2020年1月16日 更新

サッカーのファールとは?反則行為をした場合の処遇について解説!

サッカーの反則行為のことをファールと言います。サッカーは1試合の中で多くのファールが起きることも珍しくないスポーツなので詳しく知っておく必要があります。反則行為の中には1発退場や得点に大きく結びつけてしまうものもあるため要注意です。ここでは様々な反則行為とその処遇についてご紹介します。

2,081 view お気に入り 0

サッカーのファール・反則行為とは?

サッカーのファール・反則行為とは? (101970)

サッカーでは数多くの反則行為・ファールがあります。ハンドリングなどの基本的なルール違反から、相手を怪我させる危険な行為まで、その危険度やレベルによって審判からの処遇もさまざまです。

中には勝敗に大きく影響してしまうものもあるので、試合に勝ち、安全かつ紳士的な試合を行うためにも、しっかりとサッカーにおける反則行為を把握しておく必要があります。
ファールは審判によって処遇が変わる
簡単にイエロー・レッドカードを提示する審判もいれば、選手同士の接触に寛容であったり、あまりファールを取らない審判などさまざま。

サッカーの基本的なファール

サッカーのルールにおいて基本的な反則行為があります。主に、ハンドやホールディングなどといったもので、プロサッカーの試合でもよく見られるファールです。エリアによっては直接フリーキックなどを与えてしまいます。

ハンドリング

 (101977)

サッカーにおける最も基本的な反則違反の一つがハンドリングです。日本ではハンドという呼び方が一般的で、ゴールキーパー以外のフィールドプレイヤーが、故意に手でボールに触ると反則行為になります。

しかし、基本的には手が使えることが許されているゴールキーパーも、自陣のペナルティエリア外では、手でボールに触るとハンドになるので注意が必要です。
審判によって、ハンドをしたエリアや状況によっては故意・偶発的に関係なくファールをとることもあります。

トリッピング(相手選手に足をかける)

木原芳樹 on Instagram: “そら交代するわな😅😅😅#足#変#痛い#ラフプレー#危険#心配” (101591)

サッカーでは相手選手に足をかけて、つまづかせたり、つまづかせようとすることをトリッピングと言います。ボールを持っている選手からボールを奪おうとするときに頻繁に起こる反則行為で、サッカーで最もよく目にするファールの一つです。

エリアによっては直接フリーキックを与えてしまうこともあるため、要注意です。

スタンピング(相手選手の足を踏む)

KORETBET OFFICIAL on Instagram: “Captain Aubameyang was sent off as Arsenal was held off by Palace on Saturday. Harsh decision?⠀ ⠀ #Arteta #Aubemeyang #Arsenal…” (101607)

サッカーでのボール奪取の際などに、相手選手の足を踏みつけてしまった場合はスタンピングという反則行為になります。混戦している状況でもよく見られるファールで、キッキングの反則行為とみなされ、場所によっては直接フリーキックが与えれます。

サッカーのスパイクの裏面は、スタッドがうちこまれており、硬いポイントがあるので、踏まれるとかなり痛く、相手に非常に大きな怪我をさせてしまうこともあるため、注意が必要です。

足の裏を見せる

Best football instagram on Instagram: “Фол Федерико Вальверде, спасший Реал на последних минутах экстра тайма от верного гола.  #realmadrid #atletico #supercopa2020 #spain…” (101604)

サッカーにおける反則行為の中でも、かなり危険なものが、足の裏を見せるプレーです。スパイクの裏面は、スタッドと呼ばれる硬いポイントで設計されているため、この部分で接触すると大怪我に繋がってしまいます。

ボール奪取時の足の裏を見せたスライディングタックルや、混戦の際に頭などの高い位置にあるボールを足を上げて処理することはファールです。その際に周りに相手選手がいなければファールになりませんが、もし相手の顔などに当たってしまった場合は、レッドーカードによる一発退場もあり得ます。
・周りに相手選手がいる状況での足の上げすぎに注意
・スライディングの際は足裏を見せない
スライディングタックルのとき、足裏を見せていなくても、ボールに触る前に相手選手に触れることは、ファールタックルという反則行為になります。

ホールディング(相手選手を引っ張る)

⚽️Football Insider⚽️ on Instagram: “Aubameyang is sent off as Arsenal draw Crystal Palace 1-1 in a frustrating match #premierleague #cpfc #afc #redcard” (101608)

サッカーでは相手に抜かれてしまい、反射的に服などを引っ張って、相手選手の体やユニフォームをつかんだり、押さえたりすることは、ホールディングという反則行為と見なされます。

コーナーキックなどの混戦時にもよく見られる反則行為ですが、ホールディングによる決定機阻止などの場合は、厳しい処遇が下されることも少なくありません。
75 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

三重罰とは?ファールが重なるとどうなる?【サッカーのルール解説】

三重罰とは?ファールが重なるとどうなる?【サッカーのルール解説】

三重罰とは自陣ペナルティーエリア内での守備者のファウルに対して、退場、ペナルティーキック、次節出場停止の三つの罰が同時に適用されることをいいます。近年、ルール改正によって三重罰は適用されにくくなりましたが、ビデオ判定が導入されたことで判定の難解さが増しています。
hoedama1 | 2,789 view
サッカーのシミュレーションとは?演技に見える大袈裟な反則行為

サッカーのシミュレーションとは?演技に見える大袈裟な反則行為

サッカーのシミュレーションの意味とは、反則・違反行為をされたふりをすることです。シミュレーションとは悪いことのように思いますが、実際にプレーをしてみると危険なタックルには身体が勝手に反応して避けることもあり、シミュレーションとの見極めは難しいものです。
hoedama1 | 1,353 view
バスケの3秒ルールを理解しよう!判定の方法と3つの例外時とは?

バスケの3秒ルールを理解しよう!判定の方法と3つの例外時とは?

バスケットボールには、時間に関するルールが複数あります。ここでは、その中の一つである3秒ルールについて解説していきます。3秒ルールは、カテゴリを問わず採用されているルールであり、オフェンス(攻撃)側に適用されるルールです。しっかり理解しておきましょう。
MARUO KAZUHIRO | 12,638 view
ハンドのルールの定義とは?いまさら聞けないサッカールールを解説

ハンドのルールの定義とは?いまさら聞けないサッカールールを解説

サッカーのハンドはルール上、ボールを手または腕を用いて意図的にボール触れる行為と表記されていますが、その反則を犯した場所やシチュエーションによって試合に及ぼす影響は変化します。どのような行為がハンドになるのか、またレッドカードとイエローカードが出される基準などを紹介します。
nosedori | 7,469 view
サッカーのチャージとは?どんな場合に反則となるか解説!

サッカーのチャージとは?どんな場合に反則となるか解説!

サッカーの試合を見ていてよく耳にするチャージですが、どのようなチャージが正当でどのようなチャージが反則になるのか、よくわからないという方も多いかと思います。ここではサッカーのチャージとは?どんな場合に反則となるのかを徹底的に解説していきます。
masamiohdaira9 | 10,607 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takutakkan takutakkan