2019年1月3日 更新

ハンドボールのポストの役割や動き方とは?【ポジション理解編】

ハンドボールのポジションで最もフィジカルとパワーが必要とされるポストプレイヤー。今回はポストプレイヤーにとって必要な動き方や役割を徹底的に解説していきます。ハンドボールのポジションの中でも重要ですのでしっかりと理解を深めていきましょう。

38,896 view お気に入り 0

パスの中継をすることでゴールを切り開く

 (13770)

ハンドボールではオフェンスのリズムが大事で詰まってしまうとパッシブとなり時間切れ、相手ボールとなってしまうこともあります。

それを防ぐための役割として 、中間ポストと言われる6mライン際から9mに浮いてバックプレイヤーとのパスを中継する動きです。

例えば、右バックの近辺で中間ポストをしたら、それと合わせて左サイドがライン際を切ってハンドボールをパスして攻撃の起点にするなど、他のコートプレイヤーと逆側を動く為のきっかけとして使われることが多いです。

 しかし、中間ポストから浮くだけでは相手に何のプレシャーを与えられなくなるので、しっかり周りを見て相手が油断しているようなら、時には不意打ちにパスフェイントからのミドルシュートを振り向きざまに狙ってみるのも戦略の一つです。

また、全てのバックプレイヤーの動きを合わせようとしないで、練習で味方との2対2の対局で最後の形を予測してブロックをかけると、動きに無駄がなくパスやシュートが打てるでしょう。

ポストプレイヤーのおすすめ練習方法

①2対2の練習

ハンドボール ポストあり2対2の成立

 ここではヨーロッパのハンドボールで実際の試合で2対2が成立した時をまとめた動画です。
 世界最高クラスの欧州ハンドボールこの動画を参考にしてみることでハンドボールも確実に上達するでしょう。
2体2はハンドボールのポストを絡めた練習で、オフェンス練習にもディフェンス練習にとっても効果的な練習です。

練習の形としてはオフェンスはバアックプレイヤーとポストのみで両隣にパス係、デフェンスは二人でマークをとります。

攻め方としては、オフェンスはサインで、ポストの初めの動きをスライドなのかブロックなのかを決めていると試合に近く実践的な動きができます。

スライドやブロック、中間ポストパスによってどのような攻め方が一番攻めやすいのか考えてプレーをするとポストプレーは格段に上達します。

2対2のポストの動きのコツは、自分の動きに明確性を持つことと、ディフェンスに簡単に押し負けないように膝を曲げしっかり構えておくことです。
 
さらにこの練習はポストだけの練習だけでなく、ポストと連携を磨いていくバックプレイヤーの練習、ハリバックをしっかりするためのディフェンスの練習にもなるのでハンドボールの攻め方も形良く攻めることができるでしょう!

日々の練習に必ずこの2対2の練習はしておくことをおすすめします。

②シュート練習

ポストシュート ハンドボール

 ここでは今までのハンドボールセットプレーの方法などをまとめたシュート動画です。
 ハンドボールのポストシュートはとても迫力のあるシーンですよね!
ポストシュートはハンドボールの中で他のプレイヤーと違って少し複雑なシュートとなっています。

なぜこう言い切れるのかと言いますとポストシュートは、唯一ゴールを背に向けた状態からパスをもらってシュートを打つからです。

動き方としては利き腕が右なら反時計回りにターンしてシュートすることが多いですがこれではセオリー通りになって相手に動きを読まれてしまいやすいので、反対側の
ターンが出来るようにしてどちらをターンするのか絞らせないようにしておくと良いですね。

また上級者向けですがターンで反時計回りに逆回転する時は、軸足とある右足の親指の付け根を軸にしてジャンプして、一気にターンしながら空中で打ってみることも一つの手です。

ハンドボールのポスト役割や重要性のまとめ

ハンドボールのスーパープレー集

最後にハンドボールのスーパープレー集をまとめた動画をあげてみました。是非モチベーションを上げて練習していきましょう!
ハンドボールのポストはチームを支える大黒柱的な存在で、決して体格では負けてはなりません。また心も負けてはいけません。

そしてオフェンスがスムーズにハンドボールを攻めやすくするため中間ポストパスや攻撃のレパートリーを広げていきましょう。ハンドボールは複雑なスポーツですが理解をすればする分だけ強くなって行きますので奥も深いスポーツです。
38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャーの一番の役割はバッターを抑えることです。ピッチャーの能力がチームの勝敗を大きく左右してしまうほど野球のポジションの中で大切な役割を果たします。同時に9人目の野手でもあり、守備面でもバント処理やベースカバーなど大切な役割があります。ピッチャーに求められる能力には、コントール・肩の強さ・土台となる下半身の強さがあげられます。
mblue1974 | 3,170 view
ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファーストの役割は、打球の処理や野手からの送球の捕球、そして、牽制球の処理など多岐に渡ります。また、球場ごとのグラウンドルールや守備妨害に関する知識も求められます。ファーストに求められる能力は、打球や送球に対する高い捕球力に加え、野球の知能も必要です。
Anonymous | 3,286 view
サッカーのリベロとは?ポジションの役割など【サッカー用語解説】

サッカーのリベロとは?ポジションの役割など【サッカー用語解説】

サッカーのリベロとは、イタリア語で自由という意味の言葉で、最後尾でゴールを守ることから得点を奪うことまで幅広い役割を与えられています。リベロに求められる能力の高さと、戦術の進化によって、現代サッカーでは採用させる機会がなくなりつつあるポジションです。
Anonymous | 12,902 view
バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケットは5人の選手が各ポジションに分かれてプレイする、チームスポーツです。5人の選手はそれぞれに役割がありとポジションあることで、スムーズに試合運びができます。バスケットの5つのポジションは1番ポイントガード・2番シューティングガード・3番スモールフォワード・4番パワーフォワード・5番センターとなっています。
activeldirector01 | 5,097 view
バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケットボールのポジションの1つにセンターがあります。センターは長身のプレイヤーが務め、好守におけるインサイトプレイの要という役割を担います。さらにセンターが求められる動きとは、ポストプレイ・リバウンド・リング近くでゴールを守ることがあります。チームの勝利に貢献するためにセンタープレイヤーの理解を深めましょう。
Anonymous | 8,227 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

aaakm aaakm