2019年4月29日 更新

テニスの上達法!上手くなるため方法とは?上達しない人は理由がある【テニスコーチ監修】

テニスは、コツを掴むと上達をすぐに実感できますが、それには正しいテニス理論が必要になります。テニスを何年もやっているのになかなか上達しないという方は上達に必要な根本的なテニス理論を知らないからです。ここでは、上達に必要なテニスの上達法を各ショットに分けてお伝えしていきます。

76,500 view お気に入り 0

テニスのサーブが上達する練習方法②

 (33931)

体全体の動きが難しい方には、サーブ後に歩くといった上達練習方法もあります。打球後に歩こうとすることで、グリップに力も抜け、体の回転もできるようになります。グリップに力が入らないため下から上方向への腕の操作もできるため、トスがしっかり上がった方へは非常におすすめの上達法です。

テニスはグリップを握ってしまうと上達しません。なので、体全体が使えているという感覚を得ることが上達へのコツとなってきます。特にサーブは力が入りやすい部類のショットですので、上達させるために体全体の動きを使うことを意識していきましょう。

テニスのラリーが上手くなる上達方法

 (33932)

テニスの基本はラリーです。 ラリーができないとテニスの試合はできません。 ラリーが上手くなるには、予測、フットワーク、判断力などが必要になってきます。 また、ラリーが上手くなる方法は、続けることです。当たり前と感じると思いますが、これが意外にできていないのです。
テニスは予測のスポーツです。予測は経験から導き出されます。ラリーがつながらないと、打球回数は圧倒的に少なり、経験を積むことができなくなります。

ラリーが上手くなるためには、 3つのコツがあります。
①ネットをしない
②コントロールをする
③打ちやすい打点に入る

テニスでラリー上達しない人の特徴とは?

ラリーがなかなか上達できない大きな理由は、打ち方や良い打球に固執してしまうことです。

球出しの時のテニスフォームやボールのイメージが強いので、自分の打ちにくい打点になってしまった時にも、球出しと同じように打とうとしてしまいます。

ラリーの目的は繋げることです。

なので、ラリーの時は打ち方にこだわらないことも上達するために必要なこととなります。

テニスは野球のように打っておしまいのスポーツではありません。ボールが返ってくるスポーツです。

なので、打ち方に固執してしまうと、次のボールへの対応も遅れてしまい、ラリーが続かずなかなか上達が難しくなるのです。

テニスのラリーが上達する方法

ラリーを上達するための考え方は以下の3つです。
①ネットやアウトをしないためのスイング調整
②どんなボールがくるかの予測と判断
③一定のラリーリズム

テニスは相手のコートにボールが収まらないと何も始まりません。まずは、自分がどのくらいのスイングをするとコートに安定して収まるのかを知ることがラリー上達のコツとなります。 次に、相手を観察するトレーニングをしましょう!相手から来るボールを予測するためには、相手の動作をみて情報を得る必要があります。  
最後にラリーリズムです。自分の中で常に一定のリズムを作ることがラリー上達に必要になってきます。

テニスのラリーが上達する練習方法①

 (33933)

テニスでラリーを続けるためには、ネットを超すことが最低条件となります。そこで、あえて山なり同士でのラリーで練習してみましょう。

ボールが山なりに軌道を描けると、山なりに必要なラケットワークや体の使い方が得られ、ボールに回転をかける土台ともなり、ショットの上達にもつながってきます。また、山なりのボールを打つには、力を抜く必要があります。力を抜くことで力の強弱といった点も上達してくれますので、おすすめです。

慣れてきたら、片方は山なり、もう片方は普通の打球でラリーをしてみるなどして、条件を加えてみましょう。条件を加えることで、一つのことに集中でき、上達のスピードを上げてくれます。

テニスのラリーが上達する練習方法②

 (33934)

テニスのラリーが上手くなる上達練習のもう一つはリズムを声に出しながらラリーをすることです。 声に発することで動作にメリハリができ、リズムに合わせて体が動いてくれます。

【テニスのラリーリズムを上達させるポイント】
(1)ターン
(2)とまる
(3)スイング
(4)構え
(5)ステップ

【テニスのラリーリズムのタイミング】
(1)相手が打球した直後
(2)相手のボールがバウンドする時
(3)打ちやすい打点に合わせて
(4)自分が打球した後
(5)相手のラケットにボールが当たった瞬間

声を出すのに抵抗がある方は、心の中でも構いません。 このようにラリーでリズムを取ることが上達のコツとなります。

テニスの試合が上手くなる上達方法

 (33935)

テニスの試合で上達するための要素は4つです。
①目的を持つ
②相手を知る
②戦術を知る
③攻守の切り替え


試合が上手くなる人は、試合に臨む時に必ず目的を持つことをしています。 テニスの試合の勝ち負けもすごく大事ですが、上達をしたいと考えてテニスの試合に臨むのであれば、試合で何をしたいのかを明確に持つことが大切です。
例えば、この試合は、スピンをクロスに打ったところからの展開を多く作ろう といったように、明確な目的を持つことで、それがテニスの試合での自分の引き出しを増やしていくことになります。

テニスで試合が上達しない人の特徴とは?

まず挙げられるのが、テニスの試合の経験が少ないことです。テニス上達の一番の近道は試合を多くすることです。次に、勝ち負けを意識して体が委縮してしまうことです。
テニスは試合の中での経験が大きな財産となります。ですが、常に委縮したテニスをしてしまうと、練習の時とは別人のテニスになってしまいます。はじめは負けても構いません。テニスの試合を経験する中で、自分の武器を見つけられるようになってきます。

最後にテニスの試合がなかなか上達できない人の特徴として、同じことを繰り返すことです。試合の度に振り返って、次はこうしようなどの考えを持つことで上達スピードは格段にあがってきます。

テニスの試合で上達するための考え方

 (33939)

先にも挙げた通り、目的をもってテニスの試合の臨むことが大切です。テニスが上手くなるには、試合での経験が必須です。
試合では、様々な要素が必要となり、上達するためにもってこいですが、逆を言えば、すべてが中途半端になってしまうこともあります。テニスが上手くなるには、試合の中で何かを得ることがコツです。

リターンはうまくいったけど、ラリーはダメだった といった試合の振り返りをしていますか?試合に勝った、負けたといった感想だけに留まってはいませんか?

試合はテニスにおいて最大の上達場所となります。テニスの試合の振り返りノートなどを作ると、自分専用の上達法となってくれます。

テニスの試合で上手くなる練習方法①

81 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達するためには、基礎練習を繰り返しおこない基礎を固めることが重要です。卓球が上手くなる練習メニューを多球・ラリー・サーブ・筋トレの4項目で紹介します。卓球が上達するためには、こなす練習ではなく、練習のポイントを理解して実施することで上達スピートが上がります。
Shun.T |
フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者が上達するためのコツは、基本を押さえた練習をすることです。 フットサルは、足でボールを扱う競技ですから、とても難しいものですが、初心者だからこそコツを掴むことができれば、上達する速度は速くなります。コツを掴めば、一気にフットサルが上達します。
卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

絶対知っておきたい卓球の技18選を、サーブ・レシーブ・ドライブ・ロビング・カットに分けて紹介します。それぞれの技は難易度や使用タイミングが大きく異なり、技の特徴を把握することが重要になります。卓球の技は種類が豊富なので、卓球初心者でも技の名前や特徴を覚えるようにしていきましょう。
フックシュートが上達する方法とは?ブロック上から得点をきめよう

フックシュートが上達する方法とは?ブロック上から得点をきめよう

バスケットボールのシュートの打ち方の一つにフックシュートがあります。フックシュートの特徴として、ブロックされづらいことがありますが、他のシュートと比較すると難易度が高く、習得には時間がかかります。しっかりとコツをつかんで効果的にフックシュートを使いましょう。
テニスの上達法!上手くなるには5つのコツと練習方法【初心者ガイド】

テニスの上達法!上手くなるには5つのコツと練習方法【初心者ガイド】

なかなかテニスが上達しないとお悩みの方の方、中でも初心者の方は特に手探り状態で苦労する事もあります。ここでは、テニスの上達方法として、上手くなるためのコツと練習方法をご紹介します。ぜひ参考にして頂き、着実な上達を目指してください。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ