2020年4月16日 更新

デフサッカーとは?聴覚障がい者向けの音のないサッカーを知ろう!

デフサッカーとは、聴覚に障害をもった人々が行うサッカーのことを指します。ルールは健常者の行うサッカーとほとんど同じで、唯一審判に関するルールのみが異なっています。デフサッカーの魅力は、お互いの声が聞こえない中でのチームワークにあるといえます。

746 view お気に入り 0
日本障がい者サッカー連盟は、略称JIFFとも呼ばれ、サッカーから障がい者と健常者の共生社会の実現を目指している団体です。

障がいの有無にかかわらずサッカーを楽しめるフェスティバル、インクルーシブフットボールフェスタを開催したり、JIFF普及リーダーと名付けられた指導者登録制度を設け、全国の有資格者の誰もが障がい者を指導できる環境の実現に向けて活動を行ったりしています。

デフサッカーのまとめ

 (122230)

デフサッカーとは、聴覚障害をもった人々が行うサッカーで、審判に関するルール以外は健常者の行うサッカーと違いはありません。
お互いの声が聞こえない中で、身振り手振りなどでコミュニケーションをとる様子にデフスポーツならではの魅力があり、デフリンピックやアジア大会などが開催されています。

2020年9月にはワールドカップも開催され、これからますます盛り上がっていくスポーツといえるでしょう。
55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous