Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. テニス
  4. >
  5. テニスラケットケースの人...
テニスラケットケースの人気おすすめランキングTOP10!選び方のポイントとは?

テニスラケットケースの人気おすすめランキングTOP10!選び方のポイントとは?

テニスラケットケースは、ラケットやガットを、外部からの衝撃や汚れ、雨や湿度などから保護し運搬することを目的とするテニス用品です。ここではテニスラケットケースの選び方の4つのポイントと、おすすめのラケットケースをランキング形式でバッグを含みご紹介します。

2021.12.16 テニス

テニスラケットケースの選び方

選び方のポイント①運搬の手段から選ぶ

運搬の手段としては、ケースやバッグにはベルトやひもがあると肩から掛けられ便利です。重い荷物を運ぶには両肩で背負えるリュックタイプのものが両手も空いて便利です。テニスラケットケースをラケットを保護して運ぶものとすると、ケースのほかに、サックと呼ばれるもの、リュックタイプのもの、ラケットバッグなどがあります。練習や試合にはケース、合宿などには背中に背負えるバッグなどというように、TPOに合わせて使い分けると便利です。

選び方のポイント②収納タイプや機能から選ぶ

テニスラケットは最低2本をコートサイドに持って行きたいですから2本以上収納用のものがよいでしょう。コートサイドに持って行くちょっとした小物類やペットボトルなどが収納できるポケット付きのものが便利です。また、夏にはタオルや飲みもの、男性は着替え用のウエアなども持参したいので、バッグタイプやリュック機能が付いたものは、テニスラケットが多く入るものでもテニスラケットを減らし、そのスペースにタオルや着替えなどを収納することができ便利です。

選び方のポイント③素材から選ぶ

テニスラケットケースの素材はラケットにキズが付かないよう、硬めの人工皮革などの素材が使われました。最近ではラケット自体の素材が硬くなったために、ケースの表面が柔らかいソフトケースや、雨などの水を弾くポリエステル素材のケースが一般的です。
テニスラケットケースの役割である、テニスラケットとガットを雨や湿気から守る、ということからすると、水を通す素材のものは避けましょう。その他にも、テニスラケットのグリップが外に出てしまうデザインのケースやバッグですと雨で濡れてしまうので、グリップまですっぽりカバーできるタイプがよいでしょう。

選び方のポイント④機能やデザインから選ぶ

テニスラケットケースには、おしゃれでカラフルでデザイン豊かなものがありますので複数持って使い分けるとよいでしょう。ポップでかわいいデザインやシャープなデザインなどの好みで選んでも、メーカーのブランド名やロゴをあしらったケースをテニスラケットやウエアと合わせて揃えるのもよいでしょう。女性なら、その日のウエアに合わせてカラーを揃えたりするのもおしゃれです。もちろんモノトーンの黒や白などは何にでも合わせやすい色ですので無難です。

テニスラケットケースの人気おすすめランキング10位

ミズノのラケットバッグ6本入れ

 (51703)

このミズノのラケットバッグ6本入れは、素材はポリエステル、裏加工はポリウレタンです。容量は約45リットルでラケット6本は入ります。例えば、ラケットを2本程度にすれば衣類やシューズなども十分一緒に入れることができます。
機能としては、大会プログラムを収納できるA4サイズのサイドポケットがあり、週刊誌や新聞なども収納でき便利です。ショルダー部やバッグ本体に反射テープが貼られていて、夜間や暗い場所での視認性が高いです。リュック式2本ベルト付きで背負うことができ、重くなったバッグを運ぶには両手も空きますし便利です。

テニスラケットケースの人気おすすめランキング9位

ヨネックスのスタンドバッグ

 (52380)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
このヨネックスのスタンドバックは立て置きすることができ、混んだ電車などで移動する際に便利です。テニスラケットは2本収納でき、仕切りパーツにより3ポケットに分割できますので荷物などが分けて入れることができるので便利です。
素材はポリウレタン、ポリエステル。ポリエステルですと雨にぬれても水が浸透せず、外部からの衝撃には吸収力のあるポリウレタンでカバーできます。

テニスラケットケースの人気おすすめランキング8位

ヨネックスのトーナメントバッグ ラケット2本用

 (52381)

ヨネックスのテニスラケットが2本収納できるバッグです。素材はポリエステル、ポリウレタンで、バッグに横置きですっぽりラケットが入りますので、雨の日でも中のラケットは濡れずに安全です。ただ、横置きですと混雑した電車に乗った際などには周りの方にも迷惑なので、縦置きにもできるように工夫がされています。
トーナメントバッグと呼ばれるにふさわしく、このくらいの大きさのバッグであれば、ラケット以外の衣類なども入るほどの収納量があり、短期間の連泊合宿などでの荷物の運搬にも使い勝手がよく、ポケットが正面と背面、内部にありちょっとした小物などを入れるのにも便利です。

テニスラケットケースの人気おすすめランキング7位

プリンスのラケットサック

 (52384)

このプリンスのラケットサックの素材はナイロンで出来ていて、見た目には薄く見えますが中にウレタンクッションが入っているのできっちり2本ラケットを保護できます。荷物の運搬にはひもで肩から斜め掛けができます。外側には小物や500ミリリットルのペットボトルを収容できるポケットがあり便利です。
このタイプのサックの利点としては、かさばらないので合宿などにセカンドバッグとして持って行くと、小分けしてコートサイドなどに荷物を持って行く際にとても便利です。

テニスラケットケースの人気おすすめランキング6位

ウィルソンのFED TEAM SUPER SLING

 (52387)

ウイルソンのフェデラーシリーズのバッグです。シリーズのコンセプトはUNCONTAMINATED(汚染されていない)、無駄を排したミニマルなデザインが特徴です。
非常に軽く、耐久性に優れたポリエステル素材を使っており、ラケット全体がカバーできるため雨に濡れる心配はありません。
大きさは縦74センチ×横34センチ×幅10センチとなっていて、ラケット2本の収納が可能ですが、実際は4本は入りますので、衣類やタオルなどの収納もできます。正面に大きなポケットがあります。ワンショルダーベルトで背中に斜め掛けできます。
カラーはブラックにレッドのラインがアクセントになっています。フェデラー選手のシグニチュアモデルですので、フェデラーファンには嬉しいです。

テニスラケットケースの人気おすすめランキング5位

ハンナフラのフューシャドット

 (52391)

ハンナフラのラケットケースです。素材はポリエステル、大きさのデータはありませんが、ラケットが2本すっぽり入るタイプのラケットケースなので、雨にも濡れる心配はありません。肩掛けのベルトが付いているので便利です。
表のデザインが濃いピンク色に白の水玉、ラケットの収納口の色は薄いピンク色というように色を違えていてデザインがおしゃれでかわいいので、テニスコートに行くのが楽しくなりそうです。
デザインには他にもポップでキュートな、クッキーフラワーカフェ、カラフルりんご、ブラックドット、チャコールなどがあり選べます。
ラケットメーカーのラケットケースでないだけに、かえってどのメーカーのラケットを収納してもじゃましないデザインがグッドです。

テニスラケットケースの人気おすすめランキング4位

ハンナフラのカラフルりんご

 (52393)

ハンナフラのテニスラケットケースです。第5位はハンナフラのハードケースをご紹介しましたが、こちらはソフトタイプのラケットケースで、大切なラケットをひもで肩から掛けて持ち運びできます。
大きさは縦80センチ×横35センチ、素材はポリエステルで丈夫です。小物を入れるのに便利なファスナーポケットが付いています。ラケットがしっかり2~3本入り、ケース自体は軽量なので持ち運びに便利です。少し膨らむことを覚悟すれば、ラケット以外にもちょっとした衣類やタオルなども収納して運ぶことができます。
ハンナフラはラケットメーカーでないため、ラケットのメーカーやブランド名にこだわらず、純粋にケースのデザインやカラーで選べることはかえっておしゃれです。

テニスラケットケースの人気おすすめランキング3位

ミズノのラケットケース(63JD7004)

 (52398)

ミズノのラケットケースです。大きさは縦81センチ×横33センチ、ラケット2本の収納が可能です。A4の書類が入る大きさのファスナーポケットが付いていますので、テニス小物の収納に便利です。ショルダーひもが付いていますので肩から掛けることができます。
素材はポリエステル、裏加工ポリウレタンで、フルカバーのタイプなので、雨の日でもラケットもガットも濡れる心配はありません。色はブラック×レッド、ターコイズ×ネイビーの2種類から選べます。無難なカラーとデザインですので、男性、女性ともに利用可能です。
ソフトタイプでかさばらないので、セカンドバッグとして合宿に持って行くと、荷物を小分けにして運ぶ際にも便利です。

テニスラケットケースの人気おすすめランキング2位

ヨネックスのテニスラケットケース1本用(ynx-ac531)

 (52402)

ヨネックスのテニスラケットケースです。素材はポリウレタン、ポリエステルで、サイドポケットが付いていて小物などの収納に便利です。
色はブラックで、ヨネックスの白色のロゴが目立ちます。大変ベーシックなデザインなので服装にも合わせやすく一つは持っておきたいケースです。また、男性でも女性でも使えます。大きさは、縦76センチ×横33センチ、テニスラケット1本がすっぽりとグリップまで入りますので、雨にラケットやガットが濡れる心配がありません。ガットは雨や湿度に弱い素材のものが多いので、濡れると打球感が格段に落ちてしまいます。肩掛けのベルト付きですので持ち運びにも便利です。

テニスラケットケースの人気おすすめランキング1位

ウイルソンの純正ハードケース(1本収納)

 (52405)

ウイルソンのラケットケースです。最近ではラケットにラケットケースが付属品として付いていないことの方が多くなっており、持ち運びのためには何かしらのラケットを守るケースかバッグが必要です。このウイルソンのラケットケースは、ラケット全体をすっぽり収納でき、ショルダーベルト付きのため、肩にかけてラケットを運ぶことができます。
表面素材もポリエステルで雨を通さないために雨が降った際にも、ラケットやガットを濡らさずに守ることができます。また、内部はウレタン加工されていて、衝撃から守るタイプのハードケースです。
大きさは縦69センチ×横31センチ、色はブラックにウイルソンの白色のロゴが鮮やかです。男性だけでなく、女性が持たれてもウイルソンブランドとケースから「テニスができる人」と見られるでしょう。

テニスラケットケースの選び方のまとめ

テニスラケットケースの選び方のポイントと10品のおすすめをご紹介しました。
選び方としては、テニスラケットケースの本来の目的である、外からの衝撃と雨や湿度などの影響からラケットとガットを保護するために、まずはラケット全体をすっぽり覆い、雨などの水を通さない素材のものを選ぶポイントとして押さえましょう。アドバイスとしては、2本以上入るもの、小物入れのポケット付きのものが便利です。
そのうえで、カラーやデザインで気に入ったものを選ばれることをおすすめします。ご自分の好きな大きさやデザイン、機能性で選ぶことで個性を出してみましょう。テニスコートに行くのが待ち遠しくなるようなテニスラケットケースを選んで、テニスを存分に楽しんでください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。