2020年7月15日 更新

スポーツマネジメントとは?スポーツのビジネスに携わる仕事を解説!

スポーツマネジメントとは、スポーツの活動に関わるすべてのマネジメントのことです。プロスポーツ団体の運営や選手のサポートなどさまざまな形態があり、大学や大学院で専門的に学んで職業につくことができます。スポーツ系の仕事をしたい人におすすめの職業です。

727 view お気に入り 0

スポーツマネジメントとは?

 (154752)

スポーツマネジメントとは、スポーツに関連する活動をマネジメントする職業です。スポーツに関わる知識に加えてビジネス戦略を学び、総合的にまとめる能力が必要とされます。

どんな仕事?  

スポーツマネジメントとは、スポーツに関する活動を全てマネジメントする業務のことです。プロ競技球団の経営などお金が発生する運営だけに関わらず、身体運動に焦点を当てた選手自体の体調やトレーニングを管理すること全般が当てはまります。

グッズの用品販売やメディア媒体、施設管理などあらゆるスポーツに携わる仕事にマネジメント業務が存在します。これから成長していき需要が高まる仕事でスポーツの活性化に貢献する仕事です。

スポーツマネジメントになる方法

 (154753)

スポーツマネジメントになる方法は、ビジネスや携わりたい専門分野の勉強を学校でして知識をつけることが重要です。大学や専門学校で経営学や運動学を学習して就職する形が多く、実績や経験が重視される傾向にあります。経営面のマネジメントでは、企画運営の経験を積むことで仕事につなげやすいでしょう。

求められる能力

求められる能力は、人とのコミュニケーション、企画力や団体を率先してまとめるなどの行動力です。経営に関わる学習が必要で、どのジャンルのマネジメントをしていきたいのかで必要な専門的知識は変わります。一般的なビジネスのほかに、競技の知識を持っていると専門用語を理解しやすいです。

企業を経営するためのマーケティングからスポーツに関する健康学、心理学、運動法など幅広い分野をまとめて考える能力が求められます。

年収/給料

スポーツマネジメントの給料は、およそ18万円からといわれています。就職する企業によって採用の形はさまざまで、どの業務をするかで給料は上下します。経験や知識が豊富な場合は、実力によって給料の変動があるでしょう。

スポーツ経営学とは?

 (154754)

スポーツ経営学とは、運動の観点からスポーツをどのように運営するかを視点においた経営学です。近年では、スポーツ経営にビジネス戦略が加えられて形が変化しています。

スポーツ経営とは?

スポーツ経営とは、日本のスポーツに関する経営論で、運動に対してどのような運営をするか​に重点においた経営管理です。どのように競技をするか、どんな運動内容をするかといったことに視点が置かれるため、ビジネス面で考えにくい点があります。

最近はスポーツ施設が行政ではなく、個人企業が運営するなど、スポーツ経営がビジネスからの視点で見られる形に変化しています。

スポーツマネジメントとの違いは?

スポーツマネジメントとの違いは、ビジネスと運動のどちらに観点をおいているかです。スポーツ経営はマーケティングやファイナンスに関する内容を学ぶことが少なく、スポーツマネジメントは一般的な企業経営に必要な戦略をスポーツに対応させて学びます。

現在ではスポーツ経営がスポーツマネジメントのビジネスを視点に置いた見られ方に移行してきているため、違いはほぼないでしょう。

スポーツマネジメントの具体例

 (144450)

スポーツマネジメントはどのような分野が当てはまるのか、サッカーと野球を具体例にして確認しましょう。

サッカー

 (154755)

スポーツマネジメントをサッカーで例えると、プロスポーツのJリーグサッカーチームが具体例に挙げられます。サッカーチームの運営や企画、どのように売り出していくかなどが業務です。経営面では、スター選手を作り上げることでチームの認知度を上げたり、スポンサーの獲得から利益を生み出し、ビジネス面でサポートします。

選手育成やコーチング業などプレーを支える仕事も含まれる幅広い分野で必要な職業です。
94 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mimimi14 mimimi14