2018年9月24日 更新

フットサルのテクニック特集!初心者も覚えたいテクニック9選

フットサルでは、絶対の自信が持てる抜き技テクニックを1つでも2つでも持っていると「勝利」を手元に引き寄せる大きな武器となります。そして、初心者が実践に活かせるテクニックはたくさんあります。フットサルテクニックに磨きをかけて、周囲を魅了していきましょう。

14,378 view お気に入り 0

軸裏通しのやり方とコツ

①ボールを蹴り足の指の付け根で斜め後ろ(蹴り足が右であれば右の指の付け根で左斜め後ろ)へ転がします。

②ボールを転がした足を大きく後ろに引いて、ボールと同じスピードで後退します。

③ボールの位置を確認しながら、ボールの内側から反対側の足(ボールを転がしていない足)を通します。

④上記①と反対側の足の指の付け根でボールをタッチし、斜め後ろへ転がします。

⑤転がした足を大きく後ろに引いて、ボールと同じスピードで後退します。

⑥ボールの内側から反対側の足(ボールを転がしていない足)を通します。

【軸裏通しのコツ】
ボールのタッチポイントは指の付け根で行うことが重要です。

フットサル初心者も覚えたいテクニック⑤

キックフェイント

 (54841)

キックフェイントは、シュートを打つと見せかけて相手を出し抜く基本テクニックです。サッカーではお馴染みのキックフェイントですが、フットサルでも使用し、最もシンプルでテクニックの基礎中の基礎と言っても過言ではありません。

大きな素早いキックモーション(蹴り方)を取りながらシュートを打つと見せかけてピタリと足を止めるだけですが、少し不自然な動き方となると、相手にキックフェイントであることが見抜かれてしまいます。

自然な動作でシュートする方向に目線を向けることがフェイント成功の鍵となります。フットサル初心者でも早期に習得が可能なテクニックなので、鏡の前で動き方や蹴り方を確認して、練習してみましょう。

キックフェイントのやり方とコツ

①ドリブルしながら、ディフェンスとの間合いをとります。

②間合いを保ちながら、キックモーション(シュートやパスを行う蹴り方のモーション)に入ります。

③本当にボールをキックするつもりで、蹴り足を大きく振り上げます。

④蹴り足はボールに触れる直前で止め、ディフェンスが一瞬戸惑って動きが止まった隙に、素早く次の動き(ドリブルなど)に繋げます。

【キックフェイントのコツ】
蹴り方が小さかったり、蹴り方がぎこちないとシュートでないと見抜かれるため、キック(シュートモーション)は大きく行います。また、蹴り出す方向(シュート方向)に体や足の踏み込み、そして目線を向けて一連の蹴り方を相手に見せることが重要です。

フットサル初心者も覚えたいテクニック⑥

シザース

 (54842)

シザースは、ディフェンスとの間合いを詰めて、ボールを足で跨ぎながら上手く相手の重心を崩して抜き去る基本テクニックです。ボールを跨ぐこと自体は基礎練習でよく見かけますが、このテクニックをフットサルの試合でそれほど多くお目にすることはありません。
しかしシザースを得意にしている選手であれば、1試合に数回程度は仕掛けシュートに持ち込むことも。あまり多く多様すると体の動きや跨ぎの癖を見抜かれてしまいますので、自分のタイミングでここぞという時に仕掛けるとよいでしょう。

このテクニックを仕掛けるときは、相手へ揺さぶりをかけるだけではなく、自分のリズムを整えて自分のペースに持ち込むと、成功率が高くなります。

シザースのやり方とコツ

①ドリブルで相手との間合いを詰めて、対峙するギリギリのタイミングで仕掛けを開始します。

②ボールを内側から外側に、円を描くようにボールを跨ぎます。

③足を出した方向に、素早く体重を乗せて相手の出方をうかがいます。

④跨いだ足で踏ん張りながら、逆足でボールを反対側に押し出します。

⑤ディフェンスが体勢を立て直す前に、次の動き(ドリブルやパスなど)に繋げます。

【シザースのコツ】
体重を乗せて相手の出方をうかがうときは、コンパクトに体重を移動させ、ボールを押し出すときは、跨いだ足で強く地面を蹴り、スピードを上げることと、ディフェンスが左右どちらに行くか最後まで見極めることが重要です。

フットサル初心者も覚えたいテクニック⑦

ダブルタッチ

 (54843)

ダブルタッチはドリブルから相手を引き寄せて一気に縦方向のドリブルから横方向にボールを出し、2タッチ目で相手を素早く抜いたり、場面によっては2タッチ目でシュートもできる基本テクニックです。フットサルでは、特に1対1の局面で使用すると抜きやすいのが特徴です。

フットサルにおいて使用頻度が一番高い技と言っても過言ではないほど多くのフットサルプレーヤーの間で使われているテクニックです。フットサル初心者でも習得しやすい技で、ダブルタッチを極めるとボールキープもしっかりとできるようになるので、狭いコートを使用するフットサルでは非常に重宝します。さまざまな場面で使える技なので、是非とも習得しておきましょう。

ダブルタッチのやり方とコツ

①ドリブルしながら相手を引きつけます。

②体重移動しながら、インサイドでボールをスピーディーに押し出します。

③ボールを押し出した逆の足のインサイドでボールをキャッチします。また、フットサルではゴール前でボールをキャッチせずに1タッチ目でシュートしやすい位置にボールを転がして2タッチ目でシュートする技も有効です。

【ダブルタッチのコツ】
1タッチ目で横に移動する時は、ボールを弾かずに押し出し、横移動は限りなくスピーディーに行うことが大切です。また、相手の足がボールに触れるか触れないかの瀬戸際で横移動を行うとより効果的になります。

フットサル初心者も覚えたいテクニック⑧

65 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フットサルのコツ!初心者が覚えておきたい動き方やテクニックとは?

フットサルのコツ!初心者が覚えておきたい動き方やテクニックとは?

フットサルの基本となるトラップやパスなどの個人技は、実践で戦術を遂行するために必須。 ハイレベルなプレーヤーになるほど、基本練習を重ねてコツをつかみ精度を上げています。 フットサル初心者は、基本のコツを早くつかみ、後に戦術で必要な動きを身につけていきましょう。
ダブルタッチのやり方とコツ【サッカー上達ガイド】

ダブルタッチのやり方とコツ【サッカー上達ガイド】

サッカーにおけるドリブルには多くのフェイントがあります。そのどれもが相手選手の体重をずらして、逆をつくために行われるものですが、中でも簡単にできるダブルタッチを紹介します。ダブルタッチは簡単ではありますが、色々なことができなければ試合中では中々使えないフェイントです。
サッカードリブルのコツとテクニック特集!基本から抜き方【初心者OK】

サッカードリブルのコツとテクニック特集!基本から抜き方【初心者OK】

サッカーには様々な技術が必要になってきます。キックやトラップの技術はもちろん、自分で状況を打開するものとしてドリブルは必要不可欠なものであります。そんなサッカーのドリブルは教えられるものでもありますが、自分なりのリズムとタッチを作る方が取られにくいものになります。
大分のアジングポイント7選!アジが釣れる釣り場はどこ?

大分のアジングポイント7選!アジが釣れる釣り場はどこ?

大分県のアジングポイントは幸ノ浦港が一番おすすめです。幸ノ浦港は潮回りが良いためアジの数、サイズ共に好釣果が期待でき、佐伯・津久見・別府エリアも人気です。大分のアジングのハイシーズンは7月〜9月ですが、冬の時期でも日見港や田鶴音港では釣果を期待できます。アジングの釣果アップにはシーズンに合わせた釣り場選びが大切です。
卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

絶対知っておきたい卓球の技18選を、サーブ・レシーブ・ドライブ・ロビング・カットに分けて紹介します。それぞれの技は難易度や使用タイミングが大きく異なり、技の特徴を把握することが重要になります。卓球の技は種類が豊富なので、卓球初心者でも技の名前や特徴を覚えるようにしていきましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

skynetasia391k skynetasia391k