2019年4月29日 更新

ライジングショットの打ち方と5つのコツ【テニスの上達ガイド】

テニスの戦術の1つにライジングショットがあります。ライジングショットは難しいイメージがありますが、ライジングショットの原理と打ち方のコツを知ることでマスターすることが可能です。テニスの試合でライジングショットを使いこなせるように打ち方の解説をしていきます。

26,411 view お気に入り 0
テニスのライジングショットのコツは、打球しやすい打点の位置を知ることです。
ボールのバウンド後から頂点までのどこで打球をしても良いので、逆をいえば明確な打点の位置がわかりづらいとも言えます。そのため、腕を操作して打点を合わせようとしてしまいやすくなり、手首を使ってラケット面が安定しないことによるミスや、タイミングをとりづらくする原因にもなってきます。

腰の高さに打点を置くことでいつも通りの打ち方の動作となるので、これからライジングショットの習得を目指す方や現在挑戦しているが上手く打つことができないという方は、腰の高さの打点からスタートをすることをおすすめします。

腰の高さがおすすめ

 (52031)

通常のストロークの基本打点は腰の高さであり、理想となるストロークフォームとなります。腰の高さに打点を取ることができれば、通常のストロークと同様の打ち方をすることができ、ライジングの難易度はグッと下がっていきます。ライジングを難しくさせる理由の一つが、自分のストロークフォームで打球することができないことにあり、どこで打点を取っていいかわからないことから、腕の操作で打点に合わせてしまうことが原因となります。
通常の打点の高さで取るためには、ストロークの振り出すタイミングを早める必要があり、遅れないためにテークバックをラケットダウンの位置からスタートさせると良いでしょう。

ライジングショットのコツ③タイミングの作り方

テニスのライジングショットのコツはタイミングの取り方です。ストロークのリズムは1→2→3のリズムでスイングしますが、基本的にはストロークのリズムとなります。

ストロークのリズム
1のリズム…ターン
2のリズム…足を止めてラケットを振る準備
3のリズム…下半身の回転→フィニッシュ


ライジングはタイミングが早いからといって、1→2のリズムで打球をしてしまうと、体の回転ができずタイミングが合わなくなるばかりか、腕で打点を合わそうとしてしまう原因となるため打球が安定しなくなります。あくまでストロークのリズムの中で タイミングを調整する必要がありますので、その方法をお伝えしていきます。

1→2→3のリズム

 (52032)

ライジングショットのタイミングは下半身で取ります。そのためには通常のストローク動作の中で省ける部分を知る必要があります。
1のリズム…ターン
    (テークバック) ←省く
2のリズム…止まる
    (ラケットダウン)←省く
3のリズム…体の回転 (図参照)
通常はテークバックからラケットダウンの時間がありますが、矢印の部分を省略することによって早く2のリズムを作ることができます。イメージは1⇒ラケットダウン⇒2・3のリズムとなり、ラケットダウンの状態で2のリズムを作ることがコツです。2のリズム後はタ・タンといったリズムを作るとタイミングを取りやすくなります。

テニスのライジングショットのコツ④ボールの勢いを利用

テニスのライジングショットのコツは、反発力を生かして相手のボールの勢いを利用する意識でスイングをすることです。
自分から打とうとしてしまうと、タイミングが合わず打点が遅れてしまいやすくなります。その結果腕に力が入り、ネットを超えない直線的な弾道や功を描く弾道が描けずにボールが飛びすぎてしまうといった現象が起こってしまいます。

ライジングで絶対に必要になるのがラケットダウンになります。相手のボールの勢いを利用しようと意識することで余計な力が抜け、自然とラケットダウンができるようになります。テニスラケットが打点よりも下がることによって下から上のスイングができ、功を描く弾道を作ることに繋がります。

強いボールはいらない

 (52033)

相手のボールの勢いを利用する感覚を身につけるための方法は2つです。
相手と同じスピードのボール、または遅いボールを打つ意識
直線的な弾道ではなく、上に飛んでいく弾道をイメージする


ライジングショットは相手のボールの勢いが最もある場所で打球するため、力を入れてテニスラケットを振ってしまうと反発力が大きすぎてしまい、ボールが飛びすぎてしまいます。相手よりも遅いボールを打つ意識をすることで、ラケットが自然と下がりこの後説明するボールに回転をかけることにも繋がってきます。ライジングの目的はあくまでも相手の時間をなくすことなので、強いボールを打つ意識ではなくテニスコートに収める意識をすることが大切です。

ライジングショットのコツ⑤回転をかける

テニスのライジングショットを打つためのコツは、ボールに回転をかけることです。
相手のボールの勢いが上がるほど反発力が大きくなり、ボールをテニスコートに収めることが難しくなるたため、回転をかけ強制的にボールを落下させることが必要です。

回転をかけるコツは、ラケットダウン・面の向き(地面に垂直)・下から上のテニスラケットの移動・下半身の回転の4つとなり、実はライジングショットのコツ①~④に凝縮されています。テニスでは、コートに収めるために回転は必須になり、ライジングでも同様のことが言えます。ライジングショットで回転を意図的にかける方法を詳しく解説していきます。

振り切ることが重要

 (52035)

ストロークで回転をかけるための重要な考え方は3つあります。

・ラケットダウンから打点までスイング角度・スピード
・地面に垂直な面の向き
・スイングを止めずに加速させる


そして、ライジングにおける回転のかけるコツは、ラケットダウンの形振り切ることの2つです。
ライジングを打つ際、ボールの勢いを調整しようとテニスラケットの動きをおさえてしまいがちですが、振り切らなければボールに回転をかけることができず、かえって飛びすぎてしまいます。また、ラケットダウンの際に面を下に向けた状態を作ることも、回転をかける方法として有効となります。ライジング上達には回転は必須になるので、ぜひ実践しましょう。

テニスのライジングショットの打ち方まとめ

 (52036)

テニスにおけるライジングショットを上達させるコツのまとめとして以下の項目を意識して練習していきましょう。

・ライジング用のリズムを作る
・リラックスして相手のボールを利用する
・怖がらずにしっかり振り切る


ライジングショットはタイミングが重要となり、経験をすることが一番の上達方法となります。これまでご紹介してきたライジングショットのコツを意識したくさん練習しましょう。ライジングを習得することで、今まで決まらなかったショットが決まるようになったり、テニスの試合を支配している感覚を得ることができます。
ワンランク上のテニスを目指すためにも、ぜひこの記事を参考にライジングを習得してみてください。
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球のバックドライブの打ち方とコツとは?基本をしっかり練習しよう

卓球のバックドライブの打ち方とコツとは?基本をしっかり練習しよう

卓球のバックドライブの打ち方は、ヒジを支点にスイングして、ボールの正面の斜め上側を捉えるようにします。下回転に対してバックドライブを打つ場合は、足を曲げて低い姿勢になり、下半身の力を使ってボールを持ち上げるように打球することが重要です。卓球のバックドライブのコツは、ヒジを体より前に突き出し、力みなくスイングすることです。
卓球フォアハンドの打ち方とは?正しいフォームとコツを解説

卓球フォアハンドの打ち方とは?正しいフォームとコツを解説

卓球のフォアハンドの打ち方は、肩幅以上にスタンスを広げ、コンパクトなスイングで打球します。卓球のフォアハンドを打つときのコツは、細かく足を動かす・体重移動を意識する・ボールと相手を見ながら打つことにです。卓球初心者の方は、まずフォアハンドの打ち方から覚えていきましょう。
卓球のツッツキの打ち方とコツとは?基本を理解して練習しよう

卓球のツッツキの打ち方とコツとは?基本を理解して練習しよう

卓球のツッツキの打ち方は、体より前で打つようにして、ボールの回転量によってラケット角度を調整することが重要になります。卓球のツッツキのコツは、打球点が頂点より早くなるように足を動かし、薄くボールを捉える感覚で下回転を加えることです。また、ツッツキの質を高める練習方法は、ツッツキ対ツッツキ、上回転をツッツキする練習になります。
卓球のカット打ちのやり方とは?初心者がおさえておく4のコツを解説

卓球のカット打ちのやり方とは?初心者がおさえておく4のコツを解説

卓球のカット打ちは、打球点を落とし過ぎず、ネットを越えることを意識して打球します。卓球のカット打ちのコツは、カットの回転量を正確に判断して、ストップやツッツキを織り交ぜながら攻めることです。さらに、カット打ちが上達するおすすめの練習方法は、カットマンと基本練習やゲーム練習をすることになります。
YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

卓球のYGサーブとは、ヒジを支点にして内から外にスイングする逆横回転サーブになります。卓球のYGサーブを打つ時は、グリップの握り方・ボールのトス・体重移動・ヒジの高さ・スイングのやり方を意識します。さらに、YGサーブの回転のかけ方を、下回転系と上回転系に分けて解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ