Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. マイナースポーツ
  4. >
  5. スピードボールとは?ルー...
スピードボールとは?ルールや投げ方・用具・日本代表が丸わかり!

スピードボールとは?ルールや投げ方・用具・日本代表が丸わかり!

エジプト発祥のスピードボールは、スタンドに繋がれた紐付きボールを2人以上で打ちあったり、打数を競ったりするスポーツです。スピードボールに必要な用具はラケット・ボール・スタンドのみ、対戦形式の場合は2周以内に返球するルールです。日本代表は毎年開催されている世界大会へ出場しています。

2021.12.16 マイナースポーツ

スピードボールとは?

Login 窶「 Instagram (158213)

スピードボールは支柱と繋がった紐付きのボールを打つスポーツです。世界大会では、トッププレーヤーの球速が160km以上に達します。一方、スピードボールには緩やかな球速で談話しながら楽しめるルールも存在します。福祉施設などで用いているルールでは、日常生活用の車いすに座ったままでもプレーが可能です。

スピードボールの発祥・起源

スピードボールの発祥地はエジプト​です。

スピードボールは1961年、エジプトのモハメド・ロトフィがテニスの初心者向けにトレーニング用具を作ったことに始まります。のちに国際スピードボール連盟・会長となるフセイン・ロトフィがプレー方法やルールを明確化し、正式な球技となりました。スピードボールが日本に初めて紹介された場面は、1985年の夏季ユニバーシアードです。

スピードボールが盛んな国

 (161248)

スピードボールが盛んな国は、エジプトやフランスなど世界10か国以上に及びます。世界中でスピードボールが最も盛んな国はエジプトですが、国技ではなく富裕層のみが楽しむスポーツと認識されています。

【主なスピードボール参加国】
・日本
・UAE
・インド
・エジプト
・フランス
・アメリカ
・モロッコ
・スーダン
・ポーランド
・チュニジア
・クウェート
・サウジアラビア
・ナイジェリア
・アフガニスタン

スピードボールの競技人口

日本国内のスピードボール競技人口は、2018年時点で約100人となっています。

スピードボールは年齢を問わず楽しめるので、関東を中心に体育の選択授業に使われ、地域の公共施設を利用したクラブ活動も盛んです。日本国内の大会や体験会も増え、スピードボールの競技人口は地域に密着しながら右肩上がりに増え続けています。

スピードボールのルール

 (159135)

スピードボールのルールは、プレー人数やコートなどが多様性に富んでいます。

速球でスピードボールをプレーする場合には、2~4人でコートを敵味方に分けて楽しむことが基本です。1人でプレーする場合にはコートを使いません。いずれも1つの試合に審判は1人です。

高齢者や体の不自由な人がスピードボールを楽しむ場合には人数・コートを問わず、スタンドを円形に取り囲み、定位置のままプレーします。

コート

 (158486)

スピードボールのコートは8m×6mの長方形となります。プレー人数で使用するコートの大きさが異なりますが、バレーボールコートの3分の1程度の広さで楽しむことが可能です。

ボールを繋げるスタンドは、コート中央に設置します。対戦形式の場合には、スタンドの足元にニュートラルゾーンと呼ばれる60cm幅の帯状エリアも設置します。ニュートラルゾーンは、テニスコートのネットに似た役割を果たすエリアです。

プレー人数

Login 窶「 Instagram (158237)

スピードボールの公式戦プレー人数は、1人~4人です。

1対1で対戦するシングルス、2対2で対戦するダブルスに加え、スピードボールには1人で一定時間内の打数に挑むスーパーソロがあります。テニスなど一般的な球技は試合に2人以上を要しますが、スピードボールは1人でも試合をすることが可能です。

審判

スピードボールの審判は1試合に1人です。

相撲やサッカーのように選手に近い位置で、プレーの邪魔にならないように動きながらジャッジします。スピードボールの場合、審判は選手の動きとボールの可動範囲を見越してコートぎわを動きます。審判の仕事内容は、試合の合図や打数のカウント、球の判定などです。

スピードボールに必要な道具・用具

  •        
  •        
  •        
  •       
    
Login 窶「 Instagram (158214)

スピードボールを楽しむには3つの道具が必要です。

・ラケット
・ボール
・スタンド

テニスなど他のラケット競技はラケットとボールのみで遊べますが、スピードボールはラケットとボールに加え、ボールを固定するためのスタンドが必須となります。

ラケット

Login 窶「 Instagram (158218)

スピードボールのラケットはプラスチック製です。ボールを打つ部分は網目状となりますが、テニスやバドミントンと違い、網目もプラスチックでできています。長さはグリップ部分も含めて約40cm、網目部分は長さ26cm×幅24cm以内と定められています。

ラケットの価格は4000円~7000円程度です。楽天市場やamazonなどでは売られていないため、スピードボール協会などを通じて購入する必要があります。

ボール

 (160073)

スピードボールのボールは約直径6.5cmのゴム製です。テニスボールのような球体ではなく、楕円形をしています。ボールの重さは約40g、中は空洞です。ボールには太さ2mm・長さ1.5mのナイロン製の紐が取り付けられていて、紐の先端にあるプラスチック製のリングを用いてスタンドに固定します。

ボールの価格は、紐やリング込みで800円~2000円程度、ラケットと同様で協会などを通じて購入します。

スタンド

 (160074)

スピードボールには、ボールを固定する金属のスタンドが欠かせません。スタンドの高さは1.7m、力強い打球でも揺るがないよう土台は50kg以上の重量です。スタンド上部にはボールを繋げるためのスプールがあります。

スタンドの価格は土台とポール、あわせて5万円程度です。土台部分の形状や材質は商品ごとにさまざまですが、ニュートラルゾーンをはみ出さないよう直径60cm以内に定められています。

スピードボールの遊び方

 (161249)

スピードボールの遊び方は、ラケットでスタンドに繋がれたボールを打つことが基本です。一般的には、2人以上が対戦するマッチゲーム方式や1人で記録に挑むスーパーソロが親しまれています。

福祉スポーツの括りで広まるプレー方法には、シッティング・スピードボールがあります。座ったままでプレーするスピードボールで、リハビリの一環で談話しながらでも楽しむことが可能です。

基本的なプレー方法

スピードボールの基本的なプレー方法は、ボールをラケットで打ち返すことです。1人でプレーする場合には制限時間内に何回ボールを打てるか、2人以上でプレーする場合には2周以内に相手の打ったボールを打ち返すことができるかを競います。

スピードボールはスタンドを取り囲むような位置取りでプレーすることが基本です。対戦形式のときは帯状のニュートラルゾーンを設け、コートを2分割してお互いの陣地から対戦します。

マッチゲーム

マッチゲームとは、スピードボールを対戦形式でプレーする遊び方です。1対1のシングルスか2対2のダブルスで対戦します。

【マッチゲームの主なルール】
・スタート時のサーブは時計回りの方向に打つ
・相手の打った球は2周以内に逆方向に打ち返す
・相手の球を打ち返せない場合は相手の得点
・ダブルスの場合はペア交互に球を打つ
・サーブは得点に関わらずチーム交互に打つ
・1セット10点先取、2セット先取で勝利

スーパーソロ

ラケット 打ち方
第1種目 右手 ラケット両面を交互に使う
第2種目 左手 ラケット両面を交互に使う
第3種目 両手フォアハンド 両ラケットの内側を左右交互に使う
第4種目 両手バックハンド 両ラケットの外側を左右交互に使う
スーパーソロは一定時間内の合計打数を競う競技です。スーパーソロにはラケットを右手もしくは左手に持ちラケット両面を交互に使って打つ種目、両手に1本ずつ持ったラケットの片面のみを左右のラケットで交互に打つ種目があります。

右手・左手・両手の内側・両手の外側の計4種目を各1分ずつ、30秒のインターバルでプレーするルールです。日本男子の最高記録は558回、日本女子の最高記録は447回になります。

スピードボールの世界大会・団体とは?

 (159126)

スピードボールの世界大会は年1回の開催、日本でスピードボール競技を取りまとめている団体は日本スピードボール協会です。


スピードボールの世界大会開催国は毎年変わります。2006年日本開催のときには、日本スピードボール協会が中心となり世界大会のホスト役を担いました。世界大会はスピードボールの世界ランキングを決める重要な大会となります。近年の世界ランキング1位は、ずば抜けた強さを誇る発祥国エジプトです。

スピードボールの世界大会

スピードボールの世界大会は毎年10月ごろ開催されています。

日本は1996年大会から参加していて、2019年はフランス、2020年はインドで開催です。2006年のFISB第20回世界スピードボール選手権大会では日本がホスト国となり、埼玉県のさいたま市記念総合体育館にて開催しました。日本はスピードボールの競技人口が少ないため、世界スピードボール選手権大会の参加選手を希望制で募っています。

スピードボールの世界ランキング

 (159123)

2019年度世界ランキング 上位選手国
スーパーソロ シングルス ダブルス
1位(男子/女子) エジプト/エジプト エジプト/エジプト エジプト/エジプト
2位(男子/女子) チュニジア/チュニジア フランス/フランス チュニジア/チュニジア
3位(男子/女子) フランス/ポーランド チュニジア/チュニジア フランス/フランス
スピードボールの世界ランキングは、スピードボール選手権大会の結果を基に算出されます。発祥地のエジプトと、チュニジア・フランスが圧倒的な強豪国であり、個人成績でも他国を寄せ付けない強さです。日本選手は2008年~2010年に個人成績でトップ3入りを果たしましたが、近年では個人ランキング入りを逃しています。

【スピードボール国別世界ランキング】
1位:エジプト
2位:チュニジア
3位:フランス

スピードボール協会・団体

 (159137)

スピードボールを取りまとめる団体は日本スピードボール協会(=JSBF)です。1987年に設立された日本スピードボール協会の役割は、大きく4つあります。

・各地方のスピードボール団体の総括
・スピードボールの日本選手権や世界選手権の開
・学校や福祉施設に対する普及活動
・各地域での体験会実施


日本スピードボール協会では、スーパーソロの公式記録会やクラブチーム対抗競技会なども開催しています。

スピードボールの日本代表メンバー

氏名 所属チーム 戦績
1 須﨑優太(主将) 東京スピードボールクラブ 世界選手権2010年男子ダブルス準優勝
2 須﨑陽也 東京スピードボールクラブ 世界選手権2008年男子ダブルス3位
3 渋谷佳代子(副将) 速球クラブ 世界選手権2008年女子ダブルス3位
4 倉品あずさ Speedball市川 日本選手権2017年女子シングルス準優勝
スピードボールの日本代表メンバーは男女2人ずつの計4人です。キャプテンの須﨑優太選手は日本代表チームのヘッドコーチも兼任しています。

スピードボールはオリンピック競技? 

スピードボールはオリンピック競技ではありません。しかしオリンピックは大会ごとに種目の入れ替えをしますので、年々競技人口が増えつづけているスピードボールが遠くない未来にオリンピック競技となる可能性は十分です。
  • <        
  •        
  •        
  •       
    

スピードボールが体験できる場所

 (160077)

スピードボールを体験できるクラブや施設は、首都圏、特に東京・埼玉・千葉に多い傾向があります。スピードボールのトップ選手が指導する日本スピードボール協会公認教室や関西地区初となるスピードボールが体験できる体育館は注目度が高いです。

羽田カルチャーセンター

 (159112)

名称 羽田カルチャーセンター内スピードボール教室
活動場所 東京都大田区萩中2-12-5マルエツ新糀谷店3F
問い合わせ先 03-5735-5011
アクセス 京浜急行空港線糀谷駅徒歩10分/駐車場あり
体験可能日 月2回(日曜日)の常設教室
羽田カルチャーセンターは、羽田空港にほど近い立地の住宅街、大手スーパーマーケットの上階にあります。JSBF公認教室であり、日本代表で日本スピードボール協会公認指導員の資格も持つ須崎優太選手が講師です。

ならだいスポーツクラブあまなつ

 (159116)

名称 ならだいスポーツクラブあまなつ スピードボール教室
活動場所 千葉県船橋市習志野台7-5-1
使用施設 船橋アリーナ市民体育館サブアリーナ
問い合わせ先 050-3786-2424
アクセス 東葉高速線船橋日大前駅徒歩8分/駐車場あり
体験可能日 月1回(土曜日)の常設レッスン
ならだいスポーツクラブあまなつのスピードボール教室は、JSBF公認教室です。日本スピートボール協会公認コーチで日本代表監督も務める木原太郎コーチがレッスンをします。

八尾市立南木の本防災体育館

 (159120)

名称 八尾市立南木の本防災体育館
活動場所 八尾市南木の本3-1-9
問い合わせ先 072-924-6657
アクセス JR大和路線八尾駅徒歩25分/駐車場あり
体験可能日 一般利用日 ※詳細は施設まで
木の本防災体育館は、関西地区初のスピードボール体験施設です。体育館の一般利用者向けに2019年11月からスピードボール用具の貸し出しが可能となりました。プレーするときには、施設スタッフが用具の使い方やスピードボールのプレー方法を簡易指導してくれます。

スピードボールは誰でも楽しめる生涯スポーツ

Login 窶「 Instagram (158234)

スピードボールは、テニスや卓球の経験者にとって、とても不思議な感覚のスポーツです。紐つきボールを使用するスピードボールの軌道は大変珍しく、遠心力が生じるボールからは思いもかけない速度が生じます。


テニスや卓球に比べて競技人口が少ないため、練習次第では初心者から日本代表選手になることも可能です。豪速スポーツと生涯スポーツの2面を併せ持つスピードボールの輪は、高齢化が進む日本で着々と広がり続けています。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。