Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. 黒後愛の名言15選!アイ...
黒後愛の名言15選!アイのニックネームで人気の若きエースのかっこいいい格言・語録

黒後愛の名言15選!アイのニックネームで人気の若きエースのかっこいいい格言・語録

黒後愛選手の名言は夢や目標に対して努力している人に勇気をくれます。仲間思いで、完璧主義者、努力家と評される黒後愛選手は、オリンピックなど世界大会でも活躍。仕事や勉強を頑張りたい方、努力や勇気が欲しい方におすすめの名言を種類別ごとに分けてご紹介しています。

2022.05.25 バレーボール

黒後愛とは?

バレーボールの黒後愛選手は、ワールドカップやオリンピックなどに選出され、東京オリンピックの監中田監督からもエースとして名前が挙げられた、日本を代表する選手です。また黒後愛選手の笑顔と諦めない姿勢に心打たれた、勇気づけられたかたも数多く人気があります。2022年には体調不良で休養すると発表がありニュースになりました。

黒後愛のプロフィール

氏名 黒後愛(くろごあい)
生年月日 1998年6月14日
身長/体重 180cm
70kg
ポジション アウトサイドヒッター
所属クラブ 東レ・アローズ
成績 2021年|2020-21 V.LEAGUE DIVISION1:敢闘賞
2019年|ワールドカップ
2018年|2017/18Vプレミアリーグ:最優秀新人賞
2017年|第69回全日本バレーボール高等学校選手権大会
:最優秀選手賞

黒後愛選手はバレーボールの名門として知られている下北沢成徳高校に入学し、2~3年では主力選手として活躍、世界ユース選手権に出場しました。高校時代の黒後愛選手は全日本時高等学校選手権大会や全日本バレーボール高等学校選手権大会でも最優優秀賞を獲得するなど高校時代からオリンピックでの活躍を期待される選手でした。その後2017年にプロデビューした黒後愛選手は、Vプレミアリーグで最優秀新人賞をとり、ワールドカップやオリンピックで日本代表として活躍しました。

黒後愛の座右の銘

笑う門には福来る

黒後愛の座右の銘は、笑う門には福来るです。黒後愛選手の写真をみるといつも満面の笑みを浮かべていることからも、チームの太陽のような存在だったことが見て取れます。恋愛よりもバレーボール中心だった高校時代からキャプテンとして、チームをひっぱり、プロデビュー後も日本代表として活躍した黒後愛選手。高校チームキャプテンに就任した黒後愛選手は常に笑顔を忘れないようにバレーボールの練習や試合にのぞみ、チームを引っ張っていました。

  •        
  •        
  •        
  •       
    

黒後愛の名言15選

黒後愛の名言は、スポーツをやっている人だけではなく勉強や仕事を頑張る私たちのモチベーションを高めてくれるものが数多くあります。チームメートに時に厳しいことをいった黒後愛選手ですが、自分にも人一倍厳しく、努力家だった黒後愛選手。努力の天才だった黒後愛選手の名言や格言で、諦めないメンタル、モチベーションを上げて目標に向かって努力するかっこいい生き方を加速させしましょう!

努力の名言

高校時代は苦しい毎日でしたが、「人ってこんなに変われるんだ」と驚くほど、大きな3年間でした。
トレーニングを嫌だと思ったことは一度もなかった。自分のため、と思えば苦にならない。
ダメな時は悪いことしか出てこないけれど、でも良いことだってある。だから引きずらないで前を向く。

黒後愛選手の名言は、努力の先が見えず、つらく折れそうになるときの心の支えになるような名言です。黒後愛選手は高校時代のことを「ついていくので精一杯」と言及しています。その大変な練習の中、黒後愛選手は自分が歩んできた道を振り返り、自分の成長を感じて成長を続けてこられました。努力がつらくなった、自分はダメだと思ったときに自分の心の支えにしてください。

バレーの名言

日本のバレーは『拾ってつなぐ』が基本ですから、ディフェンス面でもっとチームに貢献できるようにしなくちゃいけませんね。
全日本は”速いバレー”を目指していますが、打点の高さが加われば大きな武器になると思います。

バレーボールに関する黒後愛選手の名言は黒後愛選手が世界選手権大会後の取材でバレーボールに関しての返答で生まれた語録になります。黒後愛選手はキャプテンも就任されていたため、常にチームのために自分は何ができるのか考えていたことがわかります。仲間と一緒に切磋琢磨したい、協力したいとおもうバレーボール選手やスポーツマンはぜひ参考にしてみてください。

仕事の名言

自分が頼ることで向こうも頼ってくれる、そういうかかわりの中で信頼を築けたので、人に頼るということが少しずつできるようになったと思います。
自分のプレーだけでなく、チーム全員が納得できるような戦いをしたいです。
人に厳しく言うのであれば、まずは自分がやらなければということをすごく意識していました。

仕事の名言に選んだ名言は、人に厳しく、自分に甘い自分を許さなかったと言われる黒後愛選手らしい名言です。黒後愛選手は高校時代にケガをしてつらい時期に、チームに支えられたというエピソードがあります。仲間とともにつらい時期を乗り越えた黒後愛選手だからこそチームや仲間を頼る、協力することを大切にして黒後愛選手。仲間を頼る、いいチームを作りたいなら、自分にから行動する、自分でもやってみるということ大切だと再認識できる名言になっています。

勉強の名言

絶対にやろうと自分の中で決めていました。
質にもこだわらないといけない。

勉強に対する黒後愛選手の名言は、コツコツと努力を積み重ねるためのモチベーションになるものを厳選しました。プロデビュー前の全日本高等学校選手権大会優勝後と世界選手権後の取材に応じた黒後愛選手が、練習について言及した名言です。バレーボールの練習に関しての言及ではありますが、自分に厳しく努力を積み重ねる姿勢は勉強にも通じるところがあります。努力に対してマイルールを決め、質にもこだわり勉強を積み重ねたい、頑張りたい人におすすめです。

やる気の名言

必ず目標を持つようにしています。ウエイトトレーニングならいつまでにここまでおもりを上げるとか。スパイクならこういう打ち方がしたいとか。自分の理想をイメージして練習をしています。
自分を追い込み続けるウエイトトレーニングはきついですが、目標を達成するという思いが強いからできる。

やる気に関する黒後愛選手の名言は目標や、理想をイメージすることでやる気を奮い立たせていたとメディアの取材で答えた際の語録です。黒後愛選手の高校時代のハードな練習対して苦しい練習環境の中、自分で目標を立て、練習にモチベーションを高めることでやる気を持続出せていました。目標に対して頑張っているあなたは、黒後選手のように目標に近づいていくかっこいい自分を想像することでやる気を継続させましょう。

失敗の名言

決して折れない心。
ミスしても引きずらない。
試合の直後は悔しくて涙も出ましたが、その日はノートに向かっていろいろ書きつけて悔しさを晴らしました。

悔しさや失敗に負けないかっこいい黒後愛選手が残した失敗に負けない気持ちが現れる名言です。黒後愛選手はワールドカップ直前にひざの捻挫をして、ワールドカップ前半の試合に出場できず悔しい経験をしています。そしてその一年後、黒後愛選手は番組企画で、オリンピックに向けて「強い心」というシンプルでかっこいい意気込みをプレートに書いて発表していました。失敗しても、悔しくても黒後愛選手のような、かっこいい「強い心」を持ち続けたい人におすすめの名言です。

黒後愛の名言集から得られること

黒後愛選手は目標を努力で達成する感動エピソードや語録が数多く残っています。勇気は欲しい、夢に向かって努力したいという人は、ぜひ今回紹介した黒後愛選手の名言の中で大切にしたい言葉を手帳などに書き残しましょう。そして黒後選手のように自分が目指す、かっこいい自分になっていきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。