2018年成績 総体県予選準優勝・東海大会初戦敗退
2017年成績 総体県予選優勝・東海大会準優勝・全国大会ベスト16
2016年成績 総体県予選ベスト4
2015年成績 総体県予選準優勝・東海大会初戦敗退
名門の東海大付属静岡翔洋中学校サッカー部は、これまで全日本ユース優勝1回、全国中学校大会優勝7回と、主要全国タイトルを全国の中学校最多の計8回獲得している強豪校です。

元日本代表主将として活躍した澤登正朗、川口能活、鈴木啓太、高原直泰など、数多くのプロサッカー選手を輩出しています。

東海大付属静岡翔洋中学校サッカー部の特徴は、徹底的に個人技を磨き、チーム全員で日本一を目指している点にあります。総監督の太田恒治氏の中高一貫による6年間にも及ぶ育成で高校の全国大会出場を目指しています。

静岡のサッカーの強い中学ランキング 第1位

静岡学園中学校

20160728 第69回静岡県中学校総合体育大会 サッカーの部 準々決勝 静岡学園中の3Goal 藤枝総合運動公園G

国公私立 私立
所在地 静岡県葵区東鷹匠町25番地
2019年成績 総体県予選優勝・東海大会優勝・全国大会ベスト4
2018年成績 総体県予選ベスト4
2017年成績 総体県予選ベスト4
2016年成績 総体県予選準優勝・東海大会準優勝・全国大会ベスト16
2015年成績 総体県予選優勝・東海大会3位・全国大会ベスト8
高校サッカーの名門校として知られる静岡学園高校の下部組織である静岡学園中学校サッカー部は、2009年に全国中学校サッカー大会で全国制覇を成し遂げ、その後も全国大会の常連校として有名な強豪校です。静岡学園中学校サッカー部の強さの裏には、井田勝通総監督の存在があります。

井田総監督が目指す個人技とテクニックを駆使し、選手が自由に考えて判断するサッカーで、これまで多くのJリーガーを輩出しています。一人一個ボールを持ち、あちこちでリフティングやドリブルなど個人練習に励んでいます。とにかくボールにたくさん触れることで個人技を磨く、それが静岡学園の強さです。
井田勝通総監督
1942年3月3日生まれ
満州奉天出身

井田勝通総監督は、慶応大学4年次に慶應義塾高校サッカー部の指導を開始し、大学卒業後は静岡銀行サッカー部で社会人リーグの選手として活躍、1970年に退職し、1972年から静岡学園高校サッカー部の監督に就任します。

日本サッカーの主流であるスピードとパスを主体としたサッカーに対抗するように、あえてブラジルの個人技を重視したサッカーを展開し、大くのサッカーファンから支持を集め、高校サッカーの全国大会の常連校に導きました。

静岡のサッカーの強い中学ランキング まとめ

セゾンフットボールクラブ | SAISON FC on Instagram: “2019年クラブユースサッカー連盟・新人戦 滋賀県大会 11月10日(日)@J-FREE PARK 準決勝 セゾン 0-1(延長) SAGAWA 三位決定戦 セゾン 0-1 エフォート ・ ・ 熱いご声援ありがとうございました。…” (94955)

サッカー王国静岡県においてサッカーの強い中学校として静岡学園、東海大付属静岡翔洋中学校、浜松開誠館中学校、常葉大橘中学校が知られています。

この4校は共に私立学校で、恵まれた練習設備や高校の下部組織的な存在のため、一貫したサッカー指導を受けられるというメリットがあります。

ほぼ全ての静岡県大会で上位を占め、関東大会や全国大会の常連校とされています。私立の強豪高校を倒そうと、多くの公立中学校が日々トレーニングに励んでいます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。