Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. バレーボール漫画のおすす...
バレーボール漫画のおすすめ10選!面白くて一気読みしちゃうかも?

バレーボール漫画のおすすめ10選!面白くて一気読みしちゃうかも?

バレーボール漫画の面白さは、ひとつのボールの動きを追い求めて起きる空中戦で、空中での動きを画力と活字で魅力的に表現していることです。いろいろな主人公がいてストーリーもさまざまな、厳選した10個の作品を紹介しています。バレーボール漫画では、魅力のある名言も数多くあります。

2021.12.16 バレーボール

バレーボール漫画の面白さとは?

バレーボール漫画の面白さとは、非日常な高さでの空中を時間を止めてプレーや心理を詳細に描けることです。

バレーボール漫画ならではの高さある空中戦!

TVアニメ『ハイキュー!!』ベストエピソード

バレーボール漫画は、どのスポーツ漫画より高い位置での空中戦を楽しめる漫画です。空中戦でのプレーは全てが非日常なため想像がつきません。

その想像のつかない領域をバレーボール漫画の世界では私たちにみせてくれます。アニメ化もしたハイキューの動画にあるボールを追う目線は、主人公の日向翔洋が読者にみせてくれなければ、味わえない快感です。

バレーのボールは試合中、常に空中にあるスポーツです。他のスポーツ漫画にはない高さで、視線の交わり合う空中戦の楽しみが、バレーボール漫画にはあります。

バレーボール漫画ならではのスピード感ある展開力!

バレーボール漫画は競技の特質上、好守の展開にスピード感があり床にボールが落ちる数秒間を漫画だから表現できます。

実際のバレーボールのスピードは本の活字では表現は難しく、試合では普通の人には目で追えない速さです。しかし漫画ではそのスピードある展開力を一コマ一コマで説明してくれて面白いです。

ハイキューの動画では細やかに選手心理を説明し、ボールの軌道もアニメではスロー、漫画ではコマ割りなのでわかりやすいです。そして、スピード感を漫画は画力で感じさせてくれます。

おすすめバレーボール漫画ランキング 10選

現在連載中のバレーボール漫画だけではなく、完結済みの漫画を含めて、さまざまな特徴あるバレーボール漫画10作品を厳選して紹介します。

第10位:バレーの球語/僕男

Amazon (121773)

主人公 いつもパチンコばかりしているフリーター
ストーリー フリーターが女子バレーボール部のコーチになる話
エンターテイメント ☆☆☆
バレーボールの追求 ☆☆
【読みたくなるポイント】
フリーターがコーチをする面白い設定のバレーボール漫画です。毎日をパチンコしフリーターをしながら送り続けてきた冴島治夫。そんな治夫に舞い込んだのは高校時代に、頑張ってきたバレーボールのコーチの話でした。しかし、指導するのは女子高のバレー部だったのです。

作者の僕男先生は元バレーボールの指導者で、経験者ならではの目線で描いてます。生徒たちは、かわいい元気な女子生徒です。


【おすすめな人とは?】
女子高生ばかりですが、内容はスポ根で本格的なバレーボール漫画なので熱血漫画読みたい人におすすめです。

第9位:アタック‼︎/大島司

Amazon (121777)

主人公 運動神経抜群だがバレーボールは未経験
ストーリー 身体能力を生かして高校バレーボールで活躍する話
エンターテイメント ☆☆☆
バレーボールの追求 ☆☆☆
【読みたくなるポイント】
主人公の加藤晴鷹は運動神経抜群!そんな主人公は掛川高校に入学してすぐに、バレーボール部のマネージャー小林舞子に一目ぼれをします。

舞子は晴鷹の才能を見抜き、初心者ですがバレーボール部員に晴彦を入部させます。そして、晴鷹はその運動センスと身体能力を生かし、掛川高校バレーボール部で活躍します。

作者は、アニメにもなった超人気サッカー漫画シュート!の大島司先生です。


【おすすめな人とは?】
主人公と同じバレーボール未経験の人におすすめです。

第8位:少女ファイト/日本橋ヨヲコ

Amazon (121781)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
主人公 小学校時代に準優勝したチームのキャプテン
ストーリー バレーボールの天才が才能を隠して中学校で競技を続ける話
エンターテイメント ☆☆
バレーボールの追求 ☆☆
【読みたくなるポイント】
あの日から、友達はつくらないって決めたんだからと決意する。小学校時代に全国大会で準優勝したチームのキャプテンであった大石練。

バレーボールの名門・白雲山学園中等部に在籍し、バレーボールの天才が才能を隠し凡人を演じます。その苦悩に面白いほどに共感できます。


【おすすめな人とは?】
人間関係や恋愛模様の中で、少女たちの前進する姿を見たい、人間観察が好きな方におすすめです。

第7位:健太やります!/満田拓也

Amazon (121785)

主人公 身長は低くバレーボールは大好きだが上手くない少年
ストーリー 部員6人の弱小チームがインターハイ出場を目指す話
エンターテイメント ☆☆
バレーボールの追求 ☆☆☆☆
【読みたくなるポイント】
身長も低く決してバレーのうまくないが、バレー大好き少年・井口健太が入部した部員6人の超弱小バレー部。​​念願の坂見台高校バレーボール部に入部し即、夢のレギュラー入りを果たします。

しかし、インターハイ出場と優勝を目指す健太を待ち受けるのは、猛特訓でした。井口健太がひたむきに頑張り、ひとつひとつ逆境を乗り越えていく、おすすめの王道のスポーツ漫画です。

アニメ化もした、野球漫画MAJORで有名な満田拓也先生の作品。

【おすすめな人とは?】
純粋な青春バレーボール漫画を読みたい人にはおすすめです。

第6位:涙のバレーボール/塀内夏子

Amazon (121789)

主人公 ミラクルサンスポーと呼ばれ中学バレーで活躍したスター選手
ストーリー ケガで引退した主人公が高校バレーで復活しインターハイ出場を目指す話
エンターテイメント ☆☆
バレーボールへの追求 ☆☆☆
【読みたくなるポイント】
かつてミラクルサンスポーと呼ばれ、中学で大活躍した河合瞬。怪我がもとでコートを去りましたが、バレーボールへの熱い思いは冷めることはなく、チームメイトの小柴や関本に励まされ、天才アタッカーは弱小・江陵高亜高校バレー部で再起を目指し真のエースとして、インターハイ出場券獲得までを描いた短編ストーリーです。

当時80年代に男子バレーボールを題材にした漫画はなく、隠れた名作です。

【おすすめな人とは?】
懐かしく淡い青春スポーツ漫画を読みたい人におすすめです。

第5位:その娘、武蔵

Amazon (121793)

主人公 バレーボールを続ける意味を探し続ける天才少女
ストーリー 中学全国大会で優勝したチームのエースが一度引退し、高校バレーで再起する話
エンターテイメント ☆☆☆
バレーボールの追求 ☆☆☆
【読みたくなるポイント】
優勝インタビューで突然バレーボールをやめると公言。中学女子バレーボール全国大会で優勝した巻田中学校エース・兼子武蔵は、部活のやる意味がわからず引退しました。

しかし、身長184㎝と目立つ彼女をバレー部主将・古賀律は放っておくことはなく、そして古賀律によって、再びバレーボール始めることになりました。しかし、バレーボール界の至宝は、以前と同じようにプレーができるのでしょうか?


【おすすめな人とは?】
破天荒で訳ありな主人公が活躍する話が、好きな人におすすめです。

第4位:リベロ革命/田中モトユキ

Amazon (121797)

主人公 背は低いがバレーボールのセンスは抜群なリベロ
ストーリー 間違えて弱小校に入学した主人公が、強豪校倒す話
エンターテイメント ☆☆☆☆
バレーボールの追求 ☆☆
【読みたくなるポイント】
バレーボールの実力はあるが、背の低い主人公の幹本要が名門藤原学園のスカウトを受けますが、リベロのスカウトと知り断ってしまいます。

藤原学園のライバル校の県立青海高校に入学したつもりが、入学したのは弱小校私立青海高校でした。弱小校を率いて打倒・藤原学園を目指します。

攻撃的なポジションのキャラクターが活躍することの多いスポーツ漫画で、守備専門リベロの視点からゲームを支配する面白いおすすめの漫画です。


【おすすめな人とは?】
少しコメディーが入ってるので笑いたい方におすすめです。

第3位:ハリガネサービス/荒達哉

Amazon (121801)

主人公 誰にも負けないサーブを武器に活躍する選手
ストーリー 正確なサーブを武器に活躍する高校バレーの話
エンターテイメント ☆☆☆☆
バレーボールの追求 ☆☆☆
【読みたくなるポイント】
誰にもまねできない正確なサーブを武器に、活躍する下平鉋。中学バレー部では、3年間ベンチで控えでしたが、下平は高校ではレギュラーを取ろうと努力をかさね、サーブに磨きをかけ活躍する。

少し変わった画風もこの漫画の面白いところであり、新章ごとに超人的な力を持つ個性的なキャラクターが登場し、作品を盛り上げています。


【おすすめな人とは?】
現実離れしたプレーヤーばかりな、個性的な漫画を読みたい人におすすめです。

第2位:神様のバレーボール/西崎泰生・渡辺ツルヤ

Amazon (121805)

主人公 天才アナリスト
ストーリー 元実業団バレーボールアナリストが、全日本男子バレーボール監督になるために、中学生を全国制覇させる話
エンターテイメント ☆☆☆☆
バレーボールの追求 ☆☆☆☆
【読みたくなるポイント】
阿月総一は実業団バレーボールチームのアナリストでしたが、あることを条件に全日本男子バレーボール監督の座を約束されます。アナリストとは、それは相手チームを分析しベンチ外から監督に作戦を指示するチームの黒幕です。

万年地区予選1回戦敗退の私立中学校男子バレーボール部を全国制覇させること。普通に考えたら無理な話ですが、阿月はあらゆる作戦を使い罠にはめて勝利していきます。


【おすすめな人とは?】
いろいろな戦術を使って勝利に導く、頭脳戦が好きな人におすすめです。

第1位:ハイキュー!!/古館春一

Amazon (121809)

主人公 背は低く実戦経験は少ないが、身体能力抜群な選手
ストーリー 様々な個性を持った選手たちが、少しずつ成長し活躍する話
エンターテイメント ☆☆☆☆☆
バレーボールの追求 ☆☆☆☆☆
【読みたくなるポイント】
小さな少年・日向翔陽の烏野高校バレー部での成長の物語。個性的なキャラクターを魅力的な選手として描き、観るものを引き込むパワーのあるアニメ化もした漫画です。 

各試合には必ず誰かをクローズアップして、読み手を飽きさせることは決してありません。バレーボール初心者の方のためにも、場面ごとに何気ないルール説明が入ります。

そして、画力が素晴らしくコマ割りは絶妙です。キャラクターの表情やセリフは胸を打つシーン満載で、名言が多いのも魅力の一つです。


【おすすめな人とは?】
どなたが読んでも楽しめる、おすすめの漫画です。

バレーボール漫画 の番外編

ランキング外ではありますが、ぜひ読んでいただきたいバレーボール漫画を2作品を選びました。

①タイトルはバレーボール漫画な感じですが、ほとんどバレーボールのシーンがない
②昭和の作品で古いのですが、スポ根漫画の原点といえる作品

これはバレーボール漫画なの?工業哀歌バレーボーイズ

Amazon (121815)

主人公 パンチパーマの工業高校の生徒
ストーリー 工業高校の生徒が女子にモテたいためにバレーボールをする話
エンターテイメント ☆☆☆
バレーボールの追求
【読みたくなるポイント】
女が欲しいが口ぐせな油まみれの作業服にパンチパーマの赤木瞬は、女子にモテたいがために第2バレーボール部をつくってしまいます。

この漫画は、作品名にバレーボーイズとありますがバレーボールをするシーンはあまりなく、完全なるコメディー作品でとても笑える漫画です。バレーボール漫画と呼ぶには無理があるかもしれませんが、とにかく面白いです。


【おすすめな人とは?】
とにかく笑いたい人におすすめです。

昭和のバレーボール漫画といえば、少女漫画の有名なこの作品

1970 アタックNo 1 OP

主人公 転校生で普通のバレーボール部員の女子高生
ストーリー ヒロインの鮎原こずえが、全日本代表にで活躍する話
エンターテイメント ☆☆
バレーボールの追求 ☆☆☆
【読みたくなるポイント】
昭和代表するスポ根漫画と言えば、少女漫画では女子バレーのアタックナンバー1!が代表作です。

ストーリーはヒロインの鮎原こずえが転校してきた富士見学園で、ふとしたことでバレー部との試合に勝利したことから始まり、全日本の代表にまで登りつめます。

現在では、パワハラで訴えられてしまうようなシーンですが、アニメ主題歌で流れるセリフだって涙がでちゃう、女の子だもんは​当時、有名なセリフです。


【おすすめな人とは?】
本格的な熱血スポ根漫画を読みたい方にはおすすめです。

バレーボール漫画の名言とは?

どんな漫画にも名言はあります。一冊の本を出版しても良いくらい名言がバレーボール漫画にはあります。

ハイキューのおすすめ名言集!

ハイキューの魅力は何といっても、感動を生む名言シーンです。何かに挑戦しようとした時に読めば熱くなり、やる気にさせてくれます。それはハイキューだけではなくバレーボール漫画だけでもなく、あらゆるスポーツ漫画に通じます。スポーツをしてない人さえも感動させます。

・俺は自分で戦える強さが欲しい! 日向翔陽
・そんなものプライド以外に、何がいるんだ!!​ 山口忠
・しんどくても焦っても、楽するんじゃねぇぞ...! 鳥養繋心
・下を向くんじゃねぇぇぇ!バレーは常に上を向くスポーツだ! 鳥養繋心

バレーボール漫画の名言から教わること

北原 青空 on Instagram: “#ニート#バレーの球語” (121828)

リベロはレシーブで、エースを殺す!

特別な人間なんていねんだよ、そいつが何をやってきたかが特別なだけだ!

逃げんな!言ったことやろう!誓ったことやろう!

バレーボール漫画の名言は数多く、教わることがたくさんあります!その中でおすすめの3点だけ選びました。

3つめの名言は、言った誓ったを同じいったで表現しています。このセリフは漫画ならではの表現方法で、心に熱く残り、自分を奮い立たせてくれます。

バレーボール漫画は、人を引き込むチカラがある!

バレーボール漫画には、人を引き込むチカラがあります。野球やサッカーのようにバットやボールがあれば遊ぶことのできる身近なスポーツとは違い、バレーボールはネットが簡単には用意できません。

故に、一般の人にはバーレーボールは非日常なプレーが多く想像がつきません。しかし、バレーボール漫画は身近に寄り添って、高さ・スピードを画力と活字で表現し読み手のスピードで理解させてくれます。

そしてバレーボールはボールを落とすこと持つことをせずに、3回のプレーでつないでいくチームスポーツ。それらを漫画ならではの表現で私たちを引き込んでくれます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。