2020年4月16日 更新

バレーボールのゴーグルとは?安全基準をクリアしたゴーグル4選

バレーボールでゴーグルをつける目的は、目を保護するため・視力矯正・コンタクトレンズが合わない場合です。バレーボールは、動きが激しくボールが顔にあたる危険性があるスポーツなので、眼鏡よりもゴーグルが便利です。デンソーの鍋谷友里恵選手も、医者のすすめでゴーグルを着用しました。

5,161 view お気に入り 0
バレーボールのゴーグルは、目を保護して視力を矯正するための便利な道具です。コンタクトレンズで視力を矯正している選手は多いですが、目にボールが当たったなどトラブルでコンタクトレンズが入らない場合にはゴーグルをおすすめします。

現在発売されてい球技用のスポーツゴーグルは使用感がいいので、プレーの邪魔をせずに広い視野が確保できます。普通の眼鏡でバレーボールをしている人や、目を保護する必要がある人は、球技用のスポーツメガネを選択肢の一つにすることをおすすめします。
51 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵