2021年2月12日 更新

石川祐希の名言50選!プロバレーボール選手のかっこいいい格言・語録

石川祐希は、イタリアのチームに所属するプロバレーボール選手です。彼の天才的なバレーセンスは日本男子史上最高の逸材と呼ばれ、多くの感動と名言を生み出しています。才能に頼らず研鑽と努力を重ねてイタリアで活躍する石川祐希選手の名言は、アスリートだけでなく多くの人の生き方のヒントになります。

279 view お気に入り 0

石川祐希選手とは?

石川祐希は、愛知県岡崎市出身のプロバレーボールプレーヤーで、日本男子史上最高の逸材と呼ばれている選手です。

中央大学在学時に全日本代表選手に選ばれた石川祐希選手は、日本のVリーグに所属せずに単身イタリアに渡りプロバレーボール選手で活躍しています。石川選手の天才的なプレーは彼の一番の魅力ですが、それ以上にバレーボールに対する情熱や意識の高さが多くの名言を生み出しました。

石川祐希のプロフィール

生年月日 1995年12月11日
出身地 愛知県岡崎市
身長,体重 192cm,84kg
血液型 AB
ポジション アウトサイドヒッター
キャッチコピー 日本男子史上最高の逸材
出身校 星城高等学校
中央大学法学部
所属チーム 2018~2019年:エマ・ヴィラズ・シエナ
2019~2020年:パッラヴォーロ・パドヴァ
2020~2021年:パワーバレー・ミラノ
主な球歴・受賞歴 2010年:全国都道府県対抗中学バレーボール大会優秀選手
2012年,2013年 星城高校2年連続高校三冠
2013年:第65回全日本バレーボール高校選手権大会最優秀選手
2019年:ワールドカップ2019 セカンドベストアウトサイドスパイカー
石川祐希選手がバレーボールを始めたきっかけは、小学校4年生のときに姉が所属するバレー部を見学して興味を持ったことです。出身地の岡崎市の周辺地区はバレーボールが盛んで、姉が所属しているチームも全国有数の強豪チームです。石川祐希選手自身も6年生のときに全国ベスト8の実績を残しています。

中学入学時点の石川選手の身長は160cmで体格の面で苦労しましたが、地道な努力を重ねてチームのエースに成長しました。

石川選手の名言4選【高校編】

試合に勝つことは大切ですが、それ以上にバレーを楽しめたことが勝利につながりました。

誰かの力ではなく、監督・コーチ・選手がそれぞれ役割を全うした結果の勝利です。

春高は、緊張したけれどそれ以上にワクワクしました。

どれだけマークされても、打ち抜く自信があったのであまり気にしていませんでした。

中学卒業後にバレーの名門星城高校に進学した石川選手は、高校2・3年生のときに高校総体、国体、全日本バレーボール高等学校選手権大会の3大タイトルを2年連続で制覇する偉業をなしとげました。

石川選手の凄さは、ジャンプ力や運動神経以上にバレーを楽しむことと上達のための地道な努力​です。高校時代の名言も、一生懸命練習してきたことで試合中のプレッシャーに負けずに、ピンチのときも諦めない強い心を表しています。

石川選手の名言9選【プレー編】

エースに一番必要なのは、仲間から信頼されること。練習のときからプレーや行動でしめさなければならない。

エースはチームメイトの信頼を得られるかどうかで、大事な時にボールを託してもらえるかが変わってくる。

練習中から毎日全力でジャンプすることで、自分の限界を超えていける。

対人パスのときも、逸れたボールをどこまでも追いかける癖をつけることが大事。

練習でできないことは、試合でできない。

スパイクは、うまい人のフォームじゃなく打ち方を真似る。

こんなこともできるんだって驚かせたい。

バレーボールはボールを持つことができないので、自分の手がボールに触れた一瞬が勝負。その一瞬を安定させるのが難しいけれどそれが楽しい。

ジャンプ力が足りないと思ったら、ジャンプ力を上げるトレーニングだけではなく、高く飛べるフォームを考えよう。

試合中に見せる石川祐希選手のプレーのセンスは天才的といわれますが、実は日々の努力の結果です。石川祐希選手のエースの心得は、All for one,One for allの精神にあふれた感動的な名言です。

普通に言われる練習でできないことは試合でできない​の言葉も、一流のチームでプレーをしている選手の口からの言葉になると、試合を想定して練習をすることの重要さをあらためて感じさせられる名言になります。

石川選手の名言9選【戦略編】

バレーボールを楽しむことが、すべての原動力。

普段の練習から試合をイメージすると、練習と試合と同じプレーができる。

1つの試合の反省より、シーズン通して見ると何が自分に足りないか明確になる。

細かいプレーを繊細にすることが勝つために必要。

選手が燃えていれば、見る人も気合が入り、バレーボール自体が盛り上がっていける。バレーを盛り上げるには、代表で勝つしかない。

どんな情報を知っていても損にはならないし、自分のプラスにしかならない。経験も同じで、良い経験も悪い経験も絶対に自分にとってプラスになる。

速いバレーは必要だけど、問題は何をどう早くするのかというところにある。

バレーボールは、1人が良くても絶対に勝てない。

チームプレーも、まずは個人のスキルをアップさせることが第一。

石川祐希選手は、試合に勝つための戦略を常に考えてプレーをしています。名言を集約すると、個人がスキルアップして、細かいプレーをおざなりにしないことが、チームの勝利につながるとの気持ちが伝わってきます。

もう1つ印象的な名言は、バレーボールを楽しむことが原動力で、石川選手はバレーが好きだからこそ努力を厭いません。エースだからといって偉ぶらず、エースはあくまでチームのために点を取る姿勢が印象的です。

石川選手の名言9選【メンタル編】

緊張しないことが良いことだと思わない。緊張した方が、集中できてモチベーションが上がる。

試合は、気持ちの強いチームが勝つ。

どれだけ本気になれるか、それに尽きる。

安心とか油断をしていたらすぐにやられてしまう。

たらればを言ってもしょうがない。

観客に見られていることでモチベーションも上がり、それが力になっている。

まずは決めたことを徹底してやることが大事。

ストレスを感じながらバレーをすることが自分を強くする。それに負けるようなメンタルでは生き残っていけない。

自分次第で、その先の人生が変わってくると思っている。

石川祐希選手はメンタルが強い選手ですが、実生活は人任せな部分が多いエピソードがあります。バレーをすることでスイッチが入り、緊張を集中力に変える強いメンタルも、バレーが好きなことと日々の研鑽の成果です。

石川選手は観客が大勢いる方が燃えると語ります。キャーキャー言われるのが嬉しいのでなく、見られることでモチベーションが上がりよいプレーができると語る石川選手の言葉は、アスリートが座右の銘にしたい名言です。

石川選手の名言7選【全日本・オリンピック編】

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

三浦知良の名言45選!キングカズの心に響くかっこいい言葉・語録

三浦知良の名言45選!キングカズの心に響くかっこいい言葉・語録

三浦知良は、向上心が高く努力をたくさん続けている人物です。キングカズと呼ばれる天才サッカー選手の彼は、どの世代も知っている有名なサッカー選手になりました。たくさんの経験や努力をしてきた彼は、心に響く名言を発信し続けています。
chibi0225 | 32 view
NBAの名言60選!有名選手が発した言葉・語録とは?【バスケ選手名言集】

NBAの名言60選!有名選手が発した言葉・語録とは?【バスケ選手名言集】

NBAの名言60選には、有名選手が日ごろの練習や試合から学んだ示唆に富んだ言葉がたくさんあります。気持ちが落ち込み自信を無くしそうになったときに、NBAの名言60選は、私たちに勇気と希望を与え未来に向かってポジティブな気持ちにしてくれる言葉が満載です。 
sansirou | 12,552 view
野村克也の名言・格言19選!リーダーとして必要な考え方とは?

野村克也の名言・格言19選!リーダーとして必要な考え方とは?

「どうするか」を考えない人に「どうなるか」は見えないなど、多くの名言・格言を残し続けている野村克也。野村克也のプロ野球人生は決して順風満帆ではありませんでした。テスト生からのスタート、解雇通告、様々な困難を乗り越え三冠王に輝くほどの選手になりました。野村克也だからこそ生み出せた名言、格言をご紹介します。
Anonymous | 1,296 view
バレーボールの名言20選!モチベーションがアップする言葉とは?

バレーボールの名言20選!モチベーションがアップする言葉とは?

世界中で親しまれているバレーボール。歴代のバレーボール選手のハードな経験に裏打ちされた言葉・名言は、現役のバレーボールプレーヤーをはじめ、人々の心に響きます。今回はモチベーションがアップする、20個のバレーボール選手の名言をご紹介します。
まる蔵 | 27,012 view
本田圭佑の名言&語録20選!諦めない男の哲学意識を持った言葉とは?

本田圭佑の名言&語録20選!諦めない男の哲学意識を持った言葉とは?

本田圭佑選手はビックマウスと言われ、様々なインタビューで大言を叩きそれが今では名言、格言として世の中の人々を勇気づけています。彼の名言にはサッカー以外の現場でも通じる内容が多く、今回はその中でも厳選した20個の名言を紹介します。
nosedori | 22,917 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵