2019年4月29日 更新

スライスサーブの打ち方とは?初心者でも上手く打つコツ【テニス上達ガイド】

硬式テニスでのスライスサーブの打ち方と練習法、よくあるお悩みポイントと解決法、初心者でも上手く打つコツをご紹介します。硬式テニスのスライスサーブの打ち方は、自然に身体を使え、筋力を必要としませんので、初心者の方や非力な女性や高齢の方でもコツをつかめば十分に打てるサーブです。

31,312 view お気に入り 0

スライスサーブの打ち方のコツ

以下によくあるスライスサーブでの初心者の方々のお悩みポイントとその解決策、打ち方のコツを書いてみました。困った時のチェックに参考にしてみてください。

回転がかからない

グリップはコンチネンタルグリップになっていますか?初心者の方がサーブでも使いたがるストロークでのグリップ(主にイースタンまたはセミウエスタングリップ)ですと、当たりが厚くなり、スライス回転にならず、回転がかかりにくいです。コンチネンタルグリップを使うことが回転がかかりやすくなるコツになります。ちなみに、ラケット競技の世界では、当たりが厚い、薄いという表現をすることが多くあります。しっかり当たることを厚く当たる、かすれたような当たりは薄く当たると言います。スライスは後者の薄い当たり方になります。

腕の使い方は手刀を切るような使い方になっていますか?「シュッ」と風切る音がするくらいの腕の使い方をするのが回転をかけるコツです。ただし、初心者の方は手首だけで、いわゆる切りすぎになることが多く、ボールが前方に飛びません。そこで大切になるのはスイングになります。

スイングは右斜め前方に振れていますか?スライスサーブでは、スイングの方向とボールの飛ぶ方向が違ってきます。スイングの方向は右斜め前方というのがコツになります。また、初心者の方に多いのは、ボールの行方が心配になり、ラケットを途中で止めてしまうことです。初心者の方にはボールの行方は気にせず、身体全体で最後まで振り切ることもコツです。振り切ることで腰回りの筋肉が使え、強い回転がかかるようになります。

ボールが前に飛ばない

ラケットを右斜め前方に振り切っていますか?ボールの回転と、前に進む推進力を調整しないといけません。スイングの前方への振り切りが足りないとボールの推進力が得られず、飛距離が足りなくなります。また、手首を使いすぎて回転がかかりすぎていることも原因かもしれません。しっかりと腕を使って前方に振り切ることがコツになります。

サーブが入らない、安定しない

サーブの狙いは正確ですか?スライスサーブは横に(右利きでは左側に)流れるように飛ぶため、流れる分を予想して狙いは気持ち右寄りにするのがコツです。風がある日などは流れる分を予測しにくいため特に注意が必要です。

トスアップは安定して同じ位置に上げられていますか?毎回違う位置に上げているのでは安定したサーブは打てません。スライスサーブではトスアップは右斜め前方です。あと、初心者の方に多いのは、トスアップの際に手首を返してしまうことです。手首を返すと安定してボールを上げることができません。左手にコップを持って、コップの中の水をこぼさずに上に上げるようにイメージするのがコツです。手首を使わずにトスアップができるようになります。

スイングは安定していますか?同じスイングで打てるようにならないと安定したサーブは望めません。そのためには初心者の方にはスイングを固めるキャッチボールが上達のコツになります。キャッチボールで安定して相手に返球できる練習を繰り返してみるとよいでしょう。

手首を使いすぎていませんか?手首の使い過ぎはコントロールが安定しない原因になります。

バウンドしてから滑らない

止めずにしっかりと最後までスイングを振り切っていますか?初心者の方にはボールの行方を心配してスイングを途中で止めてしまう方が多いです。ストロークでも同じでしっかりと最後まで振り切ることがコツで、そうすることでボールに回転がかかり、パワーも乗ることになります。

テニスのスライスサーブの打ち方のまとめ

Athletes Audience Competition · Free photo on Pixabay (43500)

硬式テニスのスライスサーブの打ち方と練習法、よくある初心者の方々のお悩みポイントと解決法、打ち方のコツをご紹介しました。初心者には練習あるのみ、とよく言われますが、ただ間違った打ち方を考えなしに何度も繰り返すのは、打ち方に変なクセがついて無駄な努力になることもあります。初心者の方だからこそ、打ち方を良く学び、上手くコツを捉えた上で、正しい基本の打ち方を繰り返し練習して身に付けることをおすすめします。最後までお読み頂きありがとうございました。

63 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大分のアジングポイント7選!アジが釣れる釣り場はどこ?

大分のアジングポイント7選!アジが釣れる釣り場はどこ?

大分県のアジングポイントは幸ノ浦港が一番おすすめです。幸ノ浦港は潮回りが良いためアジの数、サイズ共に好釣果が期待でき、佐伯・津久見・別府エリアも人気です。大分のアジングのハイシーズンは7月〜9月ですが、冬の時期でも日見港や田鶴音港では釣果を期待できます。アジングの釣果アップにはシーズンに合わせた釣り場選びが大切です。
卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

絶対知っておきたい卓球の技18選を、サーブ・レシーブ・ドライブ・ロビング・カットに分けて紹介します。それぞれの技は難易度や使用タイミングが大きく異なり、技の特徴を把握することが重要になります。卓球の技は種類が豊富なので、卓球初心者でも技の名前や特徴を覚えるようにしていきましょう。
YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

卓球のYGサーブとは、ヒジを支点にして内から外にスイングする逆横回転サーブになります。卓球のYGサーブを打つ時は、グリップの握り方・ボールのトス・体重移動・ヒジの高さ・スイングのやり方を意識します。さらに、YGサーブの回転のかけ方を、下回転系と上回転系に分けて解説していきます。
卓球のバックサーブとは?初心者へバックサーブの打ち方と5つのコツを解説!

卓球のバックサーブとは?初心者へバックサーブの打ち方と5つのコツを解説!

卓球のバックサーブとは、ラケットのバック面で出すサーブになります。バックサーブの打ち方のポイントは、体の正面で打球することです。バックサーブのコツは、正確なトスを上げる、卓球台に近い位置で打球する、体重移動、サーブの長短、同じようなフォームで回転を出し分けることの5つになります。バックサーブは練習を重ねることで習得することが可能です!
和歌山のショアジギングポイント8選!青物が釣れるおすすめ場所は?

和歌山のショアジギングポイント8選!青物が釣れるおすすめ場所は?

和歌山県では青物が釣れるショアジギングのポイントが豊富です。地磯、サーフ、漁港などのスタイルに合わせた釣り場や魚種を選べる点も魅力です。カンパチ、ヒラマサ、サワラ、ブリ、ソーダ、ガツオなどが釣れる和歌山のショアジギングができる8ヶ所のポイントと攻略法を徹底解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

園城寺 希 園城寺 希