Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ゴルフ
  4. >
  5. ゴルフ観戦の服装とは?ギ...
ゴルフ観戦の服装とは?ギャラリーが知っておきたいマナーと持ち物を紹介

ゴルフ観戦の服装とは?ギャラリーが知っておきたいマナーと持ち物を紹介

ゴルフ観戦でギャラリーの服装は、動きやすい服や靴、頭部を保護する帽子を着用し、禁止されている服装は避けるようにしましょう。持ち物は、飲み物やカッパ、観戦しやすくなるアイテムをリュックサックにまとめると移動に便利です。ゴルフ観戦に必要なマナーを把握し最後まで楽しく観戦しましょう。

2021.12.16 ゴルフ

ゴルフ観戦で知っておくべきこととは?

 (222971)

ゴルフ観戦は、動きやすい服装や靴を着用し、快適に観戦できるアイテムを持参しましょう。

プレー中や観戦中のマナーを必ず把握しないと、選手のプレーを妨害し、試合の結果に影響が出る恐れがあります。自分にあった観戦スタイルをみつけて、プロ選手や周りのギャラリーの皆さんと一緒にゴルフを楽しみながら見学しましょう。

ゴルフ観戦の服装とは?

 (222476)

ゴルフ観戦の服装は、ラフや林の中でも動きやすい服装や靴底がフラットで安定性がある靴を履くとケガを防止できます。ゴルフ観戦にふさわしくないラフすぎる服装や女性のハイヒールは避けるようにしましょう。観戦中は、直射日光を避けたり、ギャラリーエリアに飛んできたゴルフホールから頭部を守るため、帽子やサンバイザーを被ると安全です。

ゴルフ観戦に適した服装

ゴルフ観戦に適して服装は、歩きやすさや動きやすさを重視したポロシャツやチノパンがおすすめです。観戦中のギャラリーは、ラフや林の中を移動するため動きやすい服装でないとケガをする恐れがあります。必ずしもゴルフウェアーを着用する必要はなく、マナーの範囲で動きやすい服装を選べば大丈夫です。

禁止されている服装

ゴルフ観戦で、Tシャツ、ジーンズ、スウェットは基本的に禁止されている服装です。
大会でドレスコードがことなり、パーカがついた服やスカートも禁止されることもあるため、事前に確認しておくようにしましょう。

・ゴルフ観戦で禁止されている服装
Tシャツ
ジーンズ
スウェット

・試合会場で判断が異なる服装
パーカー
スカート

靴・シューズ

 (222442)

ゴルフ観戦は、歩きやすさを重視した履き慣れたスニーカーやゴルフシューズを履いていくとおすすめです。ゴルフ場のコンディションを悪くする可能性ある女性のハイヒールや、ケガをする恐れがあるスリッパやサンダルも禁止されていますのでゴルフ観戦にいくときは履かないようにしましょう。


・ゴルフ観戦に向いている靴
スニーカー
ゴルフシューズ

・ゴルフ観戦で禁止されている靴
スリッパ
サンダル
ハイヒール

帽子・サンバイザー

ゴルフ観戦にいく場合は、頭部を保護する帽子サンバイザーを必ず被っていきましょう。夏場は直射日光を避けることができ、熱中症の予防に役立てることができますし、飛んできた打球から頭を守ることができます。

プレー中はいくらプロ選手といえ、観戦エリアにボールが飛んでこないとは限りませんので必ず着用するようにしましょう。

ゴルフ観戦におすすめな持ち物10選

ゴルフ観戦の持ち物は10個あり、体調管理や天候の変化に対応するアイテムや観戦を快適にできるアイテムがあると便利です。ゴルフ観戦で1日中歩き回る場合は、飲み物や休憩できる椅子、悪天候に備えてカッパ、荷物を楽に運べるリュックは必需品です。体質や季節にあわせたアイテムを持参し、女性は紫外線対策用品を持っていくと肌を保護できます。

飲み物

ゴルフ観戦は、選手と一緒に1日中歩き回ることがほとんどで、脱水症状を予防するためこまめな水分補給が必要です。夏は気温だけでなくギャラリーが多いと熱気がこもってしまい、熱中症になるリスクがあがるため、電解質を含んだスポーツドリンクを常備しましょう。冬は寒さ対策に温かい飲み物を持っていくと体を温めることができ、ゴルフ観戦を最後まで楽しむことができます。

双眼鏡

 (221211)

倍率 10倍
対物レンズ有効径 22mm
実視界 6.5°
本体重量 220g
ゴルフ観戦は、折りたためて持ち歩きに便利な双眼鏡やオペラグラスがあると100~200m離れた遠くの距離からでも選手を間地かでみることができます。ゴルフツアーの最終日は、ギャラリーが多く詰めかけ前の方で観戦することが難しく、双眼鏡があると後ろからでも選手の動きを確認することができます。高性能の双眼鏡を用意する必要はなく、移動が多いゴルフ観戦では、コンパクトサイズの双眼鏡がおすすめです。

椅子や脚立

 (221223)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
サイズ 幅39×奥行32×高さ39㎝
ステップ面のサイズ 28.5×21.5㎝
重量 1.48㎏
材質 ポリプロピレン樹脂+EVA樹脂
ゴルフ観戦で椅子や脚立は、れたときに休んだりギャラリーが多いときに脚立代わりに使用することができます。ゴルフ観戦は、基本ショットを見て移動する動作を1日中繰り返しするため、足腰に負担がかかってしまいます。椅子や脚立があると、待機中に座って休むことや、ツアー最終日にギャラリーが多く見えにくい場合も脚立代わりに活用することができ大変便利です。

リュックサック

 (221221)

生地 ポリエステル
重量 400g
容量 20ℓ
サイズ W300×H450×D150mm
ゴルフ観戦は荷物が多く意外と重さもあるため、荷物をひとまとめに背負え両手を自由に使えるリュックサックがピッタリです。ゴルフ観戦は重い荷物を持ちながら1日中歩き回ることもあり、荷物の重さを両肩に分散できるリュックサックに荷物をまとめれば、体に少ない負担でホールを回ることができます。観戦中に飲み物や飲んだり双眼鏡を使用するゴルフ観戦では、両手が空いているリュックサックが理に適っているといえます。

虫よけグッズ

 (221225)

容量 200ml
持続効果 5~8時間
効果・効能 蚊、ブヨ、アブ、ノミ、マダニ、ツツガムシ
ゴルフ場は自然が多く、蚊やブヨが多く発生するため、虫よけ対策グッズを持参すると虫に刺される心配がなく安心です。ブヨに刺されると、強烈な痛みとかゆみに襲われ患部がパンパンに腫れてしまい、酷いと症状が1~2週間続くことがあります。ゴルフ観戦に集中するには、市販されている虫よけグッズの中で、ブヨに効果がある商品を選ぶようにしましょう。

花粉症対策

 (221261)

原産国 ドイツ
質量 5g
内容量 1日4回で30日分
春先のゴルフ場は花粉が多く、花粉症の方はマスクや花粉症に効果がある薬を飲んで花粉症対策を万全にして観戦するようにしましょう。選手のプレー中にくしゃみをするとマナー違反になり、選手の集中力を下げたり、プレーの邪魔をしてしまいます。花粉症シーズンのときは無理に参加せず観戦を控え、症状が収まってから参加するようにしましょう。

日焼け止め

 (221267)

紫外線防止効果 SPF50+/PA++++
内容量 60mL
香り シトラスソープの香り
ゴルフ観戦は日差しを受けやすく、1年を通して日焼け止めをこまめに塗り、直射日光や紫外線から肌を守るようにしましょう。日焼け止めは、顔や手、足、首、デコルテに塗るようにし、ゴルフ観戦中もこまめに塗りなおすようにすると、皮膚に紫外線が直接当たることを防ぐことができます。女性で日焼けが気になる場合は、フェイスマスクを着用すると日焼け止め以上に紫外線をガードする機能が高まります。

日傘

 (221272)

性能 晴雨兼用
開いた直径 118㎝
全長 90㎝
重量 420g
紫外線カット率 99.9%
ゴルフ場は日陰があまりなく、直射日光から身体を守るために日傘があると便利です。日傘のなかには、UVカット機能や晴雨兼用のタイプがあり、紫外線対策に特化しているだけでなく急な雨が降ったときも対応できます。ゴルフ観戦に頻繁にいく方は耐水性に優れ、女性でも長時間持っても疲れないよう軽量化されている、ゴルフアンブレラがおすすめです。

貼るホッカイロ

 (221274)

持続時間 12時間
容量 30個
最高温度 63℃
平均温度 53℃
冬のゴルフ観戦は、気温が低く、寒さ対策で貼るホッカイロを背中や腰に少なくても3か所以上貼ると寒さを緩和できます。冬のゴルフ場の気温は5℃を下回ることがあり、ギャラリーはほとんど動くことがなく体が心から冷え切ってしまい、集中して観戦することができません。背中や腰に貼るホッカイロを貼ると、広範囲が温まることで体がポカポカと温かくなり、冬でも寒さを感じずにゴルフ観戦を楽しむことができます。

レインコート

 (221407)

素材 ポリエステル100%
サイズ S/M/L/LL
耐水圧 10000mm
透湿度 5000g/m2-24H
ゴルフ観戦中に天候が急変し雨が降ったときに備えて、レインコートを常備しておきましょう。ゴルフ観戦で選手と一緒に同行していると簡単に移動できないため、雨宿りできる屋根がある場所までいくのに時間がかかる場合があります。レインコートがあるとサッと羽織ることができ、移動もしやすいためゴルフ観戦にいくときは、必ず持つようにしましょう。

ゴルフ観戦で知っておくべきマナー5選

ゴルフ観戦で事前に把握するマナーは5つあり、うっかりマナー違反すると、試合の進行を妨げて選手に迷惑がかかる恐れがあります。選手がショット体制に入ったときに音を出したり、プレー中に声かけや写真撮影をすると、選手の集中力を妨げて結果に悪影響を与えてしまいます。賞金がかかった大事な試合を観戦していることを、自覚して現地に向かうようにしましょう。

プレー中のマナー

ゴルフ観戦で、選手がショット体制に入ったら観戦しているギャラリーは動いたり物音をたてないようにしましょう。プレー中の話し声や咳払い以外も、アクセサリーのこすれる音やアウターの擦れる音もマナー違反になり、スタッフに注意される場合があります。ゴルフ観戦中は、選手の集中力を乱すような騒音を出さないように、細心の注意を払いましょう。

観戦中のマナー

 (222471)

観戦中は、ギャラリーは観戦エリアから出ないようにし、ボールが観戦エリアに飛んできても触らないようにするようにしましょう。ゴルフ観戦はギャラリーが入れる範囲がロープで区切られ、ロープを超えてプレーエリアに入ることは禁止されています。選手が打ったショットが観戦エリアに入ってきても、試合の進行の妨げになるため絶対に触ってはいきません。

観戦中の写真撮影

観戦中の写真撮影は報道関係者のみ撮影が可能で、ギャラリーの写真撮影や動画撮影は基本的に禁止されています。プレー中だけでなく、練習場、グリーン、表彰式のコース内すべての写真撮影が禁止されている場合がほとんどです。写真撮影ができるチャリティー撮影会がおこなわれる大会もあり、目当ての選手と一緒に写真を撮ることができる場合もあります。

観戦中の飲食

  • <        
  •        
  •        
  •       
    
ゴルフ観戦中の飲食はコース内の指定されたエリア以外では基本的に禁止されています。
選手と一緒にコースを回る方は、昼食を摂らない場合もありますが、屋台や地元のおすすめ料理を提供しているトーナメントもあり、食事やアルコールを楽しむこともできます。自分で食べ物を持参して飲食可能なエリアで食べることも可能で、観戦スタイルに合わせて食事スタイルを変えていきましょう。

観戦中の声かけ

観戦中に選手に声かけは、プレーの妨害行為選手の集中力を乱す原因になり禁止されていますので注意しましょう。コミュニケーションをとりたいときは、ラウンド後にファンサービスの時間を設けてくれることもあり、時間内なら選手と交流することができます。選手がティーグラウンドにあがったときや、ショットがフェアウェイにのったときの声援や拍手は問題なく送ることができます。

ゴルフ観戦の注意事項

ゴルフ観戦の注意事項は、ショットのときにボールから目を離さないことと、雷雲が発生したときは速やかに非難することです。ショットのときに最後までボールの弾道を確認しないと、ギャラリーエリアにボールが飛んでくることがあり非常に危険です。天候面では雷雲が発生する場合があり、警報が鳴ったら速やかに避雷針がある小屋に避難するようにしましょう。

ショット時の注意

選手がショットを打つときは、ボールから目を離さず必ず打撃がどこに飛んでいったか最後まで確認するようにしましょう。プロ選手であろうとミスショットをして、打撃がギャラリーエリアに飛んでくることはゼロではありません。

ショットするときはよそ見をしないでボールの弾道を目で追うようにし、見逃してしまった場合は、ファーと掛け声が聞こえたら、頭部を守るようにしましょう。

雨天の場合

ゴルフの試合は少しの雨では中止になりませんが、雷が発生すると落雷の危険があり早急に近くの避雷針のある小屋かハウスに移動しなければいけません。山の中のゴルフ場は天候か変わりやすく、晴天でも10分でガラッと空模様が変わってしまいます。

ゴルフ場で雷雲が発生すると警報発令され、雷雲警報が聞こえたら木の側から離れて、速やかに避雷針のあるところに逃げる必要があります。

おすすめのゴルフ観戦

おすすめのゴルフ観戦は、3つあり自分の好みにあわせて観戦スタイルを変えて楽しむことができます。

緊張感のある観戦をしたい場合は、優勝が決まる最終ホールがおすすめで、ゴルフトーナメントの醍醐味を味わうことができます。同行観戦で好きな選手と一緒に18ホールまわったり、スタンド観戦でゆっくりとプレーを楽しむこともおすすめです。

最終ホール

トーナメントの最終日は、優勝をかけた最終決戦がおこなわれプロ選手の白熱した戦いが観戦できます。
最終日は日曜日に開催し優勝者が決まる18番ホールは多くのギャラリーが押し寄せ、近くで見たい場合は早めの場所取りが必要です。ツアーの最終日の最終ホールは、選手と一緒に緊張感や喜びを分かちあえ多くのギャラリーと感動を共感することができます。

同行観戦

同行観戦は好きなプロ選手に付いて18ホール一緒にまわることで、選手を身近に感じることができます。人気選手は、最終日に上位にいるとギャラリーが多く近寄れない可能性があるため、平日の予選に観戦すると近くで見れおすすめです。同行観戦は、選手の調子や技術力を感じられるメリットがありますが、18ホール選手と一緒に歩く体力や、必要な持ち物を万全にする必要があります。

スタンド観戦

スタンド観戦は、コース内に設置されているギャラリー用スタンドで座りながらゴルフを楽しむことができます。スタンド観戦は、一定の場所から全選手のショットをみることができ、重い荷物を持って移動する必要がなく、足腰に負担をかけたくないかたやお子様連れのかたにおすすめです。夏のスタンド観戦は、動かなくても熱中症になる可能性が高く、水分補給や日傘で日陰を作り熱中症対策を忘れず取り入れましょう。

ゴルフ観戦の料金

ゴルフ観戦のチケットの料金設定は、前売り券、当日券、全日通し券があり、平日の予選ラウンドに比べ土日の最終ラウンドの料金が高く設定されていることがほとんどです。料金は、大きな大会になるに連れて高くなり、人気の大会は前売り券で完売する場合もあるため、確実に観戦したいときは早めに購入するようにしましょう。
ゴルフ観戦の料金の目安
前売り券 予選 2,500~3,500円
決勝 3,500~5,500円
全日通し 10,000円前後
当日券 予選 3,000~4,000円
決勝 4,000~6,000円
ゴルフ観戦のチケットの販売形態は、大会で異なり、前売り券のみ全日通し券を販売している場合があります。高校生や年配のかたの観戦は、料金がかからない場合が多く、無料の対象年齢か確認してから購入しましょう。

ゴルフ観戦を楽しむための服装やマナーを知ろう

ゴルフ観戦を楽しむために、適切な服装や必需品となるアイテムを事前に把握してから、会場に向かいましょう。観戦するときは、ゴルフ観戦に必要な知識を身につけておかないと、うっかりマナー違反をする恐れがあり、選手や周りの人に迷惑がおよびます。大会の詳細やゴルフ場のマップを事前によく把握したうえで会場に向かうと、スムーズにゴルフ観戦を楽しむことができます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。