Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ゴルフ
  4. >
  5. ゴルフのグリップの正しい...
ゴルフのグリップの正しい握り方とは?基礎をしっかりと学ぼう【初心者ガイド】

ゴルフのグリップの正しい握り方とは?基礎をしっかりと学ぼう【初心者ガイド】

ゴルフのグリップはゴルフをする上で非常に重要です。グリップの握り方が正しくないとボールが曲がったり、飛距離が出なくなり、思ったようにボールが飛ばなくなります。ここではゴルフのグリップの正しい握り方や、グリップの種類を紹介します。

2021.12.16 ゴルフ

ゴルフのグリップは初心者にとって重要

初心者がゴルフを始めるときにまず学ばなければならないのが、ゴルフのグリップの正しい握り方です。初心者がドライバーを持ってボールを打ち始める時にフォームやスイングを意識しすぎて、適当にグリップを握る方がいますが、適当にグリップを握ってしまうと、ボールが右や左に曲がったり、飛距離が出なくなり、自分の思った通りにボールが打てなくなってしまいます。

適当にグリップを握って間違った癖をつけてしまうと、修正するのに大変です。フォームやスイングと共にゴルフのグリップは今後ゴルフが上手くなるかを決めますので、ぜひこの記事で正しいグリップの握り方を身につけましょう。

ゴルフグリップの正しい握り方3つのポイント

【初心者向けゴルフレッスン】7番アイアン使用 クラブの握り方・グリップ編

まず最初にゴルフの基本グリップであるスクウェアグリップ、オーバーラッピンググリップの正しい握り方を図解で紹介します。ゴルフには様々なグリップがありますが、初心者の方はスクウェアグリップ、オーバーラッピンググリップで正しくクラブを握れるようになりましょう。ここでは3つのポイントに分けて正しいグリップの握り方を紹介します。

①クラブの向きをまっすぐに合わせる
②指の付け根にクラブをあて、左手、右手の順にクラブを握る
③正しく握れているかチェック

ゴルフのグリップの正しい握り方その①

 (58055)

まずゴルフクラブのフェイスの向きをまっすぐに合わせましょう。クラブフェイスの向きが左や右に向いたまま握ってしまうと、ボールがまっすぐに飛ばず、右や左に曲がってしまいます。初心者の方はフェイスの向きを右や左に向けたまま握る方が多いので注意しましょう。正しいフェイスの向きでクラブを握るには下準備が必要ですので、フェイスの向きの合わせ方を紹介します。

①右手でグリップの根元の部分を持ちます。
②そしてクラブのフェイス部分を自分から見てまっすぐになるように調整します。 

ゴルフのグリップの正しい握り方その②

 (58067)

次は実際にグリップを作ることになります。グリップを握るために以下の手順で握ります。

①右手はそのままにしてグリップを左手の付け根の部分に当てがって上から握ります。
②左手のナックルが上から見えるよう形で握れているか確認します。ずれていたら調整しましょう。
③そして右手の付け根を当てがって横から握ります。右手の小指は左手の上に重ねましょう。


たまに野球と同じように手のひらで握る方がいますが、ゴルフクラブは細いので上手くゴルフクラブを振ることができません。ゴルフクラブは基本的に指で握ることを覚えておきましょう。

ゴルフのグリップの正しい握り方その③

 (59274)

そしてクラブを下ろします。最後に正しくクラブを握れているかチェックします。次のようにチェックします。

①左手の親指と人差し指の間の線が右耳を差す。左手のナックルが見える。
②右手の親指と人差し指の間の線が左手の線と並行。右耳を差す。
③右手の親指の付け根部分が左手の上に乗っているか。
④右手の小指を左手の上に重ねているか。


これでグリップの完成です。ドライバー、アイアンすべて同じ握り方になりますので正しく握れるように練習しましょう。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

ゴルフのグリップの握り方の3つの種類

正しいゴルフクラブの握り方のところではスクウェアグリップで握っていますので、この握り方を覚えてほしいですが、この握り方ですとボールが右に大きく曲がるスライスが出ることがあります。

特にアマチュアゴルファーの方はボールをドライバーで打つと右に曲がる方が多いようです。フェースが開き気味にインパクトするからです。これを修正するにはフォームやスイングでも修正でできますが、グリップを変えることでも修正することができます。そこでここではグリップの3つの種類について紹介します。

左にボールが曲がるストロンググリップ

 (59275)

ここではストロンググリップの握り方はこちらです。

①左手親指と人差し指の間の線が右耳を向く。
②右手親指と人指し指の間の線が右耳を向く。
③左手のナックルが3つ見えるくらいに握る。


スクウェアグリップよりも手を少し捻じることになりますので、少し窮屈に感じるかもしれません。このグリップのままスイングするとフェースが閉じてインパクトすることになるため、ボールが左に曲がりやすくなります。しかしスライスで悩んでいる人はこのグリップで握るとボールがまっすぐ飛ぶようになります。スライスに悩んでいる方はぜひこのグリップをためしてみてはいかがでしょうか。

ボールがまっすぐに飛ぶスクウェアグリップ

 (60006)

ここではスクウェアグリップの握り方はこちらです。

①左手親指と人差し指の間の線が右肩を向く。
②右手親指と人指し指の間の線が右肩を向く。
③左手のナックルが2つ見えるくらいに握る。


このスクウェアグリップでスイングするとフェースがまっすぐなままボールに当たりますので、ボールがまっすぐ飛ぶことになります。しかし、スイングやフォームによってはボールが右に飛んだり、左に飛んだりします。このグリップでボールが曲がるという方はぜひ他のグリップを試してみてはいかがでしょうか。

ボールが右に曲がるウィークグリップ

 (59278)

ここではウィークグリップの握り方はこちらです。

①左手親指と人差し指の間の線があごを向く。
②右手親指と人指し指の間の線があごを向く。
③左手のナックルが1つ見えるくらいに握る。


このウィークグリップでスイングすると、フェースが開いたままボールに当たるためボールが右に曲がるスライスが出ます。ボールが左に曲がるフックボールやひっかけ、チーピンなどで悩んでいる人はこのウィークグリップで握ればボールがまっすぐ飛ぶようになります。少し特殊な握り方ですのであまりおすすめできない握り方です。

右手のグリップの握り方の3つの種類

右手のグリップについては右手の小指をどうするかによって3つの種類に分かれます。

①オーバーラッピンググリップ
②インターロッキンググリップ
③ベースボールグリップ


この3つのうちのどのグリップで握れば良いかなのですが、その人の手の大きさ、指の長さ、力の強さ、握りやすさによって異なってきます。できればすべてのグリップを試してみて欲しいですが、初心者の内は混乱しますので、まず基本のオーバーラッピンググリップで握れるようになりましょう。ここでは3つのグリップの利点、欠点について紹介します。

右手の小指を左手の上に乗せるオーバーラッピンググリップ

 (60011)

右手の小指を左手の上に乗せるのがオーバーラッピンググリップです。このグリップの、利点、欠点を紹介します。

利点
・両手の一体感が生まれやすい
・左手主導でスイングできる

欠点
・手が小さい人には不向き
・手の力がない人には不向き

こちらのグリップは左手はすべてグリップに触れていますので、左手主導でスイングしたい方には最適なグリップです。右手を使いすぎる方にはいいかもしれません。しかし手の力が弱い人ですと、クラブがぐらついてしまうという弱点があります。そのような方は次で紹介するインターロッキンググリップやベースボールグリップで握ることをお勧めします。

右手の小指を左手に引っ掛けるインターロッキンググリップ

 (60014)

右手の小指を左手に引っ掛けるのがインターロックンググリップです。このグリップの利点、欠点を紹介します。

利点
・両手の一体感が生まれやすい
・右手主導でスイングできる
・手の力がない人に向いている

欠点
・右手が効きやすくなってしまう
・右手の小指が痛くなる

こちらのグリップは右手主導でスイングできますが、右手が効きすぎてフックやひっかけ、チーピンなどが出やすくなります。また右手の小指を左手に引っ掛けるので、右手の小指が痛くなることがありますが、慣れていくうちに痛みが消えていきますので、ぜひとも我慢して握ってみましょう。

10本の指で握るベースボールグリップ

 (59272)

10本の指で握るのがベースボールグリップです。別名テンフィンガーグリップといいます。プロゴルファーでこのグリップで握っている人は少数派ですが、最近では時松竜光プロや丸山茂樹プロがこのグリップを採用しています。このグリップの利点、欠点について紹介します。

利点
・クラブをコントロールしやすい
・飛距離が出やすい
・違和感なく握れる

欠点
・右手を使いすぎる
・両手の一体感が出ない

この握り方は右手の小指がグリップについていますので、グリップを握ることで安心感が生まれるでしょう。ただし右手が効きすぎてフックボールやチーピンなどが出やすくなる場合がありますので注意しましょう。

ゴルフのグリップの長さ

次はゴルフのグリップをどの辺で持つかです。グリップを長く持つ持ち方はグリップエンドより指2~3本文短い位置で持つ、グリップを短く持つ持ち方はグリップエンドより指2~3本文の位置よりさらに短い位置で持つことになります。

初心者の内はどのくらいの長さで持てばいいのかわからないと思いますので、グリップエンドより指2~3本文短い位置で持ち、慣れてきたらそれより短い位置で持ったりして練習しましょう。ここではゴルフのグリップを長く持つ持ち方、短く持つ持ち方の利点、欠点について紹介します。
 (59988)

ゴルフのグリップを短く持つ

ゴルフのグリップを短く持つ持ち方の利点、欠点について紹介します。

利点
・ボールがコントロールしやすくなる
・ボールが曲がりにくくなる
・クラブがボールに当たりやすくなる。

欠点
飛距離が出なくなる。

などがあげられます。短く持つ持ち方ですのでヘッドスピードが下がって、いつもよりボールが低く飛ぶことによりボールがコントロールしやすくなります。ただしヘッドスピードが落ちる分飛距離が出なくなります。アイアンなどは飛距離をコントロールしますので、短く持ってもいいですが、ドライバーなど飛距離を稼ぐクラブの場合は短く持つと飛距離が落ちてしまいますので、短く持たない方がいいでしょう。

ゴルフのグリップを長く持つ

  • <        
  •        
  •        
  •       
    
 (59990)

ゴルフのグリップを長く持つ持ち方の利点、欠点について紹介します。

利点
・飛距離が出る


欠点
・ボールがコントロールしにくくなる
・ボールが曲がりやすい
・クラブがボールに当たりにくくなる

などがあげられます。長く持つ持ち方ですのでヘッドスピードがあがり、ボールが高く飛ぶことによりボールがコントロールしにくくなります。ただしヘッドスピードが上がる分飛距離がでます。ドライバーなど飛距離を稼ぐクラブの場合は長く持つと飛距離が稼げますので長く持った方がいいですが、アイアンなどは方向と飛距離をコントロールしたいので、長く持たない方がいいでしょう。

グリップの握りの長さを変えると飛距離が調整できる

ゴルフとただボールが遠く飛べばいいというものではなく、ボールの飛距離をコントロールが必要となります。特にアイアンショット、アプローチなどは飛距離が合わないとグリーンに乗せることができません。ボールの飛距離のコントロールはフォームやスイングの幅でも調整できますが、グリップの握りの長さを変えることでも調整できます。

普段よりグリップを1~2センチ短く持てば飛距離が10ヤード減るということを覚えておくことで、飛距離のコントロールに役に立ちます。ただしこのグリップの長さで飛距離をコントロールする方法は初心者がやると混乱しますので、最初の内は統一した長さで持ち、スイング幅で飛距離を調整しましょう。

ゴルフのグリップの力加減

ゴルフのグリップの力加減についてですが、緊張して固くなってしまった筋肉は動きは遅くなり、リラックスした筋肉は動きが速くなります。ボールを投げてみるとわかると思いますが、緊張してボールを投げると飛距離が出なくなり、深呼吸するなどリラックスしてボールを投げると飛距離が出ることが分かると思います。

これと同じようにゴルフでもがちがちに緊張した状態でクラブを握ってスイングすると飛距離がでません。ここではどのくらいの力加減でグリップを握ったら良いのか解説します。

力いっぱいグリップを握らない

初心者の方はどうしてもクラブを力一杯握る方が多いです。クラブを力一杯握ってしまうと筋肉が固くなり飛距離が出なくなってしまいます。もちろんクラブを緩く握りすぎることも問題がありますが、手の力を抜いてから握れば問題はないと思います。まず深呼吸をして体をリラックスさせて手の力を抜いてからクラブを握りましょう。そしてクラブを持ちあげてクラブの重みを感じられる強さでクラブを握りましょう。

クラブの重さを感じられない場合はさらに手の力を抜くようにします。クラブの重さを感じながらスイングをすればおのずと飛距離が出るようになりますので、ぜひともクラブの重さを感じながらスイングしてみてください。

左の3本の指をしっかり握ることが重要

 (59999)

クラブのグリップで重要なのは左手の小指、薬指、中指です。左手の親指と人差し指に力をいれるとどうしても腕に力が入ってしまいますが、左手の小指、薬指、中指の3本の指に力をいれれば腕が緊張することなくスイングすることができます。この左手の小指、薬指、中指の3本の指に力を入れてスイングするにはちょっとした練習が必要になります。

左手の親指と人差し指を放して左手の小指、薬指、中指だけでスイングしてみましょう。スイングするのが難しい場合は右手の薬指、中指を添えてもかまいません。この練習をするとクラブの重みを感じながらスイングをすることができるので、飛距離がアップします。ぜひ試してみてください。

ゴルフのグリップを正しく握れるようになろう

ゴルフのスイング練習は家などで練習はできませんが、ゴルフのフォームやゴルフのグリップは家でも練習することができます。ゴルフのクラブを常日頃手で持ち、そしてクラブの重みを感じながらグリップをする練習をしてみましょう。ゴルフクラブは握りなれることも重要です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。