2019年4月29日 更新

スライスサーブの打ち方とは?初心者でも上手く打つコツ【テニス上達ガイド】

硬式テニスでのスライスサーブの打ち方と練習法、よくあるお悩みポイントと解決法、初心者でも上手く打つコツをご紹介します。硬式テニスのスライスサーブの打ち方は、自然に身体を使え、筋力を必要としませんので、初心者の方や非力な女性や高齢の方でもコツをつかめば十分に打てるサーブです。

32,109 view お気に入り 0
スライスサーブのスイングは右斜め前方にテニスラケットを振り下ろします。右斜め「前方」というのがポイントで、フラットサーブはテニスボールを打つ方向にラケットを振り下ろすのですが、スライスサーブはスイングの方向とテニスボールの飛ぶ方向が違いますので注意が必要です。前方にしっかりと振り下ろすほど、回転がかかって滑るスライスサーブになります。

リズムについて

サーブのリズムの基本は「1,2,3」で、(1)トスを上げ、(2)テニスラケットを担ぎ、(3)テニスボールを捉え最後まで振り切ります。スライスサーブでの(2)(3)の腕の動きは手刀で空を切るイメージになります。または、(1)と(2)を同時に行い、(3)で振り切る、「1,2」のリズムで打つ方法もあります。

サーブでは左腕の動きと右腕の動きが独立して違う動きをするので、初め慣れないとタイミングが取りにくいと思います。そんな時には、最初からテニスラケットを担いだ状態で、[1]トスを上げて[2]振り切る「1,2」のリズムで打ってみることをおすすめします。この「1,2」のリズムですと、右腕を担いだ状態で固定できるので、左腕のトスアップだけに集中できるという利点があります。サーブの導入時点で紹介する練習法です。

サーブは非常に感覚的なショットですので、久しぶりにテニスをする時に勘が鈍っていて上手く当たらなかったり、試合の途中でも急に入らなくなったりすることがあります。そういったときにシンプルな「1,2」のリズムを試してみても良いと思います。数々の大会に優勝したアガシ選手が一時期、「1,2」のリズムでサーブをしていたことがありました。ご自分の打ちやすいリズムを身に付けましょう。

スライスサーブの打ち方の練習法

スライスサーブに効く打ち方の練習法をご紹介しましょう。

グリップを覚える練習①

スライスサーブはグリップがポイントになります。コンチネンタルグリップはサーブの基本のグリップですが、特にスライスサーブの回転がかけやすく、このグリップを覚えておくことがスライスサーブのカギになります。

グリップを覚える練習法の一つには、包丁を握る持ち方でテニスラケットを握り、テニスボールを上向きにラケットフレームのエッジ(端)でついてみましょう。最近は厚いフレームのテニスラケットが多いので、比較的楽につくことができると思います。安定して連続して上につくことができない場合は、きちんとテニスラケットが握れていないことが原因だとわかります。
グリップの練習 エッジでついてみる

グリップの練習 エッジでついてみる

グリップを覚える練習②

次に同じ握り方で、ラケットフレームのエッジでテニスボールを下向きについてみましょう。下向きでも安定して連続してできるように練習してみてください。できないようでしたらきちんと握れていないことになります。

打点での感覚を覚える練習

エッジでのボールつきが安定してできるようになったら、同じグリップで、バウンドして上がってくるテニスボールをテニスラケット面で削るようにカットしてみてください。その感覚がスライスサーブの打点での感覚になります。かすりながらもしっかり当てる、微妙な感覚が分かってきましたらグリップについては完成です。

腕の使い方を覚える練習

 (43829)

テニスでは各ショットで腕の動きが重要です。手首の使い過ぎは安定感を損ねますが、上手く使うとボールにパワーも生まれ効果的です。また肘の曲げ伸ばしもボールにパワーとスピンを与えます。

スライスサーブでの腕の動きは手刀で相手を切る感覚になります。肘を曲げて「シュッ」と風を切るように手を振り下ろす、それだけです。手首は無理に使わないのがコツです。この練習は普段から場所を気にせず行うことができます。

ビニールボールを使った練習

海水浴で使われる、すいかのデザインや、サッカーボールのデザインのビニールボールを用意してください。これらのデザインですと非常にボールの回転が分かりやすく、初心者の方でも回転のチェックに最適です。テニスラケットでビニールボールの右端をカットするように打ちますと、ビニールボールの回転がよく見え、テニスボールを打つよりも回転が確認できます。しっかり回転がかかるラケットの使い方と感覚を覚えてください。

ビニールボールを使った練習

ビニールボールを使った練習

トスアップの練習

スライスサーブでのトスアップは、右斜め上方になります。トスアップしたボールの落ちる位置の地面にラケット面を置き、トスアップしたテニスボールを安定してラケット面に落とす練習をしてみてください。筆者は、初心者の方のサーブが安定して入らない原因は、トスアップが半分、打点とスイングが半分と考えていて、トスアップはそのくらい重要なので、安定してラケット面にテニスボールを落とせるまで練習してみてください。
トスアップの練習

トスアップの練習

打点の位置をつかむ練習

左手にも1本テニスラケットを持って左手を高く伸ばします。右斜め上方がスライスサーブの打点です。そこに左手のテニスラケット面が来るようにセットして、右手のテニスラケットで左手のラケット面をノックするように打ってみてください。繰り返しやることでスライスサーブの打点の位置をつかみやすくなります。

キャッチボール

サーブの練習にはキャッチボールが効果的です。ボールを投げる動作は、テニスのサーブのスイングによく似ているからです。初心者の方や、特に球技をあまりやってこなかった女性などは、肩が回らずテニスボールを遠くに投げることができないことが多いです。スライスサーブでは、野球でいうスリークォーター(4分の3)の斜め右から投げ下ろすフォームでのキャッチボールを繰り返すと、スイングの練習になりますので、初心者の方は最初は相手との距離を短く始め、徐々に遠くして、安定して目標である相手に投げられるように練習してみてください。初心者以外でもサーブのコントロールが安定しない方にも効果的です。また、テニスボールよりも少し重いボールを投げると、肩の強化にもなり併せて効果的です。
63 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大分のアジングポイント7選!アジが釣れる釣り場はどこ?

大分のアジングポイント7選!アジが釣れる釣り場はどこ?

大分県のアジングポイントは幸ノ浦港が一番おすすめです。幸ノ浦港は潮回りが良いためアジの数、サイズ共に好釣果が期待でき、佐伯・津久見・別府エリアも人気です。大分のアジングのハイシーズンは7月〜9月ですが、冬の時期でも日見港や田鶴音港では釣果を期待できます。アジングの釣果アップにはシーズンに合わせた釣り場選びが大切です。
卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

絶対知っておきたい卓球の技18選を、サーブ・レシーブ・ドライブ・ロビング・カットに分けて紹介します。それぞれの技は難易度や使用タイミングが大きく異なり、技の特徴を把握することが重要になります。卓球の技は種類が豊富なので、卓球初心者でも技の名前や特徴を覚えるようにしていきましょう。
YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

卓球のYGサーブとは、ヒジを支点にして内から外にスイングする逆横回転サーブになります。卓球のYGサーブを打つ時は、グリップの握り方・ボールのトス・体重移動・ヒジの高さ・スイングのやり方を意識します。さらに、YGサーブの回転のかけ方を、下回転系と上回転系に分けて解説していきます。
卓球のバックサーブとは?初心者へバックサーブの打ち方と5つのコツを解説!

卓球のバックサーブとは?初心者へバックサーブの打ち方と5つのコツを解説!

卓球のバックサーブとは、ラケットのバック面で出すサーブになります。バックサーブの打ち方のポイントは、体の正面で打球することです。バックサーブのコツは、正確なトスを上げる、卓球台に近い位置で打球する、体重移動、サーブの長短、同じようなフォームで回転を出し分けることの5つになります。バックサーブは練習を重ねることで習得することが可能です!
和歌山のショアジギングポイント8選!青物が釣れるおすすめ場所は?

和歌山のショアジギングポイント8選!青物が釣れるおすすめ場所は?

和歌山県では青物が釣れるショアジギングのポイントが豊富です。地磯、サーフ、漁港などのスタイルに合わせた釣り場や魚種を選べる点も魅力です。カンパチ、ヒラマサ、サワラ、ブリ、ソーダ、ガツオなどが釣れる和歌山のショアジギングができる8ヶ所のポイントと攻略法を徹底解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

園城寺 希 園城寺 希