Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. テニス
  4. >
  5. 三重県のソフトテニスが強...
三重県のソフトテニスが強い高校ランキング10選!名門の強豪校は?

三重県のソフトテニスが強い高校ランキング10選!名門の強豪校は?

三重県のソフトテニスの強い高校は、直近で男子は2021年の個人戦で、女子は2022年個人戦で全国制覇したことがある三重高校が有名です。ソフトテニス高体連主催の男子団体では、三重県予選は、40年連続優勝してるのは強い三重高校ですが、準優勝を2021年と2020年に近畿大学工業専門学校がとっています。女子団体も優勝は16年連続三重高校ですが準優勝を2021年に松阪高校がとっています。

2022.10.02 テニス

三重県のソフトテニスが強い高校とは?

三重県のソフトテニスが強い高校は、男女ともに全国制覇をしている三重高校と、県予選で準優勝している男子は近畿大学工業専門学校で女子は津商業高校です。三重県の中で強いのは、三重高校が高校総体で男子は2020年に女子は2022年に全国制覇を経験していて、個人戦も直近の県予選は2022年と2021年は男子も女子も1位から3位まで三重高校が独占しているくらい三重県では強いです。

三重のソフトテニスの情勢

三重県高校総体男子団体
年度 優勝 準優勝
2022年 三重高校 近畿大学工業専門学校
2021年 三重高校 近畿大学工業専門学校
2020年 三重高校 近畿大学工業専門学校
2019年 三重高校 伊勢工業高校
2018年 三重高校 近畿大学工業専門学校
三重県高校総体女子団体
年度 優勝 準優勝
2022年 三重高校 四日市商業高校
2021年 三重高校 松阪高校
2020年 三重高校 津商業高校
2019年 三重高校 津商業高校
2018年 三重高校 松阪高校

三重県のソフトテニスの情勢は、男子は40年連続、女子は16年連続全国大会に出場している三重高校の1強の状態が続いています。全国優勝を6回の三重高校がとても強いので、三重県のソフトテニスが強い高校はと言われたら三重高校のイメージが強いです。そこに高校総体で女子は2020年の津商業高校や2021年の松阪高校が準優勝していて、男子は2021年と2022年の近畿大学工業専門学校と2019年の伊勢工業高校が準優勝を取り合っています。

三重県のソフトテニスが強い高校ランキング第10位

宇治山田高校

国公私立 公立
所在地 三重県伊勢市浦口3丁目13−1
東海大会 出場なし
全国大会 出場なし
主なOB なし

宇治山田高校は、2011年度に高校総体男子団体で準優勝をしている古豪です。直近の試合では、2021年度の連盟主催大会ガーデンカップは男子団体で3位入賞し、2018年度の高体連主催大会の新人戦の男子団体では5位入賞しています。2011年以来高校総体で入賞はなく、東海大会、インターハイの出場はありませんが高校総体や新人戦でも勝ち上がれるように日々練習に励んで徐々にちからを付けてきています。

三重県のソフトテニスが強い高校ランキング第9位

神戸高校

国公私立 公立
所在地 三重県鈴鹿市神戸4丁目1−80
東海大会 出場1回
全国大会 出場なし
主なOB 太田聖也
  •        
  •        
  •        
  •       
    

神戸高校ソフトテニス部は、女子が2020年度の県予選で5位入賞している高校です。日本一の自学練習を目指すをモットーに文武両道で日々練習をして、誰かに頼るのではなく自分たちで考えて自発的に行動し、学んで体得します。男子は、直近の試合では2019年度に新人戦と高校総体県予選で団体ベスト16で東海高校総体予選では5位入賞です。県内の社会人チームやOBの人たちに指導してもらえる機会が増えて着実に力を付けています。

三重県のソフトテニスが強い高校ランキング第8位

三重県立松阪高校

国公私立 公立
所在地 三重県松阪市垣鼻町1664
東海大会 出場2回
全国大会 出場2回
主なOB なし

三重県立松阪高校ソフトテニス部は、女子が2021年に三重県予選団体戦で準優勝している高校です。文武両道、自主自立の精神を持って人間力と心身の向上をテーマに効率的に活動しています。男子は、直近では2020年度の新人戦と2019年度の高校総体では共に5位入賞を果たしています。女子は、2021年度の高校総体で団体準優勝し、春季大会では団体と個人共に3位入賞していて優勝を狙って練習を積み重ねて日々努力している高校です。

三重県のソフトテニスが強い高校ランキング第7位

三重県立亀山高校

国公私立 公立
所在地 三重県亀山市本町1丁目10−1
東海大会 出場3回
全国大会 出場なし
主なOB なし

三重県立亀山高校ソフトテニス部は、2021年度の高校総体県予選で男女とも5位に入賞している高校です。One For All,All For Oneをモットーに男女とも精進していて男子は、直近で2021年度春季大会団体3位入賞していて、女子は2021年度春季大会5位入賞をしています。男女とも高校総体で安定した成績を残していて、必ず入賞していますが優勝、準優勝がまだ遠いですが毎大会上位を驚かす存在です。

三重県のソフトテニスが強い高校ランキング第6位

三重県立四日市商業高校

国公私立 公立
所在地 三重県四日市市尾平町 永代寺2745
東海大会 出場3回
全国大会 出場なし
主なOB なし

三重県立四日市商業高校のソフトテニス部は、女子が強豪で2020年度に新人戦で準優勝しています。直近の試合では、女子は2021年度の新人戦と高校総体は団体戦3位入賞し、東海大会に出場を決めていて、さらに上位を目指して練習している高校です。2020年度の新人戦でも、団体戦で準優勝して東海大会に出場する実力があり、着実に力を付けて、打倒三重高校を目指して高体連主催の大会で優勝を狙っています。

三重県のソフトテニスが強い高校ランキング第5位

三重県立伊勢工業高校

国公私立 公立
所在地 三重県伊勢市神久2丁目7番18号
東海大会 出場8回
全国大会 出場3回
主なOB なし

三重県立伊勢工業高校のソフトテニス部は、男子団体が2021年度の県予選高校総体、新人戦、春季大会をすべて3位入賞している強い高校です。個人戦も団体戦も高体連主催の大会では、直近の成績でもベスト8には必ず入って常に優勝を狙ってプレーしています。2021年度の新人戦や高校総体、春季大会ともに団体戦で3位入賞していて、2019年度には個人戦で3位になり全国大会に出場を決めています。

三重県のソフトテニスが強い高校ランキング第4位

近畿大学工業専門学校

国公私立 私立
所在地 三重県名張市春日丘7番町
東海大会 出場4回
全国大会 出場7回
主なOB 倉田樹明
加藤優太

近畿大学工業専門学校のソフトテニス部は、男子が強豪で全国大会に7回、東海大会に7回出場していて、高専総体は2連覇している高校です。専門高校なので全国大会は高専連と高体連の2つ出場していて、高専連の大会で、決勝には2017年から5年連続出場しています。高体連の大会では、2021年度の春季大会、新人戦、高校総体で団体戦ですべて準優勝を記録して、優勝の三重高校にあと少しのところまで追い詰める存在になっています。

三重県のソフトテニスが強い高校ランキング第3位

三重県立木本高校

国公私立 公立
所在地 三重県熊野市木本町1101−4
東海大会 出場3回
全国大会 出場5回
主なOB 鳥井久充
裏地美香
  • <        
  •        
  •        
  •       
    

三重県立木本高校のソフトテニステニス部は、全国大会5回、東海大会3回出場している強い高校です。男女共に2021年度の春季大会や高校総体でも入賞を果たしている強豪です。初心者でも練習を継続して行えば団体戦のメンバーにも選ばれている実力重視で、直近の成績は、2021年度の春季大会団体戦で男女とも5位入賞し、高校総体団体戦でも男子3位入賞、女子5位入賞していて、結果を男女とも残しています。

三重県のソフトテニスが強い高校ランキング第2位

三重県立津商業高校

国公私立 公立
所在地 三重県津市渋見町699
東海大会 出場8回
全国大会 出場7回
主なOB 神崎公宏
内田理久
増田健人

津商業高校のソフトテニス部は、戦う集団をスローガンにチームワークと粘り強さで上位に入る高校です。直近の試合では、2019年度に高校総体と新人戦でどちらも男子は3位入賞し、女子は準優勝しています。女子団体は、強豪で有名で高校総体で4年連続準優勝を果たしていて優勝している三重高校に驚異を与えています。男子も強いですが女子は、全国大会にも9度、15度出場している打倒三重高校の一番手にあげられる強豪校です。

三重県のソフトテニスが強い高校ランキング第1位

三重高校

国公私立 私立
所在地 三重県松阪市久保町1232
東海大会 35回出場
全国大会 42回出場
主なOB 内田理久
増田健人

三重高校のソフトテニス部は、全国有数の名門高校で成績は高校総体で男子団体は40年連続43回、女子団体は16年連続17回も全国大会に出場しているくらい強いです。監督はナショナルチームの監督もされていた神崎公宏監督で三重県のソフトテニス界でずっと1番に居続けてる強豪高校です。三重高校は多くのプロ選手を輩出していることで有名で現役の日本代表選手も増田健人選手や内田理久選手など2名いて、今までに数多くの日本代表選手がいます。

三重県のソフトテニスの強い高校を語ろう

三重高校の全国大会出場数
大会成績 高校総体 新人戦
男子成績 43回出場 40回出場
女子成績 16回出場 15回出場

三重県のソフトテニスの強い高校は、三重高校が男子も女子も常にトップにいて、その牙城を他の高校が崩すために日々練習しています。個人戦でも団体戦でも男女とも2011年から10年間は必ず優勝し、個人戦は1位から8位まですべて三重高校が独占している大会が多いです。2021年と2020年に準優勝している高校は、男子が近畿大学工業専門学校と伊勢工業高校で、女子は津商業高校や松阪高校が多くとっていて優勝を毎大会狙っています。

三重高校に対抗する高校

試合成績
大会成績 男子近畿大学工業専門学校 女子津商業高校
新人戦 準優勝7回 準優勝6回
高校総体 準優勝6回 準優勝4回

三重高校に対抗する高校は、男子は近畿大学工業専門学校で女子は津商業高校です。近畿大学工業専門学校は、男子団体戦で準優勝になることが多く、いつも優勝しているのが三重高校で40年も連続で優勝しています。一方、女子団体戦は津商業高校が準優勝になるのがほとんどで16年連続、三重高校に優勝を阻まれて、男女とも数十年他の高校が優勝を取れないくらい強いです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。