2019年4月29日 更新

テニスのダブルスでおすすめなフォーメーションと戦術とは!?

テニスのダブルスでフォーメーションと戦術理解を深めることは、ダブルスにおけるテニスの試合を勝つためのコツとなり、不可欠な要素となります。テニスのダブルスにおけるフォーメーションの基本的な動きから、おすすめの戦術について解説していきます。

8,748 view お気に入り 0
テニスのダブルスでおすすめ戦術の6つ目はサーバー側の時のみで使われるアイフォーメーションです。基本のサーブ側のポジションと違い、前衛者がセンターラインをまたぐ形となり、サーバー、ボレーヤー、リターンが一直線に並ぶ形となります(英語の「I(アイ)」の形から名付けられています)
この戦術は、リターン者に打つコースを迷わせる効果があるのでハマればポイントを取りやすくなるという点です。しかし、サーブ力が必要になるので、サーブに自信がある方はぜひトライしてみてください。

アイフォーメーション

 (47632)

テニスのダブルスでおすすめとなるアイフォーメーションのコツは2つです。

・センターに速いフラットサーブを打つ
・前衛者がサインを出し、どちらに動くかをあらかじめ決めておく

(図を参照)

ダブルスの試合で非常に攻撃的な戦術となる反面、サーブ力・ポーチ力と2人のポジショニングを合わせないと反撃を受けやすくなってしまいます。しかし、テニスのレベルが上がるほど有効な戦術となり勝つための必勝法ともなりえるので、ぜひ練習して習得したい戦術となります。

テニスのダブルスでおすすめ戦術⑦

テニスのダブルスでおすすめ戦術の7つ目はツーバックです。基本は雁行陣となりますが、状況に応じて2人ともベースラインまで下がり守りの形を作ることがツーバックで、ここぞという時に有効な戦術となります。
相手のサーブ力が高いため、返球したボールをポーチに出られて決められてしまうといった状況の時にツーバックは非常におすすめです。基本ポジションですとポーチ者と前衛者の距離が短いため返球が困難ですが、ツーバックを取ることによって返球が可能になる確率もグッとあがります。

ツーバック

 (47633)

テニスのダブルスでおすすめとなるツーバックのコツは3つです。

・返球をした後は前につめる準備をする
・苦しいボールの時はロブを上げ、チャンスが来るまで守る
・使いどころを知ること
(図参照)

ツーバックは、速いボールにめっぽう強くなります。スマッシュを打たれてもある程度対応ができます。そのため、ロブは非常に効果的です。仮に失敗したとしても守る形はできていますし、相手を後ろに下げさせるロブが打てれば一気に戦況は逆転できます。
確実に守ったところから攻撃をする姿勢がツーバックを使ううえで重要なコツとなりますので、テニスの試合で使用してみましょう。試合の流れを変えることのできるダブルス陣形です!

テニスのダブルスでおすすめなフォーメーションと戦術まとめ

 (47637)

ダブルスの基本となる雁行陣と並行陣はすべての戦術の基本となる陣形です。そのため、おすすめの陣形であるとともに正しい基本の動き方知ることがダブルスの必勝法となります。ご紹介した雁行陣や並行陣の基本の動きをマスターすることで、おのずと応用である戦術をスムーズに使用することができます。

テニスの試合で勝つための戦略に必要なダブルス戦術は、動き方はもちろん、使いどころが重要となります。ご紹介したおすすめのダブルス戦術を練習し、試合で実践することが戦術を自分のものにするための一番の近道となりますので、ぜひこの記事を参考に様々な戦術を習得しましょう。
62 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ