Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. バレーボールのトスの上...
 バレーボールのトスの上げ方とは?3つのコツと練習方法を解説!

バレーボールのトスの上げ方とは?3つのコツと練習方法を解説!

スパイカーのパフォーマンスを最大に引き出すには、良いトスが不可欠です。バレーボールのトスの上げ方のコツは、オーバーハンドパスをマスターする事と、スパイカーが打ちやすいトスを丁寧に上げることです。今回は、バレーボールのトスの上げ方の3つのコツと、トスが上手くなる練習方法をご紹介していきます。

2022.11.23 バレーボール

バレーボールの「良いトス」とは?

エコ スティアワン on Instagram: “2019-11-23島津アリーナ京都日立リヴァーレvs埼玉上尾メディックス#日立リヴァーレ #佐藤美弥 #タップハンナ #hitachirivale #satomiya #hannahtapp” (92118)

バレーボールでは、いつでも同じところに安定して上がるトスが、スパイカーにとって良いトスです。

セッターの一番の役割は、自分のチームの得点のためにスパイカーに打ちやすいボールをセットしてあげることにあります。スパイカーが打ちやすいトスとはどういうトスなのか、そして打ちやすいトスを上げるコツと練習方法をご紹介していきます。
バレーボールの良いトスとは、スパイカーが打ちやすいトス。

トスを上げるための3つのコツとは?

 (92333)

バレーボールのトスを上げるには、オーバーハンドパスの基本をマスターする事が大前提になります。

そして、2人で行う対人パスでは、ボールが来た方向とこれからパスを上げる方向が同じなので、これが上手くなるだけでは良いトスを上げることができません。

バレーボールの良いトスのやり方のコツは以下の3つとなります。

①オーバーハンドパスの基本をマスターする
②ボールの落下地点を素早く把握する
③トスを上げる方向に体を向ける

①オーバーハンドパスの基本をマスターする

【バレーボール】オーバーハンドパス【基礎練習】

バレーボールではセッターがあげるトスのほとんどがオーバーハンドパスになります。オーバーハンドパスで自分が思った方向・高さ・距離を自由自在に出すことができなければ良いトスを上げることができません。

対人パスのときに味方のメンバーが一歩も動かさず受け取れるパスを出すことができなければ、正確なトスを上げることができないということです。バレーボールの練習初めに行われる対人パスから、1球ごとに意識していくことが大切です。

まずは、バレーボールのパスの基礎となるボールの捉え方・捉える位置から始まり、安定したオーバーハンドパスができるようにすることが良いトスを上げる基本となります。

②ボールの落下地点を素早く把握する

N a o on Instagram: “. . 昨日、女子のoqt見おわってから竹下選手の なんか特集があって すごく感動した バレー初めて良かったなとか思うし、 身長ちっちゃくてもあんだけ努力して、 あそこまでの実力出して  全日本に入れるんだなって もう色々と尊敬する トスも安定だし、レシーブもひろうし…” (92132)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
良いトスを上げるには、ボールの落下地点に素早く入るスキルが必要になります。

バレーボールの試合中どんな場合でも、素早くボールの落下地点を把握して、ボールの真下に入ることがセッターに必要なスキルの一つです。

ボールを捉える場所は、自分の額の斜め上となります。正確なトスをあげるコツは、なるべく左右にぶれずに捉えることです。

それにはボールの落下点を素早く把握して、ボールの真下に入る瞬発力と運動能力が必須となります。落下地点を素早く読むことができれば、落下地点でボールを待つことができ、余裕を持ってボールに対処することができるようになります。この練習の仕方を意識していきましょう。

③トスを上げる方向に体を向ける

ボールの真下に入り自分の中心の斜め上でボールを捉えることの必要性を説明しました。ボールの真下に入らず斜め上でトスを上げる習慣がついてしまうと、いつまでもパスそしてトスの軌道が安定しません。

3つめの安定したトスをあげるコツは、自分の中心位置でボールを捉えて、上げたい方向にトスを真っすぐ上げることです。

ボールの方向を手首や指だけでコントロールするのではなく、まっすぐ前方に飛ばすことが重要です。そのためにボールの真下に早く入ることと、トスを上げる方向に体を向けることがポイントになります。
バレーボールのパスの練習をするときに、これを一番に意識していきましょう。

トスの種類とトスの上げ方のコツとは?

佐藤美弥 on Instagram: “公式が出してくださった!#佐藤美弥 #日立リヴァーレ” (92130)

バレーボールのトスには様々な種類があります。基本となるのは左右のアンテナ方向に向けて高く大きな弧を描くように上げるオープントスです。

​特に初心者は​このオープントスを確実に上げることができなければ、他の応用形のトスを上げることが難しくなります。セッター初心者は、まずオープントスをマスターしましょう。

ここで説明する①クイックトス②平行トスはボールの軌道の違いですが、③バックトス・ジャンプトスはトスの上げ方の違いとなります。それぞれのトスは攻撃パターンを増やすために必要なものですので、コツを押さえて習得していきましょう。

①クイックトス

🦆 on Instagram: “13th October 2019 Hiroshima Green Arena  #李博 選手 #LeeHaku #fivbvolleyballworldcup  #fivbvolleyballworldcup2019 #fivbworldcup…” (92344)

クイックトスとは、速い攻撃をするために小さく上げたトスのことをいいます。​クイック攻撃にはA・B・C・Dなど様々なパターンがありますが、早く短いトスが基本です。

オープントスを上げるときには、肘のバネと手首を使ってボールを上げますが、クイックトスは速さ重視となるために、ほぼ手首のスナップでトスを上げます。クイックトスを上げるときはジャンプトスがメインとなり、なるべく高い位置でスパイカーの手の前にボールを置いてくる感覚を覚えていくことが上達のコツです。

セッター前方への短いトスがA、少し長めに上げるのがB、そして短いバックトスで上げるのがC、長めのCがDとなります。まずはAのクイックトスを習得しましょう。

②平行トス

平行トスとは、オープントスに比べて低く直線的に上げるトスです。クイックトスを打つのはセンタープレーヤーですが、平行トスはレフト・ライトのアタッカーに上げるトスとなります。

平行トスを上げるコツは、親指よりも他の4本の指を使って距離を出すことです。この場合もクイックトスと同じく主に手首のスナップを使って上げるのですが、やや逆回転をかけて軌道を安定させることが打ちやすいトスにするコツです。

早いトスにすることを意識しすぎるとボールに勢いがつきすぎてしまい、スパイカーにとっては打ちにくいトスになりますので気をつけてください。スパイカーにとって打ちやすいトスとは、止まって見えるような優しいトス(ボール)です。

③バックトス・ジャンプトス

RUNA on Instagram: “・昨日は永遠と関田さん追ってたな。写真の4分の3関田さん。・#関田誠大・・2019.11.16松本市総合体育館” (92117)

ジャンプトスとは、オープントス・クイックトス・平行トスなどを、ジャンプして上げるトスです。バックトスは自分の後方に上げるトスのことをいいます。

ジャンプトスの基本は、空中でボールを処理できるタイミングでジャンプすることです。ジャンプのタイミングが早くても遅くても力が伝わらないので、タイミングを合わせることが大切です。ジャンプのタイミングを合わせるには、ボールの落下地点に素早く移動してジャンプし、その力を肩・肘・手首に連動させてボールを押し出すことです。

バックトスは後方に上げるトスなので、体をボールの真下に入れるようにすることが上達のコツです。アゴをやや上げ気味にして膝の屈伸を使って後ろに体重をかけましょう。

トスを上達させる練習方法とは?

【バレーボール】セッターのトスを安定させる方法 セッターの練習を目線カメラで見る 字幕あり

初心者がトスを上達させる練習方法は数々ありますが、まず自分の狙った方向にオーバーハンドパスを上げる練習が基本です。バレーボールの基本のオープントスを安定して上げることができなければ、応用系のトスを上げることができません。

バレーボールではオーバーハンドパスは基礎の基礎です。初心者がトスを安定的に上げられるようになる上達の鍵は、には地道な反復練習を重ねて体に感覚を覚えさせることです。

バレーボールの試合中は、どんなボールが来るか予想がつきません。どんなボールにでも対処できるようにフットワークを軽くする基礎練習も並行して行っていくのも、トスが上手くなるために必要なことです。

①対人パス~三角パス

庄内バレー道場 三角パス2

まずは対人パス、お互い一歩も動かないでパスが続くように意識して行いましょう。どんな場合でも素早くボールの真下に移動して常に同じ場所でボールを捉えることが必要です。

​初心者にありがちなのは、ボールを返すことに集中しすぎてフォームがおざなりになってしまうことです。100回続けることよりも、100回ボールを正しい位置で処理する、これが対人パスの理想形です。

三角パスは、ボールが来る方向と上げる方向が違うということが特徴です。まずはボールが来る方へ体を向け、ボールをキャッチしたらすぐに、体・つま先を上げたい方向に向けることが大切で、キャッチした体制のまま斜めにパスを送らないように注意しましょう。
  • <        
  •        
  •        
  •       
    

②直上パス

直上パスとは、両手をトスの形にして両手で真上にボールを上げキャッチします。まずはこの動作を繰り返して、手の感覚を掴んむ必要があります。

次はそのままの形で真上に繰り返してトスを上げます。膝と肘、手首を柔らかく使って一定のリズムでトスを繰り返しますが、体勢が崩れないように注意して行いましょう。ボールの軌道がブレてしまう場合は、左右の手の筋力のバランスが悪いこと、キャッチする時に両手に均等にボールが当たっていないことが考えられます。

初心者は低いトスから始めて徐々に高くしていき、ボールコントロール方法を体得しましょう。動かずに繰り返すことができればベストですが、ブレた場合は必ずボールの真下へ入ることが大切です。

③基本のオープントスを徹底的に繰り返す

オープントスは基本のトスであり、バレーボールの試合中に一番使う回数が多いトスです。このオープントスが安定していないと、応用系のトスを上げることができないので、オープントスをマスターすることが上手くなるポイントです。

オーバーハンドパスの飛距離が出ない場合は、自分の膝・肘そして手首の力が充分にボールに伝わっていないことが考えられます。バレーボールのトスは腕だけで上げるものではなく、全身の力を上手く伝えることが大切です。

正しい位置でボールを捉えて、トスを上げたい方向に全身を伸ばして、長さと方向をコントロールする感覚でオープントスを徹底的に繰り返しましょう。上げたい方向に体を向けることも大事です。

④指と手首の筋力をアップさせる

Masaya on Instagram: “I don't wanna be another wave in the ocean. #thumbpushups  #pushupseveryday  #pushupsfordays  #passionproject  #believeinmyself…” (92133)

トスを上げるには体全体で押し出す感覚が必要ですが、指や手の筋力が弱いと安定したトスを上げることができません。トスがブレてしまう場合は、左右の指や手の筋力に差があることも考えられます。

右利きの人は右手の筋力が強く、握力も左右に差が出てしまいます。同じ力を入れたつもりでも、右手の方が強いとボールが左方向に流れてしまう傾向があります。意識して弱い方の手の筋力アップも行っていきましょう。

欲をいえば全身の筋力のアップが望ましいのですが、手軽に指を鍛える方法として指立て伏せがあります。指だけを床につけての腕立て伏せですが、立ったままオーバーパスの手の形を作って壁に向かってやる方法も有効です。

バレーボールのトスの上げ方のまとめ

はたこう(はたけやまこうや)ぴょん吉 on Instagram: “✱ ちょいブレ悲しい。けど美しい🥺 ✱ 2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN vs デンソーエアリービーズ ✱ R1.11.16 日立市池の川さくらアリーナ 日立リヴァーレ #8佐藤美弥 選手 ✱ #日立リヴァーレ  #佐藤美弥選手  #佐藤美弥…” (92119)

バレーボールのトスはスパイクとは違って、相手チームとの関連性のないプレーです。​そして、スパイカーの能力を十二分に引き出すのがセッターの役目です。

特にセッター初心者は、今回ご紹介してきたトスの上げ方のコツと練習方法を、より良いトスを上げる参考にしてください。トスの質が上がれば、おのずとチームのオフェンス力もアップします。トスの上達=スパイク決定率アップにつながります。
速く飛んでくるボールよりも、止まっているボールを打つ方が簡単なように、スパイカーにとって良いトスとは、止まって見えるような優しいトスです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。