Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. テニス
  4. >
  5. ウィルソンのテニスラケッ...
ウィルソンのテニスラケット!評価の高い人気ラケットおすすめ10選

ウィルソンのテニスラケット!評価の高い人気ラケットおすすめ10選

ウィルソンは人気の高いテニスブランドです。今回はウィルソンの中でも人気の高いラケットを紹介していきます。値段の高いラケットのほうがいいラケットという認識は多くの方がもっているかもしれませんがその認識は違います。自分のレベルにあったラケットを知って購入するときの参考にしましょう。

2021.12.16 テニス

ウィルソンはどういうブランド?

 (97268)

ウィルソンはテニスブランドの中でも人気のあるブランドで錦織圭選手やロジャー・フェデラー選手などの有名プロテニスプレーヤーに愛されているブランドです。

ウィルソンのテニスラケットは打感がいい点と扱いやすいラケットが多いという点で定評があります。多くの使用者の口コミを見ても打ってて心地のよいという評価が絶えません。

ウィルソンが開発したPWS(周辺荷重機構)​​というものがあります。これは他のブランドのラケットでは採用していなくウィルソン独自の技術です。独自技術の溢れたウィルソンのラケットを、初心者・中級者・上級者に分けて紹介します。

ウィルソンのラケットシリーズ

ウィルソンのラケットは、主に4つのシリーズがありますので、それぞれのシリーズを簡単に紹介します。
PRO STAFF
誰しもが憧れる長年多くの方から愛されている人気シリーズです。打感が心地よいと評判でボールにスピンや力がすべて伝わることに高く評価されています。
モデル:RF97/97S/97CV/97LS
ULTRA
ボレーのしやすいラケットを中心に集めたシリーズです。ここ3~4年でできたシリーズで初心者向きのラケットが多い印象があります。
モデル:ULTRA 100/ULTRA TOUR97/ULTRA TOUR95
BLADE
コントロールとパワーを兼ね備えたシリーズです。スイートスポットも広く面を外すことがないために扱いやすいシリーズになっています。
モデル:98(16×19)/98(18×20)/98S(18×16)
CLASH
力が弱くても遠くまで飛ばすことのできるシリーズで、力のあまりない女性に人気モデルです。
モデル:CLASH100

ウィルソンで初心者に人気の高いラケット

初心者のラケットを選ぶときに重要なことは以下の通りです。

(1)デザイン
自分の好きなデザインでプレーをすることがテニスを好きに感じることができる

(2)打球感​
打っている感覚が自分に合うのかどうか、気持ちよく打てるのかどうか

(3)使いやすさ
初心者はとりあえず基礎を身につけるために細かい動きも操作できる比較的に軽いラケットがおすすめ

ULTRA 100 CV

初心者におすすめのウィルソンのラケット(1) (98918)

素材 ハイ・パフォーマンス・カーボン・ファイバー
バサルト・ファイバー
カウンターベール
重さ 平均300g
バランス 平均32.0cm
サイズ/レングス 27.00インチ
フェイス面積 100平方インチ
フレーム厚 23.0/26.5/22.5 mm
ストリング・パターン 16x19
適性 All Courter/Power Level: High
「ULTRA 100 CV」は初心者が扱いやすいテニスラケットです。理由は、ULTRAの製品コンセプトが、ボレーをしやすくしていて、反発力が大きいことが特徴になっています。

「ULTRA 100 CV」はフェイス面積が広いためスイートスポットが広く作られています。適正がAll Courter仕様のラケットなので、初心者がどのポジションに付いても対応できる利点があります。初心者にもっとも人気の高いモデルです。

BURN 100S CV

初心者におすすめなウィルソンのラケット(2) (96116)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
素材 ハイ・パフォーマンス・カーボン・ファイバー
バサルト・ファイバー
カロファイト・ブラック
カウンターベール
重さ 平均300g
バランス 平均32.0cm
サイズ/レングス 27.00インチ
フェイス面積 100平方インチ
フレーム厚 23.0/25.0/23.0mm
ストリング・パターン 18x16
適性 ベーズライナー
このラケットの特徴は、かなりのスピンがかかることです。

振り抜いてもスピンがかかりますので、落下速度が上昇することでアウトになる確率も極端に減少します。テニス初心者でよくあることは、アウトになることやネットにかかることです。

このラケットは少し上向きにボールを打ってもスピンがかかるためコートの中に入ります。また、打感も安定感があるために多くの人が使用できるラケットとなります。フローズンスモーク・ペイントによる表面加工によって汗をかいてグリップが滑ったりすることを防ぐことも可能です。

PRO STAFF 97LS

初心者におすすめなウィルソンのラケット(3) (98919)

素材 バサルト・ファイバー
カロファイト・ブラック 
ブレイディッド・グラファイト
ケブラー
重さ 平均290g
バランス 平均32.5cm
サイズ/レングス 27.00インチ
フェイス面積 97平方インチ
フレーム厚 23.0/23.0/23.0mm
ストリング・パターン 18 x 16
適性 Attacker/Power Level: Medium
「PRO STAFF 97LS」はPRO STAFFシリーズの中で一番初心者に扱いやすいラケットがです。

「PRO STAFF 97LS」の特徴は、女性にも簡単に使用できる軽さです軽量のラケットは面がぶれることがありますが、そのようなことはありません。打球感やスピン性能、コントロール性能のどれもかなり高いレベルなために完成度の高いラケットになります。

もちろん男性の方でも扱いやすいために、最初の1本目として「PRO STAFF 97LS」を使用してみて物足りなくなったら中上級者のラケットに変更してみましょう。

ULTRA XP 125

初心者におすすめウィルソンのラケット(4) (98920)

素材 ウルトラ・ハイ・パフォーマンス・カーボン・ファイバー
BLX
重さ 平均272g
バランス 平均34.0cm
サイズ/レングス 27.50インチ
フェイス面積 125平方インチ
フレーム厚 27/30/27mm
ストリング・パターン 16 x 18
適性 All Courter/Power Level: High
「ULTRA XP 125」は魔法のラケットと言われています。グロメットの下部の部分が独特つくりでスイートスポットと広範囲にすることに成功しています。

「ULTRA XP 125」の使用者はどんなボールでも返球でき、打球感もソフトであるという評価をしています。ソフトな打球感のラケットはあまり飛ばないとイメージがありますがこのラケットはそのイメージも覆しています。

初心者だけではなく中級者の方にもおすすめしたいラケットで、値段は他のラケットに比べると高価ですが、購入して損はない長く使用できるラケットになります

ウィルソンで中級者に人気の高いラケット

自分の得意なスタイルは、初心者のラケットを使っている間に定着していきます。

自分の得意なスタイルの例としては・・・
・ボレーなどが得意
・ベースラインからベースラインまでのダウン・ザ・ラインを得意

このようなことが意識できると中級者の仲間入りです。

中級者のラケットは、好きなプレーを最大限に活かすことができる個性の強いラケットを選ぶことが重要です。この個性を理解していないと初級者の方はラケット選びを失敗してしまいます。

BLADE 98 (18×20) COUNTERVAIL2017

中級者におすすめウィルソンのラケット(1) (98923)

素材 バサルト・ファイバー 
カロファイト・ブラック
ブレイディッド・グラファイト
カウンターベール
重さ 平均304 g
バランス 平均32.5 cm
サイズ/レングス 27.00インチ
フェイス面積 98平方インチ
フレーム厚 21.0/21.0/21.0mm
ストリング・パターン 18 x 20
適性 Attacker/Power Level: Low
こちらのモデルはプロテニスプレーヤーのラオニッチが公式戦で使用しているモデルです。

ストリング・パターンが18×20のために初心者仕様のモデルと比較すると力が必要になります。力が必要な分、女性よりも男性におすすめのラケットです。

打った感覚は、ラケット面でボールをひきつけてスピンをかけてくれるので、叩いているような打感の好きな方には適していないかもしれません。

TRIAD XP 5

中級者のおすすめウィルソンのラケット(2) (98924)

素材 ウルトラ・ハイ・パフォーマンス・カーボン・ファイバー
BLX
重さ 平均275g
バランス 平均35.5cm
サイズ/レングス 27.25インチ
フェイス面積 103平方インチ
フレーム厚 24.5/29.0/25.0mm
ストリング・パターン 16x18
適性 All Couter/Power Level: High
一般的にラケットは1つの部品だけで構築されているものがほとんどですが、wilsonのラケットはヘッド部分とシャフトグリップの部分を別々で構成することで衝撃などを軽減させたり振動を吸収することに成功しています。

TRIAD XP5はシリーズの中でも特に衝撃吸収性に優れているラケットです。少しずつテニスが上達してきたときは相手の打ってくるボールもレベルが上がり、それに対応することのできるラケットが必要になってきます。

しっかり振動を抑えディフェンスができて、更に攻撃するときには程よい打球感で攻めこむことができるバランスの良いラケットなため、力強いボールでもたやすく返球できるおすすめのラケットです。

CLASH 100

中級者におすすめウィルソンのラケット(3) (98925)

素材 ハイパフォーマンス・カーボン・ファイバー
BLX
重さ 平均295 g
バランス 平均31.0 cm
サイズ/レングス 27.00インチ
フェイス面積 100平方インチ
フレーム厚 24.0/24.0/24.0mm
ストリング・パターン 16 x 19
適性 All Courter/Power Level: High
クラッシュシリーズは新作シリーズですがその中でも一番ベーシックなタイプが「CLASH 100」です。

CLASH100の魅力は、「STABLE SMART」というシャフトの内側が複雑な形状が大きな特徴で、しなり感を生み出すことが可能です。フレーム厚が24mm厚で比較的薄いのにも関わらずボールが食いつくような打感があります。

総合的な評価としてはコントロール重視のテニスラケットです。

ウィルソンで上級者に人気のあるラケット

上級者向けのラケットは正直なところ中級者ラケットと比較しても大きな違いはないです。個性が極端に強いラケットという認識となります。

上級者のラケットの多くはプロテニスプレーヤーが使用しているために憧れで購入する方もいますが、一番大切なことは自分のスタイルに適したラケットを選ぶことです。プロのテニスプレーヤーと同じラケットが本当に自分に合っているか確認しましょう。

ULTRA TOUR 95 CV

上級者におすすめウィルソンのラケット (98926)

素材 ハイ・パフォーマンス・カーボン・ファイバー
バサルト・ファイバー
カロファイト・ブラック
カウンターベール
重さ 平均309g
バランス 平均32.5cm
サイズ/レングス 27.25インチ
フェイス面積 95平方インチ
フレーム厚 22.0/22.0/22.0mm
ストリング・パターン 16x20
適性 Player Type: Baseliner/Power Level: Medium
このモデルは錦織圭が公式戦で使用しているモデルとしても有名です。

バウンド後の伸びと柔らかい打球感を実現させるために試行錯誤を何回も繰り返して完成したモデルでULTRAシリーズの中でも上級者向けのラケットとして知られています。しかし、フェイス面積がウィルソンラケットの中でも狭く、使いこなすためにはかなりの技術力が必要です。

ラケットの打球感はシャープに球に力が伝わり、自然にボールがベースラインで落ちます。

BLADE 98S(18×16)

上級者におすすめなウィルソンのラケット(2) (98927)

素材 バサルト・ファイバー
カロファイト・ブラック
ブレイディッド・グラファイト
カウンターベール
重さ 平均294g
バランス 平均33.0 cm
サイズ/レングス 27.00インチ
フェイス面積 98平方インチ
フレーム厚 21.0/21.0/21.0mm
ストリング・パターン 18 x 16
適性 Player Type: Attacker/Power Level: Low
BLADE98Sの中でも最近登場したストリング・パターンが18×16です。

ストリング・パターンを変えることによって、ボールを捕まえてから飛ばす感覚を向上させることに成功しました。このラケットは様々なことができるために、どんなプレーでも行いたいという技術力の高い選手におすすめです。

BLADEはモンフィス選手が使用していて、プレーの自由度が高い選手ほどBLADEは適しています。

PROSTAFF RF97

上級者におすすめなウィルソンのラケット(3) (98928)

素材 バサルト・ファイバー
カロファイト・ブラック
ブレイディッド・グラファイト
ケブラー
重さ 平均340g
バランス 平均30.5 cm
サイズ/レングス 27.00インチ
フェイス面積 97平方インチ
フレーム厚 21.5/21.5/21.5mm
ストリング・パターン 16 x 19
適性 Player Type: Attacker/Power Level: Medium
「PROSTAFF RF97」はテニスの王様のロジャー・フェデラーが公式戦で使用しているモデルです。見た目が他のモデルとは異なり、黒基調なためにかっこいい仕上がりです。

ラケットの重さが340gと少し重いのですが、その重さのおかげでボールを鈍器でたたきつけるような強力な弾道を相手のコートに打ち込むことができます。しかし、面の大きさが97インチしかないために試合において正確に面の中心でボールを捉える上級者テクニックが必要です。

ウィルソンのラケットのまとめ

ネットプレーで優位性を発揮。ウイルソン新ラケット「ULTRA」シリーズ4モデルが新登場 (98543)

ウィルソンのラケットは、日本選手の多くが使用しているために身近に感じるメーカーです。ウィルソンのラケットは、初級者、中級者、上級者を問わずそれぞれにあった適切なモデルがあります。

ラケット選びは、実際に使用して自分にあっているのかどうかを知ることが最も重要になります。販売イベントによっては新作の試打が可能なこともありますのでしっかりと自分に合ったラケットを選びプレーに磨きをかけましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。