2019年4月29日 更新

テニスのボレーのコツと上達法とは?基本的な打ち方をマスターしよう!

テニスのボレーの基本的な打ち方をマスターするための近道として、テニスのボレーの打ち方のコツと上達のための練習法をご紹介します。実際のボレー指導で使われる内容を含め、初心者の方でも分かりやすく解説します。

31,869 view お気に入り 0
グリップをマスターするために、ラケットフレームのエッジでボールを上につくことを練習してみてください。最近のラケットは一般的に25ミリ程度の厚さなので、エッジでつくのも難しくありません。連続して上につくこと、また地面に向かって下につくことが連続でできれば、コンチネンタルグリップの握り方をマスターしたと言えます。

練習方法②ラケット面でのラケッティング

 (46543)

基本的に、テニスのボレーはラケット面の中央のスイートスポットでボールをヒットします。ラケット面でボールを上につくラケッティングの練習はボレーの練習としても大切です。
ラケット面の中央と端とでは、ボールの反発が違うことが体感でき、ラケット面の中央に当たればガットの反発だけでボールはかなり飛ぶこともわかります。できるだけ多くの回数を連続してつけるよう練習してください。その際、グリップはできるだけコンチネンタルグリップを使ってください。また、応用として、ラケットでボールをスライスにカットしつつ、ボールは真上につく練習は、のちにドロップボレーを行う際のタッチの練習になります。

練習方法③ボレーアンドキャッチ

 (46544)

2人1組になり、ボールを投げる方とキャッチする方に分かれて行います。片方がアンダースローでボールを投げ、もう片方の方が片手でキャッチします。キャッチする際には、打点の位置でキャッチするようにしましょう。
 (46545)

バックボレーでは左手でキャッチすることで打点の位置をつかみます。踏み込む足は右手でキャッチするときには左足を、左手でキャッチするときには右足を踏み込むようにしてフォームも一緒に覚えましょう。
その後、ボールを投げる方とボレーを打つ方に分かれ、片方がアンダーハンドでボールを投げ、もう片方の人がボレーを打ち返し、投げた方の人が打ち返したボールをキャッチする練習もしてみましょう。

練習方法④ラケッティングからボレーボレーへの導入

練習方法②に続けて、二人一組で行ないます。ラケッティングでボールを上につきますが、いくつかついた後に、もう一人にボールを飛ばし、ボールを飛ばされた方の人はそのボールをラケット面で受けてラケッティングを始めます。
いくつかついた後に、ボールをもう一人に戻し、ラケット面で受けてラケッティングを再開します。その繰り返しをしていくのですが、ラケッティングの回数を徐々に減らしていくと、最後には一球ずつボレーを打ち合う「ボレーボレー」と言われる基礎練習になります。初心者の方は、いきなりボレーボレーだと余裕がなく慌ててしまうので、徐々に行う方法が有効です。

練習方法⑤ボレーボレーの応用

練習方法④で,ボレーボレーが連続してできるようになったら変化を付けてみましょう。
まず、距離を変えて二人の間の距離を短くすれば、相手からの返球が早くなりますので準備が速くなり、ネット際での攻防の練習になります。
逆に二人の間の距離を長くすることで、つなぎのロングボレーの練習になります。距離を変えることで相手との距離感を養うことにもなり、ボールに加える力加減も習得できます。次には、ボールのスピードを変えてみましょう。ボレーボレーでは、二人のリズムを合わせてリズミカルに打ち合うことがコツになります。

テニスのボレー基本のコツと上達法のまとめ

Borkum Commercial Street Tennis · Free photo on Pixabay (46553)

最近のテニスの試合ではラケットの進歩もあって、ストロークで主導権を握る方が有利、ボレーヤーはなかなか試合に勝てないと言われます。
練習ではストローク中心になり、ストロークを磨くのが先、ボレーはその後、ということが多いのですが、是非ストロークもボレーも並行して練習してみましょう。ただし、並行して練習すると、どうしてもストロークとボレーの打ち方を混同してしまう方が出てくるので、きちんと違いを理解しながら習得することが大切です。
また、ストロークがなかなか上達しない方でも、ボレーだと簡単で楽しいと感じる方もいますが、初心者の方には自分が気に入った得意なショットを見つけて、積極的に練習することをおすすめします。得意なショットを繰り返し練習することで自信もつき、テニスがもっと楽しく面白くなるでしょう。ぜひボレーを得意なショットにしてください。
66 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テニスのボレーが上達する練習メニュー5選!基本をしっかりマスターしよう

テニスのボレーが上達する練習メニュー5選!基本をしっかりマスターしよう

テニスのダブルスで活躍するにはボレーの基本をマスターすることが重要です。テニスのゲームでポイントを取るために必要なミドルボレー・ハイボレー・ポーチボレーについて、上達に必要な体の使い方と練習メニューを5つご紹介していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

園城寺 希 園城寺 希