Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. テニス
  4. >
  5. トップスピンを上手にかけ...
トップスピンを上手にかける打ち方とフォームとは?【テニス上達ガイド】

トップスピンを上手にかける打ち方とフォームとは?【テニス上達ガイド】

硬式テニスでマスターしたいショットの1つがトップスピンとなり、安定や威力など様々なメリットを生んでくれます。トップスピンの原理を知り、打ち方やフォームを徹底解説していくとともに、ラリーや試合でスピンを打つためのイメージの持ち方をお伝えしていきます。

2021.12.16 テニス

テニスのトップスピンとは?

 (78857)

硬式テニスでは、ボールに回転を与えることによってコート内に収めやすくするため、ボールが相手に向かって縦方向に回転与えるトップスピンがあります。

テニスレベルが上がってきますと、相手のボールの勢いもあがってくるため、反発力が増し、ボールをコントロールできなくなります。トップスピンを習得することで、コントロールUP・バスンド後も弾む・強いボールに打ち負けなくなるなど様々なメリットが生まれます。ワンランク上のテニスレベルを目指すためにも、ぜひトップスピンのかけ方を習得していきましょう。

テニスのトップスピンのかけ方で重要な4つのコツ

 (78860)

硬式テニスでトップスピンの打ち方やフォームを習得する前に、どうしたらテニスボールを回転させることができるのかといったトップスピンのかけ方を知らなければなりません。トップスピンのかけ方で重要となるコツは4つあります。

①回転の原理を知る
②テニスラケットとボールの関係性を知る
③基本フォームがトップスピンをかける最低条件
④イメージの持ち方を知る


原理を知らずにいきなりトップスピンの打ち方に入りますと、手首をこねたりして怪我の原因となりますので、正しいトップスピンを習得方法を詳しく解説していきます。

①回転の原理を理解する

 (78731)

回転の原理を最も体感しやすい方法は、ラケットの中ででボールを転がすことです。ラケットの面を上に向けた状態でテニスボールをのせ、左右にラケットを動かしてみるとボールが回転しているのがわかると思います。誰でもわかるようなこの原理が、実はテニスでトップスピンのかけ方の最重要項目となります。

ラケットにテニスボールが触れている間は回転し続けますが、一度ラケットからボールが離れてしまった時、ボールに不可抗力を与えることができません。言い換えれば、トップスピンをかけるためには、ボールに当たった後の動作ではなく当たる前の動作が重要ということになります。

②回転をかけるためのボールの触り方

 (78732)

硬式テニスでは相手コートにボールを飛ばさなければならないため、ラケット面を前方に向ける必要があります。

上で述べた回転の原理をそのままストロークのスイングに置き換えると、ラケット面が地面に対して垂直の状態でボールが当たる前に下から上に腕を動かしていきます。そうすることでボールに回転がかかり、なおかつ前方にボールが飛んでいきトップスピンをかけることができます。

言い換えれば、インパクトの時にラケット面が垂直になる手首の形を、ボールが当たる前に作っておき、あとは腕を下から上に振り上げるだけでトップスピンの回転をかけることが可能です。

③ストロークの基本フォームを習得

 (78859)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
トップスピンをかけようと腕や手首だけを使用してしまうと、手打ち状態になりボールは飛ばず、腕に負担もかかるため怪我の原因にもなります。そのため、硬式テニスの基本フォームを身につけていない状態では、いくらボールに回転を与えることができても実践では役に立たないショットということになります。

下半身始動のスイングにプラスして回転をかけるための面の向きやスイング角度を調整することで、実践で武器となるトップスピンを打つことが可能となり、基本となるストロークフォームが作れて初めてトップスピンをかけるためのフォームへ移ることができます。

④トップスピンのイメージの持ち方

 (78740)

トップスピンは順回転をかけるショットですので、打球後は急激にボールが落下します。そのため、通常のショットとトップスピンのショットではイメージするボールの軌道が異なります。仮に通常のボールの軌道でトップスピンを打った場合、ネットにかけてしまいます。ボールの勢いや回転量によっても変わりますが、いつもよりも2~3倍上を狙って打球をするのがトップスピンの弾道のイメージとなります。

上方向を狙うにはラケットを下から上方向へ移動させなければなりませんので、軌道のイメージをすることで綺麗な順回転をかけるためのスイングも同時に作ることができます。

トップスピンが上手くなる3つのポイント

硬式テニスのトップスピンのかけ方を習得するためには、3つの打ち方のコツをマスターする必要があります。

・インパクトの作り方
・スイング軌道
・スイングスピード


トップスピンは先に述べたトップスピンのかけ方のコツでもお伝えしたように、ボールに当たる前のラケットの面や動かし方が重要となり、ラケットダウンからインパクトまでの動作でトップスピンがかかるかどうかが決まるといっても過言ではありません。インパクト前の打ち方がトップスピンをかける最大のコツとなりますので、詳しく解説していきます。

①インパクト

 (78749)

硬式テニスのストロークフォームでテニスボールに順回転をかけるには、インパクト時の面の向きが地面に対して垂直の形を作ることが重要です。

これからトップスピンを習得していこうと考えている方の多くは、インパクト時に面が上向き状態で打球をしていることが多いので、まずは地面に垂直になる打点の位置を意識することが重要です。ラケット面が垂直になる状態でインパクト時の形を作り、その時の手首の形を崩さずにラケットダウンの位置までラケットを移動させます。

そうすることで、トップスピン用の手首の形をキープしたままインパクトまでスイングをすることが可能です。

②スイング

 (78750)

回転数などのトップスピンのかけ方の度合いで重要な要素となるのが、スイング軌道となります。

先でも述べた通り、ラケットダウンからインパクトまでの動かし方で回転量や軌道が決まります。回転をかけるためにワイパーのようにスイングをしましょうなどのアドバイスもありますが、これからトップスピンに挑戦する方がワイパースイングを実践しても回転はかかりませんし、手首や肘を痛める原因ともなります。

正しいトップスピンのかけ方はインパクトまでのスイングで決まりますので、打ち終わりの形ではなくボールに当たるまでの動かし方を意識しましょう。

③下半身の使い方

 (78739)

トップスピンのかけ方では、勢いや回転量を決めるスイングスピードが重要となります。

スイングスピードをあげるコツは、下半身始動の体の回転運動の方法でスイングをすることです。腕でスイングスピードをあげようとしても腕の力だけでは振る速度に限界があり、また手首の形を崩す原因ともなるため、安定性も失われます。

下半身は人間の中でも最もパワーのある部位となるので、下半身の回転を使用することでより腕の振る速度が上がります。

下半身を回転させる方法は、後ろ足の蹴り返しが必要で、蹴り返しの速度を上げることでスイングスピードも比例して速くなります

トップスピンが上手くなるフォームのコツ

トップスピンの打ち方を習得した後は、それらをストロークフォームに落とし込んでいきます。トップスピンが上手くなるフォームのコツは3つあります。

①回転をかけるためのラケットダウンの動き方
②インサイドアウトを使用したフォーム
③ラケットの動きを止めずに最後まで振り切る

下記で解説していくストロークフォームは、トップスピンの打ち方をスムーズに取り入れるコツとなります。打ち方とフォームが合わさって初めて実戦で役に立つトップスピンを打つことができますので、しっかり習得していきましょう。

①ラケットダウン

 (78844)

ボールに回転がかからないという方の特徴の一つにラケットダウンを取る方法が正しくないことが挙げられます。

構えた状態からターンをしてラケットダウン→インパクトへとスイングをしていきますが、その際に腕からラケットを引いてしまう方法をとってしまうと、ラケット面が開き、平行スイングとなってしまいます。

正しくは、肩をターンさせて横向きを作ってからスイングをします。その時ラケットのフレームが顔の前を通過するようにしてテークバックをし、体の回転に伴いラケットダウンをしていきます。腕ではなく体全体を使いターンをすることで手首の形が崩れなくなり、トップスピンをかけるためのラケットダウンを作ることが可能となります。

②インサイドアウト

 (78845)

硬式テニスのストロークフォームでは、インサイドアウトができるかどうかがカギなります。インサイドアウトとは、グリップの位置がラケットダウン時は体に近く、インパクトに進むにつれてグリップが徐々に体から離れていくフォームのことをいいます。

インサイドアウトは体の回転をすることで生まれる自然な動作となるため、インサイドアウトができていない場合は、下半身の回転ができていないということになります。

回転をかけようとして腕に力を入れてしまいますと、逆にグリップが体の遠い位置から近い位置へと進んでいき、スイングが平行に進み回転がかかりませんのでご注意ください。

③ラケットを振りきる

 (78851)

トップスピンのかけ方の最終段階が最後までラケットを振りきることです。回転をかけるためには、ラケットの中でボールを転がす感覚が必要となり、インパクトがスイングの最終地点とならずに、通過点として振り切ることが大切です。

インサイドアウトのフォームができていても回転を意識してインパクト時に力を必要以上に入れてしまうと、ラケットの加速が止まってしまい回転がかからなくなります。

トップスピンのフォームでは、インパクト時は通過点としラケットの加速を利用し最後まで振られる感覚がコツです。

トップスピンが上手くなるイメージのコツ

硬式テニスでのトップスピンでかけ方やフォーについて解説してきましたが、実践で回転をかけるためにはイメージの持ち方を知ることが大切です。

スピンをかけられるプレーヤーは、打ち方ではなくボールのイメージに重きを置いており、イメージの持ち方を知ることがトップスピンが上手くなるためのコツとなります。遠くにボールを投げる時に投げ方ではなく目標場所をイメージするのと同様のことで、イメージを強く持つことで体が目標に向かって動いてくれます

打ち方やフォームを習得した後、さらにトップスピンが上手くなるためにはイメージが必須となりますので、しっかりマスターしていきましょう。

ボールの軌道のイメージ

 (78853)

冒頭でも述べた通り、ボールに順回転がかかると急激な落下運動が起こります。そのため、通常のボール軌道よりも高い軌道を目指す必要があります。イメージの方法は飛んで行ったボールの頂点の位置と高さです。

ボールは打球した段階から下へ行こうとしますので、普段目指している高さよりも数メートル上を目指しましょう。高さの目安はネットを利用するとイメージがしやすくなります。

また、通常のボールとは違い順回転のかかったボールは、頂点に達した後すぐに落下をするため距離が出にくくなります。いつもよりも遠くの位置に頂点を持ってこようとイメージをすると、トップスピン用のスイング軌道を作ることができます。

回転量をイメージ

 (78856)

硬式テニスでトップスピンのかけ方が上手くなる方法として、回転量を自在に操ることも挙げられます。明確な回転量のイメージを作る方法を知ることで、実戦で大きく役に立ちます。

硬式テニスプレーヤーのナダル選手は1分間に5000もの回転数を誇ります。数値化することで、自分の回転数のイメージを先行することができ、回転数の目標に対してスイングの加速調整の方法が上手くなるので、下記の例を参考に実践してみましょう。

具体的な例
自身の基準値をいくつでもよいので設定する(ここでは仮に100回転とする)
200回転のイメージをすれば回転量が上がり、ボールが飛ばなくなる
50回転のイメージをすれば回転量が下がり、ボールが遠くへ飛ぶ

テニスでトップスピンが上手くなるために!

 (78861)

硬式テニスのトップスピンが上手くなる方法では、下記の順番で練習を行うと良いでしょう。

①回転の原理や打ち方をマスターし、回転の理解を深める

②回転の打ち方をフォームに落とし込み、球出しで反復練習

③打ち方やフォームをマスターした後は、ラリーで実践!ラリー時は打ち方やフォームではなく、トップスピンのボールイメージを持つようにする



打ち方やフォームなどの基礎を作ることで、ラリー時でも自然な動作でトップスピンに必要な動作ができるようになります。まずはこの記事を参考にしっかり基礎をマスターしましょう。その後は、ラリーや試合などでイメージ練習をすることで、トップスピンを自分のものにしていきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。