2018年10月20日 更新

フットサルの初心者必読!ルールや動き方・ポジションなどの情報まとめ

フットサルは大人になってから始める人も大勢います。フットサル初心者でも、基本を練習して、コツを掴むことでシュート、ドリブルなど多くの技術を習得できます。ルールや動き方を知ることで頭を使って技術力をカバーすることもできますので、フットサルの基礎を学びましょう。

2,354 view お気に入り 0
フットサルの初心者がドリブルをするには、ボールタッチの技術が足りないことも考えられます。沢山ボールに触れてボールを動かすドリブルをするには、技術が必要です。
初めてドリブルをするような時には、コントロールを付けることも難しいですから、歩くようなスピードからワンタッチでスピードアップをして、次のタッチでパスやシュートをすることができれば、それだけでも緩急を上手く使ったドリブルになります。フットサル初心者でも、やり方次第では効果的にドリブルすることが可能です。

フットサル初心者が覚えると役立つシュートの方法

フットサルの初心者が覚えるべき基礎として、シュートのためのキックが考えられます。シュートを上手くなるには、正しい蹴り方でボールを蹴る事が重要です。ボールに力をきちんと伝えることで、威力のあるシュートが蹴れるようになります。
フットサルの初心者は、まずボールをよく見て膝下から足を振るようにして蹴ることです。初心者は強くボールを蹴りたい気持ちが先走り、足を大きく振る傾向がありますが、膝下からコンパクトに振り足の甲、親指の付け根よりも甲よりの部分で蹴る意識を持てば強いシュートが蹴れます。

思い切って打つシュート

フットサルの初心者がシュートを上手くなるには、シュートを思い切り良く打つことです。シュートは打たなければ何も起こりません。シュートのコツは、いかに自信を持って打つことができるかになってきます。
シュートは、何本も蹴ることでコツを掴んで上手くなるのです。この時に気を付けるべきこととして、中途半端なキックでコースを狙わないことが重要になります。親指の付け根より少し甲よりの部分で的確にミートすることです。ボールだけに意識を集中して蹴ることが大切になります。本当にシュートを上手くなるためには、常に100%の力でシュートを打って、その中でコースを狙ってコントロールを磨くことが必要だからです。

ゴール前で打つシュート

Arthur Barasuol de Oliveira on Instagram: “Após um final de semana sem jogos pela F-League e um longo período distante de nossa torcida, retornaremos as quadras neste sábado, quando…” (50943)

フットサルの初心者がゴール前で打つシュートとして、ゴール前で打つべきシュートがあります。ゴール前でシュートを打つためのコツは、下から上に突き上げるように打つことです。フットサルの初心者でも、思いっきりインフロントでシュートを打てば、浮き球になることもあります。
ゴール前ではボールを浮かせる方が得点が入りやすいです。フットサルの初心者が自分でボールを浮かせる事は難しいですが、思いっきりシュートを打つことでボールを浮かせる可能性が出てきます。

トーキックシュート

フットサルの初心者が覚えることで効果的なシュートにトーキックがあります。トーキックは、爪先でボールを蹴る方法です。トーキックはボールの中心を爪先で蹴りだせば自然とボールを前に飛ばすことができます。弱い力でも蹴ることも可能です。
フットサルの初心者は、インサイドキックやインステップキックを蹴ることは難しいですが、トーキックは前にボールを飛ばそうと思えば自然と蹴れます。後は、それをどれだけ意図的にできるようになるかです。トーキックを上手に蹴れるようになるには、膝下をコンパクトな振りで振りぬくことがポイントになります。

ダイレクトシュート

AC.イーヴ on Instagram: “#ソルトアリーナ防府や #やまぐちサッカー交流広場  で練習を行っています! #AC.イーヴ #フットサル” (51202)

フットサルを初めてプレーする人には、ダイレクトシュートは非常に難しいものです。ダイレクトシュートは、出されたパスに対して、トラップをせずにワンタッチでシュートを打ちます。動いているボールを蹴ることになりますから、ボールの軌道と自分の立ち脚や蹴り足、足を振るスピードを判断しなければいけないからです。
しかし、フットサル初心者の頃から、基礎練習の1つとして、横パスを出してもらい、ダイレクトシュートを練習してコツを掴んでいけば、試合で効果的なシュートが打てるようになります。

フットサル初心者が覚えるべき効果的な動き方

フットサルの初心者だからこそ、動き方の基礎をしっかりと体に覚え込ませることで、試合で使える動きを見に付けることができます。試合で活躍するためのコツは、地味な練習を繰り返すことです。ボールを受ける前に、逆方向へ行くフリをしてからボールを受けたりすることです。
初めてフットサルをする時は、余計な癖がないはずですから、地味な動きであったり、無駄のように感じられる動きでも、1つ1つの基礎練習に組み入れていくことで、足元の技術と同時に、ボールを受ける前に相手を外す動きであったり、マークを外してスペースでボールを受ける力が身に尽きます。

ボールを受ける前のフェイク

フットサルの初心者が覚えたい動きとして、ボールを受ける前にフェイクを入れる動きがあります。初めてボールを触る時は、ボールにばかり寄ってしまったり、少しでも早くボール触りたいために余裕がありません。
早くボールに触ることは大切なことですが、動き出しの段階で少しだけ早く動き、フェイクを入れることで余裕を持ってボールを触ることができます。右に行きたければ、左に1歩踏み出してから動き出します。ボールを受けたい位置やトラップしたい場所と反対側に1度動きを入れることで、ディフェンスがつられますから自分のプレーがしやすいです。

ボールに近寄りすぎない動き

풋살코리아(풋살코리아) on Instagram: “17-18 🇪🇸 스페인 풋살리그 팀플레이!” (50890)

フットサルの初心者が気を付けたい動きとしては、ボールに近寄りすぎないことです。初めてフットサルをする時には、どうしてもボールに寄りたくなってしまいます。初心者がボールに寄ってしまうのは、ボールを触りたいという気持ちもありますし、プレーに関与していることを示すためです。
しかし、ボールに近寄りすぎるとディフェンスも寄ってきて混戦になってしまいます。ボールや味方プレーヤーとの距離感を意識しながら動くことが重要です。周りの状況を見て、味方が孤立している時には近寄り、近くに味方がいる時には離れた位置でボールを受ける準備をします。

スペースへ抜ける動き

フットサル初心者が覚えるべき動き方の1つとして、スペースへの動きが重要です。初心者は、ボールを触りたいという気持ちが先に来ますので、ボールに寄ってくる傾向があります。ボールを受けることは大切ですが、近寄りすぎるとディフェンスも寄ってきますから、プレーができません。
フットサル初心者の頃は難しい動きですが、ボールと他の選手、そしてスペースを見て、自分がボールを受けやすい場所を探して動き出すことが大切です。簡単にできるスペースへの動き方は、自陣でボールを回している時に、相手ゴールを目指して走り出すことで1本のパスでシュートへとつなげることができます。

1つのポジションに留まらないこと

anelfut park Nakayama Official on Instagram: “こんにちは!  本日、担当の渋谷です!  今夜は、スクールが無いため コートレンタルが15時30分~19時30分までできます🎵  天候にも恵まれている日ですので 是非、仕事仲間や友人達で フットサルを楽しみませんか?🎉 中山東急屋上で楽しい時間を🇯🇵⚽️…” (51204)

フットサルの初心者は、1つのポジションに留まってしまう傾向があります。フットサルは人数が少ないので、常にポジションチェンジを繰り返すことが大切です。初心者であれば、どこに動いて良いのかわからず、ボールが欲しい場所で数歩だけ移動するようになってしまいます。これでは、ディフェンスに狙われやすくなりますし、味方もパスが出しずらいです。
常にポジションチェンジを繰り返して、ポジションを空けることで味方がそのスペースを使うことができるようにすることが大切になります。ポジションチェンジは難しく考えなくても、人のいない場所へゆっくりと動いて、また移動してを繰り返していけばいいのです。
61 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大分のアジングポイント7選!アジが釣れる釣り場はどこ?

大分のアジングポイント7選!アジが釣れる釣り場はどこ?

大分県のアジングポイントは幸ノ浦港が一番おすすめです。幸ノ浦港は潮回りが良いためアジの数、サイズ共に好釣果が期待でき、佐伯・津久見・別府エリアも人気です。大分のアジングのハイシーズンは7月〜9月ですが、冬の時期でも日見港や田鶴音港では釣果を期待できます。アジングの釣果アップにはシーズンに合わせた釣り場選びが大切です。
activeldirector01 | 23,408 view
卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

絶対知っておきたい卓球の技18選を、サーブ・レシーブ・ドライブ・ロビング・カットに分けて紹介します。それぞれの技は難易度や使用タイミングが大きく異なり、技の特徴を把握することが重要になります。卓球の技は種類が豊富なので、卓球初心者でも技の名前や特徴を覚えるようにしていきましょう。
Anonymous | 43,489 view
YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

卓球のYGサーブとは、ヒジを支点にして内から外にスイングする逆横回転サーブになります。卓球のYGサーブを打つ時は、グリップの握り方・ボールのトス・体重移動・ヒジの高さ・スイングのやり方を意識します。さらに、YGサーブの回転のかけ方を、下回転系と上回転系に分けて解説していきます。
Anonymous | 4,723 view
卓球のバックサーブとは?初心者へバックサーブの打ち方と5つのコツを解説!

卓球のバックサーブとは?初心者へバックサーブの打ち方と5つのコツを解説!

卓球のバックサーブとは、ラケットのバック面で出すサーブになります。バックサーブの打ち方のポイントは、体の正面で打球することです。バックサーブのコツは、正確なトスを上げる、卓球台に近い位置で打球する、体重移動、サーブの長短、同じようなフォームで回転を出し分けることの5つになります。バックサーブは練習を重ねることで習得することが可能です!
Anonymous | 3,406 view
和歌山のショアジギングポイント8選!青物が釣れるおすすめ場所は?

和歌山のショアジギングポイント8選!青物が釣れるおすすめ場所は?

和歌山県では青物が釣れるショアジギングのポイントが豊富です。地磯、サーフ、漁港などのスタイルに合わせた釣り場や魚種を選べる点も魅力です。カンパチ、ヒラマサ、サワラ、ブリ、ソーダ、ガツオなどが釣れる和歌山のショアジギングができる8ヶ所のポイントと攻略法を徹底解説します。
activeldirector01 | 94,224 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000