2018年5月2日 更新

水泳のターンの種類とは?それぞれの仕方のコツと練習方法を解説!

水泳のターンは25m以上や大会出場のためには不可欠です。そんな水泳のターンには、どのような種類があり、どんな練習を行えば上達するのでしょうか。そのような水泳におけるターンの種類やその習得方法、そして上達のためのコツまでを徹底解説します。

49,840 view お気に入り 0

背泳ぎ→平泳ぎ(バック→ブレスト)のターン

背泳ぎ→平泳ぎ バケットターン 横方向

背泳ぎ(バック)から平泳ぎ(ブレスト)のターンでは、タッチまでは背泳ぎのタッチターンの動きをします。タッチしてからは、背泳ぎのようにつま先を上に向けるというやり方ではなく、身体が横~斜め下に向くように回転させて足をつけ、壁を蹴るというやり方をとります。壁を離れてから平泳ぎを泳いでいる間は仰向けになってはいけません。

また、水泳上級者向けの背泳ぎ→平泳ぎのターンとして、バケットターンがあります。バケットターンは、タッチをするクイックターンというイメージです。少し深めにタッチをすると同時に身体を回転させるため、通常のタッチターンよりも速く折り返す方法として水泳選手などが使うやり方です。

平泳ぎ→クロール(ブレスト→フリー)のターン

平泳ぎの選手|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (33670)

個人メドレーにおける最後の種目「自由形」は、バタフライ・背泳ぎ・平泳ぎ以外の種目であれば何でも良いとされていますが、ここでは一般的に泳がれるクロールを想定してターンの説明をします。

平泳ぎ(ブレスト)からクロール(フリー)のターンは、平泳ぎから平泳ぎの両手タッチターンと同様です。
平泳ぎで泳いでいるので、タッチは必ず両手でなければなりません。

タッチしてからは腕と頭を進行方向に向けて、つま先を横~斜め下に向けて足をつけ、壁を蹴ります。

水泳のターンの練習・上達方法とは?

BORN TO SWIMさんはInstagramを利用しています:「Flipturn with BTS snorkel👍Thanks @matejvobo  #swimming #crowl #training #flipturn #loveswimming #swimmingpool #snorkel #fins #youcandoit…」 (33672)

それでは、種類ごとの習得方法ではなく、様々な種類のターン技術を向上させる練習方法を紹介します。ターン練習を行う際は、立ち上がることを許可されたレーンの壁際で行うようにしましょう。くれぐれも周囲にぶつからないよう、注意して行ってください。

水泳ターンの練習方法①壁キック→ターン

신안스포츠클럽さんはInstagramを利用しています:「#flipturn #플립턴 #성인수영개인레슨 #신안스포츠클럽수영장 #신안스포츠클럽 . . #헬스 #요가 #수영장 #골프장 #사우나 #레스토랑  #문의0234670965  스포츠클럽 06:00~22:00 세라미식당 #전메뉴5천원 #단체예약 조식…」 (33659)

ターン練習の仕方として、壁キックを行ってからターンをし、練習メニューへ入っていくという練習方法があります。
壁キックとは、壁に手をつけた状態でキックを打つという練習のことです。

具体的には、通常の練習メニュー1本1本のスタート前に、壁キックを5秒~10秒取り入れるというやり方です。
例えば25m×4本という練習メニューの場合、壁キックを5秒→ターン→25m泳ぐということを4回繰り返します。

この練習の仕方のメリットとしては、50m以上を何本も泳ぐ練習が難しい水泳初心者でも、あまりスタミナを消費せずにキック・ターン・スイムの練習が一度にできるということが挙げられます。

クイックターンの場合少しスペースが足りない場合があるため、5秒経ったら壁を押して少しバックしてからターンを行うとやりやすいです。

水泳ターンの練習方法②5m地点からの練習

Martina ManganoさんはInstagramを利用しています:「"Ho imparato a volare dopo che mi hanno spezzato le ali.  Non capisci ciò  che hai fino a quando non lo perdi,  non capisci di volare fino…」 (33674)

効果的なターン練習の仕方としてもう1種類、5m地点からの練習が考えられます。

この練習の仕方のメリットは、市民プール等を利用していて十分な練習スペースがとれない・何往復もする体力がないという方でもターン練習ができる点です。

壁から5m離れた(フラッグがある・ロープの色が変わっている)地点から泳いで、ターンをしてけのびの姿勢をとるまでの一連の動作を練習します。
5m地点を通過してからのストローク数を数える機会にもなりますし、ターンのタイミング・姿勢・速さの確認・向上に効果的です。

水泳のターンのコツとは?

JohanneさんはInstagramを利用しています:「💦 #fresh #swimmingpool #sun #water #blue #wellness #cool #instaweekend #instafriends #instazen」 (33678)

水泳におけるターンの種類やその練習方法がわかったところで、ターンのコツを紹介します。紹介してきた練習の仕方を実践する上で、そのコツを知っておくことは非常に重要です。

ターン練習や普段の練習でこれらのコツを実践することで、体力温存・タイム向上・怪我の防止等の効果を期待することができます。

水泳ターンのコツ①できるだけ身体の動きを止めない

水泳のターンのコツとして、まず1つ目にできるだけ身体の動き(の流れ)を止めないということが挙げられます。

泳ぐというのは静と動で考えると「動」にあたります。ターンという折返し動作は、一連の動作は「動」と考えられますが、泳いで、タッチして、回って、壁を蹴って…と段階を踏むような動きになると、「静」に近い動作と考えることができます。

壁を蹴ってからはもちろん「動」に戻るため、ぎこちない動きでは「動→静→動」というエネルギー効率の悪い動作になってしまいます。泳いできた勢いや流れを止めないよう、ターンはなるべくスムーズに、なめらかで素早い動きを意識して行うようにしましょう。

水泳ターンのコツ②壁につけるのは足先だけ?

他にも水泳のターンのコツとして、壁に足の裏をべったりとつけないようにすることが挙げられます。
イメージでもわかるかもしれませんが、壁を蹴る時、足の裏をつま先からかかとまでつけるやり方と足先だけつけるやり方(かかとは壁につくかつかないかの位置)では、前者は蹴る時に足先やふくらはぎに余計な力が入ってしまい、上手く脚を伸ばして蹴ることができません。

壁を蹴る時に必要なのは足の指~付け根あたりまでの力です。かかとまでつけても、結局蹴る時にはかかとの力はあまり使わないため、最初からかかとをつけないようにした方が効率よくスムーズに動くことができます。

水泳ターンのコツ③壁は全力で蹴らない?

水泳のターンのコツとして、もう1つ、壁は全力で蹴らないということが挙げられます。

足先だけを壁につけるというコツと共通しますが、水泳のターンにおいて無駄な力は必要ありません。脚もしゃがみ込むほど曲げる必要はなく、軽く曲げる程度で十分に壁を蹴ることができます。

速く進みたくて全力で壁を蹴ろうとすると、余計な力が入ってしまい、結果としてバックするような形になり、軽く蹴った時よりも遅くなってしまうということが大いに考えられます。素早く、反動を使ってしなやかに蹴るようにしましょう。

水泳のターンは練習で必ず上手くなる

77 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは浮いたボールをシュートをすること全般を指します。ボレーシュートは、足の蹴る位置によって5種類に分類され、状況によってを使い分ける必要があります。ボレーシュートには、5種類のシュートに効果のある4つのコツと身につけるために使われる2つの練習方法があります。
バレーボールのスパイクをミートさせる3つのコツと練習方法とは?

バレーボールのスパイクをミートさせる3つのコツと練習方法とは?

バレーボールのスパイクに必要なことの一つは、手にボールをミートさせることです。でも「ミートをしっかり!」といわれるだけでは漠然としています。今回はバレーボールのスパイクに必要な「ミート」ということについて、基礎から詳しく説明していきます。初心者の方も経験者の方も、スパイク力向上のためにぜひ参考にしてください。
ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

サッカーのウイングバックは3-5-2のシステムで用いられ、サイドの攻守の要となる役割を担います。ウイングバックには必要な個人技術や個人戦術があり、さらにウイングバックのグループ戦術の動き方やポジションニングは独特であり、今回はその基本やコツと練習方法を紹介しています。
バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンが上達・強くなるなるための練習方法やメニューを解説。練習方法については、1人でも行える練習方法も紹介しています。また、バドミントンのテクニックについても紹介!さらに、バドミントンが上達しないときの対処方法についても解説しています。
ゴールキーパーのコツや基本的な練習方法【サッカーポジション】

ゴールキーパーのコツや基本的な練習方法【サッカーポジション】

サッカーのゴールキーパーになるために必要な、ゴールキーパーの基本的なルールや役割、基本的な動き等を解説しています。また、サッカーのゴールキーパーを務めるにあたって、その基本的な練習方法と実際にゴールキーパーでプレーする際のコツも一緒に紹介しています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Spicatz Spicatz