Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. 福岡県のバレーボールの強...
福岡県のバレーボールの強豪高校10選!強い高校を男子と女子に分けて紹介

福岡県のバレーボールの強豪高校10選!強い高校を男子と女子に分けて紹介

福岡県のバレーボールの強豪高校は、男子は東福岡高校、女子は誠修高校があげられます。しかし、福岡県の高校バレーは実力伯仲していることから2校を追随する強豪高も多く、県代表になるのが難しい展開です。福岡県の高校バレーは、歴史ある古豪と新勢力がぶつかりあう激戦区です。

2021.12.16 バレーボール

Writer

まる蔵

公式ライター
まる蔵

選手・コーチ・認定審判員と、バレーボールと共に人生を謳歌しています。スポーツやバレーの楽しさをお伝えしたい、そう思いながらweb記事を書いています。

福岡県の高校バレーとは?

 (176746)

福岡県の高校バレーは、男女とも突出した強豪校がいないことが特徴です。男子の東福岡高校や福岡大学附属大濠高校、女子の誠修高校​は全国屈指の強豪チームですが、連続で全国大会に出場するのが難しい状況です。

県のベスト8に残る高校はほぼ固定ですが、優勝して県代表の切符を勝ち取る高校は予想がつきません。福岡県の高校バレーは全国の中でレベルが高いといえます。

福岡県の高校男子バレーの情勢

 (176222)

福岡県の高校男子バレーは、東福岡高校が頭1つリードしていますが、古豪の福岡大学附属大濠高校や、新進気鋭の九州産業大学付属高校の躍進は侮れません。

福岡県のみならず九州地方はバレーボールが盛んな激戦区で、全国大会で優勝する高校が多数あります。2019年度の全九州選抜高等学校バレーボール大会・2020年新人戦の男子は、福岡県の東福岡高校が見事優勝しました。

福岡県の高校女子バレーの情勢

最新情報 - 福岡工業大学附属城東高等学校女子バレーボール部 (176215)

福岡県の高校女子バレーは、1970年代まで博多女子商業や柳川高校がリードしていました。現在も博多女子商業や柳川高校が強豪校なことに変わりはありませんが、近年では誠修高校・西日本短大付属・北九州高校が実績を伸ばしています。

福岡県は、春高やインターハイの女子代表校が毎年入れ替わって実力が拮抗している地域です。福岡県ベスト8常連の、直方高校や八女学院高校も侮れない存在で、福岡トップの座を狙っています。

福岡県のバレーボールの強豪高校ランキング第5位【男子】

祐誠高校

 (175416)

国公私立 私立
所在地 福岡県久留米市上津町2192番地
春高(選抜)の成績 なし
高校総体の成績 なし
主なOB選手
祐誠高校は、1962年に久留米工業高等学校で開校して2005年に祐誠高等学校と改称した私立高校です。バレー部の他、弓道部やハンドボール部が強い高校で知られています。

祐誠高校男子バレー部は春高やインターハイ出場の経験はありませんが、県の大会で常に上位の成績を上げているバレーが強い高校です。祐誠高校男子バレー部は2019年のインターハイ県予選で3位、2018年は2位に食い込む活躍を見せています。

福岡県のバレーボールの強豪高校ランキング第4位【男子】

筑紫台高校

 (175426)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
国公私立 私立
所在地 福岡県太宰府市連歌屋1丁目1番1号
春高(選抜)の成績 なし
高校総体の成績 なし
主なOB選手
筑紫台高校は、福岡県の太宰府天満宮に1番近い学校です。筑紫台高校男子バレー部と応援団は、朱雀の舞で試合会場を紫色に染め上げるむらさき軍団で知られています。

筑紫台高校は、同県に全国で有数の強豪校の東福岡高校や福岡大学附属大濠高校があるので、県代表の経験はありません。しかし、春高やインターハイの福岡県予選で常にベスト4の位置をキープし、バレーボール強豪校の1つとされています。

福岡県のバレーボールの強豪高校ランキング第3位【男子】

九州産業大学付属高校

 (175479)

国公私立 私立
所在地 福岡県筑紫野市紫2丁目5番1号
春高(選抜)の成績 なし
高校総体の成績 なし
主なOB選手 唐川大志(JTサンダーズ)
九州産業大学付属高校の正式名称は九州産業大学付属九州産業高等学校で、九州産業大学付属九州高等学校と名前は似ていますが、運営母体や組織が異なる別の学校です。

通称九産大九産​は、、2016年に創立55年を迎えた比較的新しい高校でありながら、男子バレー部は強豪ひしめく福岡県で順位を上げています。九産大九産男子バレー部は、2019年のインターハイと春高の福岡予選で2位を獲得し、着実に実力をつけている注目チームです。

福岡県のバレーボールの強豪高校ランキング第2位【男子】

福岡大学附属大濠高校

福岡大学附属大濠中学校・高等学校 - Wikipedia (175496)

国公私立 私立
所在地 福岡県福岡市中央区六本松1丁目12番1号
春高(選抜)の成績 2011年:ベスト8
高校総体の成績 2010年:2位
主なOB選手 谷村孝(パナソニックパンサーズ)
桑田鎮典(サントリー)
福岡大学附属大濠高校は、歴史あるバレーの強豪校で、東京・メキシコ・ミュンヘン五輪で金銀銅メダルを獲得した南将之氏を筆頭に、多くの一流バレーボール選手を輩出しています。

昭和60年に就任した監督の大賀俊信氏は、リズムとテンポを重視して選手のモチベーションを高める練習方法を用いて、大濠高校を全国大会の常連校へ導きました。大濠高校バレー部は、2019年の天皇杯福岡県ラウンドで優勝し、恵まれた環境の下で練習に励んでいます。

福岡県のバレーボールの強豪高校ランキング第1位【男子】

東福岡高校

東福岡自彊館中学校・東福岡高等学校 - Wikipedia (175596)

国公私立 私立
所在地 福岡県福岡市博多区東比恵2丁目24番1号
春高(選抜)の成績 優勝:2回,ベスト4:1回,ベスト8:2回,ベスト16:2回
高校総体の成績 優勝2回,準優勝1回,ベスト8:3回
主なOB選手 金子聖輝(JTサンダーズ)
鶴田大樹(サントリーサンバーズ)
東福岡高校はスポーツの名門校で知名度が高く、サッカー・ラグビー・バレーボール部の活躍が目覚ましい高校です。

東福岡高校バレー部は、2014年と2015年の春高とインターハイで優勝して2冠を達成した実績があります。過去に獲得した全国タイトル数は10回以上で、福岡県のみならず九州のバレーの名門高校です。2020年の春高バレーは準々決勝で、優勝校の京都の東山高校に惜しくも敗れました。

福岡県のバレーボールの強豪高校ランキング第5位【女子】

福岡工業大学附属城東高校

福岡工業大学附属城東高等学校 - Wikipedia (175628)

国公私立 私立
所在地 福岡県福岡市東区和白東3丁目30番1号
春高(選抜)の成績 春高:2019年出場
高校総体の成績 出場2回,2019年:ベスト8
主なOB選手
福岡工業大学附属城東高校の女子バレー部は、強化クラブに設定されています。城東高校は、バレーボール・柔道部・野球部が全国大会で好成績を残して、有名選手を輩出しています。

福岡工業大学附属城東高校バレー部は、2018年までベスト16どまりの成績でしたが、2019年は県大会で優勝しインターハイに出場して全国ベスト8の成績を残しました。葛西廣紀監督のもと、さらなる躍進が期待できる高校です。

福岡県のバレーボールの強豪高校ランキング第4位【女子】

博多女子高校

 (176040)

国公私立 私立
所在地 福岡県福岡市東区馬出1丁目14番18号
春高(選抜)の成績 出場5回,優勝1回
高校総体の成績 出場5回
主なOB選手 吉田真未(パイオニアレッドウイングス)
坂本久美子(デンソーエアリービーズ)
博多女子高校は、女子バレーの名門高校で有名な博多女子商業高等学校が、1988年に博多女子高校に改称された歴史を持つ高校です。

博多女子商業高校時代は、1970年代に春高やインターハイで常に全国でベスト8に残る成績を残し優勝経験もあります。博多女子商業高校は、Vリーグや全日本女子代表で活躍した選手も多く輩出した古豪です。現在の博多女子高は全国大会から遠ざかっていますが、県内では常に上位のポジションを保っています。

福岡県のバレーボールの強豪高校ランキング第3位【女子】

北九州高校

 (175635)

国公私立 公立
所在地 福岡県北九州市小倉南区若園5丁目1番1号
春高(選抜)の成績 春高:2012年~2015年:出場,2015年:ベスト16
高校総体の成績 出場:2012年~2015年
ベスト4:1回,ベスト8:1回,ベスト16:1回
主なOB選手 坂本奈々香(デンソーエアリービーズ)
永松幸乃(日立リヴァーレ)
北九州高校は、北九州地区の公立高校で唯一体育コースを設けている高校です。北九州高校バレー部は、2012年から2015年の間福岡県のトップを走り続けた実績を持ちます。

女子バレー部は、2015年以降は高体連高校総体福岡県予選で代表を逃していますが、2017年は県3位、2018年と2019年は県2位の成績を残しています。北九州高校は、強豪校が多い福岡県で毎年優勝争いに絡むバレーの名門高校です。

福岡県のバレーボールの強豪高校ランキング第2位【女子】

西日本短期大学附属高校

 (176224)

国公私立 私立
所在地 福岡県八女市亀甲61
春高(選抜)の成績 出場:2016 2017年,ベスト16:1回
高校総体の成績 出場:2017年
主なOB選手
西日本短期大学附属高校は、略称西短と呼ばれている西日本短期大学附属の私立高等学校です。バレーボールを筆頭に6つの部が強化クラブに指定されて、全国大会に多数出場しています。

西短バレー部は、2017年のインターハイに福岡県予選で優勝し、全国でベスト8まで勝ち上がりました。着実に経験を重ねている西短は、2018年と2019年は県内ベスト8にとどまりましたが、県代表の有力候補の一角です。

福岡県のバレーボールの強豪高校ランキング第1位【女子】

誠修高校

 (176056)

国公私立 私立
所在地 福岡県大牟田市大字田隈956
春高(選抜)の成績 出場:5回,ベスト16:1回
高校総体の成績 出場:5回,ベスト16:1回
主なOB選手 竹下佳江(元JTマーヴェラス)
誠修高校は、大正3年に創設された大牟田家政学館から数度の改称を重ねて、1999年に誠修高等学校となり男女共学制へ移行しました。誠修高校は、2020年の春高バレー県予選で福工大城東を破り、2年ぶりに出場を決めました。

誠修高校女子バレー部は、不知火女子高時代から続いた歴史を持つバレーボールが強い高校です。元全日本代表セッターの竹下佳江選手は、不知火高校時代に全国大会出場の経験はありませんが、世界ユース選手権に出場し優勝した経歴を持ちます。

福岡県の高校バレーを語ろう

 (176225)

福岡県の高校バレーは全国の中でもハイレベルで、県代表の座を獲得するのが難しい状況です。福岡県は、突出したバレーボールの強豪高校がないため、県代表の高校が毎回変わり予想がつかないことが特徴になります。

福岡県のバレーボールの試合は応援団に活気があり、福岡県の明るい県民性がうかがわれます。福岡県のバレーの大会は、学校ごとに特徴のある応援も見どころの1つです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。