Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ゴルフ
  4. >
  5. ゴルフのマナー集!初心者...
ゴルフのマナー集!初心者が知っておくべき基本的なルールとは?

ゴルフのマナー集!初心者が知っておくべき基本的なルールとは?

ゴルフにおけるラウンドの回り方もまだわからないような、ゴルフ初心者が知っておくべき基本的なマナーを紹介しています。そのマナーは、ラウンド前の準備に関するものから、プレイ中、トラブル発生時に関するマナーまで、場面に応じた様々なマナーを紹介しています。

2021.12.16 ゴルフ

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー①

初心者が覚えておきたいラウンド前の準備

ゴルフウェアショップ【T-on 】ティーオン on Instagram: “T-on #ティーオン 店頭です✨アルチビオらしいデザインの新作が続々入荷中💓秋らしいカラーで季節先取りできますよ😁ぜひT-on ネットショップ、店頭をCheckしてみてくださいね❗️ #golf #golfwear #ゴルフ #ゴルフウェア #ティーオン #ゴルフコーデ…” (51951)

ゴルフのマナーといっても、プレイ中のマナーだけではなく、ゴルフ場のマナーやラウンド前の準備におけるマナー等、様々なマナーや決まりがあります。ラウンドの回り方を知らないゴルフ入門者は、そのようなマナーに対応できるよう、ラウンド前の準備から基本をおさえておく必要があります。
まず、初心者は忘れ物が無いように持ち物チェックリストを作って準備しておきましょう。ゴルフクラブ、ボール、ゴルフウェア等はもちろん必須ですが、特にゴルフウェアに関しては天候の変化にも留意して、ウインドウェアやレインウェアも持っていくと安心です。また、たいていの場合、プレイ後にお風呂に入ります。そのお風呂の準備も忘れないようにしましょう。

ラウンド前の準備におけるマナー

aym.8 on Instagram: “ボール買いに行ったら、文字入れ無料してた(*´∀`)💡可愛い♥#ゴルフボール#ゴルフ女子#ゴルフ初心者#⛳#🔰#ゴルフグッズ#ネーム入れ#オリジナルボール” (51953)

ラウンド前の準備におけるマナーや回り方の決まりとして、ゴルフ入門者であっても持ち物のボールのブランドを統一しておくという基本のマナーがあります。ボールのブランドが統一されていないと、ラウンド中に誰が打ったボールだかわからなくなるという恐れがあるのです。そのため、ボールは同じブランドのものを準備するようにしましょう。
また、ゴルフ入門者の場合、基本的にロストボールを使用しているという方も多くなっています。これは初心者はすぐにボールを無くしてしまうという理由からですが、最近は同じブランドで統一されたロストボールも販売されています。したがって、ロストボールを使用するという場合であっても、基本的に同じブランドで統一されたロストボールを購入するようにしましょう。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー②

ゴルフに適した服装とは

ゴルフウェアショップ【T-on 】ティーオン on Instagram: “T-on #ティーオン 店頭です✨お盆が明けてから朝晩は少し冷える感じがしてきましたね😁新作のステキな長袖入荷してます❗️ぜひT-on ネットショップ、店頭をご覧くださいね💓 #golf #golfwear #ゴルフ #ゴルフウェア #ティーオン #ゴルフコーデ  #ゴルフ好き…” (51969)

初めてラウンドするゴルフ入門者はまず、ゴルフ場にどのような服装で行けばいいのかわからないことが多いでしょう。服装に明確な決まりやルールはないですが、男性・女性共にゴルフ場での服装・ウェアの基本としては、ポロシャツなどの襟・袖付きのトップス、チノパンなどのロングパンツ、ゴルフシューズといった服装が基本です。
また、ゴルフ場での入退場時の基本の服装・ウェアにも決まり・ルールはなく、プレー時の服装・ウェアで構わないため、ゴルフウェアを着たまま入退場しても構いません。ただし、一部の名門コースなどは例外的に入場時にジャケットの着用が義務であるコースもあります。プレー前にコースのHPなどで確認しましょう。また、入場時にゴルフシューズを履いていくのがNGというコースもありますので、革靴を履いていくと安心です。

服装のマナー

ゴルフ場で服装のマナーとして、まず男性のNGな服装・ウェアには、Tシャツやタンクトップなどの袖・襟なしのシャツ、迷彩柄のシャツ、ジャージ・スウェット、ジーンズ、半ズボン、サンダル、草履、下駄、カラフルなスニーカーなどがあります。
次に女性のNGな服装・ウェアとしては、ノースリーブ、キャミソール、ミニスカート、ホットパンツなどがあります。女性の入場時の靴とは、男性のように革靴が無い場合、ちょっとした高級レストランに履いていくような靴であれば問題ありません。また、ヒールも低めであれば大丈夫です。
このように、男性・女性共にカジュアルすぎる服装はマナー的にNGとなります。これはどんなコースでも共通の決まりですので、覚えておきましょう。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー③

練習場でのマナー

niisan0203 on Instagram: “今日は猛暑一転涼しかったので、白河市にオープンしたパーリオゴルフレンジに行ってみました。ここはゴルフ練習場です。新設の練習場が身の回りにできるというのは初めてです。言うまでもなくキレイです。…” (51979)

初めてのラウンド時の朝一のショットはプレッシャーがかかりますので、ラウンドの回り方を知らないゴルフ入門者はラウンド前に練習することをおすすめします。
練習場には自分のキャディバッグからクラブを3~4本抜いて持っていくようにしましょう。この時に何本も欲張って持っていくと、練習時間が足りず、あるクラブだけが練習できないということになり、逆に不安が残ってしまいます。目安として、ドライバー、7番アイアン、ピッチングなどのみを持っていきましょう。
アプローチやドライバーの練習が終わったら、最後にパッティングの練習をしますが、この時にすでにパッティングの練習を始めている方の邪魔をしないようにしましょう。先に始めている方のパッティングのラインと、自分のラインを交差させないことがマナーとなります。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー④

ティーグラウンドとは

野坂 英吾 Eigo Nosaka on Instagram: “Beautiful course.#golf #ゴルフ #golfcourse #ゴルフコース #ティーグラウンド” (51983)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
ティーグラウンドとは、ゴルフにおいて初めてプレイしようとするホールの第1打目である、ティーショットを打つ場所のことをいいます。また、ティーインググラウンドとも呼ばれています。
ティーグラウンドの範囲は、ティーマークという2つで1組になっているマークで定められています。この2つのティーマークの外側の先端を、直線で結んだラインよりも後ろ側に2クラブレングス分の幅の長方形の範囲が、ティーグラウンドの範囲となります。ちなみにクラブレングスはドライバー1本分の長さを表します。
ティーグラウンドの範囲内でティーペグを挿し、ボールを上に乗せてティーショットを行うのです。

ティーグラウンドでのマナー

ゴルフ場でのマナー

自分たちの組がプレイを開始しようとティーグラウンドに集まった時、すでに前の組はプレイをラウンドのプレイを開始しています。そのため、ティーグラウンドに集まった時に大声で話したり、笑ったりしないようにしましょう。
また、ティーグラウンドには次に打つ人以外は上がってはいけません。これは、次に打つ人の集中を妨げないための決まりです。自分にそのつもりが無くても、例えばティーアップしたボールの後方に立っているだけでも集中を妨げる要因になりますので注意しましょう。また、ティーグラウンドでの素振りは禁止ですので絶対にやめましょう。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー⑤

スロープレイとは

2013年全英オープン3日目 松山英樹スロープレーペナルティー 同伴者ワグナー怒りのインタビュー 日本語字幕つき

スロープレイとは、その名の通りプレイするのが遅いことであり、スロープレイはゴルフにおける重大なマナー違反となります。このスロープレイが酷いと、場合によってはゴルフ場から注意されることもあります。
また、ゴルフ規則においてルールが定められており、これに違反した場合は、マッチプレーの場合においてはそのホールの負け、ストロークプレーの場合においては2打罰といったペナルティが課せられます。また、そのペナルティを受けた後に、更に同じ違反があった場合には競技失格となります。このように、スロープレイはペナルティが重い、重大な違反なのです。

スロープレイをしないためのマナー

ゴルフ入門者がスロープレイをしないための基礎として、まず、OBになったボールを諦めるということがあります。自分たちの組が遅れていない時はOBのボールを探しても良いですが、遅れている時は潔く諦めることも大切です。
次に、セカンドショット以降はクラブを3本持っていきましょう。これによりクラブを取り替えにわざわざカートまで戻るということがなくなり、時間短縮に繋がります。
次に、自分の組が遅れているときは、順番を待たずに打てる人から打ちましょう。カップから遠い人から打つというマナーには反してしまいますが、遅れているときは打てる人から先に打つようにしましょう。特にグリーン上で寄った場合は、「お先に」といってボールにマークせずに打つように心がけましょう。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー⑥

初心者が覚えておきたい声かけとは

【ゴルフライブ】プロが教えるラウンドマナー

ゴルフ入門者であっても、他のプレーヤーが良いショットを打った場合には賞賛の声を惜しみなくかけましょう。ただ、同じショットであってもその状況に応じて声掛けの言葉が変わります。
通常の良いショットの場合は「ナイスショット」という声かけになり、ショットのボールがグリーンに乗った時には「ナイスオン」という声かけをします。また、ボールがバンカーから上手く出た時は「ナイスアウト」という声かけで、アプローチショットによってボールがピン近くに寄った時は「ナイスアプローチ」という声かけをします。その他、グリーン上で長い距離のパットがカップに近づいた時は「ナイスタッチ」という声かけが、基本の声かけとなるので覚えておきましょう。

声かけのマナー

いつでも基本の声かをすることによって、他のプレーヤーが気持ちよくプレイすることができます。特に初対面の方とラウンドする場合においては、この声かけによってお互いに良い気分でラウンドを回ることができますので、大事なマナーの基礎となります。
ただ、ゴルフ入門者にはどの程度のショットがナイスショットであるのか見極めるのが難しいこともあるでしょう。そのため、初心者は打った直後に声かけをするのではなく、ボールの弾道が良く、まっすぐにフェアウェイに向かっていっているということを確認してから声かけをすることをおすすめします。正しい声かけをするため、他の方のショットをきちんと見届けるということも大切なマナーの基礎です。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー⑦

ショートホールとは

@hide_0625 on Instagram: “127yのパー3も…#ゴルフ#ショートホール#濃霧ゴルフ” (51998)

そもそもゴルフとは、ティーグラウンドからカップ(穴)に入れるまでに何打でフィニッシュできるかを競うスポーツです。ホールは、このゴルフをプレイするために用意された競技スペースのことをいいます。
1ラウンドのゴルフは18のホールをプレイすることで終了しますが、このコースの標準として パー 3、パー 4、パー 5の打数のホール が それぞれ 4 ホール、10 ホール、4 ホールあり、そのパーの合計は 72 になります。このパー3のホールのことを、日本ではショートホールと呼んでいます。ただ、このショートホールは和製英語であるため、外国ではこのような呼び方の決まりはありません。

ショートホールでのマナー

このショートホールにおいて、前に打った人がナイスショットであった場合に「今、何番のクラブで打ちましたか?」と聞いている人がいますが、実はこれはコンペではルール違反となります。コンペ等で発覚した場合はペナルティとして2打罰が与えられ、しかもこの質問に答えてしまった人にも同じく2打罰が与えられますので注意しましょう。
コンペでなく、友人などと行うプライベートゴルフではそこまで厳しくする必要はないですが、マナー違反であることは確かです。特に初心者は、何気なく質問しがちですので基礎の知識として知っておくようにしましょう。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー⑧

グリーン上でのマーク・ラインに関するマナー

グリーンでのマナー

ゴルフでは、グリーン上がプレイする上で一番神経を使うところとされています。そのため、ゴルフ入門者も特にマナー・決まりに気を遣うべき場所であり、まず、他の人の邪魔になりそうな、パッティングを妨げてしまいそうな場合にはマークするようにしましょう。他の人のラインと被っている場合は迷わずにマークしますが、ラインが被っていなくても自分のボールが他の人の視界に入りそうな時にはマークしておくのが良いでしょう。
また、グリーン上の最大のタブーといえるのが、他の人のパッティングラインを踏んでしまうことです。これは絶対にやめましょう。また、他人のラインをまたぐこともマナー的にはよくありませんので注意しましょう。

グリーンの芝に関するマナー

ゴルフのグリーンの芝は非常に繊細なものとなっているため、この芝に対するマナーも大事になります。まず、グリーン上では決して走らないようする事です。もしプレイが遅れ気味だとしても、グリーン上では走らず、グリーンを出てから走るようにしましょう。また、バーディを取った時などに嬉しくて飛び跳ねたくなる時もあると思いますが、グリーン上で飛んだり跳ねたりしてはいけません。
さらに、カップの周りの芝は可能な限り踏まないようにしましょう。これは、芝に対してというためと、カップ周りの芝が荒れていたことでボールがイレギュラーして、カップインしないということを防ぐためという2つの意味があります。そのため、カップインしたボールは自分の足のサイズ分くらいは離れてから拾うようにしましょう。

グリーン上でのプレイに関するマナー

ゴルフ初心者はまず、ラインを読む時間を短くするように心がけましょう。初心者は、プロと同じようにラインを時間かけて読むようにしても、基礎の技術がそれについていきません。ラインを読む時間が長くなればスロープレイの要因ともなりますので、出来る限り短くしましょう。
また、初心者は「OK」の基礎の意味を正しく理解するようにしましょう。初心者の場合、「OK」と言われると「今のパットを入ったことにしていい」という意味と勘違いする人がいます。しかし、「OK」はあくまで「次のパットを入ったことにしていい」という意味ですので、1打分プラスするという基礎の知識を忘れないようにして下さい。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー⑨

トラブル発生時のマナー

ルール・マナー編【池ポチャしたときのルール】 |ホームメイト・ゴルフ

ゴルフ初心者が起こしやすいトラブルとして、隣のホールにボールを打ち込んでしまうというトラブルがあります。隣のホールでは、他の組がプレイしている可能性があるため、まずそのホールのプレイ状況を確認し、誰もショットをしていないことを確認してから、「失礼します」等の一声をかけてからそのホールに入るようにしましょう。ショットが終わった後は一礼し、走って素早く自分のホールに戻るようにしましょう。
また、初心者はラフや林にボールを打ち込むということも多くなります。その場合、ボールを捜すようになりますが、後ろの組がティーグラウンドで待っているのに長時間探すというのは迷惑とあります。そのため、ボールは「3分以内」という基礎の時間を目安に捜すようにしましょう。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー⑩

バンカーとは

Ku~ on Instagram: “#golf #bluesky  #bunker#ゴルフ #青空 #バンカー” (52012)

バンカーとは、ゴルフのコースを形成する基礎の一要素です。バンカーはウォーターハザードと並ぶハザードに属し、形や大きさはコースやホールによって様々ですが、砂で満たされています。そして、バンカーの形状としては、たいていの場合、周囲の地面より数十cmほどくぼんでいます。また、バンカーはハザードに属していますが、ボールをバンカーに打ち込んでも救済はなく、この点はウォーターハザードとは異なります。
バンカーから、長い飛距離のボールを打ち出すのは非常に困難です。そのため、基礎技術のない初心者にとっては特にスコアを悪化させる要因となるでしょう。
  • <        
  •        
  •        
  •       
    

バンカーでのマナー

ルール・マナー編【バンカーの均し方】 |ホームメイト・ゴルフ

初心者がバンカーにおいて覚えておきたい基礎のルールとして、ショットの前にクラブのソールを砂に付けてはいけない、バンカー内に存在している枯れ葉や石などの自然障害物は動かしてはいけないといったルールがあります。このルールに違反すると2打罰のペナルティが与えられてしまいますので、必ず覚えておきましょう。
また、バンカーショットでついた自分のショット跡と足跡を消すことは当然のマナーの基礎です。この際に使用するのがトンボと呼ばれるバンカーレーキです。このバンカーレーキをショットした後に取りに行くという方が非常に多いのですが、これはスロープレイの要因となります。そのため、バンカーレーキはショット前に持って、持ったままバンカーに入るようにしましょう。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー⑪

スコアに関するマナー

山田 直知 ゴルフコーチ on Instagram: “【スネデカー選手スコア59❗️】 * * 今回アメリカツアーでスネデカー選手が凄いスコアをマークしました。 * * 凄いのがパットが神がかっているのではなく、ショットが怖ろしいくらいの精度の良さ。 * * 人間はここまでできるんだなと、何度も映像をみて研究してます。 * *…” (52013)

ゴルフ初心者は、どうしても打数が多くなりがちです。また、マナー⑨で紹介したトラブルに多く対応していると、自分の打数が分からなくなってしまうということもあるでしょう。その時、例えば7打と6打で迷っているような場合は、迷わず多い方の7打で申告するようにしましょう。マナーの良し悪しは、このようなスコアのカウントに一番現れるといえます。スコアの過少申告は重大なマナー違反であり、一緒にラウンドした方との関係悪化に直結しますので絶対にやめましょう。
また、スコアカウントのコツとしては、グリーンオンまでの打数をカウントし、その後パッティングでの打数をカウントすると分かりやすいので試してみてください。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー⑫

ゴルフ場での全般的なマナー

【面白ゴルフマナー09】 スタート前準備編

ゴルフ場全般のマナーとして、まず、時間に遅れないというマナーがあります。基本的に、少なくともラウンドのスタート時間の30分前には、ゴルフ場に到着しておくようにします。そして、スタート10分前にはティーグラウンドに集合しましょう。もし、ゴルフ場への到着が遅れてしまうという場合には、可能な限り早くゴルフ場に連絡するようにしましょう。
また、基本的にゴルフ場のコース内は禁煙となっています。さらに、一部の名門コースなどではコース内だけではなくクラブハウス内も全面禁煙というところもあるようです。そのため、喫煙家の方は事前に喫煙場所を確認しておく事をおすすめします。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー⑬

万が一の事故を防ぐためのマナー

ゴルフのボールやクラブは、人に当たってしまうと大怪我につながりますので、その取扱いには十分に注意が必要です。
まず、人の近くでは素振りをしないようにしましょう。スイングするときは周囲に人がいないことを十分に確認します。次に、ショットを打つ人の前に出ないようにしましょう。打つ人の前や後ろに出ると、打ったボールや振ったクラブに当たる可能性があるため、絶対にやめるようにします。最後に、前の組に打球が当たってしまう可能性があるときは、ショットを打つのを控えるようにしましょう。次のホールに、まだ前の組が残っている場合は静かに待ち、その組が十分に離れてから打つようにします。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナーのまとめ

½ green fee | +900 courses on Instagram: “🇬🇧 #Play #CardenPark #cheshirecourse near #liverpool #england 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 One round of ½ green fee - #Golfhaftet is valid every day. €55 link…” (52016)

ゴルフ初心者が知っておくべき様々なマナーを紹介してきました。
紹介したマナーには、まだ初心者であれば確実に実行しなくても許されるものもあります。しかし、ゴルフを趣味とし、長くプレイしていこうと思うのであればマナーを実施することは義務として、初心者のうちにマナーを完全に覚えるようにし、自然に実行できるようにしていきましょう。
また、初心者でもできるマナーとして、他人のショットをよくみるというマナーがあります。自分以外のショットに興味を示さない人もいますが、それは他の人に失礼になりますのでやめましょう。
また、プレイを終えた後のお風呂は格別なものなので、1日を通して楽しく過ごせるようマナーを守ったプレイを心がけましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。