Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. テニス
  4. >
  5. オールコート用テニスシュ...
オールコート用テニスシューズのおすすめ人気ランキングTOP10!

オールコート用テニスシューズのおすすめ人気ランキングTOP10!

オールコート用おすすめのテニスシューズをランキング形式でお伝えしていきます。オールコート用テニスシューズの選び方はもちろん、メーカーによっての特色や機能なども詳しく解説しています。自分に合ったシューズ選びの参考にしてください。

2021.12.16 テニス

オールコート用テニスシューズの選び方

 (82101)

テニスを上達するためにも、怪我を防止するためにも、テニスシューズの存在は欠かせません。フットワークが重要なテニスでは、コートに適したシューズを履かないことで思い通りのスイングができず、次のボールへの対応も遅れてしまいます。

オールコート用=すべてのコートに対応 という認識をもたれがちですが、オムニやクレーで使用するとパフォーマンスが落ちてしまいますので、最も適しているハードコートでの使用をおすすめします。

コートの他にメーカーや機能のタイプによって自分に合った選び方がありますので1つ1つみていきましょう。

メーカーの選び方

 (82100)

硬式テニスには多くのメーカーがありますが、メーカーごとに製法や技術といった特色の違いがあります。

例えば、人気ブランドのヨネックスであればクッション性に優れていますし、同じく人気のアシックスブランドであれば日本人の足にフィットするシューズに力を入れています。

メーカーによって特色やシューズの作り、サイズ感なども変わってきますので、自分に合ったメーカーを探すことは、テニスシューズの選び方にとって重要な要素となります。

タイプの選び方

オールコート用に限った話ではありませんが、硬式テニスシューズにはスピード型とスタビリティ型(安定型)の大きく2つのタイプに分かれます。

スピード型は、前への動きや切り返しなどに優れた特徴があり、小回りがききます。オールコート用テニスシューズでは少ないタイプではありますが、フットワークを速くしたい方におすすめです。

対してスタビリティタイプは動かされた際でもシューズがぶれにくく、しっかりしたストロークを打つことが可能です。オールコート用では主流のタイプとなり、しっかりストロークを打ちたい方におすすめです。

オールコート用テニスシューズランキング10位

プリンス ツアープロ Z 4

 (81976)

プリンスの2019年モデルツアープロZ4はアビリティ型となります。オフバランスをいかに作らせないかをテーマとし、人間のバランスを支える骨盤に注目して作られています。

RMF SOLE TOUR というアウトソールを採用することで、ハムストリングを効果的に作用し、切り返し時でも左右へのブレを感じさせないオールコート用テニスシューズです。現代のスピードテニスに対応したモデルとなり、安定感とシャープな動きを両立したテニスシューズとなっています。

おすすめポイント

 (80449)

オールコート用のツアープロZ4は、激しい動きの中で最大限の効果を発揮するため、競技者向けとなります。

アウトソールがしっかりしているため、左右の動きの際でもブレが生じにくくアッパー部分は柔らかめになっているため、切り返し時の瞬間的な速度UPも可能にしています。また、クッション性もあり長時間のプレーにも対応しています。

左右の動きが多いシングルスプレーヤーのみならず、前後の動きが多いダブルスプレーヤー​にもおすすめです。

オールコート用テニスシューズランキング9位

スリクソン アクティベクター

 (81978)

アクティベクターは、これまでのスリクソンシューズとは異なる新しいオールコート用テニスシューズとなります。

今作よりつま先部分にベクターカーボンを搭載することで、蹴りだしのスムーズさを実現しています。アウトソールは1枚足となり、安定感が増す作りとなっています。重さを軽減する工夫としてアウトソールに空洞部分を作り軽量化を図っています。スリクソンの特徴でもあるインソールも2種類用意されており、好みに合わせたフィット感を調整できるテニスシューズです。

おすすめポイント

 (80452)

オールコート用のアクティベクターは、軽くて蹴りだしが速くなるため、初動を早くしたい方におすすめです。

足裏が縦割り構造になっているため、行きたい方向に重心をかけやすくなっており、つま先に搭載されているベクターカーボンがしっかり弾いてくれるため、左右の動きはもちろん斜めの動き出しも素早くしてくれます

小刻みな動きを得意とする方は、よりフットワークの精度を上げることができ、今までのシューズが重いと感じる方は驚異の軽さを感じることができます。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

オールコート用テニスシューズランキング8位

ナイキ コートエアズームヴェイバーX

 (81980)

エアズームヴェイバーは、ナイキ契約でもあるフェデラーや日本の錦織圭などが使用している人気のモデルです。ナイキと言えばエアジョーダンでも有名なエアーです。かかと部分に搭載されたZoom Air ユニットが、常に高反発を生み軽やかなフットワークを実現可能にしています。

また、Dynamic Fitを搭載することで、フィット感と安定感を実現し、履きやすさを追求したオールコート用テニスシューズとなっています。

おすすめポイント

 (80455)

オールコート用のエアズームヴェイバーXは、フィット感に優れていますので安定したコントロールを生み出し、自在な動きが可能です。

エアーから生まれるクッション性は足に負担が来やすいハードコートでも硬さを感じずにプレーでき、ダイナミックフィットによりサイズ感も気になりません。足の外側を包み込むようにした作りが安定感ももたらし、どんなプレーヤーでも快適にプレーを楽しむことができるテニスシューズとなっています。

オールコート用テニスシューズランキング7位

ウィルソン ケーオス 2.0 AC

 (81982)

硬式テニスの中でも人気のメーカー、ウィルソンの代表的なテニスシューズとなるのが、スピード型のケーオス2.0です。ウィルソンは前足部のサポート力を重視しており、テニスで最も使われるつま先部分を強化することで、力強さとシューズとの一体感を実現しています。

前作のケーオスと比較しますと、中部分部を人間の動きによりフィットするように進化させ、前後の動きをスムーズにしています。また、重さも前作より40グラム軽減したことにより、スピード型に特化したオールコート用テニスシューズとなっています。

おすすめポイント

 (80466)

オールコート用のケーオス2.0は、スピード型特有の耐久性のなさを強化するため、、前足部の屈曲部分にスキンガードという放射線上のサポートを施しています。そのため、激しい動きの中でもシューズの負担を減らすため、消耗の激しいハードコートでも、存分に動き回ることが可能です。

他メーカーと比較しても、動き出し方向への推進力に力をいれており、ハードコートでも機動力のあるテニスシューズを求めている方におすすめです。

オールコート用テニスシューズランキング6位

ディアドラ スピードコンペティション4

 (81993)

常識を打ち破るデザインで人気を博しているディアドラの中でもスピード型に特化したシューズがスピードコンペティション4です。

ディアドラには他にもスピードスターやスピードプロなどのスピード型が存在しますが、これらと比較しても、より軽量化されたモデルとなり、ラッセル構造を採用することでスピード+耐久性を実現したオールコート用テニスシューズです。硬式テニスのシューズは地味なものも多い中、存在感がある奇抜なデザインもディアドラの特徴となります。

おすすめポイント

 (82125)

オールコート用のスピードコンペティション4は、軽量化をはかるためアッパー部分に軽い素材を使用し、俊敏な動きを可能にしています。さらに、ハードコートでの消耗を軽減するためつま先部分に堅い素材を使用していますので、激しい動きでシューズの消耗が激しい学生におすすめとなっています。

現代テニスはスピードテニスともいわれている中、軽量+耐久の両方を兼ね備えたスピードコンペティションは、テニスをワンランク上のレベルへ引き上げてくれます。

オールコート用テニスシューズランキング5位

アディダス ウーバーソニック3

 (80469)

硬式テニスのトッププレーヤーでもあるズベレフ選手やラオニッチ選手が契約しているアディダスの新時代テニスシューズがウーバーソニックです。アウトソールをハードコートだけでなくオムニにも対応したマルチコートシューズとなっており、ハードコートでは程よいスライドを可能とし、オムニではしっかりしたグリップ力を実現しています。

また、アッパー部分に特殊な糸を施すことで軽量化と耐久性、柔軟性を実現しており、どのコートでも動きやすいテニスシューズとなっています。

おすすめポイント

 (80549)

オールコート用として使用できるウーバーソニックは、多様なコートがある日本において非常に人気を集めています。コートに応じてシューズを履き替える手間がなくなるので、ウーバーソニック3を1足持つことでハード・オムニ・クレーどこでも使用でき、経済的にもお得です。

また、非常に履きやすく軽さもありますので、コートによってシューズを履き替えることの少ないテニス初心者はもちろん、ハードに動く競技者でも動きやすさと程よいグリップ力を感じられ、幅広い層のプレーヤーにおすすめです。

オールコート用テニスシューズランキング4位

ヨネックス パワークッションエアラスダッシュ2

 (81984)

日本ブランドでありながら世界的にも人気のあるヨネックスのスピード型モデルがエアラスダッシュ2です。軽量に特化した究極の軽さとヨネックス独自のパワークッションを駆使し、走り出しからずっとどんでいるような感覚を味わえるオールコー用トテニスシューズとなっています。

安定性も追求するため、中足部には3Dパワーカーボンを採用しています。他社では使用していないカーボンをヨネックス独自の技術により使用することで、安定性+軽量を実現しました。

おすすめポイント

 (80557)

エアラスダッシュ2は全メーカーと比較してもトップクラスの軽量化を実現しています。300gを切れば軽いと言わる中で、26.5㎝のテニスシューズで280g前後の重量となりますので、重さを感じたくない方に非常におすすめです。

また、7メートルの高さから卵を落としても割れずに反発するパワークッション機能が、蹴りだしの高反発を生み出すため、前方への動きを早くしたいダブルスプレーヤーにもおすすめのシューズです。

オールコート用テニスシューズランキング3位

アシックス ゲルゲームズ6

 (81986)

大人気シューズメーカーアシックスの中でもコスパと機能面に優れたのがゲルゲームズ6です。耐久性と安定性に比重をおいたアビリティ型となり、激しい動きにも対応できるオールコート用テニスシューズとなっています。

アシックス独自のGELとミッドソールの厚さがクッション性を上げ、中足部に素材の硬いトラスティックを採用することで安定性を作り出しています。トップモデルと比較してもさほど違いを感じさせない機能を持ち、なおかつ低価格のため、人気が高いシューズです。

おすすめポイント

 (81974)

オールコート用テニスシューズゲルゲームズ6は耐久性・コスパに優れているため、ハードコートで激しい動きが多くなる学生におすすめです。

アウトソールは、地面との設置面が多い一枚足を採用しているため、軸が安定し力強いストロークが打つことが可能となり、シングルスを主体とするプレーヤーにも満足のいくものとなっています。クッションセにも優れているため、ハードコートでも疲れにくく、アシックスメーカーの良さを体感できるテニスシューズです。

オールコート用テニスシューズランキング2位

ミズノ ウェーブインテンスツアー4

 (81988)

テニスシューズ界で人気を博しているミズノのスタビリティ型ツアーモデルがウェーブインテンスツアーです。ミズノメーカー独自のミズノウェーブが、高い安定性とクッション性を作り出しています。

ミッドソールに波型プレートを挟むことで、横の動きには強く、縦の動きには柔軟な動きを作り出し、通常のミッドソールと比較しても衝撃を分散させられ、足への負担を軽減することを可能にしています。

スタビリティ型の中でも、非常にバランスのとれた高性能オールコート用テニスシューズです。

おすすめポイント

 (82071)

オールコート用のウェーブインテンスツアー4は27㎝のシューズで400gと少々重さがありますが、ミズノウェーブ特有のクッション性や切り返しに特化したアウトソールが軽さを感じさせてくれ、安定感があり動きやすいモデルです。

ハードコートではスライディング機能も選び方のポイントとなりますが、程よいグリップ力でスライディングを演出してくれます。シングルスプレーヤーは横の動きに対して今までないフットワークを可能にしてくれますので、おすすめのシューズです。

オールコート用テニスシューズランキング1位

アシックス ゲルレゾリューション7

 (81990)

アシックスメーカーの中でも最高の機能と人気を誇るのが、スタビリティ型ゲルレゾリューション7です。

メイン機能となるホールド感・安定性・フィット感を作り出し、アシックス独自のGEを搭載しクッション性も実現しています。つま先部分の強化することで横ブレを抑制し、立体型とラスティックを採用することで安定性を生んでいます。スタビリティ型ということで若干の重さを感じますが、安定性がずば抜けているため力強いストロークが打てるオールコート用テニスシューズとなります。

おすすめポイント

 (82124)

安定性を追求するために、アウトソールは1枚足とし中足部には非常に剛性力の高い素材を使用sるうことで、動かされた際のブレをなくし、ブレーキ力もしっかりと体感できます。

また、広範囲に切り返しができるように前足部には3つの大きなピボットサークルを採用しているので、潤滑な動きが可能です。激しい動きにも耐えられ、急な切り返しにもスムーズに対応できるため、競技志向のシングルスプレーヤーに最もおすすめしたいオールコート用テニスシューズです。

目的に合わせたオールコート用テニスシューズを選ぼう

テニスシューズの選び方

テニスシューズの選び方

オールコート用テニスシューズをランキング形式でお伝えしてきましたが、ひとえにオールコート用と言ってもメーカーや機能によってさまざまタイプのシューズがあります。

プレーレベルやプレースタイルによって自分にあったテニスシューズは変わってきますので、まずは自身のプレーを客観視してから、目的に合わせて選ぶようにしましょう。

まずはスピードタイプかスタビリティタイプを選び、その後、機能やメーカーに目を向けるとスムーズに選ぶことができますので、自分にあった1一足を手に入れ、1つ上のフットワークを手に入れましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。