2018年11月18日 更新

フットサルの動き方の基本とは?まずはポジションごとに考えてみよう

フットサルは、ピッチ内の選手が少ないので、全員が様々な役割を果たさなければいけません。 しかし、基本となるポジションによって、それぞれのポジションで動き方も変わります。 ポジションごとの動き方の基本を知ることで、フットサルにおける戦術を理解が重要です。

2,924 view お気に入り 0
フットサルの動き方の基本としては、オフザボールの時にどれだけの考えを持って動きを作ることができるかになります。オフザボールとは、ボールを持っていない時間のことで、フットサルでは、このオフザボールの時間の方が圧倒的に長いです。
ボールを触ることができる時間が短いので、オフザボールの時に多くの動きを入れて、マークを外したり、味方のパスコースを作ったり、味方選手が走り込むためのスペースを作り出すことが求められます。

動き方の基本①個人の力で攻撃する場合

フットサルの攻撃の時の動き方として、1人で攻撃を仕掛けるときの形を考えます。個人の力で、状況を打開して攻撃に移るときには、いかに素早く相手ゴールに向かうことができるのかが重要です。
そのためには、ディフェンスを見ながらボールを受けるときに、少しでもスペースがあったり、相手が遅れているようであれば、ボールを受ける瞬間には、反転して相手ゴール方向に体の向きを変えるようにします。この動き1つで、相手を置き去りにしたり、追いかけてきても間に合わない時間を作り出すことが可能です。

動き方の基本②チームで攻撃する場合

須藤  直亮 on Instagram: “⚽️ #サッカー #サッカー少年 #サッカー部 #soccer #football #日本 #japan #japanese #写真撮ってる人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #写真 #ファインダー越しの私の世界 #sp #sport #sports…” (61463)

チームで攻撃をする時のコツは、ディフェンスだけではなく、味方の動きを注目して見ておくことが大切です。チームとして攻撃をしかけるには、1人だけ自由に動いてもなかなか攻撃の形を作ることはできません。
重要な動き方は、チームメイトが動くことのできる場所を作ることです。自分が行きたい場所に、味方選手がいたり、自分がボールを受けることができない時には、相手ディフェンスを引き付けて、スペースを開けることで、味方に仕事をさせることが大事になります。

動き方の基本③個人で守備をする時

個人で守備をする時のテクニックとして、周りのポジションを見て動き方を変えることがコツです。1人でディフェンスをすることも十分に考えられます。カウンターを受けた時や、味方が抜かれてしまった場合です。
こういった時には、個人のテクニックで相手を止めなければいけませんが、そのためには動き方が重要になってきます。まず、パスコースを減らすことです。パスコースに体を入れて、パスができない状況を作り出し、次は1対1の状況を作ります。最後は、完全にシュートコースを限定してゴレイロの正面にシュートを打たせることができれば、1人での守備も十分に可能です。

動き方の基本④チームで守備をする時

チームとして守備をする時のテクニックとしては、声を掛け合うことで味方と連動して守るのがコツです。個人で守備をした時のコツは、できる限り1対1の状況に仕向けるようにすることでした。
チームとして守る時には、全員が連動してパスコースを切ることで、守備側の狙った場所でボールを奪う事ができます。
守備を上手くなるには、こういった狙いを持ってボールを奪えるのかが重要です。狙いを持つためには、個人個人が常に頭を働かせて守備の動きを連動させることがコツになります。

フットサルのオフェンスの動き方の基礎

フットサルのオフェンスをする時に、攻撃のための基礎となることを学んでいきます。フットサルは、ピッチ上の選手が5人で、フィールドプレイヤーだと4人です。
そこで、効果的に攻撃をするには、動きを上手く付けて、マークを外したり、フリーの選手を作り出すことになります。そのためには、個人の動きのテクニックも重要ですし、チームとして連動した動きを取り入れることも大切になります。オフェンスの時には、常に動き続けることが状況を打開するために必要です。

オフェンスの基礎①ボールをパスしたら移動する

Ken Takahashi/高橋 健 on Instagram: “《Fリーグディビジョン2第九節》 2018.10.20 日曜日 14時キックオフ⚽️ vsヴィンセドール白山 @松任総合運動公園体育館(アウェー) 🔥🔥🔥 第八節は台風の影響で中止になり、今節がYSCC横浜にとっての後半一発目になります!…” (61467)

オフェンスを上手くなるための方法として、チームでの決め事をきちんと理解して取り組んでいくことが重要です。その1つとして、パスを出した後は、その場に留まるのではなく、必ずポジションを移していくことが大切になります。このように、常に変化を付けていくことでマークを外し、スペースを作り出すことができるからです。
基礎的なテクニックの1つになりますが、ボールと人が常に動き続けることで、相手の隙を狙うのがフットサルのコツになります。

オフェンスの基礎②スペースを見つける

フットサルを上手くなるには、ボールを扱うテクニックだけではいけません。ボールを持っていない時間が長くなるフットサルでは、その時間にどのようなことができるのかが重要です。
その1つとして、スペースを見つけるたり作り出すことが求められます。前線にできる大きなスペースもそうですし、ゴール前の狭い場所でも、プレーできるスペースを見つけたり、作り出すことが重要です。オフェンスでは自分が全ての仕事をすることもありますし、味方のためにスペースを作ることも大切になります。

オフェンスの基礎③ポジションチェンジ

フットサルのオフェンスで効果的な動きとして、ポジションチェンジがあります。1つのポジションに留まってしまっては、パスコースがなくなるのがフットサルです。そこで、前線の選手がポジションを入れ替えたり、ディフェンシブな選手とオフェンシブな選手が入れ替わる動きをしていくことで、マークをずらしたりスペースを作り出すことができます。
この時に重要になるのが、全員が意識して動きを作ることです。1人の選手が動くだけでは、ポジションが重なってしまうことがありますから、全員の意思統一が求められます。

オフェンスの基礎④ピヴォ当て

フットサルのオフェンスにおける戦術として、ピヴォ当てがあります。ピヴォ当てと言われる戦術は、チームとしての攻撃には必要なものです。
攻撃をする時に、一番簡単なものが、ポストシュートになります。単純にピヴォにボールを当てて、リターンを落としてもらってシュートを打つ方法です。このための動き方として、ピヴォはボールを受ける前にディフェンスを引き離すために、ボールをもらうポイントと逆へ少し動いてからボールを受けます。ボールを当てる選手は、ボールを受けに行く時に、サイドステップを1つ入れることで、ディフェンスを振ることが重要です。

フットサルのディフェンスの動き方の基礎

フットサルでは、多くの攻め方がありますが、守備をする時にも決め事を作っておくことで、マークを外さないようにしたり、シュートコースに体を入れて守ることができます。アラやフィクソの選手には、守備力も求められます。
攻撃だけの選手ではフットサルはできません。守備もしっかりと行うことが必要になります。そのためには、的確なポジションニングをとって、連動した動き方で守ることが大切です。守備は、常に多くの情報を入れておくことで、相手の選択肢を考え先を読むことが必要になります。

ディフェンスの基礎①マークを抑えること

清水和也 on Instagram: “Buenas tardes👍🏼 Hoy es día de partido⚽️ vamos equipo🔴👊 vs Colo Colo  20:30〜…” (61464)

57 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フットサルの戦術考察!基本戦術9つと動き方とは?

フットサルの戦術考察!基本戦術9つと動き方とは?

フットサルは知っての通り基本的なプレーはサッカーと同様ですが、戦術においてはサッカーよりもよりスペースメイクの意識とチームメイト間の連携を重要視するものとなっています。フットサルの基本的な戦術からその応用による動き方9個を解説していきたいと思います。
CAS | 89,254 view
バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケットボールのポジションの1つにセンターがあります。センターは長身のプレイヤーが務め、好守におけるインサイトプレイの要という役割を担います。さらにセンターが求められる動きとは、ポストプレイ・リバウンド・リング近くでゴールを守ることがあります。チームの勝利に貢献するためにセンタープレイヤーの理解を深めましょう。
Anonymous | 8,227 view
ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

サッカーのウイングバックは3-5-2のシステムで用いられ、サイドの攻守の要となる役割を担います。ウイングバックには必要な個人技術や個人戦術があり、さらにウイングバックのグループ戦術の動き方やポジションニングは独特であり、今回はその基本やコツと練習方法を紹介しています。
nosedori | 16,610 view
セカンドトップの役割!動き方やコツ【サッカーポジション】

セカンドトップの役割!動き方やコツ【サッカーポジション】

サッカーのポジションの一つであるセカンドトップを紹介します。セカンドトップは中々意味が混同しやすいポジションです。そんなセカンドトップの役割と動き方やコツ、練習法や求められる能力なども紹介します。サッカーの試合ではセカンドトップは得点源につながる重要なポジションですので、是非理解を深めてみましょう。
anton | 39,083 view
サッカーフォワード(トップ)の役割とは?基本的な動き方やコツ【ポジション】

サッカーフォワード(トップ)の役割とは?基本的な動き方やコツ【ポジション】

サッカーのポジションの一つであるフォワード(トップ)を紹介します。動き方やコツ、練習法や求められる能力なども紹介します。 また現在活躍しているフォワード(トップ)の選手も紹介しているので練習や動き方のコツを学ぶ際の材料として参考にしてください。
anton | 90,616 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000