Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. テニス
  4. >
  5. テニスのサーブ最速世界&...
テニスのサーブ最速世界&日本のスピードランキング!ギネス記録は?

テニスのサーブ最速世界&日本のスピードランキング!ギネス記録は?

テニスのサーブは数ある球技の中でも最速スピードが速いスポーツです。そこでテニスのサーブが最も速い選手はいったい誰なのか?また、その記録は最速何kmなのか?そして、ギネス記録はどのくらいの速さなのか?を、世界と日本に分けて、をランキング形式で紹介します。

2021.12.16 テニス

テニスのサーブ日本最速ランキング第5位

錦織圭

harupi on Instagram: “錦織圭✖️日清食品 KEI NISHIKORI SPECIAL SITE 2018 ゲリー・ウェバー・オープン1回戦(25枚)より ・ もう一枚。少し笑ってるように見える素敵な写真だったので、単独で☺️ ・ #NISSIN @gerryweberopen_official…” (42791)

錦織圭(にしこりけい)選手は1989年12月29日生まれの28歳で身長は178cmです。
テニスシングルスの世界ランキング最高ランクは4位と、世界でもトップクラスであり、日本を代表する選手で、その実力は、4大大会の全米OPでは準優勝、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは銅メダルを獲得しました。
錦織圭選手の代名詞は、ジャンプしながらフォアを打つ「エア・ケイ」で、正確なショットが持ち味の選手です。また、錦織選手が使用しているテニスラケットはwilson(ウィルソン)が販売しているBURN95を使用し、あのエア・ケイが繰り出されています。

錦織選手のサーブ最高速度は時速約201km

錦織選手のサーブの最速は時速約201kmと、日本人トップの成績を叩き出します。
サーブスピードはあまり速いとは言えませんが、錦織選手は、テニスのトッププレイヤーの選手の中でも体格はかなり小柄で、200km前後のサーブを打つことができるというだけでも、かなりの武器になります。
錦織圭選手は、ビックサーバーとの対戦では、苦戦しつつも相性は悪くなく、錦織選手のプレースタイルは、オールラウンダーではありますが、中でもベースラインプレイヤーといての特徴が強いです。

テニスのサーブ日本最速ランキング第4位

伊藤竜馬

taka on Instagram: “楽天ジャパンオープン 頑張ってるのは錦織圭選手だけではありませんよぉー! 伊藤竜馬選手、ワウリンカ相手に健闘しています!ワンセットオールでファイナルセットツーブレイクダウンですが、気迫では負けてません!テニスは最後までわかりません!竜馬Go!…” (42790)

伊藤竜馬(いとうたつま)選手は、1988年5月18日生まれの30歳で身長は180cmの選手です。
テニスシングルスの世界ランキング最高ランクは、2012年に記録した60位、4大大会では予選から出場し本戦に出場しました。2012年には、全日本室内テニス選手権で優勝を飾り、現在30歳ではあるが、錦織選手に負けじと海外で活躍してもらいたい選手の1人です。

伊藤選手のサーブ最高速度は時速約210km

伊藤竜馬選手のサーブ最速は210kmで、他の日本人選手と比べて、パワーがあるためパワープレーができる選手です。
錦織選手と身長や体重はほとんど変わりませんが、伊藤選手の方が筋肉質で、パワーがある体格をしているので、そのパワーを活かした、スピードのあるフォアハンドは強烈で、ランクの高い選手にも十分に負けておらず、得意なハードコートでは伊藤選手のそのパワーが生きてきます。
30歳を迎え、年齢との戦いにもなってきますが、パワーの衰えがない限りまだまだ戦える選手です。

テニスのサーブ日本最速ランキング第3位

鈴木貴男

Takuya Ikeda on Instagram: “#鈴木貴男 #takao #takaosuzuki  #リム2000ツアー #RIM2000TOUR” (42792)

鈴木貴男(すずきたかお)選手は、1976年9月11日生まれの41歳で身長は175cmです。
テニスシングルスの世界ランキング最高ランクは、1998年に記録した102位で、シングルスでは全仏OPを除いた4大大会に出場しました。2005年の全豪OPと、2003年のウィンブルドンでは、2回戦まで進出する程の実力を持ちます。
ATPツアーではシングルとしての優勝はありませんが、2005年にはダブルスで優勝果たしました。
現在は、第一線からは退いていますが、40歳を超えた今でも現役として試合に出場しています。

鈴木選手のサーブ最高速度は時速約210km

鈴木貴男選手のサーブ最速は時速約210kmで、テニス選手の中ではかなり小柄ながらも、200kmを超える速度のサーブを打っていました。
鈴木選手は相手が格上の選手だろうと、決してサーブ&ボレーのスタイルを崩さずに戦うプレースタイルの持ち主です。
そんな鈴木選手が使用していたテニスラケットは、スリクソンの「REVO CX」を使用していました。

テニスのサーブ日本最速ランキング第2位

松岡修造

炭焼酒場鶏ころ on Instagram: “こんばんは、鶏ころです。 みなさん今日、11月6日は何の日か知ってますか? エイブラハム・リンカーンがアメリカ合衆国選挙で共和党初の大統領に当選した日なんですよ!!そしてなんとあの、アツい漢、松岡修造氏の誕生日だそうです((´∀`*))修造さんおめでとうございます!…” (43385)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
松岡修造(まつおかしゅうぞう)さんは、1967年11月6日生まれの50歳で身長は188cmで、テニスシングルスの世界ランキング最高ランクは46位という実績を持ちます。
1995年に行われたウィンブルドンでは、テニス男子シングルスで日本人男子として62年ぶりにベスト8へ進出した、当時の日本を代表したテニス選手です。
その他の4大大会でも、本戦に出場したり1992年のATPツアーソウルOPでは優勝するなど、活躍を続けましたが、まもなく30歳という1998年に、現役選手からスピード引退しました。

松岡修造さんのサーブ最高速度は時速約220km

松岡修造さんのサーブ最速は約220kmでした。これは添田豪選手に抜かされるまでは、日本人トップの速度で、松岡修造さんは日本人離れしたビッグサーバーだったのです。
身長も188cmと他の日本人と比べても長身で、長身から繰り出す角度や、スピードのあるサーブは松岡さんの持ち味でした。
過去に指導者として、現在日本を代表するテニス選手である錦織圭選手や、伊藤竜馬選手を指導したことでも有名です。

テニスのサーブ日本最速ランキング第1位

添田豪

@yu.yu_9115 on Instagram: “楽天ジャパンオープン2016 #gosoeda #添田豪#rakutenjapanopen #楽天ジャパンオープン” (42485)

添田豪(そえだごう)選手は、1984年9月5日生まれの33歳で身長は178cmの選手です。
テニスシングルスの世界ランキング最高ランクは47位で、現在の日本を代表するテニス選手の1人に挙げられます。
これまでに4大大会の本戦に出場し、デビスカップなどの日本代表の団体戦では、主将として活躍中で、全日本選手権でも2度の制覇し、ATPツアーを中心に海外でプレーしています。

添田選手のサーブ最高速度は時速約222km

添田選手のサーブは日本人最速の222kmで、歴代日本最速の速度で2015年の全豪OPで記録しました。
添田選手は、このようにスピードのあるサーブがあるため、ビッグサーバーと思われがちですが、基本的にはオールラウンダーの選手です。しかし、バックハンドのストロークは特に正確で、添田選手の1番の武器と言われています。
添田選手が得意なコートはカーペットコートやハードコートで、クレーコートが苦手な選手です。

テニスのサーブ世界最速ランキング第7位

アンディ・ロディック

田島悠将 on Instagram: “昨日のテニススクール終了後にクラス変更を言い渡されました~ 一つ上に昇格です! 良い調子!  そして昨日は7人の生徒数の中でのサーブ練習…” (43349)

アンディ・ロディック選手は、1982年8月30日生まれの35歳で身長は188cmのアメリカ出身の選手です。
テニスシングルスの世界ランキング最高ランクは1位で、2012年の全米OPを最後に引退しました。
過去の成績は、2003年に全米OPで優勝し、ウィンブルドンでは複数回準優勝があります。また、2017年には、国際テニス殿堂入りするといった実績を持ち、アンディロディック選手以降、アメリカ人の4大大会制覇者は現れていません。

アンディ・ロディック選手のサーブ最高速度は時速約249km

アンディ・ロディック選手のサーブ最速は、時速約249kmです。
アンディロディック選手は、全身を使ったスピードのあるビッグサーブが武器で、サーブのほとんどが200kmを超える速度で放たれます。
ビッグサーブにばかり注目がいきがちですが、強力なフォアハンドも彼の持ち味でした。
また、ロディック選手が使用しているテニスラケットは、Babolat(バボラ)が販売している、ピュアドライブというラケットを使用していたと言われています。

テニスのサーブ世界最速ランキング第6位

ミロシュ・ラオニッチ

@y_tokyomint on Instagram: “#rakutenjapanopen2017  2017.10.05 #raonic #milosraonic #canada #試合前 #warmingup #ラオニッチ まさかこのあと足を痛めるとは…😞 せっかく怪我治って東京来てくれたのに… 心配です #サーブ凄かった…” (42849)

ミロシュ・ラオニッチ選手は、1990年12月27日生まれの27歳で、身長は196cmのカナダ国籍の選手です。
テニスシングルスの世界ランキング最高ランクは3位で、4大大会のウィンブルドン選手権では、2016年に準優勝、全豪OPでは2016年にベスト4、全仏OPでは2014年にベスト8入りするなど、数々の大会で好成績を残しています。
現在は怪我の影響もあり、世界ランキングは30位前後となっていますが、再び世界ランキングTOP10に入る可能性を持つ実力のある選手です。

ラオニッチ選手のサーブ最高速度は時速約250km

ミロシュ・ラオニッチ選手のサーブ最速は、時速約250kmです。
世界ランキング3位の原動力となっている、身長196cmから放たれるラオニッチ選手の250kmに迫る高速サーブは簡単には返せません。
ラオニッチ選手の基本的なプレースタイルは、ビッグサーバーそのものですが、それ以外にも角度ある強力なフォアハンドや、ネットプレーなど、他のプレースタイルを取り入れつつある選手です。

テニスのサーブ世界最速ランキング第5位

イェジ・ヤノヴィッツ

@tennisphotosresults on Instagram: “Jerzy Janowicz faces Andrea Arnaboldi tomorrow! #Jerzy #Janowicz #JerzyJanowicz #atp250 #Bastad #Tennis #Player #Clay #Adidas #polska…” (42847)

イェジ・ヤノヴィッツ選手は、1990年11月13日生まれの27歳で、身長は203cmのポーランド出身の選手です。
テニスシングルス世界ランキングの最高ランクは、2013年に14位を記録しており、同年の4大大会のウィンブルドンでは、ベスト4の成績を残しています。この成績は、ポーランド出身の選手としては初の出来事でした。
現在は、ケガの影響もありランキングは大幅に落としましたが、27歳とまたまだ活躍できる年齢なので今後の活躍に注目です。

イェジ・ヤノヴィッツ選手のサーブ最高速度は時速約251km

イェジ・ヤノヴィッツ選手のサーブ最速は、時速約251kmです。
過去にウィンブルドンで、ベスト4という成績を残したビッグサーバーで、スピードの出るグラスコートにめっぽう強い選手でした。
イェジ・ヤノヴィッツ選手の武器はもちろん、高身長から繰り出される最速251kmに迫る速さのサーブですが、元々スピン系の選手でありながら、近年では積極的にプレーするアタッカーとして、プレーをすることが多いです。

テニスのサーブ世界最速ランキング第4位

イヴォ・カルロビッチ

田中仁(28)さんはInstagramを利用しています:「カルロビッチ#楽天オープン#テニス#tennis#カルロビッチ#一眼レフ#一眼レフカメラ#写真#eoskissx7i」 (42837)

イボ・カルロビッチ選手は、1979年2月28日生まれの39歳で、身長は211cmのクロアチア出身です。
テニスシングルスの世界ランキング最高ランクは14位で、4大大会のウィンブルドンでは、2009年にベスト8の成績を残し、その他の4大大会でも3回戦以上の成績を残しています。
ATPツアーでは、シングルスで8勝上げており、40歳近い現在も、現役選手として活躍中です。

イボ・カルロビッチ選手のサーブ最高速度は時速約251km

イボ・カルロビッチ選手のサーブ最速は、時速約251kmです。
イボ・カルロビッチ選手は、身長がテニス界でもトップクラスの身長から、角度のある最速251kmに迫る高速サーブが武器です。
錦織圭選手や杉田祐一選手が対戦してますが、スピードのあるサーブに対しては、苦戦を強いられます。何よりセカンドサーブでも200kmを超えるスピードのサーブを、平然と放つ選手です。

テニスのサーブ世界最速ランキング第3位

ジョン・イズナー

VAVEL Tenis on Instagram: “#MiamiOpen El estadounidense John #Isner se proclamó campeón del Masters 1000 de Miami al derrotar al alemán Alexander #Zverev por 6-7(4),…” (42845)

ジョン・イズナー選手は、1985年4月26日生まれの33歳で、身長は208cmのアメリカ出身の選手です。
テニスシングルスの世界ランキング最高ランクは9位で、4大大会の全米OPでは、2011年にベスト8という成績を残しました。その他の4大大会でも、3回戦以上の成績を残し、シングルスツアー通算では13勝上げています。
現在も世界ランキングTOP10入りしており、今後の活躍にも注目です。

ジョン・イズナー選手のサーブ最高速度は時速約253km

ジョン・イズナー選手のサーブ最速は、約253kmです。
この高速サーブは、現在もトッププレイヤーとして活躍するための武器として放たれ続けています。
また、歴代6位のサービスエースを決め打点の高さも大きな武器となっており、過去対戦した、錦織圭選手も、このスピードのあるサーブには手を焼いていました。
ジョン・イズナー選手は、典型的なビッグサーバーではありますが、サーブの決定率が高くハマりだすと手がつけられない選手になります。

テニスのサーブ世界最速ランキング第2位

アルバーノ・オリベッティ

VivimosTenis on Instagram: “Trophee Des Alpilles #ChallengerStRemy #ChallengerTour #StRemyDeProvence #France Surface : Hard 1ra Ronda (Q) #AlbanoOlivetti (Fra) (Photo)…” (43356)

アルバーノ・オリベッティ選手は、1991年11月26日生まれの26歳で、身長は203cmのフランス出身の選手です。
テニスシングルス世界ランキングの最高ランクは161位ですが、まだまだ実力未知数な選手です。
シングルスよりもダブルスで力を発揮し、ダブルスの世界ランキングの最高位は103位です。
また、サーブのスピードが速いことから芝のコートが得意と考えられます。

アルバーノ・オリベッティ選手のサーブ最高速度は時速約257km

アルバーノ・オリベッティ選手のサーブ最速は時速約257キロです。
サーブのほとんどが、200kmを超えるスピードで、身長203cmから放たれる200kmを超える、力のある高速サーブはかなりの武器となります。
アルバーノ・オリベッティ選手は、ビッグサーバーということもあり、基本的にはサーブ&ボレーのプレースタイルをとる選手です。

テニスのサーブ世界最速ランキング第1位

㊲ mina on Instagram: “時速263kmのサーブって…💧 .  #SamuelGroth #SamGroth #tennis #Australian #record #servespeed #サムグロス  そんなビックサーバーのサーブを涼しい顔でリターンエース獲ってしまうロジャ様はやはり神👍…” (42486)

サム・グロス

サム・グロス選手は、1987年10月19日生まれの30歳で、身長は193cmのオーストラリア出身の選手です。
テニスのシングルス世界ランキングの最高ランクは53位で、四大大会のウィンブルドンや、全豪OPなどで3回戦まで進むなど活躍していました。また、2015年にニューカムメダルを授与するなど今後を期待された選手でした。しかしその後の成績が伸び悩み、2018年の全豪OPを最後に引退することを表明しています。

サム・グロス選手のサーブ最高速度は時速約263km

サムグロス選手の武器はなんといっても、世界最高速度の時速約263kmの強力なサーブです。
他のビッグサーバーと比べて身長はやや低いですが、それでも長身から繰り出すスピードのあるサーブは、リターンするのが困難な上に、リターンできてもコースに返すのがもっと難しいのです。
サムグロス選手は、そのスピードのあるサーブを活かしたサーブ&ボレーを得意としています。
試合では、数多くのサービスエースを決める一方で、ストローク戦になると得意な形に持っていけないため成績が伸び悩みました。ビッグサーバーということで、球足のスピードが速いグラスコートなどの芝が得意です。

テニスのサーブの最速ギネス記録とは?

サミュエル・グロス、カロビッチの世界記録を抜いた世界最速サーブ

ギネス世界記録・公式サイトでの記録には、2012年5月9日にサム・グロス選手がATPチャレンジャーツアーの韓国で行われた釜山で、時速263kmのエースを記録しました。
また、この試合では255kmや253kmの記録を達成し、当時最速記録だったイヴォ・カルロビッチの251kmのスピードを上回ったそうです。
今後このギネス記録が抜かれることがあるのか注目になります。

テニスのサーブ最速ランキングまとめ

S_fukumoto on Instagram: “#wimbledon 2018#錦織圭 🎾ベスト8進出👍👍👍” (44929)

テニスのサーブ最速ランキングを、日本と世界に分け紹介しました。
日本人は外国人に比べて体格が小さいものの、最速200kmを超え速さのサーブを打てる選手が多くなってきています。また、テニスにおいてサーブは重要ですが、ビッグサーバーだからといって、ゲームに勝てるかは、別物です。
例として錦織圭選手は、サーブのスピードが速くなくても成績を残していますが、世界最高速度のサーブをもつサム・グロス選手の成績は伸び悩みました。
よって、今後もまだまだ新しく最速記録が更新されることは十分にある訳です。そんな最速記録を更新するのは一体誰なのか?注目したいですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。