Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. ペナルティエリア内のハン...
ペナルティエリア内のハンドについて徹底解説!警告?一発退場?

ペナルティエリア内のハンドについて徹底解説!警告?一発退場?

サッカーの試合でペナルティエリア内でハンドをした場合、相手にPKが与えられると同時に反則を犯した選手にはイエローカードもしくはレッドカードが与えられます。またその基準は決定機阻止や故意であるかどうかなどが関連しており、今回はその判定基準や試合で起こるシチュエーションを徹底解説します。

2021.12.16 サッカー
Index
  • ペナルティエリア内でハンドを犯すとどうなる?
  • ゴールキーパーにはハンドは存在する?
  • ペナルティエリア内のハンドで警告になる場合
  • ペナルティエリア内のハンドで退場になる場合
  • よく起こるペナルティエリア内でのハンド
  • ハンドの判定は審判でも判断を迷う
  • ペナルティエリア内のハンドについてまとめ

ペナルティエリア内でハンドを犯すとどうなる?

相手にPKが与えられる

J-ESP ::Passion for Football:: on Instagram: “サッカー ⚽️の #ペナルティキック で相手ゴールへ向けてではなく後ろに蹴ったらどうなるか知ってるでしょうか。サッカーの #ルール って実は知ってるようで全然知らない。そういえばコーチングスクールの『規則・ルール』学科の先生は #柴崎岳 が所属する #テネリフェ…” (76345)

サッカーにおいて、ペナルティエリア内でファウルを犯すということは試合の流れを大きく変えてしまうことを意味します。それはハンドにおいても同様で、ペナルティエリア内で守備者がハンドのファウルを犯してしまった場合、相手チームにペナルティキックが与えられます。ペナルティキックは一般的に攻撃側が絶対有利とされており、ほぼ間違いなくゴールを決めることができます。

またハンドの範囲としては、手の先から肩を含まない腕全体を意味し、その部分で触れるとハンドの反則を取られてしまいます。ペナルティエリア内においてはそのハンドが故意であるかどうかは関係なく、手に触れた時点でファウルが取られますが、腕が体に付いている場合はハンドにはなりません

カードが提示される

サッカーではペナルティエリア内で守備側の選手がハンドを犯した場合に、ルール上ペナルティキックが与えられると同時に、イエローカードもしくはレッドカードが与えられます。特にレッドカードを受けた際には、退場者が1人いる状態でその後のゲームを戦わなければいけないため、大きなデメリットとなります。

以前はハンドをペナルティエリア内で犯した場合は即レッドカードが提示されましたが、退場によるデメリットが大きいことと、あまりにもシビアであることを理由にルール改正が行われ、現在では3重罰を無くし故意的であるかどうか、また決定機阻止のために行われたかどうかによってカードの色が変わるようになりました

ゴールキーパーにはハンドは存在する?

ペナルティエリア内

 (76339)

サッカーのゴールキーパーはルール上、唯一ペナルティエリア内で手を使うことが認められているポジションではありますが、ペナルティエリア内であってもハンドとなる場合があります。

それは味方からのバックパスやスローインを手を使ってキャッチした場合で、その際は反則行為となり相手チームに間接フリーキックが与えられます。しかし、そのバックパスがヘディングや胸で行われた際や、クリアミスなど意図せずに行われた際は反則にはなりません。

ゴールキーパーはその点によく注意してボールをキャッチするか、直接足で触るかを判断しなければいけません。

ペナルティエリア外

 (76340)

サッカーのゴールキーパーがペナルティエリアの外にあるボールを手で扱った場合、ルール上ハンドとなり相手に直接フリーキックが与えられます。また、そのハンドが相手の決定機阻止のために行われた場合は、キーパーにレッドカードが提示され一発退場となり、そうでない場合はイエローカードが提示されます。

ペナルティエリア外と内の区別でよく混同されるのが、ボールがペナルティエリア内にあり、キーパーの体がペナルティエリア外に出ている場合、ハンドにはなりません。しかし、その逆でキーパーの体がペナルティエリア内にあったとしてもボールがペナルティエリア外に出ていた場合、ハンドの反則になります。

ペナルティエリア内のハンドで警告になる場合

ボールに手が触れた

サッカーのルール上、ペナルティエリア内で手を使う行為は認められておらず、それが故意であったかどうかがカードの色を左右します。

守備をしている際に、相手のクロスボールやパスがペナルティエリア内で手に当たってしまった、またシュートが枠外にそれる方向に行っていたが手に触れてしまった場合、ハンドを犯した守備側の選手にイエローカードが提示されます。それが故意でないかどうかは、ボールが手に近づいていった、もしくは不可抗力的に手が出ていたところに当たったかどうかで判断されます。これらの場合、故意ではなかったと判断されるため退場にはならずに済みます。

ペナルティエリア内のハンドで退場になる場合

意図的にボールに手で触れた

 (76299)

サッカーにおいてペナルティエリア内でのハンドでレッドカードが提示され退場になる場合として、意図的にボールに手で触れた際が挙げられます。

具体的には、相手のシュートを手で故意に防いだ、クロスボールに対して手を出して止めたりキャッチをした際にそれは意図的であるとされレッドカードが提示されます

意図的であるかどうかは、ボールに対して手を近づけていったかどうかで判断することができ、そのような形で手でブロックした際にはレッドカードの対象となり、退場処分になります。

決定的な機会を阻止した

 (76301)

サッカーのペナルティエリア内でのハンドでレッドカードが提示され退場になる場合として、決定機阻止が挙げられます。

相手が放ったシュートを意図的に手を使って決定的な得点機会の阻止をしたり、ブロックしようと枠内に飛んでいるシュートに飛び込んで腕に当たった場合、決定機阻止と判断されレッドカードが提示されます

このように意図的に手を使ったわけではなかったとしても、決定的場面で腕を使った場合は故意かどうかは考慮されずレッドカードによる退場となります。ゆえに、ペナルティエリア内で決定機阻止の守備をする際は、手を置く位置を考えながら守備を行わなければいけません。

よく起こるペナルティエリア内でのハンド

相手のシュートブロックで手を上げて当たる

 (76300)

サッカーの試合において、よくハンドが生じるシーンとして、相手のシュートをブロックしようとした際に手が上がってしまい、そこにボールが当たるというシーンが挙げられます。

この場合、シュートが無人のゴールに飛んで行き放っておけば入る状態で、ハンドすることによって決定機阻止につながる場合はレッドカードが提示されます。一方で多くの守備側の選手がいたり、そのシュートがゴールに直接入る可能性が必ずしもあるわけではない場合、イエローカードが提示され、相手にペナルティキックが与えられます。
そのためシュートブロックをペナルティエリアでする際は、後ろに手を組んで行うことがサッカーの試合ではスタンダードとなっています。

相手のシュートに反応して手を出して防ぐ

 (76302)

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。