Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. 埼玉県のバレーボールの強...
埼玉県のバレーボールの強豪高校10選!強い高校を男子と女子に分けて紹介

埼玉県のバレーボールの強豪高校10選!強い高校を男子と女子に分けて紹介

埼玉県のバレーボールの強豪校は、男子は埼玉栄高校、女子は細田学園と春日部共栄高校が全国でトップクラスの成績を残しています。古豪の深谷高校や川越高校も気を吐いていますが、現在では県の代表に手が届かない状況です。バレーボールが盛んな埼玉県の代表は、全国大会でも上位に食い込む活躍をしています。

2021.12.16 バレーボール

埼玉県の高校バレーとは?

Login 窶「 Instagram (170974)

埼玉県の高校バレーは男女ともレベルが高く、全国大会でベスト8に食い込むことも珍しくありません。
埼玉県の高校バレーの特徴は、強豪ひしめく東京都に隣接していながら、県内の中学出身の選手が地元の高校に進学してバレーを続ける選手が多いことです。

熱意のある選手が越境して私立の合宿所のあるバレーが強い高校に進学せずに、地元の高校を選ぶことが埼玉県の高校バレーを支えています。

埼玉県の高校バレーの男子の情勢

Login 窶「 Instagram (170977)

埼玉県の高校男子バレーの情勢は、1900年代は埼玉県立深谷高等学校の時代でした。バレーの名門高校の深谷高校は、ゴッツの愛称で知られる石島雄介選手など、何人もの日本代表選手を輩出しました。

深谷高校の男子バレー部は今でも強豪ですが、2010年以降は埼玉栄、正智深谷高校、伊奈学園総合高校、坂戸西高校が全国大会に向けて熾烈な戦いを繰り広げています。埼玉県代表を勝ち取った高校は、全国でベスト16の常連です。

埼玉県の高校バレー女子の情勢

Login 窶「 Instagram (170975)

埼玉県の高校女子バレーの情勢は、2000年以降は細田学園がトップで春日部共栄高校市立川越高校が追いかける展開です。埼玉県予選の決勝は、全国大会さながらの熱い試合が繰り広げられています。

埼玉県予選を勝ち抜いた高校は、スター選手は不在ですが全国で順位をあげています。埼玉県の女子バレーの特徴は、エースだけに頼らない確実な全員バレーです。

埼玉県のバレーボールの強豪高校ランキング第5位【男子】

昌平高校

 (170163)

国公私立 私立
所在地 埼玉県北葛飾郡杉戸町下野851
春高(選抜)の成績 なし
高校総体の成績 なし
主なOB選手
昌平高校男子バレー部は、全国大会の出場はまだありませんが、埼玉県予選では常に上位に食い込む成績を残しています。

昌平高校バレー部の監督は、元東レアローズでリベロで活躍していた掛川厚志監督です。掛川監督がご自身のリベロ経験を活かして守備力を上げる練習を主体にしたことで、昌平高校は飛躍的に強くなりました。中学生のときに全国大会出場経験のあるリベロが、掛川監督に指導を受けたくて昌平高校に入学するケースもありました。

埼玉県のバレーボールの強豪高校ランキング第4位【男子】

坂戸西高校

  •        
  •        
  •        
  •       
    
 (170165)

国公私立 公立
所在地 埼玉県坂戸市四日市場101
春高(選抜)の成績 春高出場4回
高校総体の成績 出場10回
主なOB選手 米山裕太(東レアローズ)
坂戸西高校は関東大会常連の、バレーが強い公立高校です。春高バレーや高校総体へ何度も出場しています。

坂戸西高校の元監督の萩原秀雄氏は、坂戸西男子バレー部で大勢の選手の指導をしました。萩原監督は坂戸西高校の監督を勇退されてから、高体連の専門部長や北京オリンピックの団長をした人物です。萩原氏は現在NPO法人埼玉アザレアバレーチームの部長で埼玉県のバレーボールの推進に尽力しています。

埼玉県のバレーボールの強豪高校ランキング第3位【男子】

伊奈学園総合高校

 (170166)

国公私立 公立
所在地 埼玉県北足立郡伊奈町学園4丁目1-1
春高(選抜)の成績 出場8回
高校総体の成績 出場1回
主なOB選手
伊奈学園総合高校は、全国初の総合選択制の普通科高校で、15.5万㎡の広大なキャンパスと充実した施設が全国的に有名です。

伊奈学園総合高校男子バレー部は、春高や高校総体に何度も出場を果たした歴史がありますが、ベスト8には手が届いていません。伊奈学園総合のバレーの特徴は、エース1人に頼らない全員バレーです。安定感のあるレシーブからの全員攻撃で常に埼玉県上位の成績を残しています。

埼玉県のバレーボールの強豪高校ランキング第2位【男子】

正智深谷高校

 (170167)

国公私立 私立
所在地 埼玉県深谷市上野台369
春高(選抜)の成績 出場2回
高校総体の成績 出場1回
主なOB選手
正智深谷高校の男子バレー部は、心を一つに​をモットーに、日々の生活を大切にして練習に取り組んでいます。監督の鈴木康晋氏は、元豊田合成トルフェサのミドルブロッカーで活躍した選手で、2人のコーチとともに男子バレー部を指導しています。

正智深谷高校は、男子バレー女子バレーともに埼玉県の強豪で、全国大会の出場は多くありませんが、男子は関東大会に13回の出場を果たしています。

埼玉県のバレーボールの強豪高校ランキング第1位【男子】

埼玉栄高校

 (170168)

国公私立 私立
所在地 埼玉県さいたま市西区西大宮三丁目11番地1
春高(選抜)の成績 出場9回
高校総体の成績 出場10回
主なOB選手
埼玉栄高校は、埼玉県で一番多く全国大会に出場した高校です。埼玉栄男子バレー部は2016年から2020年まで、連続で春高バレーで埼玉県代表になりました。2018年と2019年は、高校総体で全国ベスト16まで勝ち上がりました。

2019年に、3年生の砂川選手が男子U19世界選手権の代表に選ばれ、堂々の6位の成績を残しました。埼玉栄男子バレー部は、人数は多くありませんが埼玉屈指の強豪高校です。

埼玉県のバレーボールの強豪高校ランキング第5位【女子】

大宮東高校

埼玉県立大宮東高等学校 - Wikipedia (170169)

国公私立 公立
所在地 埼玉県さいたま市見沼区膝子567
春高(選抜)の成績 なし
高校総体の成績 なし
主なOB選手
大宮東高校の女子バレー部は、1980年に学校が開校したと同時に創部されました。全国大会に出場の経験はありませんが、埼玉県内では常に上位の成績をおさめる強豪校の1つです。

監督をつとめている南佳孝先生は、埼玉県で唯一のVチャレンジリーグの埼玉アザレアで、ミドルブロッカーで活躍していた選手です。大宮東高校は県立高校ですが、スポーツ振興に力を入れていて設備も整っていることから、さまざまなスポーツ選手を輩出しています。

埼玉県のバレーボールの強豪高校ランキング第4位【女子】

狭山ヶ丘高校

 (171011)

国公私立 私立
所在地 埼玉県入間市下藤沢981
春高(選抜)の成績 なし
高校総体の成績 なし
主なOB選手
狭山が丘高校の女子バレー部は、部活動の中で強化部に指定されていて、埼玉県ベスト4や関東大会の常連校です。女子バレー部は後援会もあり、選手たちがのびのびと練習ができる環境を整えています。

狭山が丘女子バレー部は、入部希望の中学3年生のために練習体験会を催して門戸を開いています。引地美果監督はスポーツ科学の専門家で、バレー部の体幹や体力トレーニングに力を注いでいるのが特徴です。

埼玉県のバレーボールの強豪高校ランキング第3位【女子】

市立川越高校

Login 窶「 Instagram (169058)

  • <        
  •        
  •        
  •       
    
国公私立 公立
所在地 埼玉県川越市旭町二丁目3番地7
春高(選抜)の成績 出場31回
高校総体の成績 出場31回
主なOB選手 石川友紀(JTマーヴェラス)
市立川越高校は、1926年に埼玉県川越商業学校の名で設立された高校で、2002年に市立川越高校と改称しました。細田学園、春日部共栄、市立川越は、埼玉県の女子バレーの3強です。

市立川越高校女子バレーは現在でも強豪校ですが、川越商業時代が特に強く、インターハイ31回、全日本高校選手権へ31回出場しています。川越商業時代に、1984年のインターハイで準優勝、1989年の春高バレーでベスト4に入った実績を持っています。

埼玉県のバレーボールの強豪高校ランキング第2位【女子】

春日部共栄高校

 (170172)

国公私立 公立
所在地 埼玉県春日部市上大増新田213番地
春高(選抜)の成績 出場14回
高校総体の成績 出場17回
主なOB選手 小野寺友香(日立リヴァーレ)
入澤まい(日立リヴァーレ)
春日部共栄高校は、東京の女子バレー強豪の共栄学園と同じ共栄学園グループの私立高校です。共栄学園と共に、春日部共栄高校のバレー部もバレーボールが強いことで有名です。全国でも上位の成績をおさめる春日部共栄は埼玉県内では、常に細田学園と首位の座を競っています。

春日部共栄女子バレー部は共栄学園と共に、中国のバレーチームと合同練習をするなど、全国制覇に向けて積極的な練習をすることが強さの秘訣です。

埼玉県のバレーボールの強豪高校ランキング第1位【女子】

細田学園高校

校舎紹介 | 学園生活 | 細田学園高等学校 (170173)

国公私立 私立
所在地 埼玉県志木市本町2-7-1
春高(選抜)の成績 6年連続21回
高校総体の成績 出場23回
主なOB選手 荒木夕貴(元上尾メディックス)
細田学園の女子バレー部は、全国大会でベスト8常連の埼玉県トップの強豪校です。部のモットーは心技切磋琢磨で、​丁寧な​レシーブを起点とした堅実なバレーボールが特徴的です。

意外なことに、細田学園は中学時代に華々しい成績を残した選手や特に身長の高い選手はいません。伊藤潔美監督は、バレーの名門細田学園で全国大会に出たいと強く思う選手が集まることが、細田学園の強さの秘訣と語っています。

埼玉県の高校バレーを語ろう

 (170983)

埼玉県の高校バレーは、逸材を集めてのチーム作りではなく、集まった人材を育ててよいチームにしていくのが特徴で、全体的なレベルは高いけれど全国優勝に手が届かないのが実情です。

埼玉県内の高校バレーチームの指導者たちは、横の連携が密で埼玉県全体のバレーボール振興に尽力しているのも注目ポイントです。高校バレーだけでなく、ジュニアからママさんバレーの指導に携わっていることは、埼玉県がバレーが盛んな理由の1つです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。