2020年4月16日 更新

バレーボールのゴーグルとは?安全基準をクリアしたゴーグル4選

バレーボールでゴーグルをつける目的は、目を保護するため・視力矯正・コンタクトレンズが合わない場合です。バレーボールは、動きが激しくボールが顔にあたる危険性があるスポーツなので、眼鏡よりもゴーグルが便利です。デンソーの鍋谷友里恵選手も、医者のすすめでゴーグルを着用しました。

791 view お気に入り 0

バレーボールのゴーグルとは?

🏐女子Vリーグ&石井優希選手応援垢🏐 on Instagram: “レイさん&マイさん😊  2019(令和元年)/11/09 2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN プレミアカンファレンス ヴィクトリーナ姫路×デンソーエアリービーズ(グリーンアリーナ神戸)  #デンソーエアリービーズ #鍋谷友理枝  #奥村麻依…” (122629)

バレーボールのゴーグルとは、目を保護するスポーツ用のゴーグルのことをいいます。バレーボール専用のゴーグルは販売されておらず、バレーボールをはじめ、サッカーやバスケットボールなどのボールスポーツ用のアイガードゴーグルの名前で販売されています。

バレーボールのゴーグルは、あらゆるスポーツに対応するスポーツメガネの1つです。バレーボールで使用する場合は、ボールが当たっても安全な球技用のスポーツメガネを選びましょう。

ゴーグルをする目的とは?

かじゅ一 on Instagram: “2020/1/18#デンソーエアリービーズ” (122667)

バレーボールでゴーグルをする理由は、大きく分けて3つです。

①目を保護するため
②視力を矯正するため
③コンタクトレンズが合わないため


中学入学以前のジュニアは、コンタクトレンズをつけることが少ないため、視力矯正のためにゴーグルをつけるケースが多いです。眼鏡だと外れやすく、眼鏡が壊れた場合に危険なので、安全性の高いゴーグル使用がおすすめです。

目的①目を保護するため

バレーボールでゴーグルをつける目的の一つは、以前に怪我をした目を保護するためです。
ボールをぶつけたり、他の選手とぶつかったなどの理由で目に怪我を負うことがあります。ゴーグルは、怪我をして医者から目の保護を求められたときに便利です。

顔にボールがぶつかっても、ゴーグルをつけていれば目に直接衝撃がありません。スポーツ用のゴーグルはフェイスパッドが衝撃を吸収してくれます。

ぶつかったときの恐怖の記憶を軽減するために、ゴーグルを着用するケースもあります。

目的②視力を矯正するため

 (122691)

視力を矯正するために、度付きのゴーグルをつける場合があります。
コンタクトレンズで視力を矯正してバレーボールをする選手は多いですが、眼鏡をしておこなう選手はいません。眼鏡は、外れてしまうこともあり、眼鏡が壊れたときの怪我の危険性もあります。

現在販売されているゴーグルは、度数を細かく設定できます。普段は大丈夫でも目の調子が悪くコンタクトレンズが入らないときのために、スポーツゴーグルを用意している選手もいます。

目的③コンタクトレンズが合わないため

コンタクトレンズが不安・合わないためにゴーグルをすることがあります。

視力矯正が必要な小学生は、コンタクトレンズをつけないで眼鏡を使うことが多いです。医者によっては、小学生にはコンタクトをすすめないケースもあります。

小学生以下は、普段は眼鏡でもスポーツをするときだけゴーグルを使うことがあります。多少価格は張りますが、安全性を考慮して眼鏡よりもスポーツゴーグルを選択するのがベターです。

ルール上のゴーグルの扱い

 (122674)

バレーボールのルールでは、ゴーグルは眼鏡と同じ扱いになります。

自己責任で眼鏡をつけてバレーボールの試合に出ることは認められています。ゴーグルも同じく公式の試合で使っても、ルール上何も問題はありません。バレーボールでは、他の人を傷つける危険性があるものはつけてはならないとのルールがありますが、眼鏡やゴーグルは該当しません。

ゴーグルの安全基準

球技に対するゴーグルの安全基準は、協会によって違いがありますが、着用する眼鏡は安全対策が講じられていること​とされていて、おおむね以下のような基準です。

・レンズを含む、全ての素材がプラスチックであること
・フレームは角ばっていないこと
・フレームの内側にクッション性があること
・激しい動きをしてもはずれないように、ベルトで固定されていること
・レンズの周囲が枠で囲まれていること(フチなしは不可)


いずれも、自分と周囲の人の怪我防止のための規定です。

女子バレーボールでゴーグルをしている選手

DERA’s Instagram profile post: “2018/11/25大田区総合体育館#フォルケアキンラデウォ#FolukeAtinukeAkinradewo#ルーク#久光製薬スプリングス#2018_19VLeague女子#Vリーグ” (122678)

女子バレーボールでゴーグルをしている選手は、デンソーエアリービーズ所属の鍋谷友里恵選手が有名です。

アメリカ代表で活躍し、久光製薬スプリングスでもプレーしていたフォルケ・アキンラデウォ選手もゴーグルをしています。フォルケ選手は、試合中にブロックに飛んだときに、相手のスパイクが目に当たり怪我をしました。怪我の後、フォルケ選手は前衛でプレーするときだけスポーツメガネをするようになりました。

鍋谷友理枝選手

Ayaka’s Instagram photo: “なんか昔のパイロットみたいで可愛い笑 (伝われ)  #鍋谷友理枝 #鍋谷友理枝選手 #デンソーエアリービーズ #densoairybees #denso #vリーグ #vleague #ワールドカップバレー #火の鳥Nippon #東京オリンピック #volleyball…” (122685)

名前 鍋谷友里恵
生年月日 1993年12月15日
身長・体重 176cm・55kg
球歴 2015年ワールドカップ(5位)2016年オリンピック(5位)
所属チーム デンソー・エアリービーズ
ポジション ウイングスパイカー
鍋谷友里恵選手は、代表合宿中に至近距離からのボールが右目にあたって、全治1か月の網膜震とう症と診断されました。鍋谷選手は身体には問題なかったので、急遽ゴーグルを購入してネーションズリーグに出場して活躍しました。
今までゴーグルをつけたバレーボール選手はほとんどいなかったので、鍋谷選手のゴーグル姿が話題になりました。
51 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵