Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. フットサル
  4. >
  5. フットサルとサッカーの違...
フットサルとサッカーの違いとは?人数やルールのポイントを簡単に解説!

フットサルとサッカーの違いとは?人数やルールのポイントを簡単に解説!

フットサルとサッカーはどちらも人気の高い競技ですが、フットサルとサッカーにはルールの違いがあります。例えば、フィールド上の競技人数は、サッカーは11人、フットサルは5人。ボールはサッカー5号球、フットサルは4号球。このようにフットサルとサッカーには違いがありますので、1つ1つ解説します。

2021.12.16 フットサル

フットサルとサッカーの大きな違い

 (98595)

フットサルとサッカーは非常に似ているスポーツと思われますが、ボールの大きさやコートなど、フットサルとサッカーの違いがいくつもあります。サッカーは世界的にメジャーなスポーツであり、基礎知識を知っている人も多い競技です。

一方で、フットサルの詳細なルールを知っている人は、サッカーと比較するとかなり少なくなります。フットサルとサッカーどちらを始めるにしても、フットサルとサッカーの違いについて把握することは重要です。

コートの大きさの違い

 (98648)

コートの大きさについても、フットサルとサッカーの違いになります。サッカーのコートは「縦110m×横64m」が基本で、フットサルでは「縦40m×横20m」がコートの大きさになります。

コートの大きさが違うことによって、試合展開も大きく異なってきます。

フィールド上のプレー人数

フットサルとサッカーの違いとして、プレーする人数も異なります。サッカーは11人でプレーしますが、フットサルではピッチでプレーする人数が5人となります。

シューズの違い

 (98644)

フットサルとサッカーのシューズにも違いがあります。

サッカーのシューズはスパイクが使用されますが、フットサルではインドア用の平たいシューズになります。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

ボールの違い

 (98647)

フットサルとサッカーの違いとして、使用するボールの違いは大きなポイントになります。サッカーでは5号球が使用されていますが、フットサルでは使用されるのは4号球です。サッカーのボールよりも、フットサルで使用されるボールのほうが小さいのが特徴になります。

フットサルとサッカーの試合時間

フットサルとサッカーの違いとして、試合時間にも注目してみましょう。サッカーの試合時間は前半・後半でそれぞれ45分ずつですが、フットサルの試合時間は前半・後半でそれぞれ20分ずつが基本になります。

フットサルはサッカーと比較して試合時間が半分以下ですが、そのぶんプレー人数も半分以下なのでハードな競技だということは変わりません。サッカーやフットサル初心者であっても、フットサルは試合時間が短いので観戦しやすい競技だと言えます。

サッカーのルールにない、フットサル特有のルールとは?

 (98596)

フットサルという競技では、上記の表のようにサッカーとは異なるルールがいくつも存在しています。フットサル特有のルールの中には、サッカー経験者にとってかなり違和感を感じるようなルールがあることも、フットサルを始めるためにはチェックしておかなければなりません。

以前はフットサルとサッカーでスライディングに関するルールが異なりましたが、現在はほぼ同じようなルールとなっています。このように、今後フットサルとサッカーで同じようなルールになる部分も出てくる可能性はあります。

選手交代のルール

フットサル特有のルールとして、選手交代が無制限なのも特徴になります。サッカーの選手交代は基本的に3人までと定められていますが、フットサルでは交代人数が決まっているわけではなく、自由に選手を交代することができます。

フットサルという競技では、スピード感のあるプレーが大きな魅力となっています。スピード感のある試合を可能にしているのが、選手交代が無制限というルールが存在しているからだと言えます。

フットサルのタイムアウト

フットサル特有のルールとして、タイムアウトという制度が導入されています。サッカーではタイムアウトという制度は存在していませんが、フットサルでは各チーム前半・後半で1回ずつタイムアウトをとることが可能です。

タイムアウトではチームの作戦を確認したり、選手を休憩させることができるので、試合の流れを変える重要なポイントとなっています。

スローインではなくキックイン

チョン・ドン(フットサルのキックイン戦術)

ボールがタッチラインを超えた場合は、フットサルではキックインでプレーを再開することになります。サッカーでボールがタッチラインを超えるとスローインになりますが、フットサルではキックでプレーを再開します。

フットサル特有の第2PK

日本vsクロアチア 第2PK

  • <        
  •        
  •        
  •       
    
サッカーとフットサルでは共通してペナルティーキックが存在していますが、フットサルでは第2PKというルールがあります。チームが前半で5つ、後半で5つそれぞれファウルをとられてしまうと、6つめのファウルから第2PKが適応されます。
第2PKとは?
ゴールまで10mの位置から壁のない状態でボールを蹴ることです。第2PKは得点の大きなチャンスとなるので、ファウルが多くなってきたチームは十分に注意してプレーしていかなければなりません。

サッカーには存在しない4秒ルール

フットサル大会ビギワン、キックイン4秒

フットサル特有のルールとして、4秒ルールというものが定められています。4秒ルールとは、ボールを蹴る準備が完了してから4秒以内に蹴らなければならないルールで、フットサル初心者であれば十分に注意しなければなりません。

フットサルとサッカーの一番の違いは人数

Team Spirit Football Soccer - Free photo on Pixabay (98301)

フットサル特有のルールは数多く存在していますが、フットサルとサッカーで一番の違いはプレーする人数です。フットサルとサッカーは非常に似ている競技でありながら、フットサルとサッカーの違いはいくつも存在します。

数ある違いの中でもプレー人数の違いによって、フットサルとサッカーの特徴が大きく異なってくると言えます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。