2019年4月29日 更新

テニスの上達法!上手くなるため方法とは?上達しない人は理由がある【テニスコーチ監修】

テニスは、コツを掴むと上達をすぐに実感できますが、それには正しいテニス理論が必要になります。テニスを何年もやっているのになかなか上達しないという方は上達に必要な根本的なテニス理論を知らないからです。ここでは、上達に必要なテニスの上達法を各ショットに分けてお伝えしていきます。

76,497 view お気に入り 0
次は実際に打球してみます。球出し練習時の注意点は以下の通りです。

①横向きの状態からスタート
②打点に意識をもっていかず、フィニッシュの形を意識する
③ボールを捉えた後、ラケットを左手に放り投げる

テニスボールを打とうとすると、どうしてもグリップに力が入ってしまいます。そこで、グリップを握らないように、③を実践してみましょう。仮に、グリップを握ってしまうと、③の動作は絶対にできません。

上記のポイントで打球ができれば、今まで感じたことのない打感を感じることができるでしょう。ストロークを上達させるためには、体全体の動きが大事だということも体感できるはずです。

テニスのボレーが上手くなる上達方法

 (33924)

ボレーを上達させるためには、まずラケットからボールが反発する原理を知る必要があります。通常、ボールは勢いがなくなると重力に負けて下に向かいます。その後、バウンドをしますが、バウンド時では摩擦が発生するためさらにボールの勢いは衰えます。

ボレーの場合は、ボールが飛んでくる一番勢いのある状態の時に打球するため、ボールの勢いに負けない形さえ覚えてしまえば、簡単にボールが飛んでくれます。ボレーが上手くなるコツは、相手のボールの勢いを利用する!となります。

テニスでボレー上達しない人の特徴とは?

ボレーが上達しない人には、2つの特徴があります。

<1つ目>
打球時にグリップを握ってしまうことです。  グリップを握ったら反発するように思いますが、握るという行為はラケットの面を変えてしまいます。 ボレー時にラケットを握ってしまうとラケット面は下を向き、ボールは下方向へ行ってしまいます。

<2つ目>
ボールを支える形ができていないことです。 通常ボレーは、右側にボールが飛んできた時右足で打点に近づくのですが、上達しないと悩んでいる方は左足を使ってボールに近づこうとしてしまいます。 正しい形でボールを待てないことや、ボールを打とうとする方は、なかなかボレーが上達しないのです。

テニスのボレーが上達する方法

 (33925)

テニスが上手くなるボレー上達法は、ボールを支える形を覚えることです。タンスや重いものを押すときの形は、人間が支える形として理想的な動作です。肘をまげて重いものを押すよりも、肘を体の前に置き、伸ばした状態で押した方が、力がはいりますよね?

この動作は、そのままボレーのインパクトの形に応用できます。ボレーが上手くなるには、肘でボールを支えるといった感覚を身につけることです。

また、肘は体の中心部に近づくほど、支える力が大きくなります。上達しない人に多い、逆足でボールに近づいてしまうと、肘が後方に下がってしまうためボールを支える形ができず、結果としてラケットを握る動作になります。

テニスのボレーが上達する練習方法①

 (33926)

ボレーが上達する練習方法として、両手首を縛る方法があります。両腕を肩幅の感覚にして前へならえの状態を作ります。その感覚を維持したまま両手を紐か何かで縛ってもらいましょう。利き手の自由を奪うことで、肘が後ろ方向に行きづらく、正しい打点の位置を作ることが可能になります。
また、ボレーが上手くなるには、上半身の枠内に、肘、手首、グリップがある状態を作ることが大切です。腕を縛ることによって、自然と上半身の枠内に肘、手首、グリップがある形を作り出すことができますので、ボレーが上手くなる練習法としておすすめの方法です。

テニスのボレーが上達する練習方法②

 (33928)

もう一つのボレー上達のための練習方法は、片足でボレーをする方法です。上記にもあげましたが、逆足でボールに近づいてしまうことで、グリップを握る原因になってきます。そこで、以下の点に注意してボレーの練習をしてみましょう。

①右側に来たボールは、右足立ちでボレーをする
②バランスが取れない方は、右足に重心を乗せる

これは、ボールを待つ形を作る練習方法です。片足でのボレーができると、肘の位置や、インパクト時の体の向きなども修正してくれます。両手を縛り、片足でボレーを合わせて練習することも可能です。ボレー上達に必要な動作がこの2つ練習方法で解決されますので、ぜひ試しましょう。

テニスのサーブが上手くなる上達方法

 (33929)

サーブはテニスの試合をするために必ず必要なショットとなります。そのサーブが苦手という方は意外に多くいます。それは、サーブの考え方が異なっているのが原因でもあります。

サーブが上手くなるためには、まず上から打ち下ろす発想をなくしましょう。テニスはネットを超えなければ試合になりません。特に初心者の方は、上から打つショットは打ち下ろすイメージが強いですが、これは理論上不可能なのです。

というのも、ベースラインからネットを超えてサービスエリアに直線的にボールを入れようとした場合、4m以上の高さがないと入らないからです。サーブは上方向へ打つ!これがサーブ上達のコツとなります。

テニスでサーブが上達しない人の特徴とは?

サーブが上達しない人の特徴として挙げられるのが、早いボール=サーブの考え方があることです。テニスは相手のいないところにボールを配球して、チャンスを作っていくスポーツです。サーブは誰にも邪魔されず、自分のペースで、しかも無条件で相手をコートから追い出すことができる唯一のショットとなります。

もちろん早いサーブは得点能力も上がりますが、その分リスクも増えます。また、早いサーブを打ちたいという思いが強いと、グリップに力が入り腕だけのスイングにもなりやすくなります。サーブが上達しないと悩んでいる方は、力が入るため、体全体の動きを使えていないケースが圧倒的に多くなります。

テニスのサーブが上達する方法

サーブを上達するためのポイントは 3つあります。
①トスの正確性
②体の回転
③下から上のラケット操作


テニス全般に入れることですが、腕だけのスイングでは絶対に良いボールは打てません。 サーブの動きも例外ではなく、ストロークの時と同じ体の動かし方になるのです。 この動きが一番わかりやすいのは、「ボール投げ」です!
ボール投げは体全体の動きを使わなければ遠くに飛びません。サーブが上手くなるにはボールを遠くに飛ばすための動かし方を覚えるとよいでしょう。 サーブをやる前にキャッチボールをするだけで、体の使い方を動作で覚えられるので、十分な上達法と言えます。

テニスのサーブが上達する練習方法①

 (33930)

サーブが上手くなるための練習方法として「トス」の上げ方を紹介します。 サーブが上達するためには、トスの正確性が必要になり、トスがずれてしまうと体のバランスが崩れ、体全体の動作ができなくなるためです。

①ボールは握らず、手の中に置くだけ
②肩を支点に腕を動かす
③体の動きを利用してボールを上へ上げる


これらの点に注意してトスを上達させましょう。 トスが上手くなるには手首を使わないことです。ボールを握ると手首を動かす原因になります。トスが上手くなるボールの上げ方は、体を下から上に動かした反動で上げることです。
この2点に気を付けてトスを上げることによって、飛躍的にトスが上達します!
81 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達するためには、基礎練習を繰り返しおこない基礎を固めることが重要です。卓球が上手くなる練習メニューを多球・ラリー・サーブ・筋トレの4項目で紹介します。卓球が上達するためには、こなす練習ではなく、練習のポイントを理解して実施することで上達スピートが上がります。
Shun.T |
フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者が上達するためのコツは、基本を押さえた練習をすることです。 フットサルは、足でボールを扱う競技ですから、とても難しいものですが、初心者だからこそコツを掴むことができれば、上達する速度は速くなります。コツを掴めば、一気にフットサルが上達します。
卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

絶対知っておきたい卓球の技18選を、サーブ・レシーブ・ドライブ・ロビング・カットに分けて紹介します。それぞれの技は難易度や使用タイミングが大きく異なり、技の特徴を把握することが重要になります。卓球の技は種類が豊富なので、卓球初心者でも技の名前や特徴を覚えるようにしていきましょう。
フックシュートが上達する方法とは?ブロック上から得点をきめよう

フックシュートが上達する方法とは?ブロック上から得点をきめよう

バスケットボールのシュートの打ち方の一つにフックシュートがあります。フックシュートの特徴として、ブロックされづらいことがありますが、他のシュートと比較すると難易度が高く、習得には時間がかかります。しっかりとコツをつかんで効果的にフックシュートを使いましょう。
テニスの上達法!上手くなるには5つのコツと練習方法【初心者ガイド】

テニスの上達法!上手くなるには5つのコツと練習方法【初心者ガイド】

なかなかテニスが上達しないとお悩みの方の方、中でも初心者の方は特に手探り状態で苦労する事もあります。ここでは、テニスの上達方法として、上手くなるためのコツと練習方法をご紹介します。ぜひ参考にして頂き、着実な上達を目指してください。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ