2019年4月29日 更新

テニスのサーブを打つための5つのコツとは?練習して目指せ脱初心者

テニスのサーブで悩む方は意外にも多いです。サーブを得意にしたいという方のために、テニスのサーブで悩みが多いポイントを5つに分けて、それぞれのコツと練習方法をお伝えしていきます。テニスのサーブのコツを知って練習し、脱初心者を目指しましょう。

22,462 view お気に入り 0
これまでお伝えしたテニスのサーブのコツが習得できれば、サーブの苦手意識があったテニス初心者も自信をもってサーブを打てるはずです。しかし、速いサーブを打てるようになるとボールに勢いが出てきて飛びすぎるため、サービスエリアに入らないサーブになってきます。
そこで、さらに上のレベルのサーブを打つために回転系サーブを解説していきます。サーブ脱初心者の最初の壁となるのがスライスサーブとなりますが、今までのサーブのコツができていればすぐにスライスサーブを打つことができます!
テニスのサーブ初心者向けの、スライスサーブの入門編としてのコツと練習方法をお伝えします。

スライスサーブのコツ1

 (50653)

テニスのスライスサーブの1つ目のコツは、ボールに横回転をかける方法を習得することです。回転をかけるためのポイントは3つです。

①トスを斜め前方の位置にコントロール
②自分から見てボールの内側の斜め下部分から斜め上方向へスイング
③振り切る


スライスサーブは、腕の操作で回転をかけるのではなく、打点の位置を変えるだけなのです。後は迷わず振り切ることです。ボールに回転をかけようとして腕の操作をすると上手く回転をかけられないうえに腕だけのスイングになりますので、サーブがネットまで届かず入らないサーブとなります。打点の位置を変えるだけと覚えておきましょう。

スライスサーブのコツ2

 (50654)

テニスのスライスサーブの2つ目のコツは、コントロール習得です。スライスサーブはスイングの方向とは違う方向にボールが放たれます。サーブ初心者が最も苦戦するのがコントロールとなりますので、下記のポイントをしっかりとおさえましょう。

①ボールはラケット面の向いた方に飛んでいく
②スライスサーブ時のイメージと実際の打球した位置の差を知る(図参照)


スライスサーブを打つ際はこの回転量だとどの位置にボールが飛ぶのかといったイメージを持つことが重要です。次のスライスサーブ練習方法と合わせてコントロールの付け方についてお伝えしていきます。

スライスサーブの練習方法

 (50655)

スライスサーブの練習方法として、自分のイメージと実際のボールの差異を知って修正しコントロールUPを目指す手順をお伝えします。

①今現在のスライスサーブで、センターを狙う
②センターを狙ったボールが右利きの場合、どのくらい左に飛んでいったかを確認
③センターから実際に打ったボールの差異を出し、④の方法でセンターを狙う
④実際の差異分、センターから左側を狙ってスライスサーブを打球

このような方法で練習することによってセンターだったらセンターに狙うためのやり方を身につけることができます。サーブ脱初心者を目指して繰り返し練習し、スライスサーブの感覚を習得しましょう。

テニスのサーブが上達するコツまとめ

 (50656)

サーブ初心者は、サーブを上達するには何を練習したらよいかわからないといった方が非常に多いです。そんな時はこの記事の5つの項目のどれができていて、どれができていないのかを確認すると明確な苦手部分が理解できます。
サーブが入らないからといって色々な方のアドバイスを受けてすべてを取り入れようとすると、かえって余計にサーブが打てなくなってしまいます。
まずは、自身が不得意とする項目を理解し、苦手項目から練習をしましょう。すべての項目は別々なようで全部連動しており、1つの苦手意識改善がサーブ全体のレベルアップにもつながってきますので、ぜひ練習してサーブ脱初心者を目指しましょう。
63 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

卓球のYGサーブとは、ヒジを支点にして内から外にスイングする逆横回転サーブになります。卓球のYGサーブを打つ時は、グリップの握り方・ボールのトス・体重移動・ヒジの高さ・スイングのやり方を意識します。さらに、YGサーブの回転のかけ方を、下回転系と上回転系に分けて解説していきます。
卓球の巻き込みサーブの打ち方とコツとは?【卓球ガイド】

卓球の巻き込みサーブの打ち方とコツとは?【卓球ガイド】

卓球の巻き込みサーブとは、ボールを巻き込むようなモーションで打球するサーブです。巻き込みサーブの打ち方を、4種類に分けて紹介していきます。打ち方で気をつけるポイントは、同じフォームで違う回転を使い分けることです。さらに巻き込みサーブのコツは、体重移動を利用する、打球ポイントを意識する、長さとコースを工夫することになります。
卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球のサーブ練習は、練習した分だけ上達しやすい技術となります。その理由は、対戦相手に左右されない唯一のタイミングで打てるためです。具体的な卓球のサーブの練習方法は、転をかける方法・正確なトス上げ・フォームを習得することです。サーブを練習する時に意識することは、回転量やサーブの長短を意識することとなります。初心者の方がサーブが上達する練習方法を紹介します。
ジャンプフローターサーブの打ち方とは?初心者の方へゼロから丁寧に解説

ジャンプフローターサーブの打ち方とは?初心者の方へゼロから丁寧に解説

バレーボールのジャンプフローターサーブは、ジャンプして打つフローターサーブです。普通のフローターサーブよりもボールに変化がつき、レセプション側にとっては取りにくいサーブになります。確実に武器になるジャンプフローターサーブの打ち方を基礎からわかりやすく解説します。
バレーボールのサーブの種類と打ち方まとめ!コレだけ見れば丸わかり

バレーボールのサーブの種類と打ち方まとめ!コレだけ見れば丸わかり

バレーボールのサーブは、全てのプレーの起点となる大切なプレーです。バレーボールのサーブには様々な種類があり、それぞれ特徴や打ち方が違います。一番ポピュラーなフローターサーブからママさんバレーのサイドハンドサーブまで、それぞれのサーブの特徴や打ち方を解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ