2020年6月19日 更新

男子バレーボールのイケメン選手34人!現役・歴代をランキング形式で紹介

男子バレーボールのイケメン選手は、高い身長としなやかな筋肉が魅力です。海外・日本を問わずイケメン選手も多く、モデルの仕事をしている選手もいます。バレー男子が試合中に見せるワイルドなプレーと、さわやかな笑顔のギャップも、女子のバレーと違った楽しみがあります。

70,899 view お気に入り 0
石川祐希選手は、男子バレー史上最高の逸材といわれています。運動神経もさることながら、バレーのセンスと意識の高さは、まさに世界レベルといって過言ではありません。

イタリアのチームに行った当時は戸惑った時期がありましたが、見事に克服して現在ではスタメンのエーススパイカーで活躍しています。センス抜群のバレーを見せるかっこいい石川選手は、コート外で見せるあどけない笑顔でイタリア人女性に大人気です。

第1位:柳田将洋

Login 窶「 Instagram (142462)

生年月日 1992年7月6日(27歳)
身長/体重 186cm/79kg
所属チーム United Volleys(ドイツ)
2020年:サントリーサンバーズに移籍
ポジション ウイングスパイカー
球歴 2009年~:全日本ユース代表 
2013年~:全日本代表 
2015年,2019年:ワールドカップ 
2018年:世界選手権 
Login 窶「 Instagram (142459)

2018年に全日本のキャプテンに就任した柳田将洋選手は、整ったルックスと世界一美しいといわれるサーブで人気を集めています。柳田選手はピンチサーバーで出場したときでも、ビッグサーブで点数を取ることができるメンタルの強さも魅力です。

コートを離れた柳田キャプテンは物静かで、梅酒づくりにハマるなど、コート内で見せる精悍な表情とのギャップも魅力です。柳田選手の頭脳的なプレーは、全日本の精神的主軸といえます。

男子バレーの日本代表のイケメンランキング10人【歴代】

 (145353)

歴代の一流男子バレー選手の中にはイケメン選手は大勢いて、現在でもスタイルのよさと当時のイケメンをほうふつとさせるルックスで人気を集めています。

歴代の人気選手たちは、バレー関係の仕事を続けられている方もいますが、バレーを離れて幅広く活躍されている方もいます。

第10位:森田淳悟 

一人時間差で世界の頂点に バレーボール、森田淳悟さん - YouTube (143225)

生年月日 1947年8月9日(72歳)
身長 194cm
ポジション ミドルブロッカー
球歴 1968年,1972年:オリンピック
1966年,1970年,1978年:世界選手権
1969年,1977年:ワールドカップ
一人時間差で世界の頂点に バレーボール、森田淳悟さん - YouTube (143227)

森田淳悟氏は、1972年のミュンヘンオリンピックで全日本男子バレーが金メダルを獲得したメンバーの中心選手です。元全日本代表の森田氏は一人時間差やドライブサーブでチームを金メダルに導き、2003年にバレーボール殿堂入りを果たしました。

森田氏は2018年から日本体育大学名誉教授となり、講演や講習会など積極的に活動を続けています。72歳になった現在でも当時のイケメンぶりは色あせず、かっこいい歳の取り方の見本です。

第9位:荻野正二

Login 窶「 Instagram (142497)

生年月日 1970年1月8日(50歳)
身長 197cm
ポジション ウイングスパイカー
球歴 1989~1993年,1995~1998年,2005~2008年:全日本代表
1992年,2008年:オリンピック
1990年,1998年,2006年:世界選手権
1989年,1991年,1995年,2007年:ワールドカップ
北京オリンピック2008  荻野 正二(バレーボール)プロフィール - JOC (143231)

荻野正二氏は、バルセロナオリンピック以来16年ぶりに五輪出場が決まるアルゼンチン戦で、最後のスパイクを決めた元全日本代表選手です。荻野キャプテンは、パワフルなスパイクとレシーブもこなす器用なエースで、男子バレー日本代表の精神的支柱でした。

現在はVプレミアリーグのサントリーサンバーズの監督で、不屈のオギノイズムを選手たちに伝えています。明るく面倒見のよいアニキ的性格の、頼れるイケメンです。

第8位:青山繁

Login 窶「 Instagram (142499)

生年月日 1969年4月27日(51歳)
身長 188cm
ポジション ウイングスパイカー・リベロ
球歴 1992年:オリンピック 
1990年,1994年:世界選手権
1991年,1995年,1999年:ワールドカップ
青山繁さん|応援の声|骨髄バンクスペシャルサイト (143232)

青山繁氏は、1992年バルセロナ五輪に出場するなど、長きにわたり日本代表で国際舞台で活躍した人気選手です。188㎝の身長はバレー選手では恵まれているとはいえませんが、ピンポイントでブロックをかわす頭脳的なスパイクで、海外の高いブロックを翻弄したエース姿はバレー通の間では伝説です。

青山氏は、ウイングスパイカーで活躍しましたが、リベロもこなすイケメンのオールラウンドプレーヤーでした。

第7位:北島武

188 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

剣道が強いイケメン有名人11人!かっこいい芸能人・俳優の有段者とは?

剣道が強いイケメン有名人11人!かっこいい芸能人・俳優の有段者とは?

剣道が強いイケメン有名人には視聴率男の木村拓哉や演技力の高いイケメン俳優の吉沢亮がいます。他にもバラエティーやドラマで活躍している人が多く、テレビでも剣道の実力を遺憾なく発揮しています。試合中は張り詰めた空気の中でいきなり飛び出して1本を取る姿は魅力的です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵